ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


ホアキン・アドリアーノ   12/07/27

星組公演「ダンサ・セレナータ」での072.gif紅ゆずるさん053.gifの役名です(#^.^#)
主演の柚希礼音さんに敵対するけっこう大きなお役。
でもホアキンくん、軍籍を持つ秘密警察という事しか分からない  
アドリアーノという姓だってプログラムで知ったわけで・・・
考えてみると「ダンサ・セレナータ」の登場人物でその人のそれまでの人生が
見えるのはイサアク@柚希礼音さんとモニカ@夢咲ねねさんだけ。
アンジェリータ@白華れみさんはイサアクとの関わりで過去が分かるけど。

役者さん的には自分なりの「ホアキン像」を作って演じているのでしょうけど
残念ながら客席では分からず。だって芝居の中に全然ヒントがないんだもん(-_-;)
出来るならば紅くんに聞いてみたい(#^.^#) ホアキンって何歳?
家族はいるの?恋人や奥さんは?軍隊から秘密警察へ。より危険な任務に
赴く気持ちはどうだったの???イサアクと自分が似ているって思ったのはなぜ???


演出家がそういう細かい設定は必要なしと思ったのでしょうね。
ホアキンくんはまだしもジョゼ@涼紫央さん
ラストのイサアクとモニカ再会のキューピット役だけじゃちょっとさびしいかも。
まだ公演中なのにこんな話もなんですが主役以外のメンバーの人生を
もう少し書き込んでいただけたら物語の深みが増すように思うのですが・・・

そう言えば初日を観た知人が面白いことを言ってました。
「ホアキンってハジ・タムロン(ジャワの踊り子)みたい」  
う~んんんん たしかにどっちも秘密警察(^^♪
ワタクシ的にハジ・タムロンは頭に「蛇蝎の如く」(笑)という言葉が付くくらいの
「濃いキャラ」。さすがに美吉左久子さんのタムロンは観てませんが尚すみれさん
蘭寿とむさんの舞台は強烈な印象が・・・
職務以外でもなんとなくイサアクに興味ありのホアキンくんとはちょっと違うと
思うけどいろんな見方があるものですね。

「ダンサセレナータ」というタイトルより最初の仮題だった「メモリアルアゲイン」
のほうがどうも物語にしっくり来るような気がするのですが・・・
次回はそろそろショーの話をと思います(^^♪
[PR]

by zuzunoheya | 2012-07-27 09:31 | 星組

ダンサセレナータ@娘と観劇 12/07/22

念願の掃除機を購入しました。
英国D社のサイクロン掃除機。今までは掃除が苦手な私ゆえ
場所を取らず手軽に掃除ができるスタンド式が良いんじゃないの・・・という
夫の提案でコンパクトなスタンドタイプを使っていましたが、いかんせん
吸塵力の限界が(-_-;)

佐世保に本社を構える某通販会社の甲高い声でしゃべる社長さんのトークに
ついつい(笑)多少モーター音がうるさいものの、吸塵力に満足(^^♪
今までは掃除機をかけても取りきれなかったカーペットの髪の毛などは
通称ころころ(粘着シートのローラー)でとっていましたがもうその必要は
なくなりました(^^♪ただ掃除が苦手の私。
いつまでD社掃除機との蜜月が続きますやら(笑)

宝塚のお話に戻りましょう(^^♪
先日娘と星組公演を観てきました。娘の宝塚ファン化計画がことごとく頓挫。
最近は一緒に観れればまっ良いか・・・と悟り切り072.gif紅ゆずるさん053.gif
公演を買い物&食事付きの接待コースで観劇するといういつもの流れ。

「ハプスブルグの宝剣」は爆睡(-_-;) チケ難の「ノバ・ボサ・ノバ」も今ひとつ
「めぐり会いは再び」はけっこううけてましたがこれは絶対鉄板!!と思った
「オーシャンズ11」は私と娘のスケジュールが合わず断念。
そんな娘なので「ダンスセレナータ」 たぶん70%の確率で寝そう・・・
そんなふうに思ってました。結果をいうと意外や意外。母の予想大外れ(笑)

シリアスな芝居の間に挟み込まれたダンスシーンと適度なくすぐりで
退屈しなかったとか・・・。紅くんについては「ヘタレな役の方が面白いんじゃねー」
まぁ彼女にとっては「めぐり会い~」のヘタレなブルギニョンくんがけっこう好きだった
ようなので仕方ありませんね(^^♪

娘は「めぐり会い~」のねねちゃんのツンデレ兄さん@涼紫央さんがお気に入りで
「天使の梯子」も観ました。今回もやっぱり印象に残ったのはとよこさんのようでした。
正直贔屓の公演でもガッツリランチを食べた後は客席で舟をこぐこともある
今回の公演。たまにはこんな事もあるんだ・・・と思った次第(笑)
[PR]

by zuzunoheya | 2012-07-22 23:07 | 星組

ダンサセレナータ・その2   12/07/14

今日は 7月14日
世界史的にいえばフランス革命記念日。歳時記だと「巴里祭」・・・
で宝塚ファンとしてはオスカルがフランス革命に散った日
「ベルばら」はもうお腹いっぱいと思うもののたま~にメチャメチャ観たくなる
「ベルばら」恐るべし(笑)

今日も「ダンサセレナータ」の話です・・・・といっても
072.gif紅ゆずるさん053.gif中心ですが(^^♪

2回目観劇で分かったこと。
幕開きすぐ廃墟になったかつてのクラブにたたずむイサアク@柚希礼音さん
場面が終って回想へ。クラブの面々が踊るなか上手奥からコートにソフト帽の男が
現れセンターで帽子を取るとそのまま下手へ。ソフトを取る時に控えめのスポットが
当たったのでひょっとしたら・・・と思ったのですがすでに下手そで(笑)
やっぱり紅くんでした(#^.^#)

紅くんの最初の登場場面はなんとなくモニカ@夢咲ねねさんとイサアクが初めて出会う居酒屋の場面かと勝手に思っていました。ねねちゃんの兄アンジェロ@十輝いりすさんが酔っ払った兵士に絡まれちえちゃんが助けるあの場面。
下手奥でソフトを目深にかぶってじっとしているのでなかなかわかんないよ、
と大劇場組のお友達からメールをもらっていたので(^^♪

それにしてもホアキン@紅ゆずるさんの不思議なイサアク@ちえちゃん萌えはいったいなんなのでしょうか(笑) 歪んだ親近感?近親憎悪??
「あの女(ねねちゃん)に惚れたのか~」なんてちえちゃんに怒鳴ってる。
そんな事言わずもがななのにね(^^♪ 正塚先生の演出意図やいかに・・・
でも自分と同じところがある(と思い込んでいる?)イサアクへの思いを
思わず吐露してしまうこの台詞は完全にマイ壺です(#^.^#)
[PR]

by zuzunoheya | 2012-07-14 23:41 | 星組

ダンサ・セレナータ   12/07/10

東宝星組初日の続き・・・

正塚先生の作品かと思うと(@_@;)・・・と思うようになったのは
「マリポーサの花」と「ブエノスアイレスの風」を続けて見てからかな。
Wiki調べですが正塚先生の作品を見ると好きな作品もたくさん。
最近では再演ですが「カナリヤ」なんかとっても面白かったし(^^♪ 

女性だけの劇団で「ハード・ボイルド」を演ってみたいという先生の気概は
素晴らしいけれど個人的にはバリバリのハード・ボイルドではなく
そのへんは少しマイルドにしてシニカルテイストを振りかけて「クスっ」と
笑いを取る・・・そんな作品が見てみたいな
舞台の緊張感や焦燥感?と客席との緩衝材をつとめてくれた
名優・未沙のえるさんも退団されたことですし・・・
ハイ 素人のつぶやきでしたm(_ _)m

最初の印象はやはり「ブエノス・アイレスの風」に似てるかな・・・というもの。
舞台は違うものの設定がほぼ同じなので似てて当たり前(笑)
ただブエノス~の主人公が学生運動家あがりでしたがダンサ~のイサアク
は生死ぎりぎりのところで育って来たので革命だ植民地だなんていう
政治的な事にはまるで興味なし。でもどちらも虚無的で・・・
柚希礼音さんなかなか素敵(#^.^#)ちえちゃんの守備範囲って広いですね(^^♪
タムドク、ロミオ、ダニー、ショーブラン・・・・

072.gif紅ゆずるさん053.gifですよ(#^.^#)
昔に比べて予習をしなくなりました(-_-;) 予習と言っても原作を読むとか
映画をみるとかではなく、スカイステージのニュースやNOW ONレベル(笑)
録画はするものの結局チラ見。なのであれ?もしかして紅くん??みたいな
場面があってプログラムに紅くんの名前があるのに記憶にない(@_@;)

以前に比べたら露出が増えているので油断してたかも(^^♪
そのあたりは2回目にしっかりチェックしたいと思います。

ソフトを目深にかぶって(って考えたら居酒屋の中だ!)アンジェロ&モニカ
兄妹と酔っ払った兵士、イサアクとのトラブルの一部始終を見ている紅くん。
下手奥から下手手前のバーカウンターへ。なかなかいけてます(#^.^#)
男役声の発声がしっかりできてきたよう。 もともと歌詞を台詞と同じように
客席へ伝えるのはとっても上手い紅くん。ご本人も気をつけているという話は
スカイステージで聞いたような(^^♪

しっかりした「男役」の台詞とスーツやコートの着こなし
ワタクシ的には「オーシャンズ11」のベネディクトを演じた経験が彼女を
一回り大きくしたのかしらなんて(#^.^#)

シリアスな芝居が続く舞台を見ながら「紅くん、大人の男がしっかり演じられる
ようになったね(^^♪」とニマニマする顔をオペラで隠しながら、でも「ムフフフ」と   
思わず漏れそうになる忍び笑いをこらえ・・・ すっかり危ないオバサンでした(笑)
[PR]

by zuzunoheya | 2012-07-10 13:58 | 星組

東宝星組初日(アバウトな感想)   12/07/06

星組の初日が観れました(#^.^#)
なにしろ贔屓のいる組でしかも非遠征組の私としては「REON」以来の
072.gif紅ゆずるさん053.gif 
たぶん多少の「正塚「アレルギー」有りのワタクシ的感想です
お芝居「ダンサセレナータ」ざっくりとした感想は
正直ホッとしました(^^♪

贔屓の公演なのに睡魔との闘いを強いられる「修業の場」になるのか
とんでもない「罰ゲーム」を見せられたらどうしようか・・・と思ってました。
それはワタクシ的にはクリア。

ショー「Celebrity」のマイ壺エメラルド・スルタン
この妖しい美しさはたまりません(#^.^#)
もうこのシーン目当てで通えそうです(^^♪

とりあえず初日のアバウトな感想でした。
[PR]

by zuzunoheya | 2012-07-06 23:59 | 星組

「ONE」をみながら   12/07/01

今日の関東はお昼すぎから本格的な雨に・・・
ユウヒさんファンの涙雨かも。ユウヒさんお疲れ様でしたm(_ _)m

072.gif紅ゆずるさん053.gifのインタビューが載ってる雑誌
「ONE」 のお話


インタビューやら、質問やらお気に入りの紹介やらけっこうなページをもらってます。
メイクはナチュラルで昔樹里ちゃんから「薄~!!」って言われていた頃に
戻ったみたい。白のパンツの裾を少しまくって素足にローファーですよ(笑)
宝塚グラフや歌劇ではまずこんな格好はしないんじゃないかと・・・

その中で紅くんが自らの「どん底時代」について語っているのがまぁなんとも・・・
彼女いわく「近い学年の子」が役や台詞をもらっているのに自分には台詞は
おろか出番さえなかった時があって落ち込んだ・・・みたいな。
この子がこういうたぐいの話をするのってほとんど記憶にありません。

「メイちゃんの執事」のお茶会でいきなり青年館付きバウ主演についての重圧を
ポロリと吐露してはっとしたくらいで。
まぁダンスの事はね、本人も周りもネタ?にしているのでこれはまた別(笑)

私は「愛するには短すぎる」あたりからのファンでそれもその時のメインは
春野寿美礼さん。残念ながらホントに小さな頃から見ていたファンではないので
どんだけ彼女が落ち込んでいたのかが今ひとつ分からなくて(-_-;)

本当に下級生の頃は一部に飛び抜けた同期生がいらしたものの「その他」
はほとんど横並び。私がファンになってからだと「さくら」「シークレット・ハンター」
~「エル・アルコン」「レビュー・オルキス」のあたりが「どん底」かな??

ワタクシ的に考える「紅ゆずるどん底」時代に「アンナ・カレーニナ」のカレーニン役
という光が差してきた時、やった~!!とは思ったけれど基本ポジティブ人間
ではないのでこれって餞別(もらえるようなスターでは当時なかったけれど)かな???
以前も書いたようにこの子の宝塚人生でこれ以上の役が来ることは無いだろうと
今考えると笑っちゃうくらい悲壮な覚悟(笑)で日帰りバウ遠征をしました。

まっ私のネガティブな決意なんて全く関係のないところで頑張って
結果を出したってことなんですが(笑)
もともとポジティブな紅くんのようなので乗り切ってこれたんだとは思いますが
人間だもん、落ち込むことはあります。でもそんな事を雑誌のインタビューで
さらりと言えるようになったのは、もう大丈夫!自分頑張れるし・・・そんな
彼女の成長が見て取れて嬉しい(#^.^#)
[PR]

by zuzunoheya | 2012-07-01 23:48 | 星組