ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

星組東宝初日   13/07/27

星組「ロミオとジュリエット」東宝初日
あの梅芸から三年たつのですね(^^♪
プログラムに小池先生も書いていらしたけど日本版「ロミオとジュリエット」成功の
立役者は柚希礼音さんだと。宝塚の本舞台に戻ってきた星組の「ロミ&ジュリ」の舞台を観てたしかにそうかもしれない・・・と思いました。
とは言うもののフランス版はもとより宝塚以外の「ロミ&ジュリ」を見たことがない私。
説得力はないかも(笑)

エネルギッシュで肉食系男役なんて言ったらちえちゃんのファンに怒られるかな・・・
でも今までそんなイメージだったちえちゃんが「奥手」でピュアなロミオを演じて
違和感が無いんだもの・・・   
初演から三年。あたり前のことですがちえちゃんもあれから三年経つわけでそれでも
やっぱりピュアなロミオさまでした(#^.^#)

ロミオより再演のハードルが高いのはジュリエット@夢咲ねねさんかも・・・とも思います。
男役さんは本来女性なのに「男」を演じるという非現実性のフィルター?を通して
観客も見ているのでそのあたりのことは頭のなかで脳内変換しながら見ているような
気がします。

でも娘役さんは本来女性が演じるところの男役さんと組んでちゃんと女性に見えなくちゃ
ならないわけで三歳の加齢ってけっこう大変かもと思ってしまいます。
でもそこんところねねちゃんは開き直っていると言えば良い言い方ではありませんね。
突き抜けちゃっているとでも言うのかな。ありのままちえちゃんに任せて
ジュリエットを演じているような・・・
「ぶりっ子」っぽくなってたら嫌だなと思いながら見ていたのですが全然そんなことは
なくてこのお二人を見ていると「ゴールデンコンビ」と呼んでも良いんじゃないかなんて
思いました。昔人間の私にとっての「ゴールデンコンビ」はターコさん&モックで
いーちゃんがいらした頃はゴールデントリオなんて言い方もされていたように思いますが
ちえ&ねねコンビの息の合い方がもう半端ではなくて(#^.^#)
「円熟期」なのかも・・・って思いました。

紅ゆずるさんのティボルト。 
私、大劇場を観ていないもので「赤チーム」の紅さんというイメージがなくて最初の
紅ティボルトの登場場面ではぼ~っとしていて気づかないという失態^^;
声を聞いて紅さんだと(笑)

仮面舞踏会でティボルトってあんなにジュリエットが気になって仕方なかったんだ・・・って
今さらの新発見。ティボルトはただただ危ないだけの「歩く凶器」のようなイメージでしたが
その裏の深い「孤独の闇」のようなものを感じた紅ティボルトでした。
フィナーレ、下手すっぽんから迫り上がったまったく別人の紅さんをみてホッ(#^.^#)

びっくりしたのは、というより嬉しい発見はマーキューシオの壱城あずささん
私しーらんさんのこういう芝居見たことない。いつも何処かに本名の○ちゃんが
出ているような・・・ 男役さんにしては可愛すぎるというか美人すぎるお顔の
印象のせいかもしれませんが、痩せた?それともメイクかな???
凄みが出てました(#^.^#)

礼真琴さんの「愛」はひたすらしなやかなイメージでしたが鶴美舞夕さんのそれは
力強い躍動美のよう・・・  

今回の公演の指揮は塩田先生。ちょっと期待していたのですがフィナーレのアンコールで
客席を煽る煽る(^^♪ スタンディングを促したりカーテンコールのご挨拶では舞台上の
ちえちゃんと何事か言葉のやり取りをしていたようで・・・ 残念ながら私には聞き取れ
ませんでしたが(@_@;)

熱~い星組が暑~い東京での公演。
Aパターンも良かったですがBパターンも楽しみ(#^.^#) 
[PR]

by zuzunoheya | 2013-07-27 07:08 | 星組
<< 初日の余韻(#^.^#)   ... 音楽学校100周年   13/... >>