ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


雪組楽前その1・・・11/03/30

雪組公演「ロミオとジュリエット」楽前
実はこの公演、観劇は無理・・・と諦めていました。
前半は「メイちゃんの執事」と重なったため青年館に通い詰め(-_-;)
チケットは完売で焦りましたが楽前チケットをおさえていたのでその前に当日並びで
見れれば良いかな・・・

そのうちに夫の兄から楽当日郷里で義父の法要があるからと連絡がきました。
3連休の真ん中になんで??と思ったものの次男坊の夫には決定権ないし・・・
まぁお寺さんの都合かもとチケットは手放しました。そうしたらあの震災。

当然法事どころではなくなりあのチケットが・・・・(T-T)と正直思いましたが
たまたま怪我で行けなくなった友人のチケットを譲って頂いて観ることができました。

チケットは完売しているので立ち見の方もいらっしゃるのに空席もチラホラ・・・
やはり震災の影響大ですね。楽チケ持っているけれど怖くて行けないと言ってる
知人や新幹線が動かないので行きたくても行けないという方のお話も聞きました。

そんな中での雪組公演。
贔屓は星組だけど「星組は星組」「雪組は雪組」と割りきって楽しみました。
音月桂さんの「真ん中公演」を観るのは考えてみると初めて。
初東上作品の「忘れ雪」は母の葬儀でチケットを無駄にしてしまい、「初めて愛した」は
ハリーアレルギーでパスしてしまいましたm(_ _)m
表情豊かでサービス精神旺盛のキムちゃん。過剰演技っぽいところをちょっと心配
しましたがそんなところは全く無く、フィナーレで垣間見えたチャーミングなキムちゃんの
笑顔に救われました。

ジュリエットは若い研1の夢華あみさん。休演復帰、スカイステージの映像のイメージとは違って痩せていらしゃいましたね。全ツも休演とか・・・(T-T)
青チームのあのお二人。マーキューシオ@早霧せいなさん&ベンボーリオ
未涼亜希さん。星のマーさんは我が贔屓。そっちのキレ方も凄かったけど
ちぎちゃんのマーさんも半端じゃなかった。
スーパーサイヤ人になったベジータ?みたいなツンツンヘアー、ホントに危ない
お兄さんでした。でもフィナーレの始まりに二番手お披露目(^^♪下手すっぽんから
迫上って銀橋を渡るチギちゃんはものすごいスターオーラでしたね。

まっつさんの事は皆さん大絶賛。私も全く異論ありません。
まっつさんの雪組移籍を知ったときの「ヤッター!!」あるいは「ヨッシャー!!」
という気持ちはちょうどゆみこさんの花から雪組への組替が発表された時の期待感と
似ています。ゆみこさんは次回作がエリザベートとということでフランツ・ヨーゼフ!!
「夜のボート」をゆみちゃんで見られるのね・・・

まっつさんの組替発表もキムちゃんのお披露目昨が「ロミオとジュリエット」と発表後
でしたのでまっつさんのベンボーリオが見られるなんて・・・とゾクゾクしました。
人材は揃っているのにちょっぴり逼塞感m(_ _)mが漂うように思える花組から飛び出した
まっつさん、全国ツアーもリカさんのお役ですね。
ますます楽しみです(^^♪
[PR]

by zuzunoheya | 2011-03-30 20:41 | 雪組

花組初日・・・11/03/26

雪組の話も書きます。
雪組楽前公演の話は別ウィンドウで書いてますんで・・・
私の傾向としては「この話は次回に」なんて書いても結局書けないことの方が
多いです(-_-;)すっかり「オオカミおばさん」になっているのでちょっと自分に
喝を入れてみました。まぁ期待されているとも思いませんが・・・

どんな風に話が進むか見当がつきませんが蓋はしませんので
よろしくお願いしますm(_ _)m

友会でとれた初日チケット。
真飛聖さんの退団公演。本来ならば寂しいながらもお祭りモードの公演になっていたはず。震災の被害が伝わる中、電力消費の多い公演を上演するにあたっての生徒さんの葛藤は最後の組長さんの挨拶にしっかり現れていました。

とりあえず思いつくまま書いてみたいと思います。
「愛のプレリュード」
いきなりなんですが桜一花さんのお婆さんってひどいと思いません??私特に大ファンというわけでもないけど・・・はい、
聞いてはおりましたよ(-_-;)でもなんで???でした。
案外ご本人的には楽しんだ役作りだったりするかもしれませんが、ワタクシ的には
オペラを向けるのが辛かったです。
もしかしたら、次回作の「ファントム」ではカルロッタをやってもらうから今回は
我慢してね・・・なんて話があったんじゃないか。そんな願望とモーソーが頭の中を
ぐるぐる(笑)

主人公が何年ぶりで故郷に帰って来て昔の友人と再会する。
花組だけに「アデューマルセイユ」を思い出しました。壮一帆さんがまとぶんの事を
フレディーではなくジョジョなんて言い出しそう(笑)

(一応)ヒロインの蘭乃はなさんとのラブロマンスというよりは物語の根幹はフレディー@まとぶんとジョセフ@えりたんの男の友情話。なにげにマイルドな正塚作品風かも・・・
ショーで女役のえりたんとまとぶんのダンスがありましたが、若い娘1よりはいつも
ガッツリ組んでいる男1&男2コンビの解体への惜別の思いが強いのかしら・・・なんて。

組長のご挨拶。夏美ようさんはけっして話が上手い方ではありません。
いつもハッチさんのご挨拶にはハラハラドキドキ。でもそんなハッチさんのとつとつとした
時に言いよどみ噛みながらのご挨拶は心にしみました。
大劇場公演と東宝公演の間に起きた震災。被災地に帰省中でなかなか連絡が取れない
組子の心配、被災地から集合日に宝塚までたどり着いた組子にほっとしたこと。
こんな時に公演して良いのだろうかという苦悩。
組子たちとお稽古の傍ら連日話し合ったそうです。

その話はまとぶんのご挨拶にも引き継がれ、気取らないまとぶんらしい自分の言葉で
涙、鼻をすすりながら悩み、葛藤を話してくれました。
当日の舞台稽古までいろいろと逡巡していたけれど、初日の幕が上がった瞬間
迷いはなくなったとか。お客様が背中を押してくれました・・みたいな事を言ってましたが
舞台と客席が同じ想いでひとつになった気がしました。

公演をしながら災害支援をする方法を花組みんなで考え終演後当番制で
衣装のまま劇場エントランスホールで義援金活動をしようという事になったそうです。
小劇団か大衆演劇のお見送りみたいでいままであまり例のないこと、でも
これって商業演劇の基本かもしれない・・・なんて思ったり(^^♪

初日終演後の劇場エントランスには、真飛聖さん壮一帆さん愛音羽麗さん
蘭乃はなさん夏美ようさん高翔みず希さん眉月凰さん悠真倫さん
という豪華メンバー。まとぶんはフィナーレの白いお衣装から黒燕尾に着替えて
救援募金。私はハッチ組長の募金箱へ。
諭吉さんや一葉女史はちょっと無理なので野口英世さんお一人様(^^♪
ご挨拶、とっても感動しました、頑張ってくださいねって言ったらちゃんと私の目を見て
「ありがとうございます」って言ってくれました。

明かりを抑えた終演後のエントランスは生徒さんとファンの暖かい想いで
溢れていて、日本は、宝塚は大丈夫!!そんな希望の光がみえたような
きがしました。
[PR]

by zuzunoheya | 2011-03-26 07:03 | 花組

こんな時だからこそ・・・11/03/21

地震から10日あまり。
昨日は被災地でお孫さんとおばあさまが奇跡的に助けだされる
嬉しいニュースが飛び込んできました。住所を見ると昔叔父一家が
住んでいた所のすぐ近くであのあたりも津波が来たのか・・・

前回のブログであわや津波に・・・と心配した叔父とはその後電話で話すことが
出来ました。自宅は幸い水没を免れましたが、日中は年寄りだけになる自宅よりは
避難したお寺のご好意に甘えてそのままお世話になっているとか。
叔父一家が檀家になっているお寺でご住職さまとは日頃から懇意にさせて頂いて
いるのでとりあえず落ち着くまでは私もそのほうが安心かな・・・と
電話ではいつもの「超」の付く陽気な叔父にもどっていました。

あの地震の時東宝で観劇中だったという知人が二人おりました。
一人は一緒に観ていた友人の都内のマンションに泊めていただき帰宅難民には
ならずに済んだらしい・・・

もう一人の知人はまさに帰宅難民に。地震が起きた時はちょうど幕間。
知人は一緒に観劇していたお友達とトイレ行列中だったそうです。
凄まじい揺れがきて立っていられず友人たちと床に座り込んで抱き合って
揺れが収まるのを待ちました。長い揺れでそれはそれは怖かったそうです。

そんな中、劇場の方が大きな声で「この劇場は建設して10年ですので耐震は
万全です」みたいな事を言ってくれたことがとても心強かったとか。
普段はスカイステージの映像を映している2階ラウンジのモニターもニュースに
切り替り情報を得ることができたのも有り難かったようです。

当初は劇場内の点検を済ませ次第第2部を上演する旨伝えられたようですが
余震の心配や被害の大きさが予想以上らしいということで上演中止になりました。

とにかく帰らなくては!と思ったという知人。少しでも自分の家の方向へ・・・
と思うのは誰しもだと思いますが結局、都内の公共施設で友人と一夜を過ごし
翌日かなりの時間をかけて自宅にたどり着いたそうです。

公演が中止になってJRの駅に行ってはみたものの全く動く様子がなく
辛うじて動いているバスの行列に並んだもののバスは来るのに一向に列が
はけない、なんで??そんな知人たちの会話を聞いていらした見ず知らずの方が
知人たちの目的地はどのバスでも通るのでバスが来たらとりあえず乗りなさいと
アドバイスをくれて程なくバスに乗れたとか・・・

避難先の公共施設には老若男女、日本人だけでなく外国の方も多くいらっしゃい
ました。着のみ着のままで床はコンクリート。知人は申し訳ないと思いながらも
公共施設備え付けのパンフレットやチラシを頂いて敷物にしたそうです。
新聞紙をひいて横になるサラリーマンの姿も・・・

そんな一夜が明けてそれぞれの家を目指して施設を出て行く人々。
あれだけ新聞紙やチラシが散乱していたのにまさに「飛ぶ鳥跡を濁さず」
チリひとつ無かったそうです。当たり前といえば当たり前ですが、こんな時でも
しっかりモラルを守る人々に感動したと知人。もちろん知人も拝借したチラシ等は
ちゃんと持ち帰ったそうです。

この知人、地震後の雪組チケットを持っていたのですが、地震の恐怖とそのあと
帰宅できなかった事がトラウマになってしまって劇場にいく気になれずチケットを
無駄にしてしまったそうです。そういう知人の気持ちもよくわかる・・・
あとは少しでも早い回復を祈るのみです。

そんな中で雪組楽前公演を観ることができました。
こんな時に?いえこんな時だからこそ頑張っているジェンヌに応援のエールを
送らねば・・・と思った次第です。
公演の話はいずれ・・・と書くとパスしてしまいがちなので「必ず書く」ととりあえず
お約束して今日はこれくらいにm(_ _)m


[PR]

by zuzunoheya | 2011-03-21 23:19 | タカラヅカ

地震・・・11/03/13

未曽有の災害になりました。
地震発生時在宅で今までに経験したことのない揺れを感じました。
建物の構造上あり得ない?方向への揺れで食器棚の中でコップやお皿が
動くのがわかり、娘の部屋のⅠメートルちょっとの整理ダンスが倒れました。

大きな地震を過去に体験しているとはいえそれでも身体がすくみました。
夫と娘は外出中。帰宅難民で右往左往するよりは・・・と早々と会社へ泊まる
ことにした夫。娘といえば都内の体育館にいて罹災。幸い耐震工事をしたばかり
だったとかで無事でした。そのまま体育館のご好意で夜明かしすることに・・・
大勢の仲間と一緒でカップ麺などもあったので比較的精神状態は安定していた
ようです。翌日はかなりの帰宅難民状態でへろへろになって帰ってきました。

今回の地震は震源地が郷里の近く。実家や親戚の安否がきになるものの
固定電話、携帯とも全くつながりません。仕方がないので届くかどうか解らない
メールに頼る他ありませんでした。送信するものの一向に返信のない携帯に
イライラ。

翌日になって実家の無事を確認。津波の被害には心配のない処にあるものの
電気、ガス、水道のライフラインは全くダメとのこと。
だんだん被害の実態が明らかになるにつれて想像以上の被害に凍りつきました。
海岸線をなめるように映しだしていくヘリコプターからの映像。津波の恐ろしさ。

地震発生当時から連絡が取れなくなっている叔父宅はまさに津波の被害が
心配される所に。日中は老人夫妻だけになってるはず、足の悪い叔母を連れて
84歳の叔父は無事に逃げられたのだろうか・・・情報が全く無い中もんもんと
過ごし3日目の今日になって近所の高台のお寺に避難して無事と連絡がありました。

まだまだ連絡の取れない友人もいます。
叔父宅が津波の被害になったかどうかさえもわかっていません。原発も心配です。
無残な姿を晒している郷里の映像を見るにつけて大自然の前での人間の無力さを
つくづく感じます。

どうか一人でも多くの方達が助けだされますように。
救助や支援の方々の安全もお祈りします。
そして亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
[PR]

by zuzunoheya | 2011-03-13 11:37 | その他

愛と偶然との戯れ(めぐり会いは再び)・・・11/03/07

次回星組公演「めぐり会いは再び」
原作の「愛と偶然との戯れ」を図書館から借りて読んで見ました。
戯曲の読み込み方で勘違い等あるかもしれません。
その時はどうかご容赦下さいm(_ _)m
f0019968_2203073.jpg
ホントに古色蒼然たる岩波文庫。奥付を見ると初版は1935年。私が借りてきたものも1977年版(29刷)で値段は100円でした。厚さにしたら5ミリくらいでしょうか・・戯曲ですがワタクシ的にはル・サンクの脚本を読んでる感じで楽しく読めました。

原作の登場人物は多くありません。
主人公はドラント@柚希礼音さんとシルヴィア@
夢咲ねねさん。親の勧める縁談に疑問を持って偶然お互いに召使いと身分を入れ替えて観察しようなんて(^^♪ そのお互い身分を入れ替わる召使いがブルギニョン@072.gif紅ゆずるさん053.gifとリゼット@白華れみさん。それにシルヴィアの父親アルゴン氏(伯爵)@英真なおきさん、シルヴィアの兄マリオ@涼紫央さん。紅くんの役名が(原作の)アルルカンではなくブルギニョンなのはドラントが名乗る召使いの名前がブルギニョン。女性陣はそのままお互いの名前を入れ替えてますのでややっこしくないようにしたのでは・・・

男性側の入れ替わりはドラントの父からアルゴン氏に密かに伝えられており、
アルゴン氏は同じような事を言い出した娘たちの企みを兄のマリオと共に見守る
という設定。
主人の先触れとして現れたドラントとやはり召使いに扮したシルヴィアは一目でお互いに
ひかれ合います。特にドラントはシルヴィアに首ったけに016.gif
一方主人に扮した召使いカップルもいい感じに(^^♪

ただ問題なのはお互いの入れ替わりを知らないため自分が好きになった相手が
身分違いと心配しながら巻き起こる喜劇です。
想いが募ってたまらなくなったドラントはシルヴィアに真実を明かします。
多分、ヤッター!!とかラッキー!!とか思ったはずのシルヴィアですが(笑)
ここはもう少し様子をみようと自らの入れ替わりについては明かしません。

結局、ドラントが身分違いでも構わない!(召使いに扮した)シルヴィアを
愛しているんだ~
とぶちまけたところで「実は・・・・」と身分を明かし大団円に(^^♪
ホントに女性はしたたかでたくましい(笑)

主人になりすました召使いたちのお調子者っぷりが楽しいの(#^.^#)
リゼットはすっかり「姫仕様」になった自分に自信を持っちゃって
ドラントが自分を好きになっちゃったらどうしようか??なんて言っちゃうし
ブルギニョンもドラントが大っぴらに注意出来ないのをいい事に「主人キャラ」
なりきりでやりたい放題(笑) 紅ファンとしてはかなり楽しみ(^^♪

原作ではシルヴィアが主役のようですが宝塚での料理法はまた別。
シルヴィアの兄マリオがリゼットに恋してるなんてエピソードもあったような?
求婚者も五人の中から選ぶという大劇場仕様ですね。
役名がフォ-マハルト、スピカ、カストル、シリウス、アルタイルなどなど
これって星の名前ですね。星組だから?小柳先生の遊びこころでしょうか・・・

小池チルドレン?の小柳先生の大劇場デビュー
どうか楽しい舞台に
    なりますように\(^o^)/


[PR]

by zuzunoheya | 2011-03-07 09:26 | 星組

アルルカンではなくてブルギニョン?・・・11/03/04

今日は星組大劇場公演の集合日。
集合日は事前に発表されていたメインの役以外のお役が発表になったり退団者の
発表もあってわくわくというよりはドキドキなのですが柚希礼音さんの同期
天霧真世さんの退団が発表されました。ちえちゃん寂しい想いしていることでしょうね。

「ノバ・ボサノバ」
新公を含む配役が発表に。今回のラッキーボーイは麻央侑希さんのよう。
麻央さん、出世役のドアボーイと新公主演を見事射止めました。
そのドアボーイの新公が真風涼帆さんでへぇ~!!でしたが本公演の役替わりで
大変なのでほぼ新公卒業扱い(^^♪?

新公卒業学年のトップ天寿光希さんがシスター・マーマにまわったのはまだ体調が
万全ではないということでしょうか・・・この学年はもう一度チャンスがあるので頑張って欲しいです。ちょっと笑っちゃったのがメール夫人の漣レイラさん(^^♪
「メイちゃんの執事」であごひげの執事・根津ちんを臭く(もちろん良い意味でね)演じた
彼女が上流夫人をどう演じるかとっても楽しみ(#^.^#)
それからもう一つ、メイちゃん~で男前の娘役竜恩寺泉役の夏樹れいさんが本来の
男役に戻ってボールソを演じるのも嬉しい・・・

ヒロイン、エストレーラは早乙女わかばさん。実績のある音波みのりさんがブリーザ役ですが、エストレーラっていまいち「しどころない」役でそのへんはファン的には面白いかな・・・と。と言っても新公なんてめったに見られませんが(笑)

でタイトルの話題です。
お芝居「めぐり逢いは再び」
072.gif紅ゆずるさん053.gifのお役は主人公ドラント@柚希礼音さんの召使ブルギニョン。
主人と召使いが入れ替わって巻き起こる恋愛喜劇??。

原作ではアルルカンという名前のようですね。
主人のお衣装を着るということはコスチュームのキラキラ紅くんが見られるのかな?
どっちにしても楽しみ(^^♪? 
「ノバ・ボサノバ」の役替わりと合わせてどんだけ見ればいいのかな(@_@;)
[PR]

by zuzunoheya | 2011-03-04 17:49 | 星組

メイちゃんの執事・思い出しながら・・・11/03/03

「メイちゃんの執事」公演は終わってしまいましたが思い出しながら・・・
牛の反芻(笑) 牛はたしか胃袋が4つ。その位はいくかも(^^♪

今回は去年宝塚観劇デビューした友人と一緒に見ることが出来ました。
以前ブログに書いた友人で学生時代7年間を一緒に過ごしたくされ縁。
最初は自信を持って見せられる公演をと思い月組の「スカーレットピンパーネル」
を選びました。その時の話は★こちら★お暇な方はどうぞ。

とりあえず「初宝塚」をクリアしたので次は私の好きな生徒を見てもらいたくて
チケットを取りました(#^.^#) 事前に青年館のチラシを渡していて会うたびに
贔屓の名前連呼だったので072.gif紅ゆずる053.gifさんの名前は友人もしっかりインプット
されていたようです。その上PONDO`Sのキャンペーンガールにタカラジェンヌが起用されていることも知ってました。紅さんはPONDO`Sのキャンペーンガールではないのね
と言われきゃーうれしい!!けっこう興味持ってくれてるんだ・・・

観劇後は北区某所の居酒屋で宴会。
彼女の印象に残った男役さんを挙げてもらいました。彼女の表現のままですが

    ★ 紅ゆずるさん
    ★ 医者(真風涼帆さん
    ★ 弟くん(美弥るりかさん
    ★ メガネ(汐月しゅうさん

紅くんを最初に挙げたのは多分彼女のリップサービス(笑)
幕間のお喋りでもあのお医者さんはなんていう人??と興味津々。
どうやら彼女の好みは紅くんではなくゆりかちゃんのようでした(#^.^#)
でも電車の中でも宴会中も楽しかったね~面白かったわぁ~と終始上機嫌。

介護の悩みを抱える友達のストレス解消になったかな・・と思うと荒唐無稽の
メイちゃんワールドがとっても愛おしく思えます。
次の観劇予定はもちろん「ノバ・ボサノバ」です\(^o^)/
[PR]

by zuzunoheya | 2011-03-03 23:50 | 星組