ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

おひさしぶりです 09/01/26

お久し振りです!
ちょっと忙しくて、しばらくスカイステージも見られず・・・

凪七瑠海さんのエリザベートのタイトルロール決定、大和悠河さん
退団発表あたりまではついていけましたが、星組の主演コンビが
柚希礼音さん&夢咲ねねさんと発表されたというのは
お友だちのブログで知りました。

その後の凰稀かなめさんの星組移籍と早霧せいなさんの雪組への組替え。
これはちゃんと「モバイル・タカラヅカ」からメール配信がありました。
情報通でもないしネットサーフィンっていってもお友だち程度・・・・・
AQUA 5 解体ってこういう意味だtったのね(ーー;)

凰稀かなめさんは雪のイメージが強くて(当たり前!)どんな風に星に
溶け込むのかしらって気もしますが、考えてみたらワタクシ的にみたら
真飛聖さんだってまだまだ星組(笑)

早霧さんは前から「ガリバー宙組」ではせっかくの個性が埋もれてしまう・・・
雪組で活躍の場が広がればと思います。
天咲千華さんは花組ですか。
花組には一花ちゃん、じゅりあさん、彩音たん以下 白華さん、華月さん、野々さん・・・
いろいろなタイプのの女役、娘役さんがいるのでここに天咲さんが入っても(ーー;)
花組に必要なのは男役の補充のような気がします。
また次の組替え発表があるのでしょうか?

そこへ来て今日は、陽月華さんの退団発表。
これは仕方ないかな~ うめちゃんはタニチャンと組むために宙組への
お興し入れだったしタニチャンが辞めるというのでは致し方なしでしょうか。
早くから池田銀行のイメージガールに抜擢されて、トップになったけど予定外の
怪我休演。もちろん個人的に存じ上げているわけではありませんが、もしかしたら
うめちゃん、もう少し居たかった・・・と思っているのかも(笑)








ほぼ日更新ではありませんがこんなに更新を休んだのは初めてだと思います。
鍵コメントで心配していただいたり・・・ ありがとうございますm(__)m
こんなブログですが、「どうしたのだろう・・・」と心配されている方もいらっしゃるかと
思い、経緯を書きます。

母が亡くなりました。満80歳です。
前回の記事をアップしてすぐ母の容態急変の報を受け、とりあえずコメント欄の蓋をして
あとは葬儀に向かってひた走り(>_<)

母の兄弟が存命でもあり呼び寄せ先で密葬というのも可哀想なので、
郷里の葬儀社から寝台車をよんで母を自宅へ運びました。
通夜、葬儀は葬祭場ですが、一晩でも二晩でも自宅へおいてあげたい。
そんな想いでした。

弟と夫は葬儀社との打ち合わせ。私と義妹がお客様の接待。
もちろんそんなにたくさんの方はみえませんが「五月雨式」なので主婦のどちらかは
家を離れられません。葬儀の段取りにしても遺影のチョイスや祭壇、お花。
女性ならではの意見も言わなくちゃならないし・・・

「おくりびと」で話題になっている「納棺式」というのも生まれて初めて経験しました。
私と弟の家族と母の兄、弟計10人の見守る中、それはそれは荘厳に行われました。

まだ実感が湧きません。悲しいことは悲しいのですが、晩年近くに住み慣れた土地を
離れて施設や病院で暮らした母を思うと「もうそろそろ良いよ」と亡き父が迎えに来た
ような気がします。

「忘れ雪」の初日と月組公演、見れませんでした。
こんな時でもタカラヅカ・・・・ 母は私が宝塚の話をするととても嬉しそうでした。
入院する少し前も母の口から「ツレちゃん」という言葉が出てびっくりしました。

またいつものミーハーブログにもどります。
[PR]

by zuzunoheya | 2009-01-26 22:09 | その他
<< 「星組」 トークスペシャル・i... プログラム考 09/01/20 >>