ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

星組初日 「太王四神記」 09/08/14

一応 「太王四神記」 なんですが(笑)・・・
初日の開演は3時半。その前に用事を一つ片付けようと夫と出かけ、用事がすんでから食事という事に・・・ 気温はそんなに高くないものの湿度が高くてムシムシ。
こういう時はどちらからともなく「とりあえず生!!」(笑)
お日様が高いうちからって気が引けるし、その後私は観劇なので周りの迷惑になってはと思いつつも生ビールの誘惑には勝てません。
食前酒ですととぼけるには多すぎる中ジョッキ(^^♪
だからなのでしょうか・・・072.gif紅ゆずるさん053.gifの登場する一幕13場までは
ちょっとうとうとしたところも・・・

とはいえ、柚希礼音さんの開演アナウンスに拍手が来たのはお披露目公演や新公ならでは。ファンの思いいれが感じられてワクワクします
東宝公演の指揮は劇団座付きではなく塩田明弘先生。一幕二幕とも塩田先生でしたが指揮者の紹介も普段どうり。組長のご挨拶の中にも専科生へのリスペクトコメントは
あったものの「客演」?塩田先生についてのコメントは特にありませんでした。
こんなものなのでしょうか(笑) 密かに期待していた塩田先生の「観客いじり」
「観客あおり」はありませんでした。ちょっともったいないかしら・・・

紅ゆずるさんチュムチ 相変わらず弾けてましたね(^^♪
「都会でブイブイ言わしてる」・・・といういわゆる「ブイブイの場面」
大劇場で見た時は「サタデーナイトフィーバー」のジョントラボルタ風?でしたが
今日はマイケルジャクソンの「スリラー」風でした。
外にもどんなバージョンがあるのでしょうか?とっても楽しみです。

フィナーレのダンスナンバーでは残念ながら凰稀かなめさんの姿はありませんでした。
タムドクとキハがクレーンに乗って宙を舞うあのシーンの後で「二番手定番」下手迫から
迫上がってきた美しきテルさん。銀橋を歌って渡るとあとはパレード。
大劇場と同じですね。

玄武ファイターズのちえちゃんがスタンバイする前、彩海早矢さん夢乃聖夏さん
大階段にスタンバイした男役の2トップで締めていますがこれって本来ならテルさんが
一人で務める場面ですよね。まだまだ無理が利かないのかもしれません(-_-;)
しっかり治して次の舞台に備えて欲しいと思います。

最後のご挨拶も上手にまとめたちえちゃん。
地震や、台風などリアルタイムの話題も織り込んで、夢の宝塚をしっかり
アピールしていました。アンコールも3回。
最後はスタンディングでちえちゃん率いる「新生星組」の誕生をお祝いです(^^

思いつくままに書きましたがあまり紅くんの話が出てません。
明日も見る予定ですので次回ということで(*^_^*)
[PR]

by zuzunoheya | 2009-08-14 23:57 | 星組
<< 「太王四神記」 09/08/17 「エリザベート」楽前その3 0... >>