ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

みんなでベルバラ その1 09/09/24

宝塚大劇場で上演中のベルサイユのばら(外伝)の話ではありません。
公民館の大スクリーンで「ベルサイユのばら」の上映会をやったというお話。
最近の公民館の視聴覚室には大画面のスクリーンがありまして生の舞台の迫力には
及びませんが、大画面でしかもあるていどの人数(20数名)でビデオをみると
それはそれで不思議な臨場感がありました。

ちょっと説明しなければなりませんね(笑)
いったいどんな集まりなのか・・・。前回話題にした公演後のお茶会付きの観劇会。
この会の母体になったのは、公民館でシニア向けに行われている生涯学習の
講座でした。「宝塚歌劇の楽しみ方」みたいなタイトルで宝塚歌劇の魅力を解説。
当初単発講座の予定でしたが評判が良くて数回開催。

この講座の講師を務めた方を中心に観劇会(お茶会)へと発展しました。
だから平均年齢が高いのです(^^♪ メンバーの入れ替わりもあり、久し振りに
みんなでビデオ鑑賞会をしましょうということになりました。

シルバーウィークの最終日。この日の演目は「ベルサイユのばら」でした。
何故ベルバラ?というお話をしますとね。講師(ワタクシ的には師匠です)は
宝塚以外にも日本映画の講座も持っていまして、日本映画の会に参加している
男性会員や宝塚講座仲間でも入ったばかりの方もこの日は参加して
いらっしゃいました。

宝塚デビューの友人を誘うときにどんな作品だったら気に入ってもらえるかしら・・・
宝塚ファンならだれでも考える事(笑) ファーストインプレッションですべてが決まって
しまう恐さもあります。「ベルサイユのばら」は構成がしっかりしていて偏見や予断を
払拭出来うる作品ではないでしょうか・・・

というわけで数あるベルバラの中で我が師匠が選んだのは
2001年上演の「ベルサイユのばら2001」星組公演でした。師匠曰く選んだ理由は・・・
   ① ベルバラの基本はオスカル・アンドレ編
   ② オスカル編でも、朝海ひかるさん主演の雪組公演のようにフェルゼンと
      アントワネットの登場しない変則バージョンではなく主要人物(4名)の
      登場するオーソドックス編
   ③ キャストの実力とバランス
       オスカル(稔 幸さん)アンドレ(香寿たつきさん)フェルゼン(安蘭けいさん)
       アントワネット(星奈優里さん)
   ④ もしかするとこの最後の要因がけっこう大きな部分を占めている気が
      しますが(笑)我が師匠はタータンが大好き\(^o^)/

かくして始った上映会。やっぱり最後まで、いえさわりまでもたどり着きませんでした。
次回でなんとかしたいとおもいますがどうなりますか・・・・
[PR]

by zuzunoheya | 2009-09-24 23:58 | 星組
<< みんなでベルバラ 2 09/... 雪組2日目 & 雪組茶会 09... >>