ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

ルチア & メイ・・・11/02/18

青年館公演「メイちゃんの執事」前回の続きです。
やっぱりルチアでしょう
ルチア(詩織)なのか白華れみさんなのか良くわからない(@_@;)
でもルチアのインパクトが強いってことは白華れみさんの演技力???

ルチアもう最高!! 
誰もが心のなかに一匹は飼っているはずの黒い蛇が鎌首を持ち上げます(笑)
心を病んでいるとは言え自分の願望を実現するためにはどんな手段をもいとはない。
自分の周りを傷つけ、おとしいれた末に手に入れた理人との生活は医師でもある忍に
よって自由を奪われたかりそめ。

薬剤のチカラを借りなければ自分のものに出来ない理人に対するジレンマと
メイちゃんに対する嫉妬。ドロドロの憎悪がバラの花びらが舞う超耽美な空間で
展開します。美しい男女を殺害して剥製にする「黒蜥蜴」の緑川夫人の
狂気をふと思い出しました。

でもね、だんだんルチアが邪悪な言葉を吐くたびにそうそう、そうなのよ・・・
ふふふもっとやるのよ、果てしなくエスカレートする自分が恐い(-_-;)
私ももしかしてメイちゃんに「嫉妬」というよこしまな思いをいだいているのかも(笑)

生い立ちにかわいそうなところはあるものの原作者が「生まれついての女優体質」と
キャラ設定しているように「美しき邪悪なツンデレ(娘曰く本来のツンデレとは違う?)嬢
」(笑)はメチャ魅力的。ここまで気持ちのいいヒールは「細うで繁盛記」の
富士真奈美さん以来ヅラ(笑)って古(@_@;)
その上なにやら私まで「多美ちゃんチック」に・・・

もう一方のヒロイン東雲メイちゃん音波みのりさん
漫画を読んだ時(特に最初の方ね)正直言ってこんな小娘(スマン)に理人が惚れるん
かいな??と思っちゃいました。
でも想像力欠如の中高年にとって漫画のような二次元よりはドラマの三次元、
さらに夢の世界四次元宝塚(笑)メイちゃんもワタクシ的には漫画のめいちゃん
よりはるこちゃんのほうがはるかに魅力的に映りました(#^.^#)

宝塚の魅力はなんといってもかっこいい男役。でも作品のクォリティーを左右するのは
結局女性をどれだけ魅力的に描けているかだと思う。
男役はほっといてもかっこいいんだもん(^^♪

「執事」という本来は裏方の職業をメインにもっていったことで否が応でもその主人である
「お嬢様」が前面に出てきます。それがみんなしっかりキャラ立ちしているから
イケメン執事 VS 個性的なお嬢様 の図式が見事に浮かび上がっているかな。

映像多様、漫画チック、それに抵抗を感じる方には・・・・ですが
072.gif紅ゆずるさん053.gif初主演「メイちゃんの執事」は大成功!!と叫ばせてくださいませm(_ _)m
[PR]

by zuzunoheya | 2011-02-18 09:41 | 星組
<< 柴田理人@紅ゆずる・・・11/... メイちゃんの執事@青年館初日・... >>