ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

ちょっと塩っ辛い「コインブラ物語」 09/11/15

本当は花組・マイ楽の話を・・・と思ってました。
でも「コインブラ物語」が風化するのも残念でワタクシ的コインブラ総括です(笑)
友人二人とこの公演を観た時に感想を恐る恐る尋ねた答えは
二人そろって「いいじゃない!!」でした。
二人とも2~3日前に花組を観ていてそれに比べればねぇ~
とのこと。花組ファンには申し訳ありませんm(__)m
大好きな紅ゆずるさん出演ですので紅ファン的には美味しいと思いながら
なんで・・・という違和感は拭えず、それを少し考えてみたいと思います。

愛し合う二組のカップルのカップルでない男女が意に染まぬ結婚をさせられる。
教会での結婚式のあと意を決した花嫁は花婿に実は愛する人がいる事を
告げる。花婿にとってもそれは同じ。家同士の利害で結婚させられた男女は
それぞれのパートナーも納得のもと偽装結婚をして、何時の日かそれぞれの
愛する人と暮らせる日々を夢にみる・・・ 
こう書いてみるとこういう話もあるかもと思う。

そんなときにカップルの一組の女性が殺され悲嘆にくれる男。
でも殺されたのはそっくりさん。女性が命を狙われていると知った召使の気転で
世間的には盗賊に殺された事にして修道院にかくまわれている。

実はこの女性を襲わせたのは男の父。息子の結婚生活の邪魔をしている
女性を疎ましく思ってのこと。女性を殺したとされる盗賊団は殲滅されます。
愛する人を失った男はそれでももう一組のカップルを異国へ逃がそうと画策し、
何もかも捨てた二人はポルトガルからはるか彼方のインドへと旅立ちます。

そんな時に実は女性が生きていることが男に告げられ再会した二人は・・・
ふぅ~(笑)
書きながら、あ~こんな話だったのね、と思いました。
そんなに無理のあるストーリーでも無いように思えます。
でもね、実際の舞台の白々しさはいったいなんなんでしょうか(ーー;)、

これが貴族レベルの恋愛物語だったらこの展開もわかるかな。
でもこの偽装カップルは一国の王子と王女
「政略結婚」というご当人達には真にお気の毒な現実の背景にある諸々が
ぜんぜん見えてきません。コンスタンサが実はビメンタを愛しているとペドロ王子に
告白するところは一応命をかけているということで許してあげましょう(笑)
でもそこからが茶番 渡りに船とばかりのペドロ王子の反応に客席から
失笑がおきたというのもうなずけます。

コンスタンサが「私達四人(コンスタンサ、ビメンタ、ペドロ、イネス)」という言い方も
なんだかなぁ~。「政略結婚被害者の会」のつもりらしいけれどワタクシ的には
「共犯者四名」って感じ(ーー;)

両方の親も子供可愛さ故かだんだん二人に感化されてきちゃうの・・・
政略結婚させたことを悔やみ始める親たち。コンスタンサ・ママは娘に謝っちゃうし
ペドロ・ママは最初から政略結婚には懐疑的。大甘っちゃぁ大甘です。
この辺がペドロがコンスタンサとビメンタをインドへ逃がし、晴れ晴れと旅立つ二人の
心理状態を納得させる伏線らしいけれど親が許しているから良いのかなぁ(@_@;)

実際のペドロとイネスの最大の敵は「国家」「国民感情」だったはず・・・
正面きって「国」と「国民」に喧嘩をうったペドロ王子だからこそ、半端でない復讐の仕方
の為だけでなくポルトガルの人々に語り継がれる人物になったのではないかなぁ・・・

そのへんが残念ながら「コインブラ物語」では伝わってきませんでした。
婚礼の夜のペドロ VS ビメンタ会談 「(愛するコンスタンサのペドロとの)結婚を
男としてはどうなのか??」 一応正論で苦悩するビメンタにペドロは恋愛モード。

インドへ旅立つ前に王女としての最後の命令をビメンタへ下す場面も
「お姫様ごっこはもういいんじゃない(ーー;)・・・」 引いちゃいました。
愛するペドロに再会したイネスがペドロと結ばれることを拒み修道院へ入る
ことを決めた理由が自分と間違えられて殺されたミランダへの想いより
王妃を国外に追い出した犯人だという国民感情云々というのはいかにも
取って付けた様。
だったら自分の為に殺された可愛そうな娘の死が悔やまれて自分だけが幸せには
なれないと言うほうがワタクシ的には納得できます。

初日の客席には多分ポルトガル関係とおぼしき方々がけっこう見受けられました。
その方たちの目には自国に語り継がれた有名なお話、どんな風に映ったのでしょうか。

コスチュームは良いし、時代も人物も魅力的ではあります。
贔屓が演じたということもありますが、「黒い風」特にアントニオ(紅ゆずる053.gifさん)や
ミランダ(蒼乃夕妃さん)フェルナンド(美弥るりかさん)が魅力的だっただけに
もう少し何とかならなかったのかしら・・・

長~いぼやきになってしまいましたm(__)m
今日はこれから雪組の全ツ。洗濯機2回目を回して干したらでかけます(^^♪
[PR]

by zuzunoheya | 2009-11-15 08:10 | 星組
<< 雪組全国ツアー 09/11/15 時の過ぎ行くままに 09/11/11 >>