ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


戦国BASARA   13/06/26

シアターオーブ「戦国BASARA」

渋谷という土地柄なのか、ゲームとのコラボ?それとも夜公演だから???  
たぶんそれは全部ありだと思います。
シアターオーブの客席は普段の宝塚客層と違って若い女性やサラリーマン風や
学生さん風?の男性多数(^^♪

ヒカリエには行ったことがあるのですがシアターオーブは初めて。
JR渋谷駅からの連絡通路の入り口からヒカリエを見上げると窓に面した劇場の
ホワイエが見えて11階から16階、「宙空の大劇場」というキャッチコピーはまさに
ぴったり。新しい劇場はキャパ1972、座席もゆったりとしていてクッションの色は
落ち着いた紺色。

今月はワタクシ的に「怒涛の観劇月間」でこの日は娘と観劇でした。
まだ公演中ですので以下蓋をします
ネタバレ?もありますしこれから見られる方で初見でワクワクしたい・・・という方は
スルーなさってくださいませm(_ _)m

つづき・・・・
[PR]

by zuzunoheya | 2013-06-26 12:59 | 花組

東宝・雪組初日   13/06/20

ちょっと前のお話になってしまいました^^;
雪組東宝公演「ベルサイユのばら」初日のお話
大劇場組のお友達のブログでベルばらは『祭り』だという話題がありましたが
なんだかんだ言ってもやはりベルばらは『祭り』なのかもしれない・・・と初日を観て思いました。劇場エントランスには甲にしきさんなど東宝役員さんはいらしたようですが
植田先生のお姿は見えず・・・でも客席にはおいでになったのでしょう。 
代わって鈴木圭先生がお出迎えかな?民主党の細野幹事長似の長身って違う?
不確実の情報は良くありませんよね(笑)

というわけですが蓋はしませんのでよろしくお願いしますm(_ _)m

壮一帆さんの開演アナウンスが始まると大きな拍手が(^^♪ 
録音なのでその後の演目の紹介がかき消されてしまった^^; 
ここで改めてえりたんの雪組トップお披露目公演なのだ・・・と実感。
なんだかず~っとまえからトップだったような錯覚があったもので(笑)
別に皮肉って言っているわけではありません。それだけえりたんは堂々たる
トップさんでした(#^.^#)

1幕1時間5分、2幕1時間25分。いつもの前もの1時間半の積もりでいたら
1幕目が終わっちゃいました^^;

小公子と小公女それにばらの少年、少女の幕開きでベルばら祭りの始まり。
毎回話題になる小公子、今回は永久輝せあさん。けっこう話題になっている生徒さん
ですが顔と名前が初めて一致しました(#^.^#) 
永久輝=とわきとお読みするのも初めて知りました。 

フェルゼンとアントワネットの場面が少ないとは聞いていましたが、ホントに^^;
愛加あゆさんちょっと可哀想かも。なのでこのお話、最初と最後のヒロインは
マリー・アントワネットで休憩を挟んで中盤のヒロインはオスカル@早霧せいなさん
二人ヒロインがいるみたい。まぁでもチギ・オスカルの綺麗なこと綺麗なこと(#^.^#) 
ワタクシ的な好みで言えばですが歴代オスカルの中でビジュアルは一番か二番。
チギちゃんと朝海ひかるさんのオスカル、甲乙つけがたい(好みです^^;)

チギちゃんも当時のコムちゃんも痩せて頬骨が高くてともすると険しい表情になって
しまうのですが、そこがオスカルの悩み苦しみに迫力を与えたようで・・・
たしかに「オスカルマジック」ってあるのかもしれません(#^.^#)

一幕最後はフェルゼンが帰国の挨拶にベルサイユ宮へ行く場面。あの場面はいつから
出来たのでしょう?前回のフェルゼン編の星組を観た時最初はびっくり(-_-;)
周りの貴族たちの冷たい視線と皮肉たっぷりの台詞を浴びながらも堂々と王妃への
愛を宣言しちゃうフェルゼン。しかも国王の前で(笑) でもリピートしていくうちに
オスカル、アンドレ、メルシー伯爵、ルイ16世のそれぞれの「愛」のかたちを
フェルゼンが朗々と淀みなく述べていくのでいつの間にやら納得させられました(笑)
植田先生の術中にまんまと嵌りました^^;

宮廷貴族の中でひときわ目を引くのは鳳翔大さん。長身でスタイル抜群!!
お役がイマイチなのはホントに残念。今回で退団される磯野千尋さん。ルイ16世と聞いた時あゆっちとの学年差はどんだけ~と思いましたが、今回はジャルジェ将軍は登場しないしブイエ将軍は悪役。餞のお役はやはりこれですね。
ルイ16世、実際の人物は判りませんが、宝塚的には内気で温厚なだけではただの
お人好になってしまって☓。
ソルーナ国王、フェルゼンの台詞じゃありませんが全てわかっていて包み込むような
大きさがあって良かった・・・と一緒に観たお友達が言ってました。私もそう思う(^^♪
星組編にはあったアントワネット作曲の歌がとても好きだったのですが今回はなくて
残念。

第二部はジェローデル@夢乃聖夏さんがスェーデンのフェルゼンを尋ねる場面から。
ともみんさんのジェローデルは熱い!!ちょっと星組テイストを感じる瞬間(#^.^#)
でもあのオスカル平手打ちは勘弁して欲しいな(-_-;) 
もちろんともみんさんのせいじゃないけど・・・
ともみんさんが赤い炎たとしたら実は温度の高い青い炎はアンドレ@未涼亜希さん
二階席でしたので上から俯瞰するかたちでまっつさんの小柄は気になりませんでした。
歌声はさすが(#^.^#)

純正雪組バージョンでフェルゼンがジェローデルとともにスェーデンから
アントワネットのもとにむかう国境の立ち回り場面。
愛するマリー・アントワネットが侮辱されて初めて剣を抜くフェルゼン。
なんだか武士道というよりは浪花節的に感じました。その間にジェローデルが
殺られたらどうすんねん(笑) 

でも一幕ラストのベルサイユ宮の場面同様フェルゼンの見せ場になるのかしら・・・ 
考えてみたらスェーデンのグスタフ三世が宮廷でフェルゼンにアントワネットの元へ
言ってやれなんて、ちょっと粋なはからいではあるけれどこれは考えてみたら
国際問題だ(笑)

数少ないマリー・アントワネットの名場面。牢獄。
しっとりと落ち着いたカペー未亡人でした。特別公演の主演の経験も豊富。
娘役トップ就任としてはかなり遅めのあゆっちですがそれだけのチカラは蓄えて
いたのですね(^^♪

ベルサイユ宮殿で別れを告げる場面、今宵一夜、バスティーユ陥落、手綱とムチを手に
馬車を走らせる「行けフェルゼン」、フィナーレでろうそくが並ぶ舞台に白いドレスの
娘役さんのダンスが始まると「オマージュ」!!大階段を下手うえから斜めに黒燕尾が
静かに降りてくる姿を見ただけでドキドキ(#^.^#)

エトワールは夢華あみさん。下級生で歌の上手な娘役さんのエトワールは久しぶり
綺麗なソプラノが心に響きました。

結局ベルばらの美味しいところを皆集めた「ベルばらアソート」
それでもやっぱり祭りは祭り。私も踊らされました(笑)
アンコールは客席が盛り上がっているにも関わらず終演アナウンスが・・・
それでも諦めない客席。再び緞帳が上がって出てきた時の何とも言えない
えりたんの顔(#^.^#)

ガンバレ!!えりたん(^^♪
[PR]

by zuzunoheya | 2013-06-20 06:11 | 雪組

宙組・楽前   13/06/12

楽前公演を観てお茶をしての帰り劇場前を通ったら公演ポスターの張替えが・・
雪組・ベルばらと次回星組「ロミオ&ジュリエット」のポスターを見てワクワク(^^♪

初日に続いて2回め。
ホントは中日前後にもう一度と思っていたのですが行けませんでした。

お芝居のお話を・・・ちょっと辛口ですm(_ _)m
結末が分かって観るとこんなにも違うのかって感じ(笑)
夫ともめているメルセデスが息子をかばいながら私はまだしも息子に
なんてことをするのよ!!というところ。だって息子の父はエドモンだし・・・

エドモンに焼きごて?を押し付けるシーン。目をつぶっちゃいました(-_-;)
その後もフラッシュバックというかたちで何度も出てくるのがなんともはや・・・
しんどかったです(-_-;)

ラスト近くエデ姫@すみれ乃麗さんがこんなふうに家族愛を見せつけられちゃったら
押しかけ女房なんか出来ないわ、みたいな台詞もなんだかなぁ~

いかにもいわく有りげなヴィルフォールの妻エロイーズ@純矢ちとせさんはまだしも
一見貞淑そうなダングラールの妻@愛花ちさきさんまで夫の凋落が分かったとたん
はすっぱな女になっちゃうのはなぜ?

初日に観た時はベルッチオ@緒月遠麻さん、いい役だわぁ~(^^♪
確かに良い役なんだけど楽前の舞台を見ているうちにエドモンとベルッチオ。
まるで「風と共に去りぬ」(宝塚版のね)のスカーレット1と2みたいだなぁって
思っちゃいました(笑)
復讐担当のエドモンと良心とか優しさ担当のベルッチオ。 
ベルッチオが良い人であればあるほどエドモンがただただ復讐だけの人間に見えて
しまい、もちろんエドモンの葛藤するシーンもあるにはあるけれど、キタロウさんとの会話
で補ってたという印象。エドモンがそのぶんあんまり魅力的に見えず(-_-;)

とまぁ終ってしまった公演なので毒を吐いてしまいましたが、宙組は長身のイケメン揃い
だけでなく女役、娘役の層も厚いなぁと実感。
悪役なれしていない朝夏まなとさんもこの日はけっこうな「ワル」に見えました(^^♪ 

次の宙組公演は「風と共に去りぬ」
ワタクシ的にはこの作品好きとは言えません。なので自分の贔屓の組でなくて
良かったと内心思いました(笑) 「これぞ南部の〇〇」を連呼するオバサンや 
うるさいだけのピティパット・・・ 
でもまったく違った「風とも」を見せていただければ通います(^^♪
 
[PR]

by zuzunoheya | 2013-06-12 23:23 | 宙組

TAKE FIVE  13/06/07

6月7日 21:30
 「TAKE FIVE」オンエアまであと30分
 タカラヅカの生徒さんが一般のテレビ番組に出ると聞くと、まず不安に
 なってしまいます。根がネガティブ(笑)ってダジャレになっちゃいましたが
 どんなふうに「いじられるのかな???」
 
 今回は音楽番組やバラエティではなくてドラマ。
 それもほぼ等身大の男役スター という設定らしいですね。
 以前明石家さんまさんのバラエティ番組に雪組がでた時に、凰稀かなめさん
 さんまさんに瀬川瑛子さん似と言われたことがいまでも強烈で^^;

 さんまさんの師匠は宝塚がお好きな方だったようなので、いわゆる「偏見」が
 あったわけではなく芸人としててるさんを「いじった」のだと思うのですが
 いまでもてるさんを見るとどこかに瀬川瑛子さんのお顔が浮かんできます(笑)
 瀬川さん、綺麗な方ですがおっとりのんびりとしたお人柄。
 確かに似ている(と私は思う^^;)「男役スター」てるさんとのギャップが半端なくて。
 
 あとは宝塚に興味のない、あるいは知らない一般の方々の目に彼女たちが
 どんなふうに映るのか・・・ですよ。

 もうまもなく放送が始まります。ホント落ち着かないわぁ(@_@;)

【ON AIR終了】

とりあえずホッ(^^♪
帰ってきた娘がTwitterで「タカラヅカ」が凄い話題になってたよって言うのですが
どんなふうに話題になったのだろうか・・・
見事に「学年順」って言うのがタカラヅカファン的には微笑ましく思ったのですが
こんな手もあったのかなっていうストーリーと設定。
ざっくりとした印象ですが・・・・
柚希礼音さんはメイクもキャラも私のイメージ通りのちえちゃんでした。
てるさんはつけまつげばっちりで宝塚の男役スターと言うよりは女優さんかモデルさん
みたいな感じかな。龍真咲さん明日海りおさんはナチュラルな印象でした。
紅ゆずるさんはナチュラルよりはややアイメイクにチカラが入ってましたが白いお衣装はとっても素敵(#^.^#)

ちえちゃんの「貫録」「余裕」?みたいなものに圧倒されました。
いやぁ~カッコいいぞちえちゃん(#^.^#)

紅さんとみりおさん、別格のトップさん3にんとはちがって「ぱしり」っぽいポジション。
でもなかなか面白かったです。明日ゆっくり録画を見てみたいと思いますが、
今夜は安心して寝られそうです(笑)
[PR]

by zuzunoheya | 2013-06-07 23:45 | タカラヅカ

四季  13/06/05 

大劇場では星組公演「ロミオ&ジュリエット」が始まりましたね(^^♪
関西に飛んでいきたいものの私は7月末までおあずけです^^;

久々に劇団四季の舞台を観ました。
どんだけ久しぶりかといえば・・・最後に見てから26~7年は経つのでは
ないかと(笑)鹿賀丈史さんとか市村正親さんがまだまだ若かったころ。
四季が自前の劇場を持つはるか昔でしかも今で言う「全国ツアー」
「コーラス・ライン」「ウエストサイド物語」などのミュージカルより当時は
「カッコーの巣の上で」や「エレファント・マン」のようなストレートプレイのほうが
好きでした(^^♪

今回のきっかけはと言えば娘が映画の「レ・ミゼラブル」を見てえらく感激(笑)
ナマのミュージカルの舞台を見てみたいと言い出しまして・・・

でもね、ナマの舞台は見せてるじゃない(^_^;) タカラヅカを(笑)
とは言うもののたまには四季も良いかな・・・でもチケットはC席でとりあえず。

四季劇場「海」へのアクセスを問い合わせた友人は新橋駅からのルートを
教えてくれた後で「先日最前列で見ましたよ~」という話。
宝塚ファンにしてコアな四季ファンなので「さすが~」と思ったのですが、その後
ミュージカル大好きな同僚に「オペラ座の怪人」を見に行くんだけど・・・って話をしたら
開口一番「あの劇場は大きいから一階で見たほうが良いよ!!」
そうですか・・・(-_-;)

今月の16日が千秋楽。クローズが決まっているのでチケットをとった時はかなり余裕が
あったのですがさすがに満員。東宝の二階席もかなりの急勾配で辛い(>_<)
でも「海」の二階はそれ以上でした^^; 客席もいつも東宝は狭いなぁ~と思って
いるのですがこちらもそれ以上。中に入ろうと思ったら立ってもらわないとと入れない(@_@;)
文句ばかり言ってますが舞台はもちろんそんな事ありません(#^.^#)

夜の公演なので男の人がたくさん!客層が若いなぁ~
ってついつい東宝と比べる私ってどんだけ井の中の蛙なんでしょう(笑)
舞台のお話はいずれまた(^^♪
[PR]

by zuzunoheya | 2013-06-05 23:52 | その他