ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


昭和メモリアル   11/09/29

今日は「オーシャンズ11」の集合日
とは言っても詳しいことなな~んにもわからず(-_-;)
中日劇場公演が終ってちょっと気が抜けちゃいました。

今日は暇ネタ(笑)
以前ブログにも書いた実家から送ってもらった宝塚関係の荷物の中にこんなものが・・・
f0019968_21391872.jpg
チケットを貼りつけたスクラップブックとは別に新聞や雑誌の宝塚記事を集めた
スクラップブックがありました。
これは昭和51年の読売新聞(東日本版)

「ステージ」という劇評コラムで安奈淳さん主演の「ノバボサノバ」です。写真、サングラスの男役さんは安奈淳さん左側はオーロ役のみさとけいさん。
劇評をまんま書くのは・・・とも思いましたが30数年前のこと
お許し頂きたいとm(_ _)m

この公演は若き日の織田信長を描いた「うつしよ紅葉」と「ノバボサノバ」でした。
 
   安奈淳が二つの作品のシンになって力をつくしている。”信長出陣”と
   副題がついている「うつしよ紅葉」は、回想に始まり、乱暴で手のつけられない
   青年信長(安奈淳)を、守り役平手政秀(美吉左久子が好演)が腹を切って
   いさめる劇から、今川義元の大軍を前に、死を覚悟して正室濃姫(上原まり)と
   あらしの中に出陣を祝う楽劇風の部分へと高まって終わる。その楽劇の組み立てに
   歌舞伎の様式をとり入れたことで、運命劇の色合いが出た。作、植田紳爾。
   演出・振り付け、尾上松緑。

   「ノバボサノバ」を見るのはこれで三度目だが、見るたびに新発見や喜びがある。
   それが傑作の証拠だと私には思われる。
   筋書きと舞台装置は単純明快だ。リオのカーニバルが始まり、肌の赤い
   土地っ子が海岸や道で踊りだす。泥棒(安奈淳)とその商売がたき(みさとけい)、
   神父(松あきら)と修道女(麻月鞠緒)をはじめ、白人の母と娘、物売り、ちんぴら、
   三人組のピエロから二人組の巡査まで、それぞれ見に合った仕草をしながらも
   強烈な一つの流れに巻きこまれて行く。そこに共感がわく。
   おかしうて、やがてかなしきーという方向にお祭りの時間は進行するが、それを
   運ぶのはただ歌と踊りと光と色彩と無言劇だ。ロマン派の交響曲のように
   よく計算された終結部の厚みも見事だ。要するにショーとしての結晶度が
   高いわけである。
   安奈以下全員の全力投球の歌と踊りの充実感がこちらにも伝わって、息をのんで
   私はながめていた。室町あかね・宝純子のペアもよかった。
   残念なことに、作者の鴨川清作氏は今年の夏亡くなった。人にはいろいろ好みも
   あろうが、日本のショーの一つの到達点を万障くりあわせて見ていただきたい
   気がする。 

ちなみにこの記事を書いていらしたのは作家の故・阪田寛夫さん。
そう今は亡きなーちゃん(大浦みずきさん)のお父様です。
    
[PR]

by zuzunoheya | 2011-09-29 23:51 | タカラヅカ

「ノバボサ」落穂ひろい  11/09/26

半年にわたった星組「ノバボサ祭り」も昨日でおしまい

昨日の楽前&楽は劇中のリオのカルナバルよろしく熱狂の舞台が
繰り広げられたのでは・・・ 
一夜明けて今日はカルナバルの終わった気だるさがファンを支配???

中日劇場の楽前&楽にはぜんぜんかんでいないのですが、とりあえず中日劇場公演、
前回までのマイブログで書けなかったところを少しばかり。

役替わりのお話
「ノバボサノバ」マール@壱城あずささんボールソ@美弥るりかさん
しーらんのマールは切ないです。私が見た4人のマールの中で一番ピュアな印象
でもみやるりちゃんのマールも見てみたかったです(#^.^#)

今回の中日劇場、ブリーザの白華れみさんがエライことになってる!!って感じで・・・
どんどんワイルドなブリーザになってく(^^♪ たぶんそう感じたのは髪型
れみちゃんは東宝の役替わりのマールそれぞれで髪型を変えていたと
紅くんがお茶会で話していたけど、東宝ではドレッド風?のヘアーだったかな???
プログラムの写真は皆同じだし・・・ 太い幅のドレッドなのでそれだけで野性的!
「女豹度」(笑)超アップです。華奢なのに肉感的だからちょいワルのオーロ
よく似合うの(#^.^#)それがお芝居では可愛らしい召使いを違和感なく演じてる
れみちゃん、アナタは役者です(^^♪

カルナバルは本公演と違っていろんなアルバイトキャラが楽しい
人魚の張りぼて人形と踊ってた組長、一瞬の性転換。褐色のカリオカに混じって
一人お顔が白いのですぐ分かりました。二階建ての傘を持って踊る美女には
こちらも一瞬の性転換組の涼紫央さんとみやるりちゃん。
特にとよこさんの綺麗なこと(#^.^#) 紅メール夫人バージョンでは
ここに紅くんが入るのだそうです。これを見逃したのは残念(-_-;)
明日のニュースにそこまで期待するのは無理だろうし・・・

お芝居でも役が変わった方たちが・・・
まずエルモクラートのしーらん。メガネがよく似合います。
(たぶん)おっとりした真風涼帆さん当て書きのキャラをしっかりしーらん風に
調理していたような・・・ ポトフを作るよりはるかにお上手(笑)

アルビレオ@音花ゆりさんユリウス@大輝まことさん
このお二人、この配役を聞いた時どう思ったのかな???
「やってやろうじゃないの!!」と思ったか「やりにくいなぁ」と思ったか(笑)
もちろん前者だと思いますが、私なんかけっこうネガなところがあるので
やりにくかったんじゃないかなぁ~なんてね(笑)

いよいよ明日はニュースで中日楽が観られるのでは??(たぶん)
今からドキドキです。
[PR]

by zuzunoheya | 2011-09-26 22:57 | 星組

初・名古屋(その4)  11/09/22 

072.gif今回も星組中日劇場公演「ノバボサノバ」「めぐり会いは再び」
またか(-_-;)と思われる方はどうかスルーして下さいm(_ _)m、

072.gif紅ゆずるさん053.gifのオーロの話前回もしましたが、その続きから(^^♪

相変わらず紅オーロはや~らしい(笑)
ブリーザとの強引な出会いの場面、東宝バージョンよりさらにパワーアップ!
っていうかなにやら余裕の中日オーロでした(笑)
ママ的なつぶやきとしては「さゆみちゃん こんなこといつ覚えたの??」
そんな感じ(#^.^#)

その他でなにか・・・と言えば
カルナバルのオーロ(プログラムによれば海月の王)、東宝公演と比べると
より自信と余裕が出てきたような・・・
カルナバルが終わった朝、恋人ラービオスの肩を抱いて浜辺での
060.gifアマールアマールはとっても切なかったです。

072.gifめぐり会いは再び
紅くんのブルギニョン、本人的にはけっこう試行錯誤したらしい・・・
宝塚大劇場ではアドリブ全開。東宝では軌道修正。博多座はどうか
わからないけど中日版は(って私が観たのはわずか2回ですが)
東宝版に近い感じで(^^♪

どうでもいいところなんですが、主従入れ替わった偽ドラントがとる偉そうな
ポーズ。両手を脇に持ってくる・・・ 東宝では脇の下近くでワタクシ的には
なんだかなぁ~(-_-;) それが腰の位置になっててほっとしました(笑)

大雑把な人間の超大雑把な感想ですが、余計なものがとれてメリハリが
ついた?ピュアだけどやっぱり「従僕」ブルちゃんのキャラがクリアに
なった感じ(^^♪  やっぱりこういうのを進化っていうのかしら・・・

でもね私はふと「熟成」という言葉が浮かぶんですよ。半年をかけて・・・
わずか半年ではありますが宝塚的スパンで考えればひとつの作品を
半年演じるってなかなか無いこと。ワインの醸造過程のように
「天使の取り分」よろしく余計なものを取り払って完成したのが
中日劇場公演かな? なんちゃって(笑) 

とは言うものの私が心底ため息をつきながらポ~っとなって見たのは
フィナーレ。黄色いひよこちゃんのロケットが終って大(中)階段にスタンバイ
する男役さん。お芝居のヘタレなブルちゃん(これは役柄ですのでヘタレで
正解!!)が180度変わってもの凄~い男前の紅くん(#^.^#)

あ~これを見るために名古屋へ来たのだ・・・
ミーハー至福の一時でした(笑)
[PR]

by zuzunoheya | 2011-09-22 23:34 | 星組

初・名古屋(その3)  11/09/21 

星組中日劇場公演「ノバボサノバ」「めぐり会いは再び」

何なのでしょうか・・・この更新ペース(笑)
私にしたらかなりのハイペースなんですが・・・
でやっぱり072.gif紅ゆずるさん053.gifでしょう(#^.^#)

私つくづく思ったのですが、基本的に舞台上の紅くんを見れたらそれだけでOK
なのであんまり席の吟味はしないのですが1回目が終ってお友達が紅くんの
進化を熱く語る中で、そう~(@_@;)(-_-;) と今ひとつ
2回目を観た時に何故そう思ったかがよく分かりました。二階席は当然ながら
客席降りは見られません。ちえちゃんの「クイダード」のとっても楽しそうな様子が
ビンビン伝わって来るのに見えない(-_-;)

完全に「置いてかれちゃった」感でそれからどうもなんだかなぁ状態
ショー、お芝居共客席降りはありますが2階でも十分に楽しめますので
誤解されませんように(^^♪ あくまでもミーハーな私の感想で(笑)

オーロ
どこがどう変わったんだろう・・・というマニアックな話を熱く語る自信は
ないのですが、東宝のオーロは限りなく「小者」感が漂ってスケールの
大きい義賊(笑)のソールと対峙する勘違い感が面白かった(ように思う)

中日オーロはベースはたぶん同じかな???と思いますが余裕綽々
オラオラ・オレオレモードっていうの(笑)?そんな感じが全開でした。
警官に追われてたまたまそこにいたブリーザと恋人を装って警官を
かわそうというある意味無茶苦茶行動も自信満々が見えてとれて
ドキドキ(笑)

ワタクシ的には警官をかわすため、カップルを装い無理やりブリーザの
唇を奪うオーロ。ブリーザの手をオーロの腰に回す紅くんの長い手が
ツボです(#^.^#)

唐突ですがとりあえず今日はここまで!
[PR]

by zuzunoheya | 2011-09-21 17:39 | 星組

初名古屋その2   11/09/21

星組中日劇場公演「ノバボサノバ」「めぐり会いは再び」

「常打ち」ではない劇場や全ツのお楽しみはサービス精神てんこ盛りの客席降り。
ルーア神父&尼僧マーマはほとんど客席から登場だし柚希礼音さん
クイダード(屑拾い)もかなり後方から客席を通ってくるのではっきり言って
一階席は美味しい(#^.^#) 

中日劇場ってどセンター(笑)に通路があるんですね。こんな劇場あんまり見たことない
でそのどセンター、そのサイド、さらにもうサイドの通路があってなんとくまなく生徒が
降りてくるの(^^♪ もちろんスターさんは真ん中ですけどね。

ちえちゃんの「クイダード」噂には聞いていましたが、プレゼントの数が半端じゃない(笑)
東宝は最初の方こそ客席からの屑に見立てたプレゼントが手渡しされていましたが
後半はトーホーのお兄さん達のガードがきつくて(-_-;) 
まぁね、安全面とかいろいろあるんだろうけどつまんない・・・

そこへいくと中日劇場はそれが一つの売りになってるみたいで、名古屋弁?を喋りながら登場のちえちゃんに次々手渡される「屑」「屑」「屑」(笑)お洒落なラッピングのものもあるけど地元銘菓風の紙袋がわんさか(^^♪
私が観た時は背中の袋に最初に貰ったプレゼントをお客さんに入れてもらって
第2ラウンド開始(笑)通路際ではなくかなり内側のお客様も手渡しにでていらして・・・

かくして舞台に上がったちえちゃん。パンパンになった屑の袋を引きずり手には
第2ラウンドのプレゼント。首には派手なハワイアン風のレイまでかけて(^^♪
屑ぃ~060.gif屑 屑はないかね と警官をかわす次の場面大丈夫かい?
これじゃ明らかに不審者。職務質問は必至だよ(笑)

たくさんのプレゼントに関西弁の「どうしよう」とホンネをつぶやきながら袖に一時退去の
ちえちゃん、とっても可愛らしかった(#^.^#)

昨日のブログにビバークしてから次回なんて書きましたがまたまた
オオカミおばさんになったようで(笑)
[PR]

by zuzunoheya | 2011-09-21 01:11 | 星組

初・名古屋(その1) 11/09/20

全く個人的にですが「祝!初名古屋」(笑)
星組中日劇場公演を日帰り・・・
それはそれは楽しくも忙しい一日で(^^♪

名古屋に詳しい近所の紅ともさんとご一緒して、新幹線の指定席の手配やらなにやら
すっかり「おんぶにだっこ」(笑)こんな重たいオバサンが背後霊になってしまった
紅ともさん、今頃どんなになっておりますやら(-_-;)

おかげでなぁ~んにも考えずに無事中日劇場到着です。
私のお目当てはもちろん072.gif紅ゆずるさん053.gif
とにかく見れればいいや・・・なんで午前公演は二階席、午後公演は一階席
「ノバボサノバ」はもうお腹いっぱいだぁ~!!
考えてみれば宝塚大劇場で「ノバボサノバ」の幕が上がったのは4月15日でした。
その後東京、福岡と公演し足掛け半年をかけたノバボサ集大成の中日劇場公演
贔屓が出演とはいえ食傷気味の感も否めず(-_-;)

でもねぇ、やっぱり違うの(笑)しっかり紅くんのオーロ&ブルギニョンに嵌って
いえまたまた堕ちまくりで帰って参りました(#^.^#)
どこに嵌ってどこに堕ちたかはまた・・・ちょっとビバークですm(_ _)m
[PR]

by zuzunoheya | 2011-09-20 15:34 | 星組

いろいろと(その2)   11/09/16

もうすぐ星組中日劇場公演が始まります。
一緒に遠征するお友達と電車の時間を調べたり、ほとんど「初・名古屋」なので
何か美味しいものが食べたいとか・・・ 
一番の楽しみは紅くんに会えること!!もちろん客席からの一方的な逢瀬ですが(笑)

と自らを鼓舞(笑)させつつテンションをアップせねば・・・
そう思うものの今ひとつなんですわぁ(-_-;)
どうも西から聞こえる評判があまりにもとほほ。もちろん今までも賛否両論の
作品は山ほどありました。免疫は十分だと思うのですが、今回はヒドイ(T_T)
未見ですので自分の目で確かめてから最終判断を下そうとは思いますが
今日初日を迎える月組のチケットも(-_-;)

「アルジェの男」は峰さを理さんの東京トップお披露目を観ています。
その後郷里での全国ツアー「アルジェの男」「ザ・ストーム」を見ていることが判明(笑)
以前マイブログで書いた実家から送られた宝塚関係の荷物の中にプログラムと
チケットが・・・ それでもあんまり覚えてません(@_@;)
当時のプログラムを見ると龍真咲さんのお役は新城まゆみさん、明日海りおさん
お役は萬あきらさん(萬けいさんはアナベルの使用人という設定でした)
なので今回の月組版は現在の月組仕様ですね。

ツレちゃんの初演がゴールデンコンビと言われた大原ますみさんの退団後で
所謂娘1不在の公演。それでヒロインを3人にした・・・という柴田先生のコメント。
まりもちゃんというちゃんとした相手役がいるのに何故??と思いましたが
たぶん下級生のまさおさん、みりおさんに配慮した公演かしら・・・

で雪組公演@児玉先生。
紅ファンとしては、「メイちゃんの執事」で大成功の児玉先生なんだけど、今回は
そうでもないらしい・・・ ファミリーランドが無くなって団体客の誘致が難しい立地に
キャパ2500の劇場は大変とは思うけど(-_-;)

別に阪急や生徒の関係者でもなんでもないけどやっぱり自分にとって
「宝塚」は大切な宝物。ブランクはあるものの考えてみると35年・・・・
遠征を前にしてちょっとブルーになってます。
[PR]

by zuzunoheya | 2011-09-16 06:53 | タカラヅカ

いろいろと(その1)  11/09/15

観劇関係の話を忘れないうちに・・・

☆ドラキュラ@東京フォーラム
和央ようかさんが宝塚卒業以来の「男役」に挑戦。花總まりさんとの共演も興味があって
観てきました。たか子さん相変わらずスタイルが良くて、体の線が崩れていない(見た
ところですが・・・) タカハナのシーンはひたすらお耽美(^^♪ 

花總さん、もう少し早く外へ出ていたら今頃東宝ミュージカルのヒロインはかなり制覇
していたのに・・・と思うものの「~たら」「~れば」は言ってもしょうがありません。
共演の安倍なつみさん。思った以上に良かった!って所詮モー娘。でしょ?って
偏見があったようで(-_-;) でもちっちゃい!!もう少しタッパが欲しいかな。
鈴木綜馬さんがカーテンコールでマントを翻すたか子さんの真似をしていらしたのは
笑えました。まるでたか子さんの写真集のような豪華美麗本のプログラムは
たしか2500円で手が出ず(@_@;)

たか子さん、男役もかっこ良かったけど「ディートリッヒ」がとっても良かったので
次は女優に戻った舞台が観たいかな・・・なんて(笑)

☆花組入り待ち&楽前
楽前公演の前に入り待ちをしたわけではありません。
宝塚ファンの友達とお喋りをしながら入り待ちするというファンならではの至福の
一時(笑)なんて暇人!!そう思われそうですが入り待ちのあと別用があったもので(^^♪

蘭寿とむさん、久しぶりの入りです。やっぱかっこ良かったですね(#^.^#)
ファンクラブの皆さん、青の濃淡が裏表になったスカーフをみにつけて。
壮一帆さんも久しぶり。ファンの方の会服はちょっと思い出せないのですが、いつもの
赤い可愛らしいドイツ車(^^♪ たしかコムちゃんが入り出で使われていたのと同種。
なんだかとっても懐かしい気がしました(#^.^#)べつにコムちゃんのファンというわけでも
ないんですが・・・
愛音羽麗さん ファンクラブの方々、たしか薄いブルーのロングストールだった
ような・・・みわっちさん金髪がよく似合って貴族のシャンドン伯爵、良く似合ってました。
とここまではシャンテ側。 

劇場側では・・・
ピンクのダンガリーシャツ???風の会服でスタンバイしていらしたのは
蘭乃はなさんの会。実際のジェンヌさんは皆さんそう思うのですが、細い!!
娘役さんも長身!!桜一花さん小柄だけど美人でした(^^♪ 
カルロッタはクリスティーヌに相対峙するダークヒロイン。頑張ってます066.gif
その他の生徒さんでは、学年順で言いますと、悠真りんさんキャリアと貫禄が・・

紫峰七海さん花野じゅりあさん扇めぐむさん朝夏まなとさん016.gif
望海風斗さん煌雅あさひさん瀬戸かずやさん016.gif
ホントに美味しい入り待ちでした(笑)
でも一番楽しかったのは華形ひかるさん053.gif
この子はジェンヌ風という感じではなく、迷彩服だったり、ジェンヌというよりは普通の
お兄ちゃん風??遠くからでも来た~~って分かる数少ない生徒さん(#^.^#)
この日も「ムシムシしますね~」みたいな事を言いながらとっても感じよくファンクラブの
方とお話されていました。

とここまで書きましたけど楽前公演までは行きません(-_-;)
次は次回ということで(笑)
[PR]

by zuzunoheya | 2011-09-15 08:38 | タカラヅカ

花組「ファントム」  11/09/08 

花組「ファントム」 夜公演を娘と観てきました。
この前の宙組も「発作的」に観たいと言い出したんだけど今回は「自主的」(笑)
娘も以前の花組版観てるからなぁ(-_-;) 娘的宝塚NO1は蘭とむさんの「逆裁」だけど
オサ・エリックやタキ・カルロッタを見ている娘に新生花組版はどう映るんだろう???

自主的に行きたいと言ったくせにどこか「接待モード」を期待している娘。
あんまりガッツリ食べると8500円、3時間まどろみの空間へようこそ!なんて事に
なったら困る(@_@;) なので回転寿司で少なめに食べて娘御用達(笑)最寄り駅の
日高屋のピリとん(ピリ辛とんこつネギラーメン)でどうざんす?と言うことで手打ち(^^♪
f0019968_18325723.jpg
娘の感想はあとで書きますが、溺愛してくれた母には幼くして死に別れ、自分の顔の醜さを知ってからは
仮面をつけてオペラ座の地下で暮らしている。
接触のある人間と言えばキャリエールのみ。
それでも時折闇に紛れてパリの街をさまよい歩きそこで知り合った浮浪者たちもオペラ座地下で暮らすようになるのだけど彼らはあくまで「従者」・・・

成長の過程でコミュニケーションをとる人間の絶対数が決定的に少ないという事はどうしても未成熟な部分が多い大人になってしまうんだろうなぁ(-_-;)
そこがエリックの悲劇の源のなのかも・・・
蘭寿とむさんのエリックはとっても切ない。

オサエリックの時、エリックの未成熟な(子どもっぽい)台詞にけっこう違和感を感じていたところがあったのですが蘭とむさんのエリックは素直に受け止められました。
オサエリックは今考えると「大人優しい?」エリックだったかも

皆さんおっしゃっていることを今さらなんですが(笑)壮一帆さん
彼女のキャリエール凄い。ラスト近く銀橋のエリ&キャリデュエットの場面、どんだけ腹式で歌ってんの??ってくらいハーフコートのようなジャケットの腹部が動いてました(^^♪
搾り出すような歌声っていうのはこんな歌のことでしょうか・・・

桜一花さんホントに演りにくかったでしょう。ご苦労様。若キャリをやってた愛音羽麗さんがシャンドン伯爵に、従者だった華形ひかるさん朝夏まなとさんがそれぞれ
大きなお役に。5年経ったんだ~

で娘の感想と言えば・・・ 泣ける舞台だったわぁ~音楽も知ってるものばかりだったし。 
良かった!でも微妙!? 娘の言いたいことはよくわかる(-_-;)
でもね、それは生徒の問題じゃなくて、主演男役の個性と上演作品の微妙なミスマッチ
という制作側の問題だからねぇ~
といっても、ファンでもリピーターでも無い娘だから・・・
娘のぼそっと一言「寿美礼さんの歌って凄かったね」
f0019968_7285659.jpg上の写真のベビーエリック?は前回の花組公演の時のもの。
今回使用されているかはわかりません。
「明智~」で大劇場遠征した時にプチミューでパチリ。そういえばこの時ラストのエリックとシャンドン伯爵の殺陣に使われた剣があって実際持ってみたのですが想像していた以上に重いの(@_@;)今回の蘭とむさんもみわっちさんも大変でしょう。
公演もあと少し!がんばれ~

買って来ましたよブックマーク
言わずと知れた・・・(笑)
[PR]

by zuzunoheya | 2011-09-08 09:35 | 花組

ブリドリネクスト#2紅ゆずる  11/09/05

前回のブログ記事。
ちょっとした暇ネタだったつもりが第一次ベルばらブームを知っている
たくさんの方から熱~いコメントを頂きました。
本当にありがとうございましたm(_ _)m
あの頃の熱気を思い出しあの想いを共有しているタカラヅカファンが
大勢いるのだと改めて感じました。

私のブログは独りよがりにただ「語る」だけで「知識」とは程遠いものですが
たまには昔話もいいかな・・・なんて(^^♪

でも今日は昔話ではありません。
バリバリの新着ネタ(笑)昨夜初回放送があった
ブリドリネクスト#2072.gif紅ゆずる053.gif
8月17日の紅くんのお誕生日を紅5のメンバーで祝っちゃおうというもの
最初この企画を聞いた時、紅ファン(紅ファイブのファン)には楽しいけれど・・・
という「楽屋オチ」にならなければ良いな・・・と余計な心配してました。
でもまったくそんな事無かった(#^.^#)

SMAP☓SMAPの「ビストロスマップ」でしたっけ?あんな趣向の番組
ご本家のようにゲストを招くのではなく、リーダーの紅くんがチョイスしたメニューを
壱城あずささん如月連さんチームと美弥るりかさん天寿光希さんチームで
クッキング対決。リーダー紅が選んだメニューはポトフ!!
これは個人的に嬉しい(^^♪私ポトフは大好き。リーズナブルだし余っている野菜を
使えるし。

何が面白かったかというと、料理メンバーの反応。ポトフの具体的なイメージが
わかないらしくみやるりちゃん「しらたき入ってる?」(すき焼きじゃないよ)
しーらんは「にんにく入れる?」(イタリアンと勘違いしてない??)
各チームの上級生の料理知識が(-_-;)でたぶん下級生のれんたくんやミッキーの
ほうが分かっているようだけど立場上あんまり言えないし・・・みたいな(笑)

しっかり者のイメージの強かったみやるりちゃんの料理音痴(m(_ _)m) ぶりが
新鮮だったし、鍋が沸騰しているのを見てビビるしーらんの可愛らしさ(#^.^#)
とりあえずリーダーに釘付けのれんたくんやみやるりちゃんと絶妙のやり取りを
するミッキー。

悪戦苦闘する料理メンバーへのリーダー紅のツッコミがまた楽しい(^^♪
最後はリーダーが自らチャーハンを作って紅ファイブのメンバーの労をねぎらい
誕生パーティで締めくくりました。
紅くんが一応(笑)ちゃんと料理ができていたのにはびっくり。
包丁の刃先をおさえてのみじん切りが出来ちゃうんだ(#^.^#)
放送はされなかったのでわかりませんが、れんたくんやミッキーもお料理上手
かもしれませんね!

紅ファン的にも大満足ですがそうでない方でも十分楽しめる番組だったと思います。
Next以前のブリドリで初登場の紅くん。パーソナル編で紅ファイブが登場しましたが
その時にこのお話があった時「紅ファイブ」で番組をやりたかったという話。

しっかり紅ファイブのチームワークで面白い番組になりました(^^♪
来月もますます楽しみに\(^o^)/
[PR]

by zuzunoheya | 2011-09-05 09:24 | 星組