ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

「コインブラ物語」 千秋楽 09/11/06

たった7日間の「コインブラ物語」青年館公演が終わりました。
突っ込みどころもたくさんあった「コインブラ~」ですが紅ゆずるファンにとっては
けっこう美味しかったかも(^^♪

幕開きは物語の軸になる2組のカップル ペドロ王子(轟悠さん)&
イネス(蒼乃夕妃さん)、ビメンタ(涼紫央さん)&コンスタンサ(優香りこさん)の
歌と踊り。

それが済むと国王即位20周年の祝典、紅くんが貴族役で登場する場面が始ります。
紅くんのかっこよさは前回散々書きましたが、侍従長の美弥るりかさん
美しいですね。歌も上手いし台詞の声(いわゆる男役声)も素敵、そしてなにより
ダンスがカッコイイ!!「ブェノスアイレスの風」の時もそう思ったけれどもっともっと
出てきて欲しい人です。

ペドロとイネスが出会う場面で初登場するのはペドロの侍従役の大輝真琴さん
ワタクシ的に彼女は「アンナ・カレーニナ」のセリョージャ(カレーニンとアンナとの息子)
の印象が強くて何となく「子役専科」みたいに思っていたのですが、儲け役
轟さんにくっついて、深刻になりがちな物語の息抜きのような・・・
ホンワカとした可愛らしさが硬質なトドさまと好対照で面白かったです(^^♪

今回の舞台で唯一アドリブの場面。
フランシス船長(天緒圭花さん)と水夫長のコスタ(夢乃聖夏さん)が
イネスの家を訪れる場面。客席をイネスの豪邸に見立てて、お客さんを「ナンパ」したり
ともみんの九州弁、タイタニックの有名なバウの場面などけっこういろんなバージョンが
あったような・・・ 楽の客席には大先輩ジェンヌさんがいらしていたようです。

客席降りした天緒船長、「そこにいるのはオスカル?、スカーレットかな??」
そのお客さんの前にひざまずいた天緒さん、なぜかバトラー船長に変身(笑)
「金貨で500ドル!!」 ひざまずかれた先には安奈淳さんが・・・

「オスカル」「スカーレット」といわれて一瞬コムちゃんかと思いましたが、
こむちゃんはその前にいらしたとか。少しふっくらされたはいましたが
オスカルの面影はしっかり持っていらっしゃいました(^^♪

そしていよいよ「黒い風」アントニオ登場です。
黒髪をなびかせ客席から登場。大きな拍手がわきました。紅くんのかっこよさ
はいずれゆっくりと・・・ まだやるの~??なんて言わないで下さい(ーー;)
それが私の生きがいですもの(*^_^*)

理不尽に殺されてしまうアントニオは本等に可哀想ですが、トドさま相手に殺陣も
ガチで勝負。つくづく「場」を与えられるって大切だと思います。

二部の幕開きは修道院から・・・
ここがけっこう楽しいの。人手不足(笑)の特別公演ゆえ娘役に混じって化粧も
体格もちがう「修道女」が。いちばん可笑しいのは汐月しゅうくんかな(^^♪

いわし亭でともみんとイザベラがうたい踊る場面。
ここはアングルです ほかは見てませ~んm(__)m
「酔態に華があるのは良い役者だ」とどこかで聞いたことがあります。
くんの酔態には実に華がある!!と「シークレットハンター」の新公から
ず~っと勝手に思っていた私にとってはドンピシャ壷(笑)

椅子に座って酔いつぶれ寸前なのか、それとも何か考えているのか・・・
そうかと思えば酒瓶を鷲掴みにしてラッパ飲み。
両頬をぷ~っと膨らました口元を手の甲で無造作に拭う。
酒場の女と戯れ、酔いなのか故意??テーブルの上に女を押し倒す。
千秋楽ではこのちょっとエ〇イ(笑)場面が普段より長めでビミョーに濃厚(^^♪
まさに「男役の色気」全開でした。

いわし亭での乱痴気騒ぎの一夜が明けてインドへの出航の波止場。
ここもアングルですm(__)m
DCでの舞台写真(プログラム)では頭になにも巻いていないようですが、
青年館ではいわゆる頭部を覆った布の残りを後ろへ流す海賊巻き(笑)
よりワイルドな感じになってますね。

カーテンコールは四回はあったでしょうか・・・
万里柚美副組長のご挨拶から始まりましたが、この公演を最後に
月組トップ娘役として組みかえになる蒼乃夕妃さんの紹介。
副組長ちょっと涙声になってましたね。
夕妃ちゃんは挨拶をさせてもらったのですが気丈にお話。

トド様のしめのご挨拶では「宝塚を星組をそして(夕妃ちゃんの嫁ぎ先の)月組を
よろしく」みたいなお話。何回目かのアンコールでは夕妃ちゃんのことをなんと
「おイネさん」(笑)と呼ぶなど長い舞台経験で培われた余裕とユーモアで
千秋楽の舞台を締めくくってくれました。

しばらく「紅ゆずる欠乏症」必至(ーー;)
12月のスペシャルまでなんとか頑張りたいと思います。
[PR]

by zuzunoheya | 2009-11-06 01:31 | 星組
<< キャトルで見つけました! 09... コインブラ物語 09/11/03 >>