ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

「AIDA」&「ジェーン・エア」 09/10/06

ちょっと古い話になります。
普段はほとんど「ヅカ専」の私が「AIDA」「ジェーン・エア」を続けて観劇

この前宝塚以外の舞台を見たのは何時だったかしら??と考えると2006年冬の
帝劇公演「MA」でした。久し振りに涼風真世さんの舞台が見たいな・・・と思って
チケットを探したら4000円のリーズナブルチケットが取れて(^^♪ 
久し振りのかなめちゃんの舞台。劇団四季以来久々の山口祐一郎さん(どんだけ
観てなかったのでしょうか(>_<))東宝版「エリザベート」ではルキーニ指定席の
高嶋お兄ちゃん等々・・・ なるほどなるほどの観劇でした。

二人のMAの一人、マルグリット・アルノーを演じた笹本玲奈さんのお母様って
星組娘役だった四季乃花恵さんだったのですね。あんまり在団期間は長くなかったと
記憶していますが、「四季乃花恵」なんていう「春野寿美礼」と双璧ともいえる
「ベタな芸名」のわりにちょっと野生的な雰囲気とのアンバランスで印象に残りました。
たしかお母様も歌のお上手な方でしたよね。

「AIDA」です(^^♪
長いブランクが開けて初めて観た星組公演が「王家に捧ぐ歌」でした。
それも観たのは一回きり(-_-;)誰が誰やら分からず、全編歌の舞台で
喉に負担がかかるのでしょうね。わたるさんの声が辛そうだったのしか
記憶にありません。

なので、初見のようなそうでないような・・・ 
でも耳になじんだメロディーが聞えてくると伊礼彼方さんと湖月わたるさんが
ダブって見える不思議な感覚。デジャビュー???ってどちらも観てますね(笑)

宝塚原作の舞台をほぼ同じ脚本で他の舞台で上演するというのは「くらわんか」
以来だそうですが、こういうの面白いですね!

本来の女性に戻った(笑)安蘭けいさん
男役トップスターの退団後第一作のハードル見事にクリアしましたね。
天晴れですわぁ~私が観劇した日は元星組の立樹遥さんが見にいらしていました。
劇場入り口ですでにオーラを発していらしたしいちゃん。退団されていらっしゃるので
じろじろ見ては失礼だとは思いながらも、目が吸い寄せられてしまいます(-_-;)
必死に野次馬目線を制御?して客席に着くと私のすぐ横の通路を通られて着席。
しいちゃんを見つけた宝塚ファンが手を振るとにこやかに会釈されて・・・・
在団中と同じ好感度抜群!!とうこさんの順調な船出と相変わらず美しいしいちゃんが
見れて得した気分でした。

もう一つは日生劇場の「ジェーン・エア」 お友達に取っていただいたチケット。いつものようにオペラ持参で出かけましたが
お席は・・といえば前から3列目のセンター。オペラグラスなんて全く必要なしでした。
あんなところでオペラグラスを使ったらね(*^_^*) かえって気恥ずかしい・・・

最近の演劇界、ミュージカル界に疎い私。出演メンバーで知っていたのは
主演の松たか子さん以外は宝塚OGの旺なつきさんと沢木順さん(すいません沢木さんはAIDAでした)だけでした(-_-;)
松たか子さんという方。この舞台を見て全く認識が変わりました。
ってね、結局見ず嫌いだったっていう事です(-_-;)
圧倒的な歌唱力を誇示?するような(というかそういうイメージのある)いわゆる
ミュージカル的な歌い方ではありませんが歌詞のはっきり聞き取れて説得力のある
歌唱に魅了されました。

「ジェーン・エア」って私の世代的に言うと、「赤毛のアン」「若草物語」
「あしながおじさん」場合によっては吉屋信子の少女小説もあり???を卒業した
次の段階の一連の小説群というイメージでした。

「ジェーン・エア」「嵐が丘」「アンナカレーニナ」「風と共に去りぬ」
私も10代前半に読んだ記憶があります。でもそれから幾星霜(笑)を経てみた
「ジェーン・エア」は全く違った印象でした。天涯孤独で孤児院育ち。
そんな人生を送ってきた分けではありませんが、ジェーンのような人生も追体験できる
年齢と人生経験を積んできたのかしら・・・ そう思うと歳をとるのも悪くない(^^♪??

宝塚時代から好きな男役さんだった旺なつき(ロムさん)さん。
相変わらず美しく3役を演じ分けていらっしゃいました。
宝塚ばかりでも(-_-;)と思っていてもなかなかチケットの手配がたいへん。
今回の2公演のチケットを取ってくれた友人に感謝です\(^o^)/
[PR]

by zuzunoheya | 2009-10-06 01:51 | その他
<< 紅・チュムチ 09/10/09 とりとめのない話で・・・09/... >>