ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

88期の秘密兵器・紅ゆずる 08/07/12

どうもスポーツ紙の見出しみたいだな。でも紅まつり053.gif 無礼講 ですぅ
いつもだと本公演の話から・・・なんですがそんな事言っちゃいられません!

88期の秘密兵器・紅ゆずる が神秘のベールを脱ぐ
瞬間がやって参りました。長身でビジュアル満点ながら、路線とか劇団プッシュとか
そのあたりには何故か無縁で研7まで来てしまった紅ゆずる053.gifくん。 
泣かず飛ばずの境遇でも、腐らず チカラを蓄え炸裂させたのが「アンナ・カレーニナ」のカレーニン氏でした。

「アンナ・カレーニナ」
の鮮烈デビューから、衝撃の新公主演発表を経て3ヶ月あまり。
アン・カレフロック説、経験不足不安説・・・こうなったら自分で確かめなくちゃ

開演アナウンス
本公演でも気になった事。開演アナウンスが始まってもざわつく劇場内。
東宝はアナウンスが始まるとピタリと静まる。
ちょっとムカつきながらも「星組の紅ゆずるです」という言葉にはもの凄い拍手が
きました。 案の定腹にチカラが入っていない感じ
大丈夫?紅くん

紅ミサイル最初の着弾地点が、いきなり銀橋ひとり渡り、しかも ♪ひとかけらの勇気ソロ
暗闇の荒野をひとり行く・・・勝手に紅くんの心象風景を想像してみたり(^_^;)

新公の主演なんて、複数回やる生徒の方が少ないはずでほとんどが「新公初主演」
ただ、ほとんどの生徒は真ん中に立つのは初めてでも、新公のメインキャストの
ローテーションに入っていて それなりの経験やら、次は私かも・・という覚悟もあっての
新公初主演 だと思う。でも紅くんには「新公メインキャストローテーション時代」が
ほとんどない。

私も最後の新公だから観に行かなくちゃ・・・とは思ったものの漠然と、
組長何の役だっけ?にしき愛さん何演るの?まぁこんな調子でした(笑)

♪ ひとかけらの勇気銀橋ソロは残念ながら不発。
その後のコメディーフランセーズや結婚式(ビジュアル的には100点満点)の場面の
台詞回しも????
紅くんじゃないよ。 安蘭けいさんだ。 小さなとうこさんが数人紅くんの肩の上に
御降臨って感じでした。
何でもできるトップスターのとうこさん、しかもいろいろ教えてくれたはず、これも止む無し。

紅ゆずるが帰ってきた!!そう思ったのは、結婚式の翌朝、婚礼衣装のまま 
椅子にもたれた後姿を見た時。カレーニンの苦悩する姿とシンクロしました。

それまで「マダム・ギロチン」の場面で、貴公子然としたイメージの強かった
麻尋しゅんさんがショーブランを意外に脂っこく演じて(笑)場をさらっていたので
紅くん、荷が重いかな・・・

でも心配はそこまで(笑)
ここから怪優・紅ゆずる(あえてこう言わせてもらいましょうm(__)m)
エンジン全開でした。グラパンがめちゃめちゃ面白かったのも、紅くんらしいなと・・・
グラパンってたしかベルギー人だったはずなのに最後は大阪のおっさん、
「ワレ~」?「ボケ」(大阪ネイティブじゃないので、ちゃんと聞き取れなかったのが残念)思い切り笑わせてもらいました。

という訳で 紅ゆずる暴走編は次回です。
[PR]

by zuzunoheya | 2008-07-12 07:07 | 星組
<< 88期の秘密兵器・紅ゆずるⅡ ... 行ってきました  08/07/10 >>