ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

星組・宝塚大劇場・新人公演 08/07/16

来年から東宝劇場の休演日原則月曜日に変わるため、仕事のローテーションを
今までの、月曜休みから金曜休みに早くもシフト変更。
その調整やら、娘の学校の役員飲み会(教師も参加してのいわばオフィシャル飲み会)
やらで忙しく更新サボっておりました。ボチボチ再開。
タイトルも大人しく参ります(笑)

・グラパン登場で一気に芝居のテンションがあがった・・・
縄跳びの失敗である程度ほぐれた緊張感を、きちんと維持しながら
芝居の主導権を握って あとは自由自在な紅ゆずる

もう今さらの話ですがスポニチ宝塚歌劇支局の藪下さんの新公評
幕開きの緊張の様子を「~手と足が同時に出ているのでは(笑)」なんて
上手い事表現されていました。

一本立て、2時間半の舞台を小柳先生はどう料理するのだろう?
冒頭の変装したパーシーが伝染病の病人(遺体?)と偽って貴族を救い出す場面と
フィナーレはばっさりカット。マルグリットの弟アルマンの場面も少なかったので
真風涼帆くんあまり見れずに残念でしたが、終わってみれば1時間50分くらい・・・
みっちり中身の詰まった舞台でした。

新公が変装して荷車の横を歩くパーシーから始まったら、たぶん紅くんの緊張も
「手と足が一緒に出る」状態の半分くらいで済んだのでは・・・とは思いますが
初っ端から ♪ひとかけらの勇気~ 度胸だめしで良かったのかもしれません(笑)

ルイ・シャルルとの場面は、グラパンの変装を解いてパーシーへ戻る声の変化も
スムーズ、絵のモデルのポーズもしっかり笑わせてくれました。
上記、スポニチ藪下さんが「貴族のおおらかさ」が良く出ていたと
評してまさにそのとおり!ブルーのお衣装 も素敵でしたね\(^o^)/

一幕最大の見せ場? 仮面舞踏会
何故、ハデハデの衣装を着なければならないか・・・という場面がカットになっていきなり
マスカレードの場面に突入というのはいかにも唐突な感じを受けましたが、
紅ファンにとって この場面はなんと言っても ゼブラ\(^o^)/
これに尽きます。
本役の安蘭けいさんとは部分的に変わっていたところもあったようですが、
オーバーニーの白いオスカルブーツ(笑)にゼブラ柄のコートほんとに素敵でした。
正直、ここまで似合うと思ってませんでした。
新公の舞台写真が早く出ないかしらん・・・とそればかり思ってます。

あ~頭の中で、ゼブラの衣装をまとった紅くんが ♪ひとかけらの勇気を歌い始めましたよ
妄想の海に沈む事にいたします(笑)
[PR]

by zuzunoheya | 2008-07-16 23:22 | 星組
<< 今夜も「紅アソート」 08/0... 88期の秘密兵器・紅ゆずるⅡ ... >>