ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


「HAMLET!!」 10/02/26

今週はなんだかんだと忙しくて日比谷へ行けません。
その代わりと言っちゃなんですが、日比谷よりちょっぴり近い千駄ヶ谷へ。

月組青年館公演「HAMLET!!」
すっかりお気楽になった娘と観てきました。2月24日(水)18時30分公演。

娘 「で、やっぱ食事付だよね」
母 「おっと!!この公演は○○(娘の名)が観たいと言ったから
   取ったんだけど」 
娘 「シェークスピアはやっぱ押さえておかないと」
母 「押さえるってなによ?」
娘 「まっ常識ってことで」

開演前にガッツリ食べさせた日には、ロック・オペラと言えども獏睡して
チケット代が無駄になっては困る(-_-;)目覚まし用に娘の足をつつく
ボールペン(笑)は常時携行しているけど、とりあえずファーストフードのハンバーガーで
ひとまず我慢させそのあと最寄り駅のラーメン屋さんで食べるか牛丼屋さんの
テイクアウトという餌付きで手打ち(笑) 結局今回も接待 _| ̄|●

青年館は花組「相棒」以来。ってことは先月・・・でも怒涛の星組月間のためか
「相棒」の舞台が遠い昔のよう・・・私は「コインブラ~」いらいかいななんて
花組ファンに失礼な勘違いをしておりましたm(__)m

席はセンターブロックの後方。全体が見渡せる良席かと(^^♪ 
そのセンターブロックの中央通路よりやや後ろに開演直前にもかかわらず
きれ~に空いている一画が。えっ!!もしかして・・・

そういえば今日は東宝星組公演は昼の一回公演。4時半に公演がはねたら
午後6時半開演の舞台には駆けつけ可能。ここからは053.gif想劇場(笑)
いやぁ~どうしよう072.gifくん053.gifが入ってきたら・・・オフの紅くんわかるかな?????
すぐ近くの席だったらどうしよう(@_@;)

で開演直前に入っていらしたのは、私が確認できたジェンヌさんですが、
音花ゆりさん鶴美舞夕さん夢乃聖夏さんの星組87期生。
その後ろにぞろぞろとたぶん下級生がいらしたようですが私に分かったのは87期の3人だけでした(笑)

これって87期の同期、龍真咲さんの応援!!
斜め後ろからそ~っと拝見していた87期の3人。まさおちゃんの舞台に一生懸命に
声援を送りカーテンコールでは「ヒュー!!」と声をかけていました。
一応「ご法度」の掛け声ではありますが、同期の友情の証(笑)??
客席の反応もとっても暖かいものでした。
アンコールでセンターポジションのまさおちゃんに両手を振ってアピール。
舞台上のまさおちゃんも同期3人組に悩殺ウィンクのお返しが・・・

紅くんは残念ながらみられません(あるいは見つけられなかった??)でしたが
ハートウォーミングな空間を共有できてとってもハッピーでした。
龍真咲さん、渾身の舞台についてはこの次に(^^♪ 
[PR]

by zuzunoheya | 2010-02-26 23:55 | 月組

癒しのアンドラーシュ  10/02/21

何からいきましょうか(笑)
作品の嵌り度からいうと「太王四神記」よりも「コインブラ物語」よりも
下手をしたら「スカ・ピン」(新公は別にして)以上かもしれません。
もちろん私の場合、基準は072.gif紅ゆずるさん053.gif
少しニュアンスは違うけど「アンナ・カレーニナ」を日帰りダブル観劇した日の
興奮を思い出します。

「コインブラ物語」ではスターブーツまで履かせてもらった「黒い風」のアントニオより
アルバイトの水夫(ロベルト)に萌えてました(#^.^#)でも今回は完璧に
アンドラーシュ萌えいえアンドラーシュ墜ち(笑)
もう何度墜ちればいいのかしら・・・どんだけ~ という声が聞こえないではないけれど
結局、自分が見たいと思っている紅くんが見れた・・・ということなのでしょう(笑)

あのロベルトの「大人の男の色気」も捨てがたいのですが、「貴族」「軍人」という
宝塚男役の王道(笑)みたいなお役を見せてもらえて嬉しい(^^♪ 
ハンガリーの草原でエドゥアルトたちと酒を酌み交わす紅くん。
CSで飲み方が「めちゃエレガント」と言われてましたっけ。
ゴブレットを柚希さん夢乃さんはわしづかみで男っぽい飲み方、これはこれで
素敵ですが、紅くんだけがブランデーグラスの持ち方。この辺が「エレガント」たる所以
なんでしょうね(#^.^#)

アンドラーシュはとにかく優しい男、自身の妹の事や、やつれたエドゥアルトを気遣う時に見せる笑顔が悲しいほど優しげ。今回のワタクシ的「紅のつぼ」はショーでも素敵な場面をいただいていますが、完全にアンドラーシュです(^^♪  
仕事や家庭でのストレスは多かれ少なかれ皆さん抱えていると思うし、心配事が無い
人間なんて大人だったら無いと思います。そんな疲れた大人(笑)の心を癒してくれるのが私にとっては紅くんの優しい笑顔です。

主人公エリヤーフー(エドゥアルト)にとっても家族や恋人アーデルハイトとの場面以外では唯一の癒しの場面が「ハンガリーの草原」の場面なのかも・・・・この場面が暖かければ暖かいほどその後の戦局でアンドラーシュ達がたどるであろう運命の過酷さが際立つのではないかと。

一番好きなのは、ラスト近く、エリヤーフーの周りにキャンドルを持った主な登場人物が現れますが、パドヴァの大学グループ、エリヤーフーの家族、ハプスブルグの宮廷チームの最後にハンガリー組が登場。このときの紅くんは帽子をとって縦ロール金髪。
額にかかる一筋の髪がとっても素敵。一瞬「スカーレット・ピンパーネル」の新公、
パーシーを思い出しました。これは一緒に観劇した紅ともさんと意見が一致!!

今回のお芝居のワタクシ的紅くんキーワードは間違いなく「癒し」
あの優しい微笑みをたたえたお顔をみるだけでヒーリング効果抜群。
ドラマティックなエリヤーフーの人生の清涼剤はそのままワタクシの清涼剤でもありました(笑)
[PR]

by zuzunoheya | 2010-02-21 23:39 | 星組

星組・初日「BOLERO」 10/02/15

「宝塚」「ボレロ」この2つのキーワードを私の頭ん中で検索すると
最初にヒットするのは有名なラヴェルのボレロじゃないの(^^♪ 
まず出てくるのは長淵剛さんの「乾杯」(笑)そしてジルベール・ベコーの「そして今は」
ラヴェルが出てくるのはその次かしら・・・

花組のショー「Cocktail-カクテルー」退団される匠ひびきさんの動きに合わせて
黒燕尾の男役が一人一人チャーリーさんの方を向いてゆく、あのゾクゾクするような
ダンスのバックに流れるのがポレロに編曲された長渕さんの「乾杯」でした。
たしかANJYU(安寿ミラ)さんの振り付け。チャーリーさんの額にかかる滝のような汗は
腰の痛みを懸命に堪えて踊ってらしたのでしょう。チャーリーさんの踊る姿と
ドラマティックに編曲された「乾杯」のメロディーは忘れられません。

ジルベール・ベコーの「そして今は」この曲は宝塚の舞台によく登場する曲ですが
最近では「黎明の風」とのカップリングショーだった「Passion」
轟悠さん&大和悠河さんのデュエットダンスのあと蘭寿とむさん率いる宙組イケメンたちが大階段で踊る姿にしびれました(#^.^#)

ということで柚希礼音さんがラヴェルの「ボレロ」を踊るらしいという話や
例の(笑)!?「トマケ」は知ってました。
でも何となく「乾杯」のように本来はボレロでない曲をボレロにアレンジした曲を集めた
「ボレロ大会」(@_@;)みたいなショーを想像していたもので
これは見事に裏切られました(笑)

ボレロのリズムに心が踊ったのは、幕開きと中詰めのラヴェルのボレロ、
ラストくらいかな・・・でも考えてみると力強くリズムを刻んで「扇情的」ともとれる
ボレロ@てんこ盛りは胸焼けがしちゃうかも(-_-;)

その今回のショーのクライマックス、ちえちゃんがラヴェルを踊るシーン。
さすがに圧巻でした。でもバックの金ぴか集団の中に072.gif紅ゆずるさん053.gif発見
それからはちえちゃんになかなか目が行かなくて(-_-;)

このシーン、ちえちゃん以外は「女」(笑)
頭に金の被り物、肩をあらわにした金のジャンプスーツで踊ります。
といっても実際はフィギュアスケートの衣装と一緒で肩がむき出しでは無く
肌の色に近い色の袖がついていますがそれでも体型は分かります(^^♪ 
二の腕が出せるって良いですね(笑)中でぶおばさんの私にはうらやましい話

私の周りではあまり話題になってませんが、「ヅカ倫」(そんなもんあるんかい?)
抵触のイエローカード?!の場面。やっぱり嫌だな・・・
今日はあんまり紅くんの事、書けませんでした。
突っ込みどころはありますが紅ゆずるのファン的にはけっこう美味しい
「BOLERO」詳しい話は次回です(^^♪ 
[PR]

by zuzunoheya | 2010-02-15 23:58 | 星組

星組初日 10/02/13

観れて良かった・・・ 星組の初日。
甘くなるのか辛くなるのかそれとも072.gifチック053.gifなメロメロモード(笑)?
見当がつきませんが蓋はしません。
ご承知置きの上でお読みくださいm(__)m


大劇場初日の幕間に紅ともさんから「さゆみちゃんの出番、少ないです(-_-;)」
という短いメールが来ました。「NOW ON」でも、彩海早矢さん夢乃聖夏さん
紅ゆずるさんのハンガリー組の登場が開演後55分も経ってからと聞いて、
ハンガリー組って可哀そう・・・そんな被害者意識!?(笑)がありました。

でも初日を見たらそんな想いは吹っ飛んじゃった(^^♪ 。
「ハプスブルグの宝剣」は柚希礼音さん演じるエリヤーフ(エドゥアルト)の生き方を
骨太に描いた作品・・・だと思う。なので真ん中の太い幹(ちえちゃん)にからむ人脈は
相手役の夢咲ねねちゃんと二番手凰稀かなめさんでさえあっさりめに描かれてます。

ワタクシ的に印象に残るのは短い出番ながらも、ちえちゃんとの決闘で殺されてしまう
壱城あずささん。会服ウォッチングの時に見かけるしーらんはとっても可愛らしい
お嬢さんですが、手袋を投げつけるという決闘を申し込む仕種もきまっていて
男っぽくってカッコイイの(#^.^#)

それからちえちゃんの弟役の美弥るりかさん。ユダヤ社会を飛び出した兄とユダヤ社会に残った弟。そしてまたユダヤに戻ってくる兄を迎え入れる弟。紅くんの三倍はありそうな大きなおめめに哀しみをたたえて静かに兄と対峙しています。新公がんばれ!!

かくて小一時間経過。いよいよ舞台はハンガリーに・・・・
グリーンの上着に赤いズボン、金の飾りの付いた軍服姿のハンガリー組登場。
アンドラーシュ役の072.gif紅ゆずるさん053.gif 
まずビジュアルが美しすぎ!!!!
いえいえビジュアルだけではありません(^^♪ とてもやさしげな笑顔に047.gif
妹を思いやる台詞にジ~ン。なにしろ贔屓ですからね言わせてもらいましょう(#^.^#)
鞭を持って踊る姿も素敵です053.gif053.gif053.gif016.gif

出番が少ないって聞いていたので紅くんの出番はこの草原の場だとばかり。
そしたらその後もちゃんと出番があったので「特典映像」のようで嬉しい(^^♪ 
でもそれってプログラムをちゃんとチェックしてれば分かること。
お正月の2日にわざわざキャトルで大劇場のプログラムを買ったのは
何処のどいつだい???アタシだよ(@_@;) ベタなギャグすいませんm(__)m

「ハプスブルグの宝剣」での紅くん、出る場面はけして多いとはいえないけど
しっかりと印象に残る場面でこれはこれで良かったのではないかと・・・・
原作、私は読んでませんが読まないよりは読んだほうが少しはいいかな?
あるいはこの時代のヨーロッパ史の知識があったほうが時代背景がわかっていいかも。
でもそんなもの無くても十分楽しめると思います(^^♪ 
それは多分、主人公のエリヤーフ(エドゥアルト)がしっかりと描かれているから。
真ん中がぶれてないので私のような・LOVE」のミーハーでも
贔屓の登場までの時間が苦になりません(笑)
膨大だったらしい原作をまとめるのは景子先生きっと大変だったのでしょう(-_-;)
筋を追うのが精一杯ってところもあるのでちえちゃんのチカラに負うところも
大きいかな(^^♪ リーヴァイさん作曲の主題歌も良かったです。
好みもありますので万人向きではないかもしれませんが私は好きです。 

最後のご挨拶でちえちゃん 公演の終了日、3月というところを2月と言ってしまい、
本人気づかず会場のざわめきで気づいて照れ笑いする姿もご愛嬌。
久しぶりに見たくんのあまりのカッコ良さに完全に舞い上がったおばさん、
ふわふわと雲の上を歩くような足取りで劇場を後にしました(笑)
ショーの話は次回です。
[PR]

by zuzunoheya | 2010-02-13 13:07 | 星組

「カサブランカ」茶会 10/02/11

宝塚大劇場で上演中の雪組公演「ソルフェリーノの夜明け」
さっそく見たお友達の感想はばらばら(笑) 次の「虞美人」に期待するしかない(-_-;)
という方とぜんぜんオッケー、昭和の感覚を堪能しました・・・みたいな(^^♪ 
これってとっても面白いです。辛口も甘口も結局受け手(観客)の感性。
いろんな感想があって当たり前だと思います。

宙組の前楽を観劇後何人かでお茶会を(^^♪ 
いつも書いていることですが宗教や政治団体とは無縁の宝塚鑑賞仲間。
宝塚に対しての温度差もさまざまで「ごった煮」あるいは「闇鍋」のような感じも・・・
分からないことは正直に分からないという方や主人公の心理を深読みしちゃう
方までいろいろですが、自由な感想を言える機会は貴重かな(^^♪ 

この日の参加者は10名。下は20代のお嬢さんから上は70代後半まで。
映画を見た方が大半でその比較の話もけっこう出ました。
私なんか、見たといってもうろおぼえ(@_@;)ついていけない話題もありました(笑)

以下かいつまんでの感想です。
 ゆうひさんの声のビブラートが気にならなくなりました。
   (そういえば、そうですね。お歌がかなり上達かしら)
 イルザはいったいどっちが好きだったのでしょうか?
   (映画ではほんとにイルザの想いが分からず???でしたが、宝塚の舞台は
    ラズロが死んだと伝えられた後にリックとの出会いがあって納得です)
 野のすみ花さん、ちょっと幼い感じも・・・
 場面や時代背景を説明する台詞がなくて良かった。
   (これってけっこう的を得ている感想かな。説明しなくとも観客が理解できる
    舞台って最近の宝塚では無いかも(@_@;))
 盆や迫が上手に使われていた
   (これは大劇場や東宝ならではの強み。使わにゃ損です(笑))
 トップコンビが代わって組の印象ががらりと変わりました。
   (私もそう思いました。)
今回は概ね好評、次回の観劇が楽しみ・・・ということでお開きになりました。
明日はいよいよ星組初日。もうドキドキしております(#^.^#)
[PR]

by zuzunoheya | 2010-02-11 23:59 | 宙組

「カサブランカ」 10/02/07

2月4日のマイ・初日と7日午前のマイ・楽。
たった4日間で私の宙組月間は終わってしまいました。
「なんて大人な宙組!」(笑)というのが第一印象。
トップコンビが代わるとこんなにも組の雰囲気が違ってしまうのかしら・・・というのが
正直なところです。大和悠河さんの時代は若々しいイメージでしたが
大空祐飛さん、「男役18年」のキャリアは伊達じゃないという見本を見せて
もらいました(^^♪ 

宙組は長身イケメン男役の宝庫でその中にはいるとけっして大きい方ではない
ユウヒさん。その上今回はファンタスティックな雰囲気にファンが酔えるコスチューム物
ではなく、ごまかし?の効かないスーツ物。なのにかっこいいの(#^.^#)

トレンチコートもスーツもソフトのかぶり方も抜群ですが一番好きなユウヒさんは
イルザがドイツ軍の通行証を譲ってくれと訪れる閉店後のリックの店。
リックに銃口を向けるイルザに、なんて物騒な展開(@_@;)と思いながらも
昔の恋の思い出を取り戻した二人・・・・

すみ花ちゃんをやさしく抱きしめるユウヒさんは、スーツのジャケットをとって
Yシャツとスラックス姿。いつも思うことですが、コート、スーツの着こなしは男役の
必須条件、でもそれをクリアしたさらにその後の関門はジャケット無し、シャツインの
スラックス姿だと私は勝手に思っている訳でして(笑)

ジャケ無しシャツイン。本来は女性なのに男性を演じる宝塚の男役さんは
こういう格好をすると、後姿に『女』が出てしまう場合が・・・お顔が見えるなら
まだ良いのですが後姿は正直です(-_-;)
ユウヒさんはまったくパーフェクトな後姿でした(^^♪ 

重厚なコーラスを堪能し、そういえば宙組のコーラスは定評があるよね!と
改めて思い出しました。時代が近いせいか「NEVER SAY GOODBYE」が
思い出されて、昔の??宙組に戻りつつあるうれしい予感。

蘭寿とむさんがユウヒさんとイーブンでわたりあうラズロを演じきったのも
さすが!! フィナーレのパレードで蘭とむさんの背負い羽根がまるでトップのようで
びっくりしましたが、それにも増してユウヒさんの羽根は大きかったです(笑)

ユウヒさんの月組時代、「パリ空」から「マジ鬱」あたりの役どころを考えるとよくぞ
踏ん張ってくれたわぁ~と特別ユウヒさんが贔屓というわけではないのに
嬉しく思ったり(^^♪ パレードの最後、羽根を背負ったスターさん、
張り出したセットのおかげで銀橋へ出るときに「蟹歩き」していたのは笑えました。 

f0019968_23351946.jpg
私にとっての
大人買い(笑)


発売されたばかりのポケット
カレンダー。
もちろん072.gif紅ゆずるさん053.gif
「コインブラ物語」のフィナーレ
です(#^.^#)
[PR]

by zuzunoheya | 2010-02-07 23:51 | 宙組

やっと・・・10/02/04

長かった ・・・ _| ̄|● ・・・です

今日は、あと四日で終わってしまう
宙組「カサブランカ」のマイ・初日
東宝劇場は去年の12月19日の月組公演以来です。その間「タカラヅカ・スペシャル」
「相棒」とタカラヅカの舞台は見ましたが、ホームグラウンドの公演は久しぶり。

映画はずっ~と昔に見たことが・・・
ラスト近く、ラズロとイルザの乗った飛行機を見送るニックとルノー(たぶん)の
友情みたいなところをおぼろげに覚えているようないないような(@_@;)
まっ今日みてその辺違ってたら訂正します(笑)

団体チケットでご一緒する我が師匠など絶賛でした。
映画では表現されていないリックとイルザが書き込んであってより
わかりやすかったと(^^♪ 
ワタクシ的には一本立ては嫌なのですが、皆んなが絶賛の舞台期待したいと
思います。なんと言っても、大空祐飛さんがメチャメチャカッコ良かったとか(#^.^#)
ユウヒさんもそうですが野々すみ花さんが宙組の舞台に出ているというのがなんだか
信じられなくて・・・

ここんとこ寂しかった観劇予定がすこしずつ立てられるようになりました(^^♪
宙組はマイ・初日から中二日おいて楽前公演を見ます。
青年館「HAMLET!!」は娘と観劇予定。友会で雪組の初日が取れたので
行ってきたいと思います(#^.^#)と言ってもB席。無欲で入力の結果でしょうか。
ちなみに新公、楽(共にS席)も入れましたがダメでした(笑)

東宝は雪組公演から開演時間が変わりますね。
初日は今まで15時開演だったのが16時開演に。平日の2回公演は今まで通り
13時30分と18時30分ですが、土日祝の2回公演は11時30分と16時に。
これってどうなんでしょう(-_-;)11時公演の当日券並びの場合、今までは
9時半にチケットの売り出しが始まってました。開演時間が繰り下がると言う事は
10時開始になっちゃうのかな?
チケ難公演の当日券並びは辛くなるかも・・・

といろいろな事、考えつつまもなく「怒涛の星組月間」
始まります\(^o^)/
[PR]

by zuzunoheya | 2010-02-04 01:56 | タカラヅカ