ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

進撃の巨人・後編

ホントは雪組「星逢一夜」の話を・・・と思ったのですが見たら書かずにはいられない
「進撃の巨人」後編(笑)


ネタバレと言えばネタバレ。
蓋はしませんのでm(__)m

TVのコマーシャルで「(前編の)すべての謎が解決する」みたいなことうたっていますがそんなこと無い無い。
解決した謎と言えば「巨人」が何故できたか。どうも研究の課程で何らかの理由?で暴走した遺伝子が拡散されて巨人になったものとならなかったものが出来た。巨人になったものは人類を捕食し、ならなかった人類は壁に囲まれて何とか生き延びる…
でも本能のみで知性を持っていない(ように見える)人間型巨人と知性を持っている(ように見える)筋肉人体模型巨人はどう別れたのかな。
同じ筋肉人体模型巨人でも大きさがぜんぜん違うのはなんで?

國村凖さんが巨人化した人体模型巨人はエレン@三浦春馬さんやシキシマさんの巨人化とは比べ物にならないくらいデカイ。
でもこの辺りは「遺伝子の暴走」とやらの課程での個体差?変異?と思うことにします。

あとはやはり謎だらけ(笑)
はじめの方に三浦春馬さんの子供の頃の回想場面で三浦さんのお父さんが出てくるのですがこれが草剪剛さん。ビッグスターが出てきたので期待していたら草剪さんのシーンはこの場面のみ。
ピエール瀧さんが息を引き取る直前に三浦さんに向かって「(三浦さんの)兄さんは…」と突然話はじめるのですが肝心の兄さんの名前を言わずに事切れる。
でもこの事に関しては以降何の話も出ず。

三浦春馬さんが突然気がつくと白一色のまるで現代のモダンで無機質な建物のような空間にいるのですが、三浦さんも一緒にいるシキシマ@長谷川博巳さんも衣装は真っ白。さんざん戦ってるのに何なのでしょう…
真っ白の室内に唯一色があるのは懐かしいジュークボックス。突然スターキー・ディビスの「エンドオブザワールド」が流れてくるけど懐かしい…と思うより唐突。映画の副題もエンドオブザワールドだし、エンドロールに流れる歌はセカオワ、あんまりにもベタ。

ラストに壁の上に立って壁の向こう、海や廃墟のようになった高層ビルを眺める主人公の二人(三浦春馬さん&水原希子さん)の姿がとっても印象的なのですが、その後ろに被さるナレーションと来たら「二つの個体が外へ出たので監視する」みたいな…

もうぜんぜん疑問なんか解決しない(笑)
この映画、前編後編で一応完結することになっていますが草剪さんといいピエール瀧さんの言葉といい伏線と言うよりはワタクシ的には次回作の「撒き餌」

三浦さんのお父さんが草剪さんと言うことでもしかしたら「スターウォーズ」のように過去のエピソードを展開するかスピンオフか…

たぶん原作ファンからしたら原作に無い人物がたくさん出ていてしかも大きな役のようだし、逆に原作中の重要人物が出ていないらしい…と言うことで違和感を覚える人が多かったのでしょうね。
私の見たシネコンは4Dとか3Dでの上映は無かったのですが料金弱冠高めで高解像度のスクリーン上映が回数も多かったのですが残酷な捕食シーンやグロテスクな巨人を高解像度で見ても仕方ないので普通のスクリーンで見ました。だからかな封切りすぐなのにすいてました。

前編で散々ばらまいた謎がぜんぜん解決していないとは言え原作の創造力!?発想力!?は凄いと思いました。
たぶん続編が公開されたら見るかな…(笑)

次は雪組公演の話です

[PR]

# by zuzunoheya | 2015-09-22 10:11 | その他

進撃の巨人   15/09/19

原作ファンにはメチャメチャ評判が悪い(らしい)実写版の前編。
私は原作も読んでいなければ特定の俳優さんのファンでもありません。
何故見たいと思ったのかと言えば、これでもか!!と言うくらい大量に放送されたコラボCMを見て怖いものみたさと軍艦島がロケ地と聞いたから。そして夫婦のシニア割引が利くので二人で二千円ちょっとでみられるからでしょうか…

若い方ばかりだったら浮くので困るなぁ~と思っていたのですが、若い人からお年寄りまで意外にまんべんなく(笑)
私のような野次馬もけっこういたようでほっとしました。

マニアでもファンでもない人間の素朴な感想を・・・
人間を食べてしまう「巨人」の出現であらかたの人類は滅亡。生き残ったほんの少しの人類が巨人が越えられない壁を作ってなんとか暮らして百年。更に大きな巨人が表れて壁を破壊したことから大変な事に…

分からないことだらけなのに結局最後まで引っ張られてしまった感じ。そこそこヒットしているのは納得。
一つ予想外だったのは人間が巨人に捕食されるシーン。かなりリアルでグロテスク、最初に見たときはもうダメ!!
でもこういうシーンが何度も出てくるので捕食シーンになったら焦点をずらしてスルーしてました。この映画、PG-12指定とか。R指定は知っていたもののPGって何? ペアレンタルガイダンスと言うらしい。12歳以下の児童がみる場合は親の同伴が望ましく性的な表現や暴力シーン、グロテスクな場面があるので見せる方もそれをわかった上で見せるかどうか判断してね…と言う話。
確かにあの捕食シーンは子供さんにはきついかも。

後はおばさんの素朴な疑問ですが…
「進撃の巨人」と言うタイトル。これが不思議。「進撃」と言う言葉は普通は良い意味で使う言葉だと思うのに人類をむしゃむしゃ食べてしまう巨人が進撃って?

その進撃する巨人はコラボCMで見た理科室にあった人体模型(筋肉のついたやつ)のようなタイプも出てきますがそれは最初に壁を破る時だけで巨人が開けた穴を通って人体模型型巨人よりは小型の皮膚のついた普通の人間型の巨人が入ってきて人間を食べてしまう。
あの筋肉巨人は何なのでしょうか?
人間型巨人、見たところ老若男女いるけれど生殖器はなく繁殖方法は不明。
攻撃されてもすぐに復元し致命傷は首の後のみ。致命傷を受けるた巨人は消滅して
しまうので分析も不可能。う~んんんんん

主人公の若者たち。塀に囲まれた暮らしをしているから塀の外を見てみたいと思う
若者らしい好奇心は分かる。それで警備隊が警備する壁の近くまで忍び込んだまさにその時筋肉型巨人が表れて壁の崩壊が始まるのですが巨人がせまって来ているのに
なかなか逃げない。三浦春馬さんなど逃げる人の波に逆らって家族の安否確認の為?
魚人に近づこうとするし・・・
ほんとなぜ逃げない(笑)この「なぜ逃げない」というシーンはあちらこちらに
出てくるのでこんなものか・・・となれてしまいました。

夜は眠っている巨人、起こさないように静かにしろと言われる割には菜種油が動力?
のトラックの音はすさまじいし・・・
極めつけは「立体機動」と三浦春馬さんの巨人化
巨人の後頸部を狙うために壁面にワイヤーを打ち込んで何かの推進力で飛び上がり
ひたすらアタック。

巨人に食べられたはずの三浦春馬さん。
あらら主人公が食べられちゃった!と思ったら飲み込まれた巨人の身体を破って
巨人化した三浦春馬さんが巨人と戦う。

今日から後編が公開。
疑問が100%解決されることはないと思うけど気になる映画。

[PR]

# by zuzunoheya | 2015-09-11 11:31 | その他

王家に捧ぐ歌@東宝   15/09/08

もう雪組が始まってますが宙組の話
それにしても東宝のチケ難(T-T) もちろん空席が目立つよりはいつも
立ち見がぎっしり…という方が良いに決まっているのですが
チケットをお願いしていたお友だちが大劇場では余裕だったのにね…と不思議顔。
それでもなんとか二回観られたのでラッキーでした。

いつもながらとは言え木村信司先生の強烈なメッセージ性と一度聞いたら耳から
離れないこれまた強烈な歌詞とメロディ。それも「月の満ちる頃あなたと~」
みたいな綺麗なものより「エジプトは凄い、強い」みたいなストレートの方が
耳タコ(笑)観劇後何日かは「それはファラオの娘だから~」というアムネリス
の歌が頭のなかをぐるぐる^^;

初演は1回だけ。その後退団後の安蘭けいさん主演の「アイーダ」は観ました。
そして今回の再演。「アイーダ」は主人公がアイーダなので当然別物ですが
星組初演と宙組再演の印象が180度違ってました。
なにか大幅な改変でもあったのかしら・・・と思って当時のプログラムと今回のを
見比べてみてもシーンは全く同じ。ファラオの空中降臨?って初演であったかな?
それとラストの地下牢は銀橋は使っていなかったような気がしますが、そんなもん。

初演は宝塚ブランク明けの二作目で星組は初めて。安蘭けいさんも本当は男役さん
だけど今回はわたるさんの相手役に回った・・・くらいの知識しかなくて。
美人のほまれ高い檀れいアムネリスの記憶がほとんどありません。
歌いっぱなしのラダメス@湖月わたるさんの声がガラガラだった事とトウコさんの
歌声とメジカラ、あとはギラギラした目でやたらと野郎っぽかった真飛聖さん。
エジプト兵のコロスの中には紅ゆずるさんもいたはずなのに当然ながら・・・
とにかくファラオのシーン以外は暗かった記憶。

それが今回はCSの公開録画で樹里咲穂さんが舞台の印象を「金銀財宝」って 
樹里さんらしい表現をしてましたがとにかくエジプトはキンキラ(笑)
エジプトの繁栄を象徴しているのでしょうがエジプトの勝利を伝える伝令の兵士
までがキンキラキンで走りこんできて倒れるって(笑)

そのぶんエチオピア側が一樹千尋さんの国王以外はあまりにも地味。
特にヒロインアイーダ@実咲凛音さん。
小奇麗な格好をした女性がいるのでエチオピアの女囚を見張るエジプトの女官かと
思ったらアイーダの元侍女@美風舞良さんでした。

お衣装だけではなくエチオピア女囚の中でのアイーダの「立場ない感?」というか
「王女扱いされてない感?」みたいなものが半端なかったような・・・
アイーダの歌に♪異国に囚われ祖国の人々に疎まれ~みたいな歌詞がありますが
たしかに祖国を蹂躙され家族を亡くし、辛い思いをしたうえに敵国に連れて来られ
て来た女性の祖国を滅ぼした敵国の将軍と愛しあうアイーダへの複雑な感情は
分かるけれど、捕虜になった若い女性がたどるであろう残酷な運命からはアイーダ
の周辺にいることで守られているはずなのに・・・

まっ、私にとってはリスペクトされない王女さまのように見えてしまったアイーダ。
なので「戦いはあらたな戦いを生むだけ」というメッセージも今ひとつなんだかなぁ~
それに変わって私の中で妙にリアリティを持ってきたのがアムネリス@伶美うららさん。
なにしろ「ファラオの娘」プライドは高いし意地も悪い(笑)
いくら美人で「太陽神ラーの息子」ファラオになれるとはいえこんな女の子と
結婚したらしんどいだろうなぁ~というのは下衆の勘ぐり?余計なお世話?
その高~いプライドをズタズタにされた上に愛するラダメス@朝夏まなとさんから
漏れた情報で父であるファラオを殺されと散々(-_-;)
でもその後のアムネリスの対応が筋が通ってた感じ。一瞬ラダメスを助けようとする
温情を見せるもののラダメスが拒絶するときっぱりと処刑を断行。
ファラオになったアムネリスが自分の治世の間に戦いを起こしてはならないと宣言まで
しちゃう。もちろんエジプトの繁栄を続けるためにはそんなことは無理と承知の上で・・・

地下牢で最後を迎えつつあるラダメスとアイーダと対照的に睡蓮の花に囲まれて
戦いをしてはならぬと言い放つアムネリス。
「戦いはあらたな戦いを生むだけ」という戦争の無意味さ、死にゆく二人にできる
ことは祈るだけ、そんなアイーダの思いがアムネリスに伝わって、若い二人の死も
無駄にはならなかったと救われる思いでした。

伶美うららさん、歌がネックと言われていますが強い語調の歌が多いのとお衣装
にも助けられてそれほど気になりませんでした。
初演を観た時 間違いなくとうこさんがヒロインだと思ったのですが今回はアムネリス
の方が印象に残っちゃって^^; 
初演はお歌のハードルが高いためアイーダがトウコさんに回ったけれど、今回の
宙組再演を観てアムネリスはトップ娘役のメンツを潰さないお役だと実感。
ってことは今回の再演、ワタクシ的にみりおんさんの印象が薄いってことでそれも
なんだかなぁ~(笑)

珍しく今日は今まで男役さんの話が出ませんので宙組男子の話も少し(#^.^#)
やはり星組から組替えの真風涼帆さんのなんと素敵なこと!!堂々たる二番手。
あとは澄輝さやとさん、蒼羽りくさんが印象に残りました。
娘役さんはエジプトに軍配が上がりましたが男役さんは断然エチオピアのようで・・・

ほんと独断と偏見の宙組話 失礼があればお許しをm(_ _)m

[PR]

# by zuzunoheya | 2015-09-08 22:14 | 宙組

備忘録「エリザベート」@帝劇 15/8/29

7月のお話
宝塚版のエリザベートは散々見ているのに男性の出ているフツーの
「エリザベート」は恥ずかしながら初めて。
エリザベート@花總まりさん、トート@城田優さん、ルキーニ@山崎育三郎さん
フランツ@佐藤隆紀さん、ルドルフ@古川雄大さんゾフィーは剣幸さんでした。
まぁミーハーのワタクシ的にはベストメンバーです(^^♪

宝塚時代のお花さん。トップ在任期間の異常な長さと相手役とのこれまた異常?に
見えるラブラブアピールで上手いなぁとは思ったものの正直引いてました。
それでもそのラブラブアピールの相手役さんファンのお友達がいるもので退団後の
復帰作「デートリッヒ」や「ドラキュラ」は観てます。
日本初演のエリザベートを演じたお花さんの一周回ったエリザベートがどうしても
観たくて・・・娘が頑張って取ってくれました。

東宝版をほとんど見ている非宝塚ファンの知人がいて彼女いわく今回はけっこうセットやら何やら変わったとか…
ラストのエリザベートとトートが両方とも白いお衣装で宝塚チック!!と思ったのですが、それもエリザ白&トート黒バージョン、二人とも黒バージョンなどなどあったとか。でもなにしろ「初エリザ」の私としては「へぇ~そうなんだ…」としか言いようが無くて(笑)

お花さんのエリザ、さすが!! まさにタイトルロールでした。
一幕最後、有名な鏡の間の場面。トートとフランクを従えて・・・ってホントは
従えてるわけではありませんがそれくらいの圧倒的な存在感。
城田優さんは、ロミオが見たかったけど取れず「ファントム」で初めて生を見て
思いの外ピュア(に見えた)なエリックにびっくりしたのですがやっぱりトートの
方が似合ってました(#^.^#) TVドラマにも出ていらっしゃるけど舞台から
離れないでいてほしい方です。

山崎育三郎さんも恥ずかしながら「お初」^^;
最近は安倍なつみさんとの熱愛が話題になりましたが、実力のある方なんですね。
でもプログラムを読んで尾上松也さんのルキーニも観たくなりました。
あのアクの強いルキーニは松也さんに似合ってそう・・・

ルドルフ役の古川雄大さん。
ミーハー母娘にとって城田トートと並んで楽しみでした(#^.^#)
古川さん「ロミオ&ジュリエット」「レディー・ベス」「タイタニック」と
ワタクシ的にはけっこう観てます。
「タイタニック」ではラッキーな事に古川さんのアフタートークも見れて長身・
小顔・スタイル抜群・歌える・ダンスキレキレ(ってあくまでワタクシ的にですが)
しかもビジュアル抜群!!
今はルドルフですがあと何年かしたら古川さんのトートが見れたらと妄想(笑)

宝塚版と東宝版。比べることは意味ないな、とは思うもののトートとシシィ中心の
宝塚版と違って東宝版の生々しいこと(笑)シシィのパパがいろいろな意味で自由人
だったこと。シシィ、ちゃっかりスイスの銀行に隠し口座?を持ていた。
体調を崩したシシィの元にドクター・ゼーブルガーにふんしたトートが現れる場面、
過激なダイエットではなくフランツが娼婦からうつされた性病だったなんて。宝塚版では「路線」の生徒さんが演じているのにしどころないルドルフも父との葛藤が描かれ死に至る心情がよくわかりました。

そして宝塚版ではステレオタイプの「鬼姑」としか描かれていなかったゾフィーも国王の母としての苦悩を歌うナンバーがあってそれぞれの人間くささが強烈に…
そのぶんトートの出番や存在が少~し薄くなって男役「トート」を主演に置く宝塚ではこういう演出は無理でしょうね。

やはり面白いな、と思いました♪
ミーハーなのでキャストにも左右されるとは思いますがまた観てみたい(*^^*)
[PR]

# by zuzunoheya | 2015-08-13 23:14 | その他

備忘録「ジャージー・ボーイズ」  15/08/13

シアターオーブ「ジャージー・ボーイズ」
6月の話。
珍しく夫が観てみたいと言うもので夫がスポンサーで観てきました。
なんで観たいなんて言い出したのかな・・・と思ったら最寄り駅のホームに広告。
千秋楽近くの土曜日だったためあの高い高~いオーブの三階席の最後列の端席。
舞台までの距離がかなりあるのでオペラグラス必携と思って持っていったものの
大事なことを忘れてました。
私は日本語しか喋れないし聞き取れない。なので舞台の上手下手両側にある
字幕スクリーンを見ながらの観劇なものでオペラでのピンポイント観劇なんて
している暇なんかありゃしない(笑)

でも見ているうちに夫が観たいと思ったわけが分かりました。
「SHELLY」「君の瞳に恋してる」などとにかく懐しいナンバーが(^^♪
ニュージャージー州と言えば大都会ニューヨークとは目と鼻の先。
でもコーラスグループを目指す白人青年たち、けっこう危ない橋を渡ってる。
刑務所とか犯罪の危険ワードがいっぱいでオーディションを受けて落ちて帰る
彼らに投げかけられた言葉が「黒人に生まれ変わったらまた来いよ」みたいな。

当時(60年代半ば?)はモータウン全盛期?かな・・・黒人差別がなかった
とは思えませんがコーラスグループというと黒人グループってイメージ
だったのでしょうか・・・そう言えばちょっとニュアンスは違いますが、私
長いことジャニス・ジョプリンは黒人だと思い込んでました。
あんなソウルフルな歌声が白人であるわけがないと(笑)
  
それでもヒットを飛ばしてスターになっていく彼らのもろもろの事情が・・・
演奏も生でおなじみのナンバーには手拍子も。ほとんど男性ですが女性が3人。
皆さん太っているわけではありませんが「身体が楽器」にたいな体格で(^^♪
字幕を読んで舞台を観てというのはけっこう疲れるけどやはり「本物」
たまには良いもんですね。


[PR]

# by zuzunoheya | 2015-08-13 21:59 | その他

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンその2   15/06/27

赤坂アクトシアター公演
紅ゆずるさん主演の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」終わってしまいました。
間もなく梅田のドラマシティの公演は始まるものの遠征予定はないので
私の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」は終了。

観ながらいろいろな事を考えましたが、実在のフランク・アバグネイルjrさんって
1948年の生まれ。昭和で言えば23年 いわゆる「団塊の世代」
昭和23年生まれといってまず思い浮かぶのは沢田研二さん(^^♪ 若いころの
ジュリーは壮絶に美しかった(#^.^#) そのほか井上陽水さんや森山良子さん
糸井重里さん、舛添東京都知事も同年。けっこういろんな方がいらしてまだ若い。
歳は取りたくない・・と思っているけれど団塊の世代ではないものの「キャッチ・ミー・
イフ・ユー・キャン」でフランクが生きた(ってまだ存命ですが)1960年代半ばの
空気が分かるっていうのは年をとるのも悪くないかもと思いました(笑)

ベン・ケーシーとかミッチ・ミラー。ベン・ケーシーは細かいところまでは覚えて
いませんが子供の頃の名医の代名詞だったし、舞台に出てくる「ミッチと歌おう」と
いうテレビ番組の記憶はありませんがミッチ・ミラー合唱団という単語は頭に
インプットされてました。

一番懐かしかったのは今はないパンアメリカン航空。CA達が持っていたショルダーバッグ
のロゴ、涙が出るほど懐かしかったです(笑)そう言えば大相撲の優勝力士に送られる
パンナムのカップを贈呈するアメリカ人のおじさんのユーモアに富んだ「表彰状~」で
始まるスピーチは毎回楽しみでした。ヒロイン、ブレンダ@綺咲愛里さんの髪型は
まるでパティー・デューク(^^♪ 
若い人にはなんのことやらの話ですが、懐かしかった・・・・

幕開きとラスト、紅さんの着ている真っ赤なベストが目を引きますが、カラーテレビが
普及し始めた時代の象徴? 反対にまだモノクロームの世界に生きている旧態依然の
FBIは黒やグレーのモノトーンのお衣装。
実はまだ高校生のフランクに翻弄されるFBIの姿が皮肉っぽく描かれますがこれって今
でも同じ。ネット絡みの犯罪になかなか捜査する方がついていけない。

好きなシーンはたくさんありますが私は一幕ラストが好き
クリスマスの夜、スタジャンを羽織った紅さんがFBIのカール・ハンラティ@
七海ひろきさんに電話をする場面。スタジャンの紅さん、ちゃんと子供に見えました。
クリスマスの夜に孤独な二人。誰かと話したくてハンラティに電話をかけたフランクの
孤独を見破るハンラティ。でもそのハンラティも孤独。突然降りだした雪に歓声をあげる
フランクの声を聞きながら、もしかしたら犯人は子供じゃないかと気付き始めます。
追われる方と追いかける方、孤独な二人の間に不思議な連帯感と友情?の芽生えた
瞬間でしょうか・・・
「彼は子供だ!まだほんの子供なんだ」と犯人の正体を掴んで興奮するハンラティと
対照的に降る雪を見ながら無邪気にはしゃぐフランク。家庭が壊れていなければ
こんな事していなかったのに・・・ 無邪気なフランクが切なかったです。


[PR]

# by zuzunoheya | 2015-06-27 23:08 | 星組

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン@赤坂アクトシアター   15/06/18

紅ゆずるさん主演「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」
初日を観ました。
私は紅さんのファンですのでまぁ、「独断と偏見」というよりは
「ハート053.gifのフィルター」が全体にかかっております^^;

わずか1週間しかもチケ難。何度も見れるわけではありませんが、「幸せな1週間」
の一日目が終わってしまいました(T-T) って最初からイタイ(笑)

ネタバレって言えばネタバレ。蓋はしませんのでm(_ _)m040.gif
★紅さんにピッタリのフランク
★七海ひろきさん、すっかり「星組生」
★紅さん&七海さんとの不思議な関係が絶妙
★専科の夏美ようさんさすが!!ナイス親子
★FBIチーム最高!
★綺咲愛里さん 大ナンバー?熱唱
★いつもながらの紅さんのご挨拶
ざっくり言えばこんな感じでしょうか・・・

☆紅さんにピッタリのフランク
高校生役と聞いてあらら・・・と思いました。去年SOPHIAの松岡充さんが演られたお役。
松岡さん43歳とか。そう思うと紅さんはぜんぜんOKなんですが松岡さんはどちらかと
言うと小柄。長身の紅さん大丈夫??なんて心配したのですが、ワタクシ的には大丈夫。
母親の不倫場面を見てしまった夜の自分の部屋のベッドで不安な想いを歌う場面や、
フランクを追うFBIのハンラティ@七海さんに思わず電話してしまうところなど身体は
大きくとも子供(に見えました)

☆七海ひろきさん、すっかり「星組生」
宙組公演「トップハット」を終えて「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のお稽古に。
元宙組生の北翔海莉さん、十輝いりすさん、同期の壱城あずささんは全ツチームで正直
不安だったのかな???と思います。
でもFBIチームのチームワークも抜群ですっかり馴染んでいるように見えたのはとても
嬉しい(^^♪

☆紅さん&七海さんとの不思議な関係が絶妙
天才詐欺師@紅さんを追うFBIの七海さん。
小切手詐欺のフランクをはじめは今まで様々な詐欺に手を染めてきた初老の男だと
思い込んでいた七海さん。フランクからの電話でもしかしたらこれは子供かもしれないと
思い始めます。
両親の離婚で心を痛めるフランクにとってハンラティはある意味第二のパパのような
存在だったかも。
そんな二人の連帯感?親近感?みたいなものはフランクが逮捕される場面でも色濃く
出ていて、結果「不思議なハッピーエンド」に繋がって行きます(^^♪  

☆専科の夏美ようさんさすが!!ナイス親子
はっちさんのフランクSr。いやぁ~やっぱり天才詐欺師のパパです(#^.^#)
フランクが慕っているのが良くわかります。主演男役さんのパパ役ってやはりダンディな
ほうが嬉しい。お歳はとられましたが相変わらずの渋いダンディ。
息子を守りたい思いと犯罪を繰り返す息子への気遣いや妻を親友に盗られた苦悩。
「月雲の皇子」でも思いましたがはっちさんって男役の色気が半端ない。

☆FBIチーム最高!!
七海さん率いるFBIチーム。七海さんと同世代ながらあまり職務に熱心ではない
如月連さんと瀬季ゆりとさん、瀬央ゆりあさん。それぞれが個性的。
最初は「熱い」七海さんにドン引きだった面々もだんだん七海さんについて
いくようになる。
このチーム、アクシデントなのかアドリブなのか分からないところがあって初日を見た
限りではなんとも・・・ですが面白いです。

☆綺咲愛里さん大ナンバー?熱唱
わざわざ書くのもなんですが(笑)
昨夜放送の「ナウオン」でも長い曲を一人で歌うのが大変!と言っていたあ~ちゃん。
地声とファルセットの切り替えが今ひとつでしたが頑張ってました。小顔で可愛いですね。
紅さんとのバランスも良いかな(^^♪

紅さん恒例のユニークなご挨拶までたどり着けませんでしたが、
とりあえず今日はこのくらいで。



[PR]

# by zuzunoheya | 2015-06-18 09:35 | 星組

花組・宝塚幻想曲   15/06/12

お芝居は大好きなんですが、ショーはと言えばお芝居の興奮や感動を
クールダウンするためになんとなく観るか、お芝居がトホホだった時の
「お口直し」・・・
そんなもので今までもあんまりショーの話は書いたことがありません。
星組は別にしてですが(笑)

久しぶりに花組のショーのお話を。
帰り道に「♪ファンタジア~」という主題歌が口をついて出ました。
いかにも「台湾公演」を意識した作品でしたが、星組公演のダイスケ先生とは
また違った切り口の稲葉大地先生。衣装も綺麗だし明日海りおさんの花組仕様
という感じでしょうか(^^♪

一応洋物のショーですが、和太鼓やドレスに振り袖を思わせるわせる和柄の
お袖をつけたり、ブルーのお衣装で迫り上がってくるみりおさんが密教の印?
を結んでいたり、日本人の自分がいうのもなんですが「エキゾチック」
専科の美穂圭子さん、今回はお芝居とショーの両方に出演で得した気分(笑)

久しぶりにショーの話を書こうと思ったのは柚香光さん(#^.^#)
ショー音痴、ダンス音痴でも柚香さんの切れの良いダンスには釘付け。
特にバスケットの場面。芹香斗亜さんが芯になって恋を賭けて柚香さん
演じる先輩チームと戦う場面。いわゆる「宝塚的」なダンスではないと思うの
ですがメチャメチャ素敵。制服のパンツを腰パン風に崩して履いているのも
なかなか。柚香さんってそれこそ音校のすみれ売りあたりから目を引く生徒さん
でしたがやっと今かっこよさが分かった感じ(笑) こんな事かくとファンの方に
叱られますね。
台湾はおろか梅田で見る予定は無し。柚香さんのダンスが観られるのは「新源氏物語」
と併演のショーまでまだまだ・・・ でも花組を観る楽しみがひとつ増えました。
って花組ファンなら今さらのお話を長々失礼いたしました(笑)

もう一つショーの話をと思ったのはフィナーレのトップコンビのデュエットダンスが
「花は咲く」だったこと。NHKの震災支援プロジェクトから生まれた曲でフィギュアの
羽生結弦さんも使っていたような・・・
この曲が台湾で認知度があるとも思えないしこのままのかたちで台湾に持っていく
のかも不明ですが震災の時にいち早く台湾から受けた援助にたいする感謝が台湾公演
を決めた一因(もちろんそれだけではないと思うけど)と聞くと風化されそうになる
震災を改めて思い出しました。
自分がいわゆる「被災地」の出身だというホント、個人的な想いなんですが・・・

明後日が千秋楽。もう一回みます。  






[PR]

# by zuzunoheya | 2015-06-12 16:17 | 花組

カリスタの海に抱かれて@東宝初日  15/05/31 

最近は書き始めてからなかなかアップできず下書き保存のままお蔵入り(笑)
今回もそうなりそうだったのですがなんとか・・・
以下初日観劇のあとブログを書き始めてぼちぼち追加のしながらの文章です。
時間的にあら??というところもあるかと思いますがどうかそのへんは
お許し下さいm(_ _)m

まだまだ柚希礼音さんの退団ショックを引きずりながらも、チケットがあれば
行ってしまう(笑)  宝塚は星組だけではないし・・・と開き直り。
とは言うものの早々とねねちゃんだけでなくしばらくは女性に戻る「リハビリ」
をするのかなとばかり思っていたちえちゃんも始動開始と聞くとホント
世の中の流れの速いこと。もうついていけない感じも^^;

というわけで明日海りおさんと新しい相手役花乃まりあさんの本公演お披露目。
大石静さんの脚本。正直大空祐飛さんのために書いた石田三成(タイトル失念)は
今ひとつだった・・・と思う。
茶々をめぐっての石成と秀吉のどろどろが後味悪くて、その上当時の宙組の
イケメンたちを「七本鎗」 お笑い要員にしてしまうってなんだかなぁ~
なので今回は期待値低めで観劇したために思ったより良いかな。って上から目線
でしょうか(笑)

どうでもいいことが気になるもので地中海で一番美しい島「カリスタ」って全然
聞いたことないんだけど・・・ 調べてみるもそんな島ないみたい。
地中海で一番美しい島はコルシカ島という事になっているらしくコルシカ出身の
ナポレオン@柚香光さんに同じ境遇のみりおさんに共感できる・・・みたいな台詞を
言わせてました。大石静さん、コルシカと同じようなフランスからの独立を目論む
架空の島をでっち上げて(というのも失礼な話でm(_ _)m)自由に想像の翼を広げて
主人公を作り上げたのでしょうか・・・

今回から2番手の大羽根を背負っている芹香斗亜さんの存在感が大きくてみりおさん
大丈夫???と思ったのですが、悩みを抱えながらもどこか飄々としたみりおさん。
そんなことはありませんでした。
それにしても花組。みりおさん、2番手キキちゃん、3番手確定?の柚香さん、それに
脇をしっかり固める瀬戸かずやさん。キャラが被らずこれからが楽しみ(^^♪
ただ、みりおさんの新しいお相手花乃さん、「アーネスト~」の時は大人っぽい印象と
役柄のギャップが・・・だったのですが今回のヒロインのお役は自分の意志をしっかり
持った女性で花乃さんには合っていたように思いますがみりおさんとの並び、ワタクシ的
には・・・???です。
まぁ「好み」の問題なのでこればかりはなんとも言えないのですがみりおさんのファン的
にはどうなのでしょうか。個人的にみりおさんのお相手になって欲しかったのは
咲妃みゆさんだったのですがもうそれは無理(笑)

突っ込みどころ、もちろん無いわけではありません。
一番気になったのは武器の「横流し」 まぁやっていることは間違いなく「横流し」
なのですが自分の故郷の独立の為にみりおさんが命がけでやったのにそれを自ら
横流しっていうのは違和感でした。

その横流しがバレて捕まったみりおさん、革命政府が樹立される以前のことに関しては
お咎め無しと言い切ってしまうナポレオンもちょっとなんだかなぁ~
でも人を喰ったような柚香さんのナポレオン、好きです(#^.^#)
こんな柚香さん今まで見たことないので新鮮でした。

初日はショーの美穂圭子さんのお歌の場面でマイクトラブル?せっかくのお歌が聞こえ
ず残念なところもありましたが最後のご挨拶ではおっとり相変わらずの「みりおさん節」
が聞けてほっとしました。


[PR]

# by zuzunoheya | 2015-05-31 08:47 | 花組

黒豹の如く@東宝劇場  15/04/21

かなり古い話になってしまいましたがまぁ日記というより備忘録
もう開き直っています。

雪組に続いて星組の初日を観ることが出来ました。
雪組は早霧せいなさんのお披露目公演。そして星組公演は6年ものあいだ
星組を引っ張っていらした柚希礼音さんのサヨナラ公演。
録音なのにちえちゃんの開演アナウンスに拍手がきたのは「ルパン三世」と
同じ。でもこれから船出のチギちゃんファンと退団公演の幕開けを待つ
ちえちゃんファンの想いはぜんぜん違っていたのでしょう。

初日から間を空けず、大勢さんで二回目の観劇。私が初日に感じたことと
その日が初見の「大勢さん」の感想がほぼ同じ。ざっくりとした印象で言うと
「組ファン向け」「リピーター向け」の作品かも・・・
私も2回目の時はちょっと印象が違いました。

柚希さん演じる「黒豹」ことスペイン海軍参謀長アントニオ・デ・オダリス伯爵。
この方の呼称がたくさんあって^^; 
参謀長、オダリス伯爵、黒豹さん恋人や親しい人間はアントニオとファーストネーム。
普段の生活なら当たり前なのですが役名も海軍の階級も役職も頭に入っていない
もので誰のことを言っているのか分からなくて・・・
ファーストネームは仕方ないにしてもせめて「オダリス参謀長」に統一してくれたらもっと
すんなり物語に入っていけたかもと思うとちょっと残念。

柚希さん程では無いにしても十輝いりすさんはスペイン海軍大佐で(指令)長官の
セバスチャン・デ・ディアス子爵。まさこさんはディアス子爵、長官、それに
ファーストネーム。そして爵位があるから貴族?なのに貴族相手の高級洋服店の
オーナーが母親って??? きっとなにか訳あり?お誕生日のお花を贈るシーンまで
万里柚美
さん
がまさこさんのお母さんとは気づかず(笑)
このあたりもさり気なく「訳あり」が説明されると良かったのに・・・なんて。

俊敏でしなやかな「黒豹」まさにちえちゃんのイメージそのもの(#^.^#)
伝説の海賊ソルは間違いなく「黒豹」でしたがオダリス参謀長はと言えば
夢咲ねねさん
への想いや斜陽のスペイン海軍、「悩める黒豹」という感じ。
それでも私のようなライトなちえちゃんファンは参謀長の後ろにヨン・ホゲやロミオ、
ダニー・オーシャン、ナポレオンなど今までのちえちゃんのお役を重ねあわせて満足して
いるようなところがありますがコアなちえちゃんファン的にはどうなんだろうか・・・

ねねちゃん。ピュアなジュリエットもありましたが、全ツで見せてくれた高級娼婦や
若い将校を翻弄する魔性の女、はてはナポレオンまで手玉に取ったジョセフィーヌなど
強い女性が似合う人だと思います。前作「ロストグローリー」でも同じような受け身の
女性で残念でしたが今回もそんな感じ・・・ 「姫役者タイプ」ではないので憂愁の
未亡人は似合わないと思うのですが。最後だからもっともっと自立した女性が見たかった
です。

紅ゆずるさん@アラルコン。今回も悪役ですね。
笑っちゃうくらいステレオタイプの悪役で屈折とかも描かれてないので「情状酌量」も
ありません。でもファン的にはそれはそれでいっそ潔いかも・・・なんて思っちゃう(笑)
今回も出ましたがこの方の「狂気の笑い」は本当に上手いと思う。
アラルコン氏も紅さんの引き出しの一つになったことは確実。
でも最後のちえちゃん旅立ちの場面に紅さんがいないのは死んじゃってるからしようが
ないけどつくづく残念(笑)

[PR]

# by zuzunoheya | 2015-04-21 12:10 | 星組

ディナーショー中継@東宝劇場   15/03/18

えっ???ディナーショー劇場中継するの???と聞いた時
歌劇団も商魂たくましいな・・・と思いました。
でも私のような紅ゆずるさんのファンにとっても、柚希礼音さん真風涼帆さん
3人の並びはもう見れないかと思ったらやっぱり見たいと思ってしまう(^^♪
「商魂」なのか「需要」なのか(笑)

私、他の方のディナーショーって比較の対照を持ってません。
某専科生の「巴里祭」に一度行ったきり・・・
でもなんとなくゆったりと客席を回りながらお喋りと歌で繋いでゆく、そんな
イメージだったのですがぜんぜん違ってました。
ざっくりとした印象で言えば
さよならショーの濃~く長~いバージョン そんな感じ。
ノバ・ボサ・ノバのアマール・アマールから始まったディナーショー。
スカイステージのトークでちえちゃんがこんな動きの多いアマール・アマールは
初めて、って言ってましたが、SHNN先生の振り付けがかなり激しいの。
紅さん、真風さんと3人揃って「再会」からのお歌(^^♪

その後にご挨拶とMC
それからは怒涛の新人時代メドレーが(^^♪
プログラムに載っている曲目は「我が愛は山の彼方に」から「アビアント」
まで24曲、20分。最初の「我が愛は山の彼方に」は紅さんが。
曲の切り替わりの短い時間にちえちゃんの公演の感想やらが・・・

全部覚えているわけではもちろんありませんが覚えていることを書いてみます。
もちろんあくまでもニュアンス(^^♪
最下級生で参加したベルリン公演はとっても印象的。
新人公演で付いたお役が白血病の青年役。でも太りすぎていてこれでは
白血病ではなく糖尿病だと言われました。宝塚を代表する名作ベルばら。
(なにもかにも)下手過ぎました(笑)
「長崎しぐれ坂」、スカイステージで演りたいと言っていた、着物の裾を
手刀でぽんと割る仕草も。
「スカーレット・ピンパーネル」この作品でショーブランに巡りあったことが
それ以降の自分を変えた・・・みたいな。なんて言ったのかきちんと思い出し
たいのですが脳みそがギブアップしております^^; とにかくちえちゃんに
とってのショーブランは大きな大きなターニングポイントだったようです。
私にとってもちえちゃんって凄い!!と思った作品でしたが、とうこさんの
突っ込みにどう返したらよいのかけっこう悩んでいたらしいちえちゃんの姿も
とても微笑ましく見ていたのを覚えています。
 
紅ゆずるさんのファン的にはやはり紅さんが歌った「星を継ぐ者」
だからどうした?って突っ込まないでね(笑)
大好きなお歌だし、龍星は見ていてほっぺがまだふっくらしていた紅さんの
ダラン、可愛かった(#^.^#)

そして懐しいちえこちゃんVS紅子。ちえちゃんがいつも誇らしげにこのお衣装
花總まりさんの!! よほど嬉しいのでしょうね。真風くん演じる男役スター
「すずほさん」。実際のREONではすずほさんとちえこちゃん、紅子が
同じ舞台には上がってなかったので3人で出れて嬉しいとちえちゃん。
ちえこちゃんのかつら、私など同じように見えたのですが、ちえこちゃんが
すずほさんの胸に顔を埋める?ようなシーンがあり大阪の時ちえこちゃんとの
絡みが初めてだったすずほさん。ちえこちゃんの髪のボリュームにちょっと
ビビってしまいちえちゃんに(かつら)大きいですねって言っちゃったとか。
真風くんの言葉がショックだったちえちゃん。その日のうちに美容院にお直し。
それを聞いた真風くん。もう大恐縮(笑)
柚希礼音ファンのちえこちゃん、退団するのでもう相手役の夢咲にょにょ
になれないと泣き始めるとすずほさんも泣き出し私も組替えになっちゃう。
すると紅子さん、私なんかねぇ、これからもず~っと客席係りをやらなくちゃ
いけないのよ!!
ホントに残される人の身にもなってよね!とやけっぱちの紅子さん(笑)

紅さんが歌うキッチュでエリザベートへ。ちえちゃんのトート(^^♪
よくちえちゃんがトートを演ると健康的で黄泉の帝王には見えないかも・・・
なんて言われますがトートって男役だったら一度は演ってみたいお役なので
しょうか。

後半はトップになってからのメドレーが(#^.^#)
新人時代編では分からない曲もありましたがさすがにトップ作品はどれも
懐かしく、ちえちゃんの姿と共に紅さんのあのお役このお役が浮かんできます。
最初のMCの時ちえちゃんが選曲であれも入れたいこれも・・・とリストアップ
していったら5~60曲になってしまい絞るのに大変だったとか。

本当に濃~い時間。たくさんの思い出の曲。でも歌だけではなくそのあいだの
3人のお話、けして長くはなかったけれどこちらもけっこう濃~いお話に(^^♪
3人のキャラを考えると納得なのですが、お稽古場などでの3人のお喋りの比率
はちえちゃんいわく、真風くん1:ちえちゃん3:紅さん6だそうです(笑)
真風くんは最下級生だしおっとりしているのでわかります。でもお喋り比率6
と言われた紅さん、不服そう。でもまわりはたぶん大納得だったはず。

メイクアーティスト・REON
ちえちゃんが他のふたりのメイクをみて下さったようで(^^♪
ずいぶん勉強になりましたと神妙な二人でしたが、真風くんをちょっとしなを
つくる感じで「ゆりかちゃ~ん」と呼ぶちえちゃん。どうやらメイクアーティスト
ってオネェキャラの方が多いイメージから、もちろんオネェキャラとは言いませんが
もろその雰囲気でゆりかちゃんをいじり倒していたちえちゃんでした。紅さんも
かな・・・ そしていじられるままの「ゆりかちゃん」も可愛かったです(^^♪

もう一つ面白かったのは、ラスト近く紅さんがちえさんには本当にお世話になりま
してと話し始め、まるで雛鳥のような私たちをと言いながら雛鳥のつもり?で
ちょこちょことちえちゃんの後をついてまわります。それをあっけにとられて
見ていた真風くん、紅さんに「続け!!」と言われてあわてて雛鳥に。
それを笑いながら見ているちえちゃん(#^.^#)

ディナーショーが終わってから東宝劇場の観客へのメッセージ。
初舞台から現在までのちえちゃんの舞台のダイジェスト映像がが流れ、最期に
またちえちゃんがスクリーンに登場してさよならショーからの歌が流れてお開きに。

お土産のブッセとクッキーも美味しかったし最初の不満なぞどこ吹く風。
すっかり元をとった気分(どこまでも庶民感覚の私^^;)で家路につきました。

[PR]

# by zuzunoheya | 2015-03-18 22:36 | 星組

「ルパン三世」東宝初日   15/03/06

昨日は雪組の新人公演だったとか・・・
かなり前の話になってしまいましたが備忘録ですので(^^♪

早霧せいなさん咲妃みゆさんの本公演お披露目の東宝初日。
お披露目の初日を観るのは久しぶり。大劇場公演は終えているとはいえ客席のファンの
「待ってました」感がひしひしと伝わってきます。
録音なのは分かっているのにちぎちゃんの開演アナウンスに大拍手(^^♪
ちぎちゃんでルパン三世と聞いた時にあとから発表された全ツ沖田総司のような
しっくり感は無くてビミョーかな???と思った覚えが・・・
でも大劇場初日をご覧になった原作者のモンキー・パンチさん、初めての宝塚が
ルパン三世。その感想が社交辞令的なものではなく本当に素直に「面白かった」
とお話する姿がものすごく印象的。それで急に期待度が上がりました(笑)

幕が降りた瞬間、一緒に観たお友達と顔を見合わせ「面白かったね~」
原作が漫画であろうとゲームであろうと面白いものは面白い・・・当たり前ですが
つくづくそう思いました。
そう言えば(ってすぐ脱線しますが)TCA PRESSの3月号の巻頭で「ツレが
うつになりまして」の細川貂々さん、なにげに「オリジナルのヒットが欲しい
ですね」という一言を思い出してドキン(笑)
「ツレうつ」の細川さんが宝塚ファンということは聞いていましたが、
宝塚に引っ越して来ちゃったなんて(^^♪

舞台のお話にもどりましょう。
ちぎちゃんがちゃんとルパンになってた(*^^*)
って当たり前と言えばそうなんですが、私なんか山田康雄さんの声と
飄々とした身のこなしが強烈で。チギちゃんホントに舞台を縦横無尽に動く動く。
惚れっぽくて強引だけど優しいルパンそのままでした。

小柳先生もよく考えたものだと・・・
パリのフランス王家の宝石展示場から「ルパン一行」がフランス革命前夜へ
タイムスリップ。そこにはマリー・アントワネットやルイ16世、ジャンヌ
ポリニャック夫人、メルシー伯爵、ロベスピエールなどなど宝塚でも
おなじみの面々が。
マリー・アントワネット@咲妃みゆさん。ベルばらとはちょっと違う自分の
ことが世間でどう思われているかを分かっていてシニカルな台詞も出てくる。
そんなマリーに一目惚れするルパン。みゆちゃん世間知らずのお姫様では
なくけっこう現実的なマリー・アントワネットを品を失うこと無くきっちりと
演じていました。
ルパンに対峙して圧倒的な存在感を示しているのが銭形警部@夢乃聖夏さん
雪組で「ルパン三世」と聞いた時まっ先に思い浮かんだのは銭形のとっつぁん
はともみんだろうな・・・という事。肩から下げたハンドスピーカーには
埼玉県警の文字が(笑)埼玉県民としてはちょっとうれしい(^^♪
ルパンと一緒にタイムスリップしてしまった銭形警部。いつのまにか熱烈な
ジャコバン闘士になってたり、でも実は・・・というオチまでついて退団の餞
の意味もあるのでしょうがとっても面白いお役。スカイステージの退団トーク
番組でも「銭形警部を演ってください」と言われた時最後のお役が銭形警部!
大笑いしました、みたいな事を話してましたが、いつの頃からか「熱い」キャラ
ばかりになって残念な気がしていましたが「熱キャラ?」の極みのような
銭形警部で卒業するというのもともみんらしいかも・・・ でもそのぶん
ショーではきっちり二枚目の歌とダンスを見せてくれたので良しとしましょう。

ちょっと残念だったのは石川五エ門@彩凪翔さんと次元大介@彩風咲奈さん
しどころ無い感じ。もう少しなんとかして欲しかったです。
不二子ちゃん@大湖せしるさん。この方も最初に思い浮かんだキャストでした。
アクションシーンなど元男役なのでばっちり。男役から女役転向でここまで
いろいろ使われてる人って最近ではあまりないような・・・ 愛希れいかさん
男役から転向して娘役トップさんになってるけどかなりの下級生だし、せしるさん
のように新公主演までして新公を卒業してからの転向でいろいろと重宝されていて
こういうジェンヌさんもいるのですね。

花組から移動して来られた望海風斗さん。上流社会に出入りしてはいるものの
胡散臭い錬金術士のだいもんさん、この胡散臭さが半端ない(笑)
「オーシャンズ11」のベネディクトをもうちょっと軽くしたような・・・
歌唱力には定評があるしすんなりと雪組に溶け込んでいる印象でした。

マリー・アントワネットに一目惚れしたルパン。
悲劇的な最期が分かっているだけに切ない思いを抱えながら救出作戦実行。
歴史のパラドックスという壁に悩む姿は「仁」の南方と同じですが、そこは
あっさりパスしてました。でもギロチンにかけられるマリー・アントワネット
をどんな風に助けるのかな?? その辺はネタバレになるので・・・ですが
とってもホッとした結末でどうにか元の時代に戻れたルパンたちに思いがけない
サプライズが待っていたのも嬉しい趣向(#^.^#)
鳳翔大さんがルイ16世っていうのもかなりのサプライズでした。
ルイ16世って風采の上がらない地味な男性っていうイメージがあったもので
大ちゃんがルイ16世??? こんな長身のイケメンだったらフェルゼンに
心が動くことはなかったんじゃないかと思っちゃいました(笑)
 
ラストは相変わらずのルパンらしいドタバタでしたが客席に背を向け両手を
ポケットに入れて飛び上がる姿を見てアニメそっくり!!
ワタクシ的にちぎちゃんって深刻なお話が似合うと勝手に思い込んでいたようで
運動会のはじけっぷりといいちぎちゃんのイメージがガラリと変わりそうです。

終演後のご挨拶。ちぎちゃん個性なのか意図的なのかわかりませんが、とっても
硬いご挨拶で(^^♪ でもそんな雰囲気が笑いを誘い暖かい雰囲気になるのが
ちぎちゃんらしいのかも(#^.^#) 
客席には原作者のモンキー・パンチさんとルパン三世の音楽を担当された
大野雄二さんが。
カーテンコールで好きな言葉は「絆」というちぎちゃん、絆 絆 と皆さんで
二回繰り返しましょうと絆コール。その後スタンディングで拍手が止まないのに
無情の終演コール。それでも拍手を続ける客席の熱意に負けて?緞帳が上がり
ました。
やっと納得した客席と嬉しそうな雪組生の笑顔でちぎちゃんお披露目公演の
幕が降りました。

チケ難ゆえ観られるのはあと一回ですが、それを見たらショーのお話も
書いてみたいと思っています。

[PR]

# by zuzunoheya | 2015-03-06 13:33 | 雪組

邦楽ジョッキー@紅ゆずるさん  15/02/23 

久しぶりに紅ゆずるさんの声を聞きました(#^.^#)
というのもスカイステージの「ナウオンステージ」まだチラッとしか見ていないもので・・・
NHKFMの「邦楽ジョッキー」という番組。20日の午前11時からが本放送でしたが
私が聞いたのは再放送。21日午前5時から。

考えてみたら最近ラジオを聞くのは車の中くらい^^;
本放送うっかり忘れ、翌日明け方早く目がさめたので聴こうと思ったもののラジオって
あったっけ??? この寒いのに車の中に1時間缶詰は辛いなぁ、停車中のアイドリング
は近所迷惑だしと思っていたら、NHKラジオが聞けるアプリがあるって、やれやれ。

パーソナリティは中村壱太郎さん。私なんかここですでに誰この人??状態(笑)
「壱太郎」とかいて「いちたろう」さんではなく「かずたろう」さん。う~んんん!!
紅さんがフランクにおしゃべりしているしけっこう仲が良さそうだしますます
気になる。紅さんのプロフィール紹介「スカーレット・ピンパーネル」新人公演の
話になると「これ安蘭(けい)さんですよね、DVD持ってます!」
いったい??? 

終わってから調べてみました。中村壱太郎さんって坂田藤十郎さんと扇千景さんの
お孫さんでお父様は中村鴈治郎さん。宝塚にも縁のある女形さん。
慶応卒の23歳とここまでくるとな~るほど(^^♪ 若い!たしか弟さん二人の
お姉さんでもある紅さんですが壱太郎さんたぶん下の弟さんより若いはず。
もちろん常識的な範囲ではありましたが、フランクな紅さんのお喋り、納得でした。

お喋りの内容も難しい?歌舞伎絡みではなく紅さんへの質問、合間に邦楽器による
ポップス(だったような???)。
紅さんへの質問 録音したわけではないのでアバウトなうろ覚え。
あくまでニュアンスということで
★好きな色は? @紫 これは良くわかります(^^♪ 色白な紅さん。紫が良く似合う。
★(自身を)動物に例えたら? @カマキリ ひゃぁ~^^; たしかに顔めちゃめちゃ
 小さいし手足長いし・・・ でもカマキリですか~ もしかしたら自虐ネタ(笑)?
★長所は? @明るいところ これも納得!! ただだれでもそうかも知れませんが
 明るいだけではないはず。明るいけどもの凄いストイックな人なのでは・・・と
 お見受けします。
★短所は? @優柔不断なところ そうですか~ これは紅さんとの接点のない一ファン
 にはまったくわかりません。ご本人が言うのだからそうなんでしょうね(笑)
★趣味は? @観劇 これは趣味と実益(勉強)を兼ねてかな
★好きな(演劇の)ジャンル @コスチュームもの 観るのと演るのとどっちなのか
 両方ちょっと忘れちゃいましたが、紅ファン的にはやはり紅さんと言えばコスチューム
 という事になるかも・・・
★地球最後の日に何食べますか? @ラーメン 
 即答でしたが、焼き肉とどっちにしようか迷いましたとの事。私もラーメンと焼き肉は
 外せないかも(笑)
★座右の銘は? @乗り越えられない壁はない う~んんん 深いなぁ~
 本当に乗り越えられない壁はないんですよと語る紅さん。そうですね(^^♪
 頑張れ~!! 

人生の一曲(だったかな)は大事MANブラザースバンドの「それが大事」

歌舞伎の若手がこんな番組をやっているなんて知りませんでした。面白いなぁと思い
調べてみたら中村壱太郎さん3月で番組を卒業とか。残念!! 
もう一つ残念だったのは先週の出演者、原田諒先生だったんですね。

声だけでしたが元気そうな紅さんで安心しました。
「紅さん欠乏症」の治療には効果てきめん(#^.^#) 

[PR]

# by zuzunoheya | 2015-02-23 08:30 | 星組

白夜の誓い@東宝   15/02/14

宙組東宝公演も明日は千秋楽。
凰稀かなめさんの男役も見納めですね。
日比谷の劇場前のファンの方たちは真っ白でしょうか・・・

私が麗しきグスタフⅢ世陛下とお目通り出来たのは初日からほぼ1ヶ月
お目通りっていってももちろん客席からですが(笑)
それからバタバタと3回ほど観て私のマイ楽は終わりました。
かなめさん、スタイルと言いビジュアルといいもう最強ですね。
紅さんは私にとって「別格」なので置いといての話。

レット・バトラーを演りオスカル、「うたかたの恋」のルドルフ、トートは演っていないものの
代表的な宝塚のお役をきっちり演じたかなめさんですが私が一番印象に残っているのは
ロバート・キャパ。
そのキャパを一緒に作り上げた原田先生に「戦友」と言わしめたかなめさん。
原田先生が「戦友」かなめさんのためにどんなお芝居を用意したのかな・・・

3回観て3回とも印象が違ってて。
1回目はストーリーを抑えるのに精一杯。ってそんなに複雑なお話では無いのですが^^;
グスタフⅢ世ってベルばら絡みでしか知らないので緒月遠麻さんにピストルで撃たれる
シーンにびっくり(-_-;) 
あらま~こんなお話だったのか・・・帰りの電車の中でグスタフⅢ世を検索して次回の
観劇に備えようって言うのだからホント泥縄(笑)
政略結婚でもともと不仲だったらしい?妃ソフィア@実咲凛音さんですが、フランスから
呼び寄せたイザベル@伶美うららさんを恩人でもっとも愛した人だとみりおんさんに
紹介する件でもう一度あらま~~ かなめさんとみりおんさんって「トップコンビ」と
言われるものの最後まで「コンビ」じゃなかったのかな・・・と複雑な想いで帰宅。

2回目 初見の印象のせいか王妃のみりおんさんに感情移入してしまいました(笑)
実際の夫婦の関係はわかりませんがこの物語のなかで「かつての属国」に嫁いだ
旧宗主国の姫だと最初は自虐的な言葉を吐いていた彼女も、デンマーク王女ではなく
スウェーデン王妃になり切ることでかろうじてプライドというか心のバランスを
取っていたのかも・・・ 

3回目 マイ楽
物語も主要登場人物もようやく頭に入りましてしかも二階席だったのでこれが
ホントの高みの見物(笑)
かなめさんとキタロウさんの友情と確執の物語。当時のヨーロッパ先進国からしたら
辺境の「後進国」だったスウェーデンをいかに先進国に近づけるか。
軍事優先派と文化面から底上げしようという一派。これって何時の世でも同じ。
普通こういう時ってたいがい軍事優先派が勝っちゃうものですが、文化事業を通した
グスタフⅢ世の手腕はお見事。結果反対派の貴族から暗殺されることに・・・

多分原因はひとつではないと思うしグスタフⅢ世暗殺の実行犯のきたろうさんと
かなめさんが幼なじみだったというのは原田先生の創作???かなぁなんて思いながら
見ていましたが高みの見物(二階席)のよい所は照明の効果がはっきりと分かること。
かなめさんときたろうさんの対立が決定的になった場面下手銀橋のかなめさんには
青いライト、舞台上手のきたろうさんには赤いライトが当たっていて対称が際立って
ました。

つくづくこのお話はかなめさんと彼女のもう一人の「戦友」きたろうさんとのお話で
「かなめさんの相手役はきたろうさん」と冗談めかして言われていることもあながち
間違ってないかも・・・と思いました。
男役スターの中には相手役(娘役)が必要ないタイプ?の方がいらっしゃるように
思うのですがかなめさんもそのタイプでしょうか。ラブシーンやデュエットダンスが
なくても十分に夢がみられるのですもの(#^.^#)

凰稀かなめさん、緒月遠麻さんお疲れ様でした。
ショーの話も書きたいと思うもののきっと無理でしょうね(笑)

  


[PR]

# by zuzunoheya | 2015-02-14 19:11 | 宙組

Ernest in Love@東京国際フォーラムC   15/01/13

今年の初観劇(^^♪
東京国際フォーラムCホール。
客席も比較的ゆったり、終演近くになるとお尻が痛くなってしまう硬いシートの青年館とは
大違い。その青年館も間もなくなくなってしまうのも少し寂しいかな。
f0019968_16581936.jpg
このポスターを見てはて何組?って思った方も多いと思います。月組のような星組のような(笑)梅芸の月組版はもちろんですが日生の樹里咲穂さんバージョンも見てません。日生はたぶんチケットが取れなかったような・・・
それでもスカイステージで断片的には見ていたので結末は分かっていたけれど、やっと点と点が繋がった感じでした。

遠く離れた場所に厄介で手のかかる架空の兄弟やら友達やらをつくってそこへ行くという名目でしか息抜きが出来ないって、イギリス貴族社会はどんだけ息苦しかったのかしら。実際の当時のイギリスの事情をよく知らない私でも笑えました。
アーネストの明日海りおさん。ボンボンらしさが上手く出てその辺りは「チラ見」「ざっと見」程度ですがあさこさんより私は良いと思いました。アルジャノン@芹香斗亜さん。みりおさんとは親友と言っても「弟分」という設定も助けになって臆せず良く演じていらしたように思えました。
キキちゃん成長しましたね(#^.^#)

Ernest 正直とか真面目とかそんな意味合いのある名前。
名前に惚れ込んでしまった花乃まりあさんですがそもそも二つの名前を使い分けているみりおさんが名前通り「Ernest」だったわけでもなく^^;・・・ 

イギリスの貴族社会の堅苦しさの象徴のような存在が花乃まりあさんのお母さん
ブラックネル夫人@悠真倫さん。アーネストの出生?の秘密でハンドバッグが母親で
手荷物預かり所が父親なんてそんなわけは無いときっぱり有無を言わさない歌いっぷりはもの凄いインパクトでした。何をやっても達者な方(^^♪ 
瀬戸あきらさんや柚香光さん、水美舞斗さんあたりが「別働隊」だったので花組の
若手がさっぱり分からなくなっててちょっとショック・・・って最近は星組メインなので
仕方ないかな。

最後は上手いことそれぞれが収まるところに収まって一見「大団円」なのですが
素直に良かった!とも思えない皮肉が散りばめられていて苦笑いしながらの
フィナーレ&カーテンコールでした。こういうところがオスカー・ワイルドなのかも
しれません。

蘭乃はなさん卒業後新しくみりおさんのお相手になった花乃さん。大きめの娘役さん?
というイメージがあったのですがみりおさんとの並びはなかなかお似合い。
星組から移動の城妃美怜さん、大人っぽい雰囲気な娘役さんなのでみりおさんが後見人を務める「小さなセシリィ」というかんじではなかったかも・・・ 
 
みりおさんのファン的にはまた別の感想がおありかとは思いますが
ワタクシ的にはトートよりもアーネストの方が好きです。次回作はフランス革命前夜の
地中海が舞台とか・・・  
脚本の大石静さん。石田三成が今ひとつだったので今度こそ!!と期待しています。
いいえ、期待したいというのがホンネかな(笑)
[PR]

# by zuzunoheya | 2015-01-13 23:12 | 花組

「PUCK」東宝千秋楽   15/01/03

明けましておめでとうございます
穏やかな良い歳になりますように


とは言っても去年のお話です。

「PUCK」「CRYSTAL TAKARAZUKA」東宝千秋楽(^^♪
年の瀬の忙しい時にどうよ・・・と思っていてもチケットが取れれば
ホイホイ有楽町へ行ってしまいます(笑)

「PUCK」初演は観ていません。当時の歌劇やグラフで見たのみでした。
宝塚ってこんなお話も演るのかと思った覚えが・・・

「PUCK」はアドリブ満載でした(^^♪
最近アドリブの場面がやたら出てくるお芝居が少なかったので今回は場面
ごとにここはどんなアドリブかな?と待ち構えている感じ(#^.^#)
千秋楽ですので次回公演の話題が多かったです。
生まれたばかりのPUCK@龍真咲さんが妖精に連れられて音楽会の練習をする
学生たちにやりたい放題の場面。まさおさん、実はサンタさんにお願いしていた
クリスマスプレゼントがまだ届いてないんだ・・・プレゼント受付中です!みたいな(^^♪

光月るうさん美弥るりかさんのビリヤード。
お二人とも公演を重ねてビリヤードの腕も上達。絶好調ですね~とか
上手くなりましたね、それは2ヶ月もやってますので、と涼しい顔でホンネを言う二人。
楽のみやるりちゃんの最終ショット、キューがボールをかすり気味で突いてしまい
不発(笑)客席は沸いたけれどみやるりちゃんのドヤ顔が見たかったです(#^.^#)

オベロン@星条海斗さんが飛ばす飛ばす(^^♪
何のお話の時かは忘れてしまいましたが、数字の話になり1789本のなんとかと
月組次回公演「1789年~」の宣伝。
それを受けてまさおさんも「意味深な数字ですね~」
ゴンドラに乗って三色すみれのしずくをタイテーニアの目にふりかけに行くパックに向って
マギーちゃん「去れ~去れ~風と共に~」
タマキチ君を除くウッドペッカーズの面々との絡みでは、まさおさんパック「さっきの
風と共になんとかっていうのやってみて・・・」 二人ずつレットとスカーレットに扮して
「風共」のお芝居を(^^♪ 
タラの土を掬ったりトランクを持って出て行くレットだったり・・・ 一番印象に残って
いるのは朝美絢さんのスカーレット。
横座りしてすっかり女性の声で「レット!行かないで~」みたいな(笑)
どのレット&スカーレットも大受けでした(#^.^#)

結局アドリブの話ばかりになってしまいました。

「PUCK」は私のまわりに何人か初演からのファンがいらして・・・
まさおさんもこの作品が大好きだったというお話も耳にしました。
私の感想はといえばこういう作品は難しいなぁ・・・
宝塚自体が女性が男役を演じるという「非日常性」というか「非現実的」というか・・・
そこへきて「妖精」の登場。時代物やコスチュームものだったら妖精の存在もそれほど
抵抗がないけど現代ものに「妖精」って「作り物っぽさ」が強くなってしまうなぁ~
私ってピュアな心がないのかしら・・・そんな感じで迎えたラスト。

それまでずっと口を閉ざしていたパックが突然ダニー@みやるりちゃんの環境破壊が
予測されるホテル計画を告発し始めた途端にあらら・・・でした(^^♪
こういうところ(結末)へ持っていくお話だったのか。環境問題が出てくるとまた
小池先生お得意のね・・・という皮肉めいた見方をしてしまう悪い癖があるもので
すっかり油断していたらパックの説得力と月組生の力強い歌声に殺られて
しまいました(笑)それから愛希れいかさん上手いなぁ。ホントいい娘役さん(^^♪

今なぜ「PUCK」なのかな?と思わないわけじゃないけれどこういうお話も
有りかと・・・

というわけで今年初めての更新
今年もかなりの不定期更新になりそうですがよろしくお願いしますm(_ _)m 
 
[PR]

# by zuzunoheya | 2015-01-03 07:51 | 月組

全ツ「風共」横浜&八王子   14/12/01

紅ゆずるさん全国ツアー初主演「風と共に去りぬ」
横浜と八王子両方のお話を取り混ぜながら・・・

全ツ名物?と言ってもいいのかな、ご当地ネタやアドリブの場面。
ミード夫人@万里柚美さんがアシュレ@華形ひかるさんのお店に博士への誕生日
プレゼントを買いに来るところ。私が観た公演、みつるくんが取り出したのは両方共
星組次回作「黒豹のごとく」のポスターでした。
私てっきり横浜だから崎陽軒のシウマイとかありあけのハーバーとかそんなものが
出てくるのかな・・・なんて。これってあまりにベタで古い???(笑)

考えてみるとこの場面、ミード夫人とすれ違いに現れたスカーレット@礼真琴さん
アシュレが抱き合っているところを上流階級のマダムたちに見られてレットの怒りが
爆発する原因になる重要な場面。そんなところで笑い(というか芝居の流れを一旦断ち
切る)もなんだかなぁ~とは思ったものの一本立でフィナーレのショーも短いので仕方
ないかな・・・ そう言いながらけっこうご当地ネタを楽しみにしている私(笑)

みつるアシュレがプレゼント用のりボンをかけてくれたポスターを手にした柚長さん
捌ける時に「主人と一緒に見に行くわね」(^^♪
お友達が観た回のご当地ネタは崎陽軒のシウマイだったそうなのでいろいろな
バージョンありですね。

八王子でも私が観た回は「黒豹~」のポスターでした。
柚長さんの捌け際の台詞は「でも・・・私も主人もこの公演は観れないわ」でした。
たしかに出演者ですものね、客席からの観劇はできるはずがない(笑)
そしたらみつるアシュレ「それでは私が観に行きます」会場から拍手が(^^♪
これも嬉しいですね。花組の生え抜きだったみつるくんが専科生として初めて出演
した公演。みつるくん、目にブルーが入ったメイクとかやはりワタクシ的には
スタイリッシュな「THE・花男」 
でも星組に馴染んで、なにより「ナウオン」などで紅さんがみつるくんを頼りにして
いるのが良~く分かってほんわかとした気分になりました。

客席ウォッチングも少し(^^♪
北川景子さんが横浜と八王子の両方にいらした(ってご本人のブログに書いてあった
ので)そうですし、八王子には武道館ライブ組も(#^.^#)
私は残念ながら遭遇せず(-_-;) それとも気付かなかった???
OGのお名前を出して良いものかいつも考えるところですがたぶんTwitterとかの
発信も多いと思いますのでお許しをm(_ _)m

横浜の客席には立樹遥さんと汐月しゅうくんの姿が。
ママになったしいちゃん、デニム地のロングスカート髪は緩いウエーブのセミロングで
綺麗でした。とても幸せそう(#^.^#) まだ辞めたばかりのしゅうくんはまんまでした。
紅さん、しいちゃんをずいぶん慕っていたようなので自分の主演全ツを見てもらえて
嬉しかったでしょうね(^^♪
密かなしゅうくんファンでもあった私は思いがけずしゅうくんが見れてやはり嬉しかった
です。まだ若いしゅうくん、卒業後どんな方面に行くのかな・・・頑張ってほしいです。

八王子夜公演には元星組の歌姫花愛瑞穂さんとしゅうくんと退団同期優香りこさんが
仲良く並んで観ていらっしゃいました。あっこちゃん綺麗!わんこちゃん可愛かった(^^♪

紅さんの全ツもラストスパートですね。北九州での楽は横浜や八王子よりもずっとずっと
進化していることでしょう・・・ あ~行きたい!!! 
 
 
[PR]

# by zuzunoheya | 2014-12-01 22:25 | 星組

星組全ツ「風と共に去りぬ」(横浜)・・・14/11/28

紅ゆずるさん全国ツアー初出演にして初主演
横浜公演を観てきました(^^♪
「ベルサイユのばら」「ロミオ&ジュリエット」「エリザベート」・・・宝塚を代表する大作
再演の知らせを聞くともうお腹いっぱいだわ^^;・・・でも最近オリジナルがいまいちだし
なんて言いながら結局は観てしまいます。

「風と共に去りぬ」も満腹感マックスだったはずなのに自分の好きなスターが主演すると
なったら完全に「別腹」でした(笑)もう一つの巨大胃袋出現。
お金さえあればいくらでも入りますわ・・・みたいな(^^♪ 
ただしその肝心の先立つものがなんですので私は横浜と八王子どまり。

全ツの幕が上がる前に紅さんの体調不調が伝えられて、スカイステージの情報トーク
でも紅さんの話題には触れてないし・・・ とにかく見てみないとね  そんな感じで
開演アナウンスが始まりました。その開演アナウンスで会場からの拍手、嬉しいなぁ
    
なにしろファンですのでハート053.gifのフィルターが幾重にもかかっております(#^.^#)
でもそれは仕方ありません ミーハーだもの(笑)もう開き直っていきます。
本公演では舞台の上手下手両側にあった2階建てのセットが全ツではないため
セットの場面はすべてカーテン前になります。そのあたりに違和感があった方もいらした
ようですが私は気になりませんでした。
事前に知っていたのでそれもあったのかもしれませんが・・・   

メラニー臨終の場面など大昔のツレちゃんやターコさんの時のことは覚えて
ないのですが、前回の宙組 大切なシーンなのになんで下手の二階で済まして
しまうのだろうと思っていました。全ツでは本舞台にメラニーのベッドがしつらえてあり 
メラニーの死がより印象付けられたような(^^♪
それにしても妻の臨終になぜアシュレがいないんだろう・・・といつも思う。
今回は本舞台広いのでミード博士まで付き添っているのに。でもアシュレがいたら
メラニーがスカーレットに託すもろもろのお話はできにくいし「演出も都合上」という事
なのでしょうが少しだけでもアシュレ出して欲しかったかな。

あと気になったのはラスト、スカーレットに別れを告げて立ち去るレット。
コートとトランクを持ちスカーレットの悲鳴とマミーの懇願するような視線を無視して
去っていく有名な場面(#^.^#) あらら・・・レットそのまま上手袖に入っちゃった(笑)
本公演ならそのまま銀橋へ出るので上手袖 → 銀橋コースが全ツ仕様は上手袖へ
一旦引っ込んでカーテンを割って登場。 なるほどそれは仕方ないかなと思いましたが
こういうところ全ツの面白いところかな。 

そろそろ紅さんの話を
紅ゆずるさんがレット・バトラー、と聞いて最初は今ひとつピンと来なくて^^;
「紅さん、どっち演るの?レット?それともスカーレット?」なんて言うお友達もけっこう
いました。ここ3作の紅さんのお役が「ロストグローリー」ロナルドは破滅型だけど弱さと
思い込み故に坂を転がり落ちるような軟弱系、「太陽王」ムシューはコミカルな癒し系、
その前の「ナポレオン」マルモンは辛抱役だったし芝居の中の「駒」のひとつとしては
どれも面白いお役ではあったものの「男役・紅ゆずる」ファン的にはやっぱり(-_-;)

そこへ来て「無頼漢」レット・バトラーですよ(笑)
「無頼漢」なんて言葉、私のようなおばちゃんでももう死語というか大時代的というのか・・
それでもその「無頼漢」紅バトラーに殺られました(笑)
風共っていわゆる「大芝居」という範疇に入るのかな?? 「植田歌舞伎」?そんな言葉も
浮かびますが、宝塚の代表的な男役のひとつである大きくて大人の男「レット・バトラー」
実質演出された谷先生からしごかれたのかな・・・私が思った以上の骨太なレットを
見せてくれました(#^.^#)
「溜めの演技」とでもいうのでしょうか、印象的なのはメラニーの死に動揺したスカーレット
が自分の前を通りすぎてアシュレに駆け寄ったあとの悄然としたレットやラストの場面。
ゆっくりとした仕草を大げさすぎたりわざとらしい感じもなくちゃんと感情を表現して
見せてくれました。褒めすぎ? だってファンだもの(笑)

一番好きなのは階段から落ちたスカーレットを案じて嫉妬や苦しみ悩み、スカーレット
への愛をメラニーに吐露する場面。 額に組んだ手をあて祈るような格好で佇む姿は
一瞬あら、カレーニンさん(笑)
いつも自信たっぷりで傲岸不遜な感じもあるレットが自分の弱さまでもメラニーに
さらけ出してしまう・・・ここの場面、ホントに大好き016.gif
この場面が心にグッとくるのはメラニー@音波みのりさんがしっかりとレットの芝居を受けとめているから(^^♪ 
はるこちゃんって現在の星組ではベストのメラニー役者だと思う。

最近の紅さんのお役とは180度違った男くさいレット・バトラーですっかり参って
しまいました(#^.^#) 
惚れなおしてしまったというのでしょうか^^;恥ずかし(#^.^#)
もっともっといろいろ書きたいことはありますが今日はこのへんで。 

   
[PR]

# by zuzunoheya | 2014-11-28 18:20 | 星組

花組「エリザベート」など・・・  14/11/19

久しぶりの更新です(^^♪
星組全国ツアーがはじまりましたね。
紅ゆずるさん、演劇人祭休演で心配しましたが、梅田芸術劇場での初日映像を
見た限りでは大丈夫そうで安心しました(#^.^#)
「ナウオンステージ」でのお稽古映像、お髭を付けた紅さんがまるで
「アンナ・カレーニナ」のナウオン カレーニンさんみたいで・・・
そう言えば長めのジャケットも同じでした(^^♪

お金と時間があれば梅芸の初日を観たかったなぁ~ もう遠い目(笑)
このところ我が家恒例になった娘との沖縄旅行があったもので観劇もブログにもなかなか
手が回らず。
沖縄・・・何処が良いの?ってよく言われますが、なんとなく「癒される」と言うのか・・・
仕事に復帰しましたが、まだまだ「沖縄気分」 でも現実に戻らなくちゃ!
という訳で全ツの横浜公演だけを楽しみに生きております(#^.^#)

備忘録(ってすでにかなり忘れてる?)
花組「エリザベート」のお話を少し。なにせチケ難(>_<)2回観られただけでも
ラッキーでした(^^♪
役替りルドルフ(芹香斗亜さん  柚香光さん)は幸いな事に観られました。
ワタクシ的ざっくりとした感想ですがビジュアルの柚香さん、実力のキキちゃん
という感じかな。もちろんキキちゃん、ビジュアルが悪いというわけではないのですが
苦悩の皇太子というイメージは柚香さんのほうが似合っていました。
「ラストタイクーン」の新公を観た時にも思ったのですが、主役の柚香さん、当然
良かったけれど望海風斗さんのお役をされたキキちゃん なんだか凄い貫録でした。
経験値の差だと思いますので柚香さんもだんだんと追いついて行くことでしょう。
 
明日海りおさんの妖しい美しさとかエリザベートで大健闘の蘭乃はなさんとか
「大ブレイク」のだいもんさん。血の通った夫フランツ・ヨーゼフ@北翔海莉さんなどは
もう今さらですね(#^.^#)

配役を聞いた時まぁびっくりしたのはマデレーネ@水美舞斗さん
今回の謎の配役№1だと思います(笑) マデレーネも「黒天使」の一員なので
ダンスの得意な生徒さんにはとっても魅力的なお役。 
もちろんマイティさん頑張ってましたが、役の少ない大作。でも何かしら役を・・・
という苦肉の策?歪み?
そう言えば花組は「虞美人」でだいもんさんに娘役をあてたことがありましたよね。
あれも謎だった(笑)

2回目の観劇は大勢さんで観たあとお喋り(^^♪
みりおさんのトートの魅力は認めつつもそれぞれが「マイ・ベストトート」みたいな
ものをしっかりと持っているのが楽しかったです。一路トート、水トート、姿月トート
麻路トートもちろん明日海トートも。私のマイ・ベストはもちろんオサトート(#^.^#)
[PR]

# by zuzunoheya | 2014-11-19 22:55 | タカラヅカ

伯爵令嬢@日生劇場   14/10/24

私が日生で宝塚を観るのは2007年星組「Kean」以来でしょうか
舞台は好きですが宝塚ファンには出来なかった娘と一緒に(^^♪

f0019968_735435.jpg早霧せいなさんの本公演前のプレお披露目。トップスターちぎちゃんを差し置いてなんですがやっぱり咲妃みゆさんかな(^^♪
「ロミオ&ジュリエット」新公「春の雪」「メリー・ウィドウ」「月雲の皇子」と見てきてお相手は珠城りょうさん明日海りおさん北翔海莉さん 学年もタイプも全く違った相手役に自然に寄り添ってしまう(#^.^#) 
そして今回のいえこれからのお相手はちぎちゃん。ちぎちゃんとのトーク、ちぎちゃんを見つめるみゆちゃんの目がホントに♡♡♡

この学年にしていろいろなタイプのヒロインがきちんと出来る(と私は思う)ってどんだけたくさんの引き出し持ってるの???
冒頭の白地に青い縦ストライプの孤児院の制服に金髪の縦ロールがキャンディキャンディみたいで可愛い(#^.^#)
なんだかみゆちゃんのお話ばかりになってしまいましたm(_ _)m

私原作をまったくしりません。なのでちぎちゃんがみゆちゃんに出合い頭のプロポーズ(ってみゆちゃんにしたら交通事故みたいなもん)やちぎちゃんを孤児院を立ち退かせに来た悪人だと思っていきなりビンタのみゆちゃんとかもう「あらら???」(笑)
みゆちゃんには恋人(といっても良い人)盲目の彩凪翔さんがいるのにどうやらちぎちゃんとハッピーエンドのようだしいったいこの話何処へ落としこむの(笑)と興味津々。

ちぎちゃんに敵対するのはちぎちゃんの発行する新聞の記事によって父が自殺に追い込まれた夢乃聖夏さん。ともみんさん相変わらず暑いいえ熱い「星組芝居」(#^.^#)でもそこがともみんさんの好きなところ。カールしたロングヘアーを右側にたらして時にクールに時に寂しげに佇むスタイル抜群のともみんさんなのに私にはその後ろにトレンチにピストルを構える「銭形のとっつぁん」が見え隠れします(笑)
ともみんさんが全くの悪人ではないところが良いのか悪いのか・・・ちょっと考えて
しまうところも。

たぶん宝塚の座付作者の原作だったらここまで大きいお役にはならなかっただろうと思うのがアンナ@有沙瞳さん。ヒロインのみゆちゃんと乗り合わせた客船の沈没事故で伯爵令嬢みゆちゃんになりすましまんまと伯爵家に入り込む。基本的に「悪い人」が出てこないこの物語の中で唯一救いのない懲りない悪女。これってベルばらのジャンヌ以上(^^♪
老け役でなくヒロイン以外の娘役でこれだけの大役って悪役とはいえ美味しいお役かと。間違いなく「裏ヒロイン」だもの(#^.^#) 

ヒロインが水難事故で記憶を失いその間に目の見えるようになった元恋人との感情をリセットしてからちぎちゃんと愛しあうってご都合主義の感じが無いでもないけど、元気いっぱい弾けた組子のエネルギーで最後までぶっちぎった感じ(笑)
「小公女」のような「タイタニック号事件」のようなヒンデンブルグ号のようなエピソードが
てんこ盛り。ジェットコースタームービーっていうのがあったけれどこれは「ジェットコースター・プレイ」でしょうか。そんな言葉があるかは知らないけど(笑)

最後に娘の感想ですが・・・
「漫画だねぇ~」漫画の早読みをしてるみたい。それも昭和の(笑)
漫画のコマ割りが浮かんでくる~ なんだかけなしているみたいですが、うちの娘
紅さんの舞台であろうが有名作品であろうがつまらないと寝ます^^; 
それがしっかり舞台に引き込まれた様子でしたので娘的には合格点だったようで・・・
鳳翔大さんのビジュアルと美穂圭子さんの歌、大絶賛は母も同じ(#^.^#)

【ちょっと心配な話】
10月26日歌舞伎座で開催される演劇人祭ですが紅ゆずるさん体調不良で休演とか。
心配です。
[PR]

# by zuzunoheya | 2014-10-24 01:55 | 雪組

東宝星組千秋楽   14/10/06

台風接近の中星組東宝公演は千秋楽を迎えました。
なんとか観れた星組千秋楽^^;
劇場へ向かう道もかなり雨が強くて歩道の水たまりを避けながら歩くような感じ・・・
千秋楽の風物詩?にもなっている「白い方」の姿もたくさん見られましたが、この天候
ではお見送りもきっと大変でしょうね。

今回は退団者三人ですが下級生の凰津りささん以外は汐月しゅうさん、優香りこさん
という中堅スターの退団でしゅうくんの隠れファンとしては最後の舞台が見れて幸せ
でした(#^.^#)

お芝居。オットー@轟悠さんとディアナ@夢咲ねねさんの船上での結婚披露パーティー
ディアナのブーケトスをキャッチしたのはなんとおねえキャラの宝石商@壱城あずささん
これって普段は娘役さんですよね(笑)意外な展開に客席のどよめきが起きて嬉しそうな
しーらんのおねえキャラが炸裂。客席大受けでした。
おねえキャラって蘭とむさんのコンサートでおねえキャラの振付師を演った月央和沙さん
のように大柄で男っぽい人のほうが作りやすいと思うので小柄で愛らしいけど男役の
しーらん、かえって大変だったかも・・・

そのしーらん、轟さんに仕える召使のサム@美城れんさんに気がある様子。前に見た時も轟さんへの商品をサムへ渡す時に「サムちゃ~ん」と蕩けそうな声で嬉しそうにサムの背中をポンポンとたたいていましたが、楽ではたしか琥珀のカフスかな?サムに渡すカフスにキスをする仕草をしてました。カフスを受け取った轟さんも何かアドリブを言って客席を沸かせていましたが聞き取れず残念(>_<)

ショーは「パッショネート宝塚」
私、黒塗りのラテンショーか・・・と聞くとう~んんんと思ってしまう。
宝塚の黒塗りメイクに少し抵抗があるのと燕尾のダンスは無いし。
でもそう言いながらけっこう嵌ってしまうのも黒塗り(笑)
「ノバ・ボサ・ノバ」は言わずもがなですが花組「CONGA」やちょっと古くなるけれど
「レッドホットシー」のけっこう好きでした(^^♪

今回の「パッショネート宝塚」も同じパターン。
何と言っても大好きな星組ということもありますが^^;
アマゾンクルーズの我らが船長、紅ゆずるさん
マエストロ・塩田明弘さんへの振りの前のアドリブ、前に観た時はたしか運動会優勝するぞ~みたいな事を言ってたような気がしましたがこの日はお笑いコンビ「いつもここから」さんのネタでした。
「嬉しい時~」「楽しい時~」とか叫ぶあれ(#^.^#)
全部は覚えていませんが「運動会で優勝した時~」というフレーズはありました。
「何とかな時~」がまだ続くのに終わりかと思って大きな拍手が来てしまって
焦る紅さん。「まだあるねん」と客席を牽制。一番嬉しかった時~(みたいな)と
大きな声で叫んだあとの言葉は「しょうもないネタでもお客様が喜んで下さったこと」
確かにそうだと思います(笑)
マエストロ・塩田に振って場面の終わり。帽子をかぶりながらピンスポットが消える瞬間
「ホンマにありがとう」(関西弁ニュアンス)

カポエイラの場面は大好きだけどついつい両手がグーになってしまう。
柚希礼音さん鶴美舞夕さんの回し蹴りホントに凄い!!
汐月しゅうさんもかっこ良く踊っていますが、娘役トライアングル最前列の要の位置で
キレッキレのダンスを踊っている優香りこさん、もう忘れられません。

ルーツⅡでは退団者3名がちえちゃんと踊る場面がありますが退団者の胸元には
クリーム色のコサージュが・・・
フィナーレのパレードでも赤いバラが付いていました。

退団者のご挨拶の準備の間に万里柚美組長の退団者からのメッセージ紹介。
★凰津りささん
富山県出身で宝塚との出会いは小学生の時の宝塚観劇バスツアー。なにしろ朝が
早かったので肝心の公演中は居眠り。気づいたらラインダンス(笑)
でもそのラインダンスのインパクトが自分の人生を変えました。
今でもどの組の何という公演なのか謎です。
★優香りこさん
京都出身。宝塚に入りたくて中高と続けていた吹奏楽部を辞めて週の半分は宝塚へ
レッスンに通う日々。レッスンが終って宝塚大橋から大劇場を見て絶対にここに入るんだ
と気合を入れていました。
★汐月しゅうさん
福岡県出身。博多座の公演を観て宝塚受験を決意。田舎者の怖いもの知らずで
受験して合格したものの、(都会から来た)綺麗な人達がダンスや歌を歌う姿を見て
すぐに自信喪失。それは入団してからも続きました。研6の時(だったかな?)
精神的にキツイことがあってそれと前後して母が他界。宝塚にいる理由もやめる
理由もなくなりどうしようか考えた時もう少し汐月しゅうでいようかと思いました。
飽きっぽい自分が11年もいられたのは宝塚が大好きだったからです。

しゅうくんの「メイちゃんの執事」神崎、「オーシャンズ11」ブルーザー
「ジャン・ルイ・ファージョン」検事ギョーム忘れられません(#^.^#)

退団者のご挨拶。
今回は黒塗りショーの後なので黒塗りに紋付き袴はちょっと可哀想かな(-_-;)
凰津さんとわんこちゃん、ご挨拶で何と言ったか忘れてしまいました。
わんこちゃんへのお花は組からは美稀千種副組長同期、天寿光希さんでした。
汐月しゅうくん(#^.^#)
退団を発表して4ヶ月。自分の言い方が悪くて宝塚が嫌いでやめますみたいに
とられたのはそうではありません。宝塚大好きです!!

カーテンコールでの恒例の一言。凰津さん「大運動会、星組優勝!!」
わんこちゃん「星組サイコー!!」 注目の汐月しゅうくん(^^♪ やっぱり
じゃんけんでした(笑) 勝った人は明日起きた時眠くない(でしたっけ?)
負けた人はなんだっけ?ししとうを食べればなんとかって言ってたかな???
とにかく最後まで不思議ちゃんのしゅうくんでした(#^.^#)

最後のカーテンコール「外はいったいどうなっているのでしょうか」というちえちゃんの
一言で現実に引き戻されました。続けて「台風に飛ばされたり滑ったりせず気をつけて
お帰りください」
劇場の外は大粒の雨。運動会への生徒さんの移動手段や卒業する生徒さんの
その後とか気になることはたくさんあったもののなにしろ台風。
急いで帰宅しましたがとても良い千秋楽でした(^^♪
[PR]

# by zuzunoheya | 2014-10-06 10:13 | 星組

グッズやら・・・14/09/24

まずはカレンダーの話
来年度のカレンダーの掲載月が発表に(^^♪
今年は新しくポスター・カレンダーというのが出るらしい・・・

卓上カレンダーのメンバーが発表になった時今までとは違う選考基準?に
なったのねって思いました。卓上カレンダーは中堅から若手の男役さん専用に
シフトして星組でも壱城あずささん天寿光希さんのお名前を見つけて
嬉しく思いました。26人との事なので誰が何月???みたいな楽しみがありました。
でも掲載月が発表されたらまぁなんて露骨(-_-;) 
人気というのか劇団押しというのかそんなメンバー7人が一人。それ以外のメンバーは
集合写真状態??しかも表紙とも両面仕様というから一人写りメンバーは今までのような
A面スタンダードB面カジュアルで楽しめるけど集合写真メンバーはどうなるのかな・・・
卓上カレンダーに初登場と言って素直に喜べるものかなぁ~と思ってしまう。
特に中堅以上のメンバーのファンは(>_<)

ポスター・カレンダー
別格のスターさんやステージカレンダー以上スターカレンダー未満のスター10人っていう
ところでしょうか。結局これって一枚ペラのパーソナルカレンダー、しかもこれも両面仕様。
以前出していた各組トップPC用デスクトップカレンダーが最近は出ていないので劇団も
いろいろ試行錯誤かな(^^♪

運動会グッズが出ましたね♪ 
運動会、行くつもりもそれほど興味も無いのですが組Tシャツに組子全員の名前が入って
いると知り買っちゃいましたもちろん星組(#^.^#) 
あとはスカイステージのダイジェスト放送をまつばかり。

柚希礼音さんの武道館ライブと紅ゆずるさん主演の全国ツアー「風と共に去りぬ」の
横浜公演がソールドアウトとか。ちえちゃんのライブと紅さん横浜公演が完全に被って
しまって大丈夫(って横浜公演ですが)??と思っていたのですがホッとしました。
[PR]

# by zuzunoheya | 2014-09-24 08:23 | タカラヅカ

The Lost Glory東宝初日  14/09/06

星組初日観てきました(^^♪
特に蓋はしませんのでm(_ _)m

シェークスピアの「オセロ」を下敷きにしているというお話ですが「オセロ」って感じ
でもないし、シェークスピアの悲劇は死屍累々とでも言うのかなとにかく人が死ぬ
イメージですが、死ぬのはイヴァーノ@柚希礼音さんだけ。
宝塚の舞台で死屍累々っていうのもなんだかなぁ~ですのでこれはこれで
良かったのではないかと・・・

西からの評判ではちえちゃんファンのお友達の評判は良いけど紅ゆずるさん
ファンのお友達からの情報はビミョー(笑)

私は忙しいのと上に書いたような先入観があって「オセロ」に興味が持てなかったので
殆ど情報なしの初見でした。ギリシャ移民でアメリカンドリームを手に入れた轟悠さん
轟さんの片腕ながら轟さんを裏切るイタリア移民のちえちゃんという柱があるので
あとの駒としてはちえちゃんに転がされて地獄へ真っ逆さまの紅さんと
ちえちゃんに仕掛けられながらもちえちゃんの計画を暴いていく真風涼帆さん

こう書くと真風さんのお役のほうが美味しそうにみえます。
でも私はちょっと違っていまして(笑) 
基本私は紅さんが舞台に出ていれば幸せなミーハーだし「紅ゆずる二枚目至上主義」?
でもありません。紅さんのプッツン系、おっさん系、お髭キャラなんでも大好き(#^.^#)
なにしろ嵌ったのがお髭キャラだもん^^;

今回の紅さんのお役ロナルドと似たようなお役は・・・と考えると「愛と青春の旅立ち」の
シドが近いかな?? でもシドのようなうぶなところは無いしちえちゃんに乗せられてとは
いえ株で儲けようとする山っ気?欲もある。全財産をつぎ込んだ株券がただの紙切れに
なってちえちゃんに銃口を向ける紅さんは「リラの壁の囚人たち」のジョルジュの狂気
とはまた違った愚かさがみえるような・・・ 紅さんまた引き出しが増えたかもって
思いました。ワタクシ的にかもしれませんがロナルドは美味しいお役(^^♪

東宝の一ヶ月でもっともっと情けなくて惨めで滑稽なロナルドを見せて欲しいなぁ
だって紅さんが悲惨であればあるほどラストの悲劇が生きてくるんだもの。

それにしても中流階級出身の紅さんと上流階級の娘夢咲ねねさんの交際が上手くいかなかった当時のアメリカ社会で地位と名誉はあるけど移民の子という立場のしんどさは
私などは想像出来ませんが同じ移民同士の轟さんとちえちゃんの葛藤っていうのも
切ない・・・

ちえちゃんの悩みを語るところが最初と最後。それ以外は淡々と罠をしかけ
策を弄して獲物を追い詰めて行く印象。でもそのことについての良心の呵責とかそんな
葛藤がほとんどないのでイヴァーノってサイコパスだわ(笑)
あんまり自分の反社会的行為についての葛藤を語っちゃうとドロドロになっちゃうかな

でもちえちゃんのカラッとした陽性のキャラによるものなのかちえちゃんの仕掛ける罠や
ばらまいていく火種に自分もほくそ笑んでしまう。
たとえそれが我が贔屓の紅さんでも。ちえちゃん今度はそう来るか・・・みたいな(笑)
轟さんのオットーが苦労を積んだ割にはあまりに無防備で良い人すぎる気もしますが
そこはど~んと構えてちえちゃんと対峙しての存在感はさすがでした。

最後のご挨拶でも千秋楽のわずか数日後の運動会の話題がふんだんに出て
ちえちゃん率いる星組はホント体育会系と実感した次第(笑) 
[PR]

# by zuzunoheya | 2014-09-06 01:40 | 星組

前田慶次   14/08/29

壮一帆さん退団公演もあと2日。
観てまいりました。

それにしてもお芝居のラスト近く 銀橋の中央にどっかりと腰を落として片膝立てて
歌う壮ちゃんのカッコいいこと(#^.^#)
朱の鎧を身につけ肩には黒地に大きな百合の刺繍のあるマント?を羽織って・・・
肩幅が狭くてその上「超」のつくなで肩、女性らしい華奢な壮ちゃんなのに前田慶次は
どこまでも男前でした(^^♪

退団公演につきものの湿っぽい惜別感がみじんもない!と言ったら「ファンの身に
なってよ」と突っ込まれそうですが、ライトな壮ファンとしては、スカッと明るく豪快な
男役が見れて良かったという感じ。

それはその後の「トップスター退団公演」を前面に出したある意味超ベタな一徳先生の
ショーを見せられて最初は正直ちょっと引いたものの壮ちゃんの卒業後を応援しよう
という「壮一帆壮行会」で良いんじゃないかな?と思ってしまう(笑)
スカイステージで見た壮ちゃんの大劇場退団のご挨拶があまりにも「男前」(#^.^#)
優等生すぎずタカラジェンヌは「ストイック気質」が多い?と思うのですが過剰な
ストイックさもなく組子を思いやる余裕もあり組子から慕われユーモアもあって・・・
愛加あゆさんがちょっと笑っちゃうくらいのデレデレ視線を壮ちゃんに向けるのもうなずけました。

そんな壮ちゃんのサヨナラ公演のお芝居は日本ものが似合う壮ちゃんらしく
隆慶一郎原作の「一夢庵風流記」前田慶次。と書いては見たものの
原作は読んでいないし戦国時代に詳しい歴女でもなし(笑)
期待値MAXで見ましたがやはり突っ込みどころはあったかな・・・

前田利家@奏乃はるとさんとまつはオシドリ夫婦という思い込みが強かったので
あゆっちが「まつ」を演るって???って感じでした(笑)一瞬宙組の石田三成を
思い出しちゃいましたがあんなドロドロ感が無かったのはたぶんまつの性格かな?
幼なじみの間柄で惹かれ合ったもののその後別の男と結婚。でも心は慶次に。
いわゆる「不倫」なのですがまつが流される女性ではなく自分の意志を持って慶次と
関係を・・・というところが妙にカラッとしていて(^^♪

プログラムを開いてなるほど・・・と溜息が出てしまったのですがとにかく役が
多いです。これって逆に言えばたくさんの生徒に役をつけるという「座付きのお仕事」
ベテランから中堅、若手まで主な生徒にはもれなく「役名付き」のお役がついてるって
感じ。でも今回はそれが物語を少~し散漫になっちゃったかな???という感じが
ないでもない(-_-;)

最初に見た時は私ってつくづく歴史の知識がないのよね・・・何がなんだかわかんない
とネガティブな感想でしたがあとで聞いてみたら同じような感想の方が多くてホッ(笑)
前田慶次はいったい何と戦っているのか?? 「戦人」と言われる慶次だけど戦闘シーン
はラスト近くの一場面だけ。慶次の命を狙う相手がたくさんいるもののそれぞれが
繋がってなくて意味不明なところも。

結局スカッと豪快な壮ちゃんの傾奇者っぷりと怪馬松風のパフォーマンス、慶次を
取り巻く一癖も二癖もある面々の面白さなどストーリーと言うよりは役者?登場人物の
個性で寄り切られた感じ(笑)

とまぁ少々辛口になりましたが、お芝居のラスト松風の馬上で「楽しゅうござる」と豪快に
言い放つ壮ちゃんの姿に男役壮一帆さんの達成感を見たような気がしてジェンヌの
退団を「卒業」と言い換えるのに少々抵抗のあるへそ曲がりですが今回は壮ちゃん、
卒業おめでとう!!と心から言える気分になりました(^^♪
[PR]

# by zuzunoheya | 2014-08-29 23:37 | 雪組

いけてます♡   14/08/08

紅ゆずるさんの全国ツアーの画像が公式にアップされましたね。
ここです053.gif
いけてます(笑)
期待値急上昇!!
[PR]

# by zuzunoheya | 2014-08-08 18:31 | 星組

宙組「ベルばら」役替り 14/08/06

今頃(笑)という感はありますがなにしろ備忘録ですので・・・

役替りのメリットと言えば話題性があってファンのリピートが期待できるし
ようは動員対策なのだろうと思うのですが、ベルばらのように東京では
瞬殺必至の公演を役替りだなんて・・・(-_-;)

東京での公演は特別公演を含めてほとんど友会でエントリーしていますが
退団公演や話題作は最近まったく取れません。
シルバー会員なんで仕方ないのかな・・・ そう言えば今度の雪組東宝楽チケ
見事友会でゲットした知人はプラチナ会員だとか。グレードはあんまり関係ないよ
という方もいるけれどグレード分けしてあるというからにはまったく関係無いはずは
無いし~ 

で今回のベルばらはお友達ルートと団体チケットです。
 Aパターン                                                      
    アンドレ    朝夏まなとさん
    ジェローデル 七海ひろきさん
    アラン     緒月遠麻さん
 Bパターン
    アンドレ    緒月遠麻さん
    ジェローデル 朝夏まなとさん
    アラン     七海ひろきさん

私は当たり前ですがただの素人ファンですので演技、技術云々ではなく好みの問題(笑)
どちらかと言えばBパターンが好きかな(#^.^#) もちろんAパターンも好きですが・・・

キタロウくんが好きなので凰稀かなめさんのオスカルを暖かく包み込む同期愛が
見ていて心地よくて(#^.^#) でもキタロウくんは本来は一番アランが似合う気は
するのですが(笑) ジェローデル、まぁくん版が好きだったのでBパターンに軍配を
上げました。最初にAパターンを観た時に正直カイくんのジェローデルにちょっと
違和感があってジェローデル役者ではないような気が・・・
でも楽の前日に観たカイ・ジェローデルは「貴族」に見えました。
舞台は生物って言いますが日々かわり進化するものですね(^^♪

今更話のついでにマイ・ベストキャストを考えてみました。
オスカルはテルさん不動は当たり前(笑)アンドレにはキタロウくん、まぁくんジェローデル
アランはキタロウくん、ってありえない話。でも「ベルばら」っていろんな想像をかきたて
られる作品ですね。

今回は友人ルートのお席が一階良席でしたので気が付かなかったのですが楽の前日に
観たお席は二階。一幕ラストのオスカルのペガサス飛翔が良~く見えました。
ペガサスに乗るテルさんのお衣装全身ゴールド!!
下から見るとライトが眩しいので気が付きませんでした。
コムちゃんのシルバーバージョンの印象が強かったのでその思い込みと注意力不足の
ためだとは思いますが一瞬「太陽王」のちえちゃんを思い出しました(笑) 
オスカルをあそこまでキンキラキンにしなくても良かったのでは^^;

とは言いつつオスカルってホントに美味しいお役だと思う・・・
特に「オスカル編」ですが、オスカルを演じることで「オスカル役者」としてのカリスマ性と
スキルと自信を手に入れられる。もちろんオスカルを演じた生徒全員ではありませんが
テルさんを見ているとホントにそう思います。そしてそんなカリスマを身につけていっそう
魅力的になった生徒さんはまもなく卒業してしまう(-_-;)
皮肉なものです。

東京では雪組公演が始まりましたが私の毎初日はまだまだ先です。
[PR]

# by zuzunoheya | 2014-08-06 11:54 | 宙組

「THE KINGDOM」@青年館   14/07/26

昨年の月組本公演、アルセーヌ・ルパンのサイドストーリー。
ドナルド・ドースン@凪七瑠海さんとヘアフォール伯爵@美弥るりかさんとの
若かりし頃の出会いのエピソード。

だいたい去年の本公演自体が今ひとつでその中でもカチャさん、みやるりちゃんら
生徒さんは魅力的かもしれませんが、ドースンもヘアフォールも取り立てて魅力的なお役
とは言えなかった・・・と思う。ヘアフォール伯爵にいたってはたしか「ナウオンステージ」で
みやるりちゃん正塚先生にヘアフォールのイメージは「普通の人です」と言われたとか^^;

そんな二人を主人公にしたスピンオフってどうよと思いながらもチケットを取ったのは
お友達に誘われたのもありましたが、ポスターがなかなかイケていたから(^^♪
正直期待値は低かったのでA席でしたが(笑)

大阪版が東上といういつものパターンではなく青年館から大阪へ
これから大阪でご覧になる方もいらしゃると思いますが特に蓋はしませんのでm(_ _)m

やはり「正塚テイスト」満載です(笑)
でも主人公が二人になったことで正塚先生の舞台によくある主人公と少数の登場人物が
暗めの舞台での動きを抑えた台詞劇が延々とというパターンはなくて、上手く分散された
感じでした(^^♪ 正塚先生独特のくすぐりもありました。
イギリス情報部のドースンとヘアフォール伯爵が何処でリンクするのか???という
エピソードは大学時代というややありきたりの設定かな。

ここで二人に絡むのはロマノフの血筋を引くロシアからの留学生早乙女わかばさん
この方は「姫役者」の部類だと思いますのでこういうお役はぴったり。
でも相手役ではなくドースンもヘアフォールも二人とも振られてしまうという設定。
わかばちゃんは政情不安のロシアからの亡命を画策するロシア皇帝と英王室との
連絡係りのような役目で物語に絡んできます。

わかばちゃんはどちらかと言えばみやるりちゃんとの場面が多く、一方のかちゃさんと
絡むのは海乃美月さん、諜報部の同僚でバリバリのキャリア。気が強くて仕事ができる女性だけどお互い憎からず思っている・・・。まぁそういうお役だから仕方がないのですが、硬い感じはちょっと残念。綺麗だし歌える方なのでちゃんとした「宝塚的ヒロイン」を
観てみたいです(#^.^#)
ワタクシ的なイメージですが正塚先生って主役とがっつり組む「ヒロイン娘役」さんの
描き方はなんだかなぁ~と思うことがあるのですが逆に「友達以上恋人未満」の
女性は面白いですね。

もう一人みやるりちゃんとの関係がビミョウなのはみやるりちゃんの兄@貴千碧さん
婚約者叶羽時さん。本当はみやるりちゃんとお互い惹かれ合っているけれど兄の
婚約者?みたいな(^^♪

カチャさんとみやるりちゃんがロシア革命前夜のロシア、ジョージ5世の戴冠式を真近に
してのイギリス国内の政情不安、戴冠式で使われる王冠に着いている世界一の大きさの
ダイヤモンドを狙うアルセーヌ・ルパンなどなどはっきり言って去年の本公演より面白い
時代背景(^^♪ 

その他にもなかなかおもしろい面々が・・・・
カチャさんの上司にあたる情報部の部長が鳳月杏さん。髭を蓄えたなかなか渋い
ダンディ。でも「月雲の皇子」の時のような中大兄皇子を彷彿とさせる強くて色っぽい
お役が観てみたいです(#^.^#) 花へ移動してからの活躍に期待しましょう。

劇中には登場しない私立探偵の秘書?の謎の女は憧花ゆりのさん
無表情で有無を言わせない雰囲気で一幕目からこの人何者??というクエッション
マークがつきまくり(笑) でも憧花さんって最近こんなお役ばかりっていうのも
なんだかなぁ~ですが こういうお役をやらせたら上手いのも事実。
肝心の探偵が出てこないのは不細工だから?と問われた憧花さん。
眉ひとつ動かさずに「いいえ美男子です」と断言する場面ではクスクス笑いを
通り越して大きな笑いが起きてました。最近のこの方のお役から考えるとくだんの
「美男子」は星条海斗さんのお顔が(笑)

今までなんとなく「白いお役専科」のような印象だった紫門ゆりやさんが出番は少ないもののアクの強いお役をやっていたのが新鮮でした。
爆上げ中?の暁千星さん、今回も快進撃。
わかばちゃんの召使?ボディーガード?で身分違いながら惹かれ合っている???
まだまだ経験不足の感はありますが頑張って欲しいです。そしてミニフィナーレでは
やはりくるくる回ってました(^^♪

今回の公演での「この人何者?」と思ったのはシャーロック・ホームズを演じた
佳城葵さん。二幕目の後半からの登場でしたがなにしろシャーロック・ホームズ。自分の名前を名乗って登場したもののまったく女性の声で一瞬「シャーロック・ホームズは女性という設定?」と思いました(笑)
まだ男役の声が出来ていないみたいですがけっこうインパクトのあったお役なので
期待されているのかな・・・ 

ミニフィナーレはスッキリと正統派。男役は黒燕尾で娘役は白いドレス。
みやるりちゃんと踊るわかばちゃん、まるで星組(#^.^#)
  
正塚作品は好みが分かれるのであくまで私の印象ですが最後に本公演「ルパン」の
キーワードになった理の書の話も出てきて「ルパン」を観た人間にとってはあれだけ
大騒ぎをした理の書って実は大したものではなかったのよねという正塚先生の
くすぐりで笑わせてもらいました。

やや地味目だけれど佳作かな(^^♪ 
大阪ではもっと進化した舞台が期待できそうです。って私はイケませんけど(笑) 
[PR]

# by zuzunoheya | 2014-07-26 23:43 | 月組

東宝宙組「ベルサイユのばら」   14/07/16

ベルばらって漠然と「オスカル編」と「フェルゼン編」って思っていたのですが
「オスカル編」「オスカルとアンドレ編」「フェルゼン編」「フェルゼンとマリー・アントワネット編」といろいろあるんですね。組の事情やトップスターの個性で今回はこのバージョンで
行こうかな・・・と演出家が決めるのでしょう。
オスカルとアンドレが役替りだった月組は「オスカルとアンドレ編」今回は
テルさんメインの「オスカル編」
これってまさに「座付きのお仕事」なのですが、なんと言いましょうか^^;

でも凰稀かなめさんのオスカルは文句のつけようがありません(#^.^#)
私は女々しいオスカルは好きではないのでテルさんのような長身でクールな
オスカル、大好きです。テルさんって声質というのかセリフ回しかな?ちょっとウェットな
感じが気になる舞台もあるのですが今回のオスカルはまったく気にないません。

歴代オスカルと言っても昭和のオスカルとはメイクやスタイルが違って来ているので
単純な比較は出来ないのですが、最近のオスカルでは朝海ひかるさんのオスカル
と同じくらい好みです(^^♪

宙組はここんとこヒロインが娘役さんではなく「男役枠」のお芝居が多くて
娘役さん、ちょっと気の毒(-_-;) 実咲凛音さんも割りを食った感じですね。 
しっかりもののロザリーをきっちり演じていらしたけれど、アランに新しいナンバーが
出来たようだしせめてロザリーナンバーを作ってあげたら・・・と思ってしまう。

ロザリーの歌といえばコムちゃんのオスカル編でまーちゃんがオスカルの軍服?を
抱きしめて「乙女の祈り」を歌ったのくらいしか覚えていないのですが、今回の
ロザリーは最初からベルナール夫人なので乙女のなんちゃらは変だし・・・
でも一幕でいきなりロザリーが♪ブロンドの髪ひるがえし~と「心のひとオスカル」を
歌い始めた時なやっぱり違和感(笑) この歌はアンドレのうたでしょう?
あっジェローデルもありかな(^^♪

そのロザリーの夫ベルナール役は今回退団の蓮水ゆうやさん
私のイメージではベルナールって大きい人が演じた記憶があんまりありません。
なのでちーちゃんと同じく長身のロベスピエール@澄輝さやとさんが中心の
フランス革命のパリ市民の迫力が凄い!! ホント退団は残念。

私は宝塚で「ベルサイユのばら」と出会ったので池田理代子さんの漫画をリアルで
読んでいらしたファンの方のようには原作への思い入れはないのですが、それでも
は?て?な?が付いたのはオスカルの肖像を書いた画家さん@風羽玲亜さん  
別に風羽さんのせいではないのですがなんであんなにチャラチャラとうるさいキャラに
しちゃったのかしら???? たしか原作ではあの肖像画を書いた(老)画家さんって
婆やのマロングラッセに密かな想いを抱いていてフランス革命で孫のアンドレとオスカル
が亡くなりすっかり憔悴しているマロングラッセを心配して尋ねると事切れていた・・・
そんな悲しいエピソードがあったような。

一幕ラスト、オスカルのペガサス飛翔直前の期待感と緊張感が画家さんの肖像画が
完成したぞ~とはしゃぐ姿で削がれたのが残念。
でもそれからの銀橋でのアンドレ「心のひとオスカル」からペガサスに乗って空を舞う
かなめオスカルは本当に綺麗でした(#^.^#)

★おまけの星組話★
昨日、後半の特別公演の振り分けと配役が発表に。
風共の紅ゆずるさんバトラーでほっとしました。
礼真琴さんのスカーレットはありかも・・・と思ってましたがアシュレ華形ひかるさん
びっくり。全ツの日程に熊本が入っているので熊本出身の真風涼帆さんは当然
全ツ組かと思い込みって怖いですね(笑)
でもみつるくんも好きなのでアシュレ頑張って欲しいです。

もう一つおまけ(^^♪
「シアターガイド」を定期購読しているお友達から8月号に紅さん載ってるよ~とちょっと
前にメールを貰っていました(^^♪ 
なかなかチェック出来ずベルばら役替りBパターンを観るついでにキャトルでパラパラと。
見開き2ページでしたがさすがに演劇雑誌ですタウン誌やファッション誌などの
人物紹介風の記事とは一味違ってました。けっこう突っ込んでる。

まもなく宝塚大劇場で星組公演の幕が上がりますが、ワタクシ的にはその後の全ツ、
どんなバトラーを見せて来れるのだろうかとそればっかり(笑)
[PR]

# by zuzunoheya | 2014-07-16 05:38 | 宙組

ベルばら観客500万人突破&入り待ち

東宝宙組のマイ初日が偶然ですが「ベルサイユのばら」観客動員が初演以来
500万人を突破という記念の日になりました(^^♪

舞台のざっくりとした印象ですが・・・
凰稀かなめさんのオスカルは本当にオスカルそのもの053.gif
「腐っても○○」と毒づいていてもベルばらはなんというか「別格??」
そしてベルばらはいったい何処へ行くのだろうか・・・というのは新しい「ベルばら」を
観る度に思うこと。

そんな感じでした(笑)

で時間があったので友達と入り待ちをすることに(#^.^#)
ホントに久しぶりの入り待ちギャラリーでした。会服とか勘違いがあったら
すいませんm(_ _)m

思いつくままに・・・
朝夏まなとさん
マー君会シャンテ側にスタンバイ。会服は黒と濃いグレーのスカーフ?
マー君車で楽屋入り スターさんですね。
鮮やかな青地にプリント柄、華やかで上品なスカーフは七海ひろきさんの会
とても綺麗だったのでどなた???って思ったらやっていらしたのはカイくんでした(^^♪
たぶんこれはジェローデルのいめーじかしら?

愛月ひかるさん。あいちゃんのところは薄いグリーンの地に赤のバラ模様のスカーフ。
フリンジ付きだったかな(^^♪ あいちゃんって思ったより女の子っぽかったです。
黄色い地のプリント柄スカーフは蒼羽りくさんのところ。

トリコロールカラーまさに「フランス!!」という感じのスカーフ隊は緒月遠麻さんの会でした。キタロウさんサングラス無しでとっても感じが良くて(#^.^#)
シャンテ側に早めにスタンバイしていた割りに入りが遅かった凰稀かなめさん 
テルさん会は水色の地にベージュと赤のプリント、真ん中にテルさんのお名前の入った
ロングスカーフでした。テルさん細い~~!!
クールなイメージのあるテルさんですが楽屋へ入る時はファンクラブの方へ手を
降っていらっしゃいました。

薄いピンクのカーディガンを着た方たちがいらしたので娘役さんだろうと思いましたが
やっぱり実咲凛音さんでした。みりおんさんってなんとなく地味な印象があったのですが綺麗(#^.^#)
今回退団の蓮水ゆうやさんが見れたらと思っていたのですがみれましたちーちゃん。宙組で一番ギャラリーをしていたのははるか昔のタニさん時代。えりこちゃんがいてまさこちゃんもまだ宙組生、88期の男役トリオは健在で・・・と言った時代。「組カラー」ってあるのでしょうけれどタニさん時代とは少し感じが変わってきたような。全体的にクールになって来た印象。

でちーちゃんです(#^.^#) 会服はグリーン地に草花?をあしらったスカーフ。
この日のちーちゃん、白グレー黒のグラデーション(花柄のようにもみえました)の
7分パンツ。トップスはカントリーっぽい白のブラウス。
ワンポイントですがレース刺しゅうもあったような・・・「男前」ちーちゃんの意外に
女の子っぽいスタイル。たまたまだったのかもしれませんがどうしても『退団』と
くっつけてしまう悪い癖(笑)
とっても柔らかな表情のちーちゃん、卒業後もどうかお幸せに!!

その後何も知らずに観劇(笑)
終演の緞帳が下がる時にベルばら観客500万人突破というアナウンスがあって
緞帳が上がりました。
みごと500万人目のお客様の紹介があってサプライズゲストは涼風真世さん。
ベージュというのかブロンズカラー?ドレープのドレスの美しいかなめさん。
ご挨拶は以前の宝塚100周年夢の祭典の時と似た表現で「昔オスカル今妖怪」
でした(笑) つかみはオッケーのご挨拶のあとはしっかりと凰稀さんの舞台の
感想を話されテルさんにご一緒に銀橋パレードを・・・

f0019968_1035277.jpg
f0019968_10355961.jpg帰りに記念にこんなものもらいました。なぜかフリクションボール。
   
[PR]

# by zuzunoheya | 2014-07-04 10:39 | 宙組

月組東宝・楽前   14/06/18

月組は3回観ることが出来ました(^^♪
初日には100人ロケットの前の龍真咲さんのバラのエトワールが見れました。
普段脚を出すことのない男役さんのスラリとした美脚は本当に新鮮(#^.^#)

2回目は私にしたら珍しいSS席での観劇。スターさんがよく見えること見えること・・・
もちろんスターさんだけでなく銀橋を渡って行く初舞台生もしっかりチェック出来て
気になった生徒さんは帰ってからプログラムで名前を確かめることが出来ました。
まだまだ笑顔をつくることに懸命で客席へのアピールまで余裕のない100期生
可愛かったです。

で楽前はといえばB席センター
特にこれといったお目当てのない組のショーメインの公演はホントに2階席が美味しい。 
新しい発見もあって(^^♪
日本物の幕開きチョンパ。100の文字をあしらった真ん中の0の中にまさおさんで
上手銀橋に愛希れいかさんが。このアシンメトリーのチョンパってやはり植田先生の
こだわりでしょうか・・・ 2階席から見るとやはりまさおさんとチャピさんだけでも
銀橋で・・・と思ってしまう^^; これってO型なのにいつもA型って言われる
偽「A型」気質のなせる技かな(笑)ついでにどうでもイイ話ですが、我が家で注射が怖い
と言う理由で献血を拒否していた娘が会社の健康診断で血液型が判明。
私以外は皆B型だとか・・・ 血液型と性格の関係って科学的根拠云々というよりは
話の種ですが妙に納得(笑)

珠城りょうさん中心のよさこい。
迫りと盆の動きが面白いですね。たまきちくんたちの乗った迫りとその他のよさこいの男
の乗る迫りが盆が回るうちに高さも変わっていき、考えれば当たり前ですが盆の回転に
あわせて正面を向いて踊る・・・ これがしっかり見れるのって2階席観劇ならでは(^^♪

ショーでも100人ロケットのフォーメーションやら生徒の身体の向きでピンクと
グリーンに色が変わるのがよく見えて(#^.^#)
お芝居はワタクシ的には今ひとつで主人公のまさおさん、あそこまでちゃらんぽらんな
お役にしなくてもねぇ・・・と石田先生に突っ込みたくなりました(笑)
二役していた輝月ゆうまさん。ワルですがチャピさんの夫はカッコ良かったです(#^.^#) 

三本立てというと最近は星組公演もそうでしたがどうしても中途半端は否めない気が
しますがそれでも今回の月組は初舞台生のお披露目と百周年のお祝い仕様で
「まっイイか(笑)」ってかんじでした。      
 
★おまけの星組話★
とここまでは月組楽前の話なんですが昨日星組次回作の発表がありましてちょっと
ざわついております。正式な発表があるまではなんとも(-_-;)
とりあえず「正式発表」のあった星組全国ツアーのお話。
紅ゆずるさん主演で演目は「風と共に去りぬ」だとか。
風共だけど紅さん、バトラーなの?それともスカーレット?
そのへんの発表が無いのとタッパはあるけど紅さんはスカーレットでもイケるタイプ?
なのでいったいどっち??とそんな憶測が(笑)
紅さんのスカーレットを見たいファンもいらっしゃると思いますが、私は宝塚の男役という
期間限定でのスターを愛でるタイプなので「風共」はあまり好きではないのですが
バトラーでも良いやというスタンスでしょうか・・・

それにしても柚希礼音さんの武道館と紅さん全ツの横浜がまるかぶり(>_<)
北の丸と横浜で星組ファンの取り合いになろうとは^^; 
[PR]

# by zuzunoheya | 2014-06-18 15:58 | 月組