ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


この人に注目! 13/05/29 

今日関東は梅雨入りが発表されました。
鬱陶しい季節になりますね。今のところ私の住んでいる地域は厚い雲が
たれこめてはいるもののなんとか雨は振らずにもってます。
梅雨が開ければ今年も猛暑でしょうか(-_-;)
7月末からは星組公演が始まるし、そうなれば他組の公演よりは観劇回数も
多くなる・・・ 体力もつかしら(笑)

タイトルはモバイルタカラヅカの一コーナーです。
公演絡みですがその時の注目する生徒を取り上げます。
その前にモバイルタカラヅカの愚痴を(笑) 機械オンチ?ITオンチ?をさらして
いるのですが、数日に一度アクセスすると会員登録できていないので登録してね!
みたいな画面が。仕方なく登録を進めて行くと最後は登録済みですよ~と出てきて。
もうなんで??? ですわ^^;

その「この人に注目!」
更新は28日ですので新しい話題ではありませんが、さっきのぞいたら
紅ゆずるさんでした(#^.^#)
「ロミオ&ジュリエット」の役替りについての期待が高まります。

明後日は大劇場の初日(^^♪   
[PR]

by zuzunoheya | 2013-05-29 13:59 | 星組

宙組ショーのお話   13/05/25

なんか久しぶりにブログのページを開いてます(^^♪
今月は宝塚一度しか見ておらずネタがなくて・・・
それでも一週間もするとなんだかんだ書きたくなってくるので困ったもんです(笑)

本当は宙組のショーのお話を・・・とは思うものの凰稀かなめさんの麗しき「ダルマ」姿
しか覚えてなくて^^; と言ってもショーがつまらなかったわけではありません。
この作品物故された五人の先生(内海重典、横澤英雄、高木史朗、小原弘稔、
鴨川清作 敬称略m(_ _)m)へのオマージュ。

コーナーのはじめに先生の写真がホリゾントのスクリーンに映しだされそれから
各先生の名シーンの再演(^^♪  その間ず~っとではないのですがスクリーンに
当時のシーンがモノクロで投影されていて、こっちへ釘付けに(笑)

内海重典先生
「ザ・レビュー」は観ています。でもかなめさん率いる「グラナダ」スパニッシュチームの
素敵だったこと(#^.^#) 赤のスパンコールのマタドールのお衣装は汀夏子さんの
退団公演「去りゆきし君がため」と同じかな~と思ったのですが家に帰ってプログラム
確認したらちょっと違うみたいで・・・  でも懐かしかったです。

横澤英雄先生
お名前は存じていても作品が思い浮かばない・・・
でも宝塚をお辞めになってからOSKの演出をされていらっしゃいました。
「ショー」「レビュー」への愛を終生お持ちになっていらしたのですね。

高木史朗先生
高木史朗先生と言えば「華麗なる千拍子」なのですが、鳳蘭さんのベルばらで
宝塚に嵌ったワタクシ的には高木先生=「星の牧場」 
とは言いつつかなめさんのパイナップル。いやぁ~壮絶(#^.^#)!!

小原弘稔先生
「ミー・アンド・マイガール」や「リラの壁の囚人たち」の演出のほうが印象深いのですが
今も歌い継がれる「フォーエバー・タカラヅカ」は小原先生の作品。
「泥棒紳士」の場面は亡き大浦みずきさんを思い出しました。

鴨川清作先生
タカラヅカに嵌ってすぐの花組公演「うつしよ紅葉」「ノバ・ボサ・ノバ」
その公演の直前に鴨川先生が亡くなった報せは衝撃的でした。
先生の作品は「シャンゴ」と「ノバ・ボサ・ノバ」しか思い浮かばない私ですが
「愛の宝石」は鴨川先生だったのですね。

肝心の宙組生のお話が出来ませんでした(-_-;)
五人の先生の作品の写真をオペラで「ガンミ」(笑)しながら宙組生の歌を聞いていた
って感じでして・・・
タカラヅカに嵌った頃は「ベルばらブーム」
「HOW TO TKARAZUKA」みたいなテレビやラジオの番組がたくさんあって
当時若かった私はスポンジが水を吸い込むように宝塚の歴史を頭に叩き込みました。
観ていない作品なのに主題歌が歌えたり・・・
ちょっと思い出に浸ってしまいました(笑)

この次に見るときはショーの宙組生、しっかり見てきたいと思います(^^        
[PR]

by zuzunoheya | 2013-05-25 09:25 | 宙組

行った気分に   13/05/18

宝塚の後半のスケジュールが発表になりましたね。
星組ファン的にはフォーラム&博多座とドラマシティ&青年館の演目と主演に興味津々。
フォーラム&博多座は「REON!!Ⅱ」、ドラマシティ&青年館は真風涼帆さん主演の
「日のあたる方へーわたしという名の他者ー」なんかこっちは「ジギルとハイド」
だそうですね。

フォーラムは初めての劇場なので、同じように「お初」のシアターオーブ
「戦国BASARA」なんかもそうですがコケたら?困るのでチカラが入るので
しょうか。
ワタクシ的にはまた紅子ちゃんかいな^^;って
思っちゃいましたが、楽しいショーになって欲しいです(^^♪    

もう一つ「REONⅡ」と聞いて思ったのは、こりゃ~体力つけとかなくちゃ って事(笑)
初演の「REON」のノリでⅡ・・・ということになればスタンディングや掛け声やら^^;
頑張らねば。

台湾へ行った気分になりました(#^.^#)f0019968_1143497.jpg

台湾公演へいらした知人からのお土産
台湾公演限定のキティちゃんの
クリアファイル 

その知人の乗ったツアーの飛行機が
キティちゃんジェットでとっても
可愛かったとか(#^.^#)

ポケモンやディズニーのは見たことが
あるけどキティちゃんって見たことない。

でもそんな可愛いジェットで行く台湾
もう機内から盛り上がったでしょうね。f0019968_8353058.jpg




上の写真の右下のTaiwan Limited Editionの文字を拡大してみました。

知人の参加したツアーではなんと
柚希礼音さん夢咲ねねさん
紅ゆずるさんの三人とのグループ写真のサービスまであったとか・・・

キャァ~!!!聞くだけで(@_@;)
さぞや良い記念になったことでしょう。
う・ら・や・ま・し(笑)
きっと忙しいツアーだったのでは・・・
知人の心遣いに感謝感謝です(^^♪

映画館の中継とこれでなんだか台湾へ行った気分になれました。
[PR]

by zuzunoheya | 2013-05-18 15:18 | 星組

東宝宙組初日   13/05/13

「モンテ・クリスト伯」「Amour de 99!!」

m(_ _)m特に蓋はしませんのでm(_ _)m

昨年末の雪組「ーJIN-仁ー」を除けばここ1年半くらいは幸いな事に初日が観れて
います。でも今まで見たこともないくらい客席が寒かった(-_-;)
空席があることもあったし立ち見の出ない初日もあったけれどこの日は
「えっ!!(@_@;)」 
たぶん二階だったのでよけいそう思ったのでしょう。一階はそれ程でも無かったかと。
初日のエントランス恒例の劇団関係者のお出迎えが甲にしきさん、小林公一さん、
藤井大介先生(私が見た時には石田先生の姿は見えませんでしたが)の他に
背広姿の男性がずらり・・・・ 偶然たまたまなのでしょうけれどちょっと異様でした。

こういう客席をみると「なんで??」とまず考えてしまうわけで、あのポスターが
足引っぱっちゃったかな??? とか脚本に難ありなのかな?とか。
でもそんな状況がワタクシ的にはかえって生徒さんガンバレ~~と応援する気持ちが
強くなりました。そう思ったのは私だけでは無かったようで、アンコールの盛り上がりが
けっこう凄かった(^^♪ 

「瞬殺」?だった月ベルばらのカーテンコールが一度だけであっさり終ってしまったのも
ちょっと意外でしたが、スタンディングの客席を見回した凰稀かなめさんの思わずホッと
したようなため息を聞いてかなめさん良かったよ(#^.^#) 頑張ってね!!
また来るからね~ みたいな(^^♪

と言うようなわけでもしかするとかなり甘めな感想になってるかも(笑)

「モンテ・クリスト伯」って言うか子供の頃読んだ「岩窟王」ってこんな話だっけ・・・
ってまず思ったのですがやはり宝塚的なアレンジがされているみたいですね。
特に結末。まぁエドモン・ダンテスの復讐譚という基本は変わりませんが。

物語は本来のモンテ・クリスト伯と「モンテ・クリスト伯」の稽古をしている 
アメリカのハイスクール演劇部のエピソードをはさみながら進行します。
要するに「説明役」で石田先生がよくやる手法。
蒼羽りくさん伶美うららさんらのハイスクール生と「モンテ・クリスト伯」のレクチャーを
するのはこういう場面の「お約束」(笑)美風舞良さん(^^♪

説明が入ることに関しては一緒に見たお友達が「説明役がはいるのはねぇ・・・」
と微妙な反応でしたので意見がわかれるのは仕方ないかも(-_-;)
でもこのお話を全部描こうとすれば一本立てになってしまう。膨大な物語の
バイパスならばやむを得ないかな・・・と思うのですが。

最初のメルセデス@実咲凛音さんと結婚式をあげるかなめさんとラスト復讐を終えて
新しい人生のスタートを切るかなめさんが同じように若く(見え)て20年の歳月を
経たようにはあんまり見えなかったのはご愛嬌(笑)

かなめさんにつき従う緒月遠麻さんがまた美味しいお役で。冷酷な復讐を続ける
かなめさんを痛々しく思いながら見守るのですが、軽いキャラなのであんまり深刻な
感じがしません。キタロウさんの場面はエドモン・ダンテスにとっても私にとっても
癒しでした(#^.^#) ヤン・ウェンリーも素敵でしたが宙組への組替がとても良い
結果を出しているよう(^^♪

エドモン・ダンテスを落とし入れ復讐の標的になる3人が悠未ひろさん
蓮水ゆうやさん朝夏まなとさん。  
長身揃いの宙組の中でも一番の長身のともちんさんなのでどうしても悪役が多くなって
しまうのは残念ですがやっぱり似合うなぁ~って感じ(笑) ちーちゃんもしかり(^^♪
宙組はちー&みー&大の88期男役をトリオで売りだしていましたが今思えばもっと早く
トリオ解体すれば良かったのに・・・と思ってしまいます。

濃~い宙組生え抜きの男役さんに混じって今回はまーくんが悪役トリオに。
私にはまーくんの「悪役」の記憶ってないんです。だからなのかともちんさんや
ちーちゃんと比べるとちょっと「悪役」っぽく無かったかも・・・ 
でもたぶん次に見るときにはきっと進化したまーくんが見られるのではと次回の
楽しみが増えました(^^♪

残酷な場面が無いわけではなく、そんなのあり?みたいなところもあったけれど
トータルで考えれば平均点は叩きだしていると思うのですが・・・
やっぱり甘い感想になっちゃったかな^^;

もっと書きたいのですが今日はこのくらいに(^^♪ 
[PR]

by zuzunoheya | 2013-05-13 23:53 | 宙組

心配   13/05/08

天海祐希さんが軽度の心筋梗塞で舞台降板とか。40代ですよね。
ゆりちゃんはワタクシ的には宝塚ブランク中のスターでした。
でも完全にブランクかといえばそうではなく、東京ガスのCMに出ていた
ゆりちゃんは強烈なインパクトでした。
OL編や父娘編?。「男前」?「ハンサム・ウーマン」?まだほんの下級生だったのに
もの凄くカッコ良かった(#^.^#)
もちろん「男役」ではなくふつーの女の子のCMでした。

宝塚の舞台では1988年宝塚大劇場で月組公演「恋と霧笛と銀時計」を観たのは
覚えています。幕末の横浜を舞台にゆりちゃんのお役は(西洋人との)混血の青年役。
長身に茶髪のマゲ姿はそれはそれは目を引きました。
その後異例の速さでトップスターに登りつめ、退団後も大活躍。

降板した舞台はさぞや気がかりでしょうけれど、どうかしっかりと治療なさって
また私たちの前にハンサム・ウーマンゆりちゃん、戻ってきてくださいね。
待っています
[PR]

by zuzunoheya | 2013-05-08 22:43 | タカラヅカ・OG

風薫る五月(^^♪  13/05/02

風薫る五月になりました 
ゴールデンウィーク真っ只中(^^♪
真夏日なんて年もあるのに今年はさぶ~^^;
 
星組が東京にやってくるのは7月末ですが、我が家は6月から「怒涛の観劇月間」?が
始まるため今月はおとなしくしていようかな・・・なんて(笑)
とりあえず今月の観劇予定は一回だけ。でもあくまで「予定」・・・ 

カレンダーの新しいページをめくるとスターカレンダー4月、台湾公演を無事成功
させた柚希礼音さんから大劇場「ベルばら」で賑やかにトップお披露目をしている
壮一帆さんに。 

二ヶ月ごとのカレンダーも新しいページに。
持っていない方にはなんのこっちゃ??ですが紅ゆずるさんのパーソナルカレンダー、
5月6月版がめっちゃ素敵(#^.^#) 舞台写真ではなくいわゆる「オフショット」
白い軍服風?のジャケットのかっこ良さもさることながらナチュラルメイク(^^♪
あ~私の好きなさゆみちゃんだわ053.gif
意味不明のつぶやき失礼いたしました(笑)


f0019968_20404448.jpgでこんなもの買っちゃいました(#^.^#)
リカちゃん
お洒落でもなんでもない地味な制服ですが私の母校のものです。
地方の県立高校で市内の同じような他の高校の制服とは似たりよったり。見分ける方法はと言えば校章とジャケットのボタンの数、スカートが四枚はぎか六枚はぎか・・・ってほとんどマニアック(笑)

私の出身県の市部の公立高はなぜかず~っと男女別学。それがここ数年で男女共学化が進みそれにともなって校名も変わり・・・と言うわけでたぶん制服もかわるのでしょうね。同窓会だよりに入っていた母校の制服リカちゃんの案内に即申し込み。

f0019968_22293152.jpg輝ける青春時代なんてもんじゃなくて今考えると楽しいことなんてあんまりなかったけど、こういうものが欲しくなるって、どこか宝塚ファンの心境に通じるかも(^^♪ 
写真の冬服の制服上下の他に夏服スカートとセーターがついてて着せ替え可能。
きせかえは背中のマジックテープ。
まるで宝塚(#^.^#)
これで値段が六千何百円か・・・ 
ワタクシ的には安いと思います。

ホントはねバービーでも良かったのですが我がJK時代を振り返るとバービーはあり得ないかと(笑)
[PR]

by zuzunoheya | 2013-05-02 22:43 | その他