ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


花組東宝初日 13/03/31

「オーシャンズ11」東宝初日です(^^♪
蘭寿とむさん、研いくつだっけ?
別に年齢のことで揶揄しようなんてわけではありません。 
こういうのを「男役芸」っていうのでしょうね。
もうむせっかえるような男(役)の色気に
くらっくら(#^.^#) 
 
終演後のお友達とのお喋りが盛り上がった盛り上がった(^^♪

劇場エントランスには甲にしきさんと並んで小柄な小池修一郎先生がお客様に
ご挨拶する姿が。いつもながらの初日風景でした。その小池先生もプログラムに
書いていらっしゃいましたがまさに「花組」の「オーシャンズ11」

基本的に私は星組、紅ゆずるファンなので初演の星組と今回の花組、どちらが好きかと言われれば答えは決まっています(^^♪ それは良い悪い、技術云々より「好み」
なので頭のなかを常にぐるぐるする星組を一旦わすれ比べずに花組バージョンを
楽しもうかな・・・なんて(笑)

蘭とむさん、まぁ余裕綽々。大人の色気ですね(#^.^#)
エコに目覚めてクラブで歌う小娘テスをおとすなんぞ朝飯前。
そのヒロイン テスを演じる蘭乃はなさん。すっかり女っぷりが上がった感じ(^^♪ 
もはや昔のギャーギャー(失礼m(_ _)m)いってた蘭はなさんの面影はありません。
声も良く出るようになりましたね。

オーシャンズ11チームに対峙するベネディクト@望海風斗さん
やっぱり歌うまさん(^^♪ フィナーレ 銀橋渡りの歌には聞き惚れました。
だいもんさん、渋いです。でも海千山千?の蘭とむさんのダニーにタイマン?(笑)
張ろうというからにはこれくらいの渋さは必要かも(#^.^#)

フィナーレのご挨拶はまず組長の高翔みず希さん。花組と言うと前組長・夏美ようさんのとつとつとした語り口がまだ記憶にあたらしいのですが、さおたさんの
早口で立て板に水のようなご挨拶も花組らしいかしら・・・と思えるようになりました。

蘭とむさん、初日のご挨拶もイメージどおりの落ち着いたもの。
でも客席の盛り上がりが半端無くて・・・
前公演、月組ベルばらの初日のカーテンコールが思ったよりあっさりしていたのと
反対に花組のカーテンコールはスタンディングもあり、最後は蘭とむさんの音頭で
「花組ジャンプ」 舞台と客席がひとつになりました(^^♪
「花組サイコー」ではなく月組恒例?のジャンプ???ってちょっと考えちゃいましたが
ホントに楽しい一時でした(^^♪
[PR]

by zuzunoheya | 2013-03-31 23:58 | 花組

花盗人(怪盗楚留香外伝)その2  13/03/22

星組中日劇場公演の千秋楽から一週間以上。
もう忘れかけてますがもう少し楚留香外伝のお話を。

小柳先生ってホントに上手に生徒を使っているなっていう感じ。
「めぐり会いはふたたび」や今回の「花盗人」のようなこじんまりしたお話ではなく
ドラマチックな作品も見てみたいなぁ~。たぶんその「ドラマチック系」の作品らしい
「シャングリラ 水の城」を見逃したのは残念でした。

このところ本公演のお芝居の役付きが(-_-;)で残念だった壱城あずささん
楚留香@柚希礼音さんを何とか捕まえてやろうと躍起になる捕吏。
手下の漣レイラさん紫藤りゅうさんを引き連れて威勢よく乗り込んで来るのですが
実は怖がりだったりそそっかしいところがあったりで憎めない(^^♪しーらんにぴったり。

今回の目玉のように言われている礼真琴さん。歌は上手いし達者なのですが、まもなく研5まだ「男役の形」を作っている時期に「女」をやらされてちょっとやりにくいのかな・・・そんなふうに見えました。

紅さんのお父さんが十輝いりすさん。 紅さんとの親子のツーショット、絵面的に
ピッタリ(^^♪ 長身で押し出しも立派なのでのんびりおっとり、オフのまさこさんからは
想像がつかない紅パパでした(笑)

紅さんの恋人左明珠@夢咲ねねさん 婚礼前夜に亡くなった(ということになっていた)紅さんの婚約者の魂が乗り移って婚礼に乗り込んでくる。その「憑依ぶり?」が
半端なくて。人形振りとでも言うのでしょうか無表情なねねちゃんの憑かれた演技。
この時ばかりはトレードマークの「アヒル口」も封印だったような(#^.^#)

ねねちゃんのお父さんは鶴美舞夕さん、紅さんのセツ家とは敵対する家の当主。
この方本公演ではダンスの活躍が印象的ですが、全ツやこういう特別公演では
お芝居や歌でも使われていますね。地元名古屋の公演なのでご本人も嬉しい
ことでしょう。そう言えば同じ名古屋出身のひろ香祐さんもショーのフィナーレで
階段上でしたがソロをもらって歌ってました。こういうのを見ると嬉しくなってしまうのは
宝塚ファンならではでしょうか(^^♪ ひろ香さん、失礼ながら二枚目という感じでは
ないのにショーで何故か目立っていらっしゃる。オペラがふと止まるとひろ香さん。
いつも楽しそうに踊ってらしてこの方は宝塚が本当に好きなのかしら・・・と思います。

その他の配役でも紅さんのお付きで礼真琴さんに想いを寄せるのは十碧れいやさん
なんと女形!!の汐月しゅうさん。楚留香の盗みにまんまとはめられる召使いが
優香りこさん
 
座付きのお仕事を喜んでいるのはコアな宝塚ファンだけかもしれませんが、たくさんの
生徒が出演していてそれぞれが印象に残るお役をもらうのは嬉しいこと。
生徒のモチベーションにも関わってくることなのでこういうある意味職人はとっても
貴重な存在かも・・・と思ったしだい(^^♪
[PR]

by zuzunoheya | 2013-03-22 23:58 | 星組

花盗人(怪盗楚留香外伝)  13/03/19  

星組中日劇場、お芝居です。
「巡り合いは~2nd」よりこっちの方がずっと良いのでは??
でも本公演でこれを演ったら中日公演や台湾公演のプレミアム感が無くなっちゃうので
仕方ないですが(笑)

主人公の怪盗楚留香@柚希礼音さんは風流を解する義賊。
目指す品物を首尾よく手に入れた後に芳しい香りを残して去る。
とは言え紅ゆずるさんが虫も殺さぬ(殺せぬかも)ような静か~な大人しいお役なのでたおやかな風流士に書きすぎてしまったら被る(笑)

私の印象では「オーシャンズ11」のダニーのような感じでした(^^♪ ダニーは詐欺師、
義賊とはいえ楚留香も泥棒さん。どちらも裏社会の住人なので観る方もイメージが
重なったのかもしれませんが、大胆でやんちゃでくったくがないけど優しい。
小柳先生、ちえちゃんの魅力が良く分かっていらっしゃる!!
ちえちゃんメチャメチャ素敵でした(#^.^#) 楚留香に従う美女3人(音花ゆりさん
音波みのりさん早乙女わかばさん)もきっちりキャラ設定されていて楽しかったです。わかばちゃんのキャラが特に面白くてコメディーもいけるかも(^^♪

で紅さんです(#^.^#)
私、この方の危ない系、キレ系、いっちゃってる系がけっこう好きで普通の紅さんの
ファンとは違うかも・・・(笑)なので髭でも子持ちでもおっさんでもOKなんですが、
こんな白いを通り越して一見透明?なお役って見たことがない。

ファンだからなおのことそう思うのでしょうけれど物静かで優しい大家のボンボンの
ビジュアルが抜群でした。お茶会でぶっちぎりの関西弁マシンガントークを
炸裂させる紅さんの影はみじんもない(笑)

最初は左明珠@夢咲ねねさん、いくらビジュアル抜群とはいえなんでこんなヘタレ
なボンボンに惚れたのかしら・・・と思ったのですが、溜めに溜め、抑えに抑えた
ねねちゃんへの想いを一気に吐き出す台詞とその後の歌が凄い(^^♪
美しいメロディーを優しく丁寧に歌う紅さんの姿にはファンならずとも心動かされたはず。このうたを聞けただけで名古屋まで行ったかいがありました(#^.^#)

婚礼衣装の紅さんとねねちゃんのビジュアルがものすごいことになってました(@_@;)
「人形のような」という例えがありますが私に言わせれば美しいパーツのみを集めた
完璧なアンドロイドのよう・・・  って言いすぎ?イタイかな???
お芝居が終ってショーが始まるまでの短い休憩時間に一緒に見たお友達にその辺り
まくし立てたら「まっ (あなたは)ファンやから」と軽くいなされました(笑)

剣客の家に生まれたのに武術の才に恵まれなかったという紅さんの設定。
小柳先生、またかいな(-_-;)・・・と一瞬思ったのですがそのキャラ設定が
物語の中でしっかりと生きているのだから文句は言えませんね(^^♪
[PR]

by zuzunoheya | 2013-03-19 07:35 | 星組

名古屋へ   13/03/15

プレ台湾公演。中日劇場へ行って来ました。
今まで紅ゆずるさんの出演する舞台は(って言ってもファンになってからですが)
2回以上は観てました。でも今回は一度っきり。負け惜しみも少しありますが
たまには一期一会(ちょっとちがうか?)2度と見れないぞみたいな緊張感も
良いかなと思いました(^^♪

この日は私も舞台もアクシデント続き(笑)
まず最寄り駅で名古屋までの乗車券を買おうとしてうっかりとり出した
指定席特急券を券売機の前に落としたのを気づかず改札を通過。
ホームで指定席券が無いことに気づきもしやと思って戻ったらありました。

こう書くと冷静に行動したように見えますがトンデモナイ(笑)
ない!ない!どうしよう!!とパニクって階段駆け下り、改札口を逆戻りするので
駅員さんへ説明もしどろもどろ、通路を開けていただいたのですが焦りまくる
オバサンの剣幕に圧倒されての半ば強制突破。指定席券を見つけて拾い上げ
「ありました~ありがとうございま~す」と叫びつつ改札を通過して階段ダッシュ。
電車に乗った時には心臓バクバク、もうオバサン必死です(@_@;)

名古屋駅でお友達と待ち合わせをして地下鉄で中日劇場まで連れて行って
頂きました(^^♪ 地下鉄通路から中日ビルへの入り口にはビルのイメージガール?
涼紫央さんが白のパンツに鮮やかなオレンジのトップスで微笑みかけていました。
金髪のショートカットでママになるというお話もあるけれど現役のまんまのとよこさん(#^.^#) 
そう言えば前回の名古屋「ノバ・ボサ・ノバ」の時はあひちゃんでした。

中日劇場ってとっても見やすい劇場だと思います。
チケットをとってくれたお友達はあんまり良いお席じゃなくて・・・なんて言ってたけど
何の何の(^^♪ プログラム売り場に売り切れ間近みたいな告知があって慌てて
手に入れましたが千秋楽を観に行ったお友達は売り切れで買えなかったとか・・・

そんなこんなで公演が始まりました(^^♪
舞台のハプニングを面白おかしく書くのも気が引けるのでさらっと・・・
日本物、一回きりの観劇なので紅さん以外の気になる生徒さんをオペラで順繰りに
チェック。そんな中、オペラの移動中にふと止まった生徒さんのお顔に鼻血が・・・
白塗りだったので、鮮血?はショックで大丈夫?? のぼせたのかな???
でもご本人そんな中でも優雅に踊っていらっしゃる。
そして次の場面からは何事もなかったように。そんな姿にホッとしました。

お芝居では娘役さんが台詞を噛んでしまって言い直しをしているうちにかえって
頭が真っ白になってしまったようで絶句。すぐにまわりの娘役さんの上手なフォローが
入り事なきを得ました。その後「わからなくなっちゃった!」みたいな台詞(たぶんアドリブ)
がとうの娘役さんから飛び出して、苦し紛れかもしれないけどなかなかやるじゃん!!

二度あることは三度ある。
ショーでもロケットの子が一瞬尻餅をついちゃった。でもすぐに立ち上がって場面は続行。

つくづく舞台はいきもの。そしてタカラジェンヌもしっかりとプロのお仕事をしている・・・
本当にそう思いました(^^♪ 
今回の名古屋遠征で一番嬉しかったことは柚希礼音さんとハイタッチ出来たこと(#^.^#) 
この時ばかりは紅さんを一瞬忘れておりました(-_-;)
 
[PR]

by zuzunoheya | 2013-03-15 18:01 | 星組

諸々のお話  13/03/11

星組中日公演が始まりました。
お芝居の評判も良いようだしショーも楽しみ(^^♪
残念ながらまだ未見なのでネタはありません。
でも今朝のタカラヅカニュースで初日の模様がチラリと(#^.^#)
赤の婚礼衣装?の紅さんは美しかった・・・「姫役者」って言葉はありますが
「殿役者(笑)」は聞きませんよね。実際はどうなのでしょうか。

今日はタカラヅカ周辺のもろもろを。
スマホに替えて5ヶ月。思ったよりも違和感も無くスマホってけっこう面白いかも(笑)
モバイルタカラヅカからダウンロード出来る宝塚スケジューラーというアプリを
使ってます。その日の公演演目や開演時間がわかるしメモも入れられて便利といえば
便利ですがチケットの友会抽選の入力日や一般前売りの開始日が分からないのが
残念。分からないというのか、カレンダーに載っていないの(-_-;)

印刷物じゃないから変更があっても対応出来るはずだし、モバタカと被っちゃう内容でも
ファンサービスと考えてもう少し充実して欲しいな・・・なんて。
カレンダーの日にちをタップすると本公演だけでなくバウやその他の特別公演や全ツの
公演時間、友会入力、一般前売り、誕生日の生徒名がバババっと出てくれば
「使える!!」って思うのですが・・・

スマホに変えての失敗談。
LINEで遊んでいます(笑) 今までは夫からの帰るメールは携帯のショートメールを
使っていたのですがLINEにしたらスタンプで済んじゃうので簡単(^^♪
そんなLINEですが、お友達のプロフィールの画像を良~く見ようと思ってうっかり
電話をタップしてしまいあわててキャンセルしたものの後でお電話やメールを
いただいたり・・・。そそっかしいったらありゃしない(@_@;)

でも、そんなお友達の気持ちが嬉しくて(^^♪
もちろん粗忽者の自分を反省しつつお忙しいお友達にお気遣いいただいたのは
ホントに申し訳なく思うのですがお友達とつながっていると思うとなんだかホッとして
しまいます。とはいえ気をつけなくては(-_-;)
[PR]

by zuzunoheya | 2013-03-11 07:58 | タカラヅカ

いよいよ明日\(^o^)/  12/03/07

いよいよ明日から名古屋の中日劇場でプレ台湾公演の幕が上がります。
今朝のスカイステージのニュースで稽古場の様子が見れました
薄紫の着物が透き通るような色白の肌に映えてドキッ(#^.^#)
かなり厳しい表情でお稽古を見つめる紅さん。
ファン的には、ミーハー目線だったので逆に彼女の真剣さにはっとさせられました。

お芝居での紅ゆずるさん、カンフー映画さながらの展開のように見受けられる中で
彼女は鷹揚な坊ちゃま風。今回は娘役の礼真琴さんが凄い!!
もしかしたら今回は「カンフー要員」とそれ以外をきっちり分けた配役なのかしら・・・
女形役の汐月しゅうくんも面白そう。

本公演で英真なおきさんが歌った「見上げてごらん夜の星を」を台湾では日本語で歌うとスカイステージのニュースで知った時はびっくりしましたが今日見た限りではしっかりと歌っていて楽しみ(^^♪

とりあえず一回見れますのでそれを楽しみに週末の仕事を乗り切りたいと
思います。もう~いくつ寝ると・・・とひたすら指を折る日々(笑)
[PR]

by zuzunoheya | 2013-03-07 09:30 | 星組

ブラック・ジャックその2  13/03/07

やっぱりもう一度書きたい・・・(^^♪
雪組青年館公演「ブラック・ジャック」
未涼亜希さんですよ(^^)  まっつさんの素敵だったこと(#^.^#)
前回「ブラック・ジャック」の事を書いた時にもまっつさん素敵を連発したような・・・
喉の調子が悪いという話だったのでちょっと心配していましたが私が観た時は
そんなことはありませんでした。
まっつさんの魅力はもちろん歌声ですが、声の良い人は台詞の声も良い(#^.^#)
抑えたクールな声はしっかりと聞き取れる台詞がとても心地よかったです。
そう言えば月組「ベルばら」で少ない出番ながらなんて声が通る子だろう・・・と
思ったら「侍童」という役名の輝城みつるさんでした。
もっと歌う場面を与えてあげたかったな・・・

ブラック・ジャックといえばピノコ。はるか昔漫画で読んだピノコの誕生についての
エピソードがかなり衝撃的だったのはうっすら覚えているのですが、詳細はすっかり
忘れてました(笑) 今回調べてみたら畸形嚢腫。双子の片方が何らかの理由でもう
片方の身体に吸収されて骨や臓器が体内に残される・・・

ピノコのように意志を持ったり、ましてテレパシーなどの超能力を持つことは素人が
考えてもあり得ない???でも手塚治虫さんの豊かな想像力で誕生したピノコ。
漫画のピノコのイメージよりは娘役さんとはいえかなり大きいピノコちゃんでしたが
不思議ちゃんキャラの雰囲気は十分(^^♪

ピノコと並んで今回の謎キャラ??バイロン伯爵@夢乃聖夏さん
これは正塚先生のオリジナルだと思いますが、ともみんさんが自分は普通の人間では
ないと言った時に、バンパイヤか~?って思いました。そのうちヘルシング博士が出て
くるんじゃないかと・・・でもそうじゃなかった(笑)

ともみんさんは普通の人間の10倍近くの寿命のある人種。う~んんんんそうきたか。
「不滅の棘」マクロブロスかいな・・・。実際ともみんの恋人大湖せしるさんがともみんの秘密を知って自分と恋人の老いる速度の違いに悩む場面は「不滅の棘」にも似たような場面がありました。

ただ「不滅の棘」と違っていたのはそのともみんの特殊な身体をピノコの身体の再生に
協力してもらうという事。なるほどね~という感じ。せしるちゃんも「仁」からのともみん
とのカップル、なかなか良いです(#^.^#)

その他のキャストではブラックジャックに関わってくるチンピラの彩風咲奈さん
屈折したお役でしたが、儲け役ですね(#^.^#)

前回でも書きましたが本公演よりバウや青年館公演の方が魅力的だというのも
なんだかなぁ~です。娘役さんの同意の台詞が「ハイ」や「え~」ではなく「うん」と
いうのもマサツカ先生っぽいですがいわゆる「マサツカテイスト」満載ではないのが
マサツカアレルギー有りの私にとっては心地よかったです(^^♪

またみたいな・・・
過去の例で言うとDVDは出ないのでしょうか。残念!!
[PR]

by zuzunoheya | 2013-03-07 08:52 | 雪組

あららっ!!(@_@;)  13/03/01

今日はのんびりまったりお友達と月組「ベルばら」を観てました(^^♪
一階センターブロックでキラキラのお二人がよく見えて(#^.^#)
プロローグ、オスカルとアンドレの劇画が飛んで現れた龍真咲さん明日海りおさん
お二人のデュエットが始まってすぐノイズが。プロローグは見どころいっぱいなので
あちこち見ているうちに歌いながら舞台センターにいらしたみりおさんの右手には
ワイヤレスマイクが握られていました。マイクの不具合があったようですが改めて
見てみると「ベルばら」は主演クラスもインカムマイクではなくてお衣装にとめる
ピンマイクなんですね。

インカムとピンマイク、その使い分けの基準はなんなのでしょうか。
ロココの世界の住人がワイヤレスマイクを持って歌う・・・ちょっと不思議でした(笑)

幕間にモバタカを覗いたら・・・あれれ。
次回星組公演「ロミオとジュリエット」の配役が発表に。
一緒に観たお友達はライトな十輝いりすさんのファン。モバタカの配役表を見ながら
う~んんんんと唸っている私にマサコサマはどのお役なの??とうるさい(笑)
えっ?マサコサマ???? 確かにマサコさんでした(^^♪そのお友達いわく
宙組には以前ミチコサマもいらしたし・・・・ なるほどね~
そのマサコサマはベローナ大公。凄い!!!!

紅ゆずるさんといえばティボルトは真風涼帆さんとの役替り。これは想定内。
でもベンヴォーリオが礼真琴さんとの役替りなんですね。
そう言えばブラック・ジャックを一緒に観た紅ファンのお友達が観劇後のお茶いえ
プチ宴会(笑)でロミジュリの配役予想になり紅さんのベンヴォーリオが見てみたいと
熱く語ってらしたけれどホントになっちゃった。

需要がないかもしれませんが貼っときます

ロミオ・・・・・・・・・・・・・柚希礼音
ジュリエット ・・・・・・・・夢咲ねね
ティボルト・・・・・・・・・・紅ゆずる、真風涼帆(役替わり)
モンタギュー卿 ・・・・・美稀千種
モンタギュー夫人 ・・・花愛瑞穂
ベンヴォーリオ・・・・・・礼 真琴、紅ゆずる(役替わり)
マーキューシオ ・・・・・壱城あずさ、天寿光希(役替わり)
キャピュレット卿・・・・・一樹千尋
キャピュレット夫人・・・音花ゆり
乳母 ・・・・・・・・・・・・・美城れん
パリス ・・・・・・・・・・・・天寿光希、壱城あずさ(役替わり)
ロレンス神父 ・・・・・・・英真なおき
ヴェローナ大公・・・・・・十輝いりす
死・・・・・・・・・・・・・・・・真風涼帆、麻央侑希(役替わり)
愛・・・・・・・・・・・・・・・・鶴美舞夕、礼 真琴(役替わり)

◆役替わりする配役
【A】
ティボルト = 紅ゆずる         ベンヴォーリオ = 礼 真琴
マーキューシオ = 壱城あずさ     パリス = 天寿光希
死 = 真風涼帆              愛 = 鶴美舞夕

【B】
ティボルト = 真風涼帆        ベンヴォーリオ = 紅ゆずる
マーキューシオ = 天寿光希      パリス = 壱城あずさ
死 = 麻央侑希              愛 = 礼 真琴

あららっ(@_@;)というしかありません(笑)


ガンバレ!!!紅ゆずるさん016.gif
[PR]

by zuzunoheya | 2013-03-01 23:04 | タカラヅカ

ブラック・ジャック   13/03/01

雪組青年館「ブラック・ジャック」
思えば昨年末、タカラヅカスペシャルで伊丹空港からの阪急乗り換え、蛍池駅に
あった「ブラック・ジャック」のポスター未涼亜希さんのかっこ良さにドキッ(#^.^#)
もともとまっつさんは好きでしたがあのポスターはちょっと衝撃的でした(笑)

で行ってきました。アフタートークショー付きという2月26日(火)15時公演
一階席センターの二列目三列目あたりがズラリと開いてて、プレス席かな?
でもプレス席はもう少し後のような気がするし生徒がいくらなんでもこんな良席を
たくさんおさえるはずもなし。は・て・な???

開演間際に入っていらした一団は雰囲気はあるものの生徒ではなさそう・・・
「ブラック・ジャック」初演の花組メンバーOGが大挙していらしていたようです(^^♪
まっつさん、「今日は安寿ミラさんはじめ花組初演のメンバーがいらしていてど緊張
しました」とご挨拶。クールなまっつさんなのにホントにキンチョーしたみたいでした。
ヤンさん、ミキさん、タモさん、ガイチさん、私の周辺リサーチで分かったのはこのくらい
でしたがもっともっといらしてました。そばで見たかったです(#^.^#)

まっつさん。「おとめ」によれば身長は167㎝。おとめの身長って自己申告だと
思うので多めに申告する男役さん、控えめに申告する娘役さん様々かな(笑)
そんな中で正直というのかなんなのか・・・ まぁ頭身バランスが良いのでしょうね
まったくそのあたり気になりません。

物静かでクール。手術の最中に法外な成功報酬を要求、患者を人質に取られる
かっこうの家族がやむなく要求を飲むとやおら手術室に戻る・・・そんな非情な
もぐりの医師。そのくせとっても暖かい。初演のヤンさんは観ていないのですが
まっつさん当て書きのようなブラック・ジャックでした。
久々に観て良かった~!!! 観劇は楽しい!! ホントにし・あ・わ・せ(^^♪

考えてみると最近(って去年から今年にかけて)評価の高い再演作品(海外ミュージカル
も含めて)以外は本公演より特別公演の方がクオリティーが高いよううな・・・
2500の大劇場より小さな箱の方が良いというのもなんだかなぁ~ですがとりあえず
満足のいく舞台を見せてもらった満足感は大きいかも(笑)
今日はこのへんで・・・続きは近いうちに(^^♪ でごんす(笑)ってなんのこっちゃ
[PR]

by zuzunoheya | 2013-03-01 09:37 | 雪組