ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


紅マルモン(#^.^#)   14/03/19

お久しふりです(^^♪
最近なかなかブログの更新が出来ません。
歳かな・・・とも思いますが、仕事がちょっと忙しいのもありまして^^;

「眠らない男」紅ゆずるさんのお話を。
初日に紅さんのマルモンを見た時にまっ先に思い浮かんだのは「辛抱役」という言葉。
この言葉はもともと歌舞伎用語のようで本来の意味と同じなのか自信がありませんが
辛抱が必要なお役だなぁ~ そんなふうに(^^♪

初日を見て思ったことがもう一つ。
ナポレオン@柚希礼音さんがマルモンを「おとぼけ」と評しているというくだり。
私の語彙が貧困なのか「おとぼけ」というと「ポーカーフェイス」と同じような印象で
知っていても知らぬふりのどうもダークなイメージがありまして(笑)
あんなに良いキャラ全開なのになんで「おとぼけ」なんだろうかと・・・
結局「愛すべきおとぼけキャラ」のマルモンってことで自分を納得させました(笑)

でもおとぼけマルモンについてはお茶会で大劇場の時は軽い感じのおとぼけキャラ
たしか紅さん「おぼこい」という言い方をしたような気がしますが、そんな役作りを。
でも(出世は遅れたとはいえ後に元帥、有能な軍人なので)頭は良い人だと思うので
東宝ではそのへんも意識して演じてます、みたいな話もしていたような・・・   

ひとつのお役をグランマルモンの英真なおきさんと演じるというのも通し役二人って
大変かも・・・また紅さんのお茶会の話になりますが、紅さんのターニングポイントになった
お役は?と尋ねられたら「アンナ・カレーニナ」でも「スカーレット・ピンパーネル」でもなく
「シークレットハンター」のダゴベールの父と答えるって言ってた紅さん。
お芝居の好きな紅さんらしいな(#^.^#) じゅんこさんとこういうかたちで共演できるのが
嬉しいのかな・・・

紅さんの小芝居は大好きですが今回はパーティーでの女性との絡みのほかは
戦場なので、ちょっと殺伐としてるかな(^^♪
パーティーでのダンスや妃海風さんとの恋も奔放な彼女に振り回されたあげく振られて
しまう「おとぼけ」さんなので、色っぽい小芝居ファンの私としてはちょっと
物足りない気も(#^.^#)

1回目のイタリア遠征での壱城あずささんとの小芝居はお茶会でお互いを褒めあって
ます、みたいな話でしたが、エジプト遠征の酒宴の場面で汐月しゅうさんとの小芝居が気になって気になって(#^.^#) 舞台ではバリバリのビジュアル系イケメンなのにどうやら
オフは真反対の雰囲気らしいしゅうくんはお気に入り(#^.^#) そのしゅうくんの小芝居ではありませんがロシア遠征で戦闘でこと切れた兵士(たぶん夏樹れいさん?違ったらすいません)を抱いて上手に捌けるしゅうくんがマイツボです(#^.^#)

紅マルモンの話はもう一度くらいしようと思います(#^.^#)  
[PR]

by zuzunoheya | 2014-03-19 08:50 | 星組

ナポレオンとジョセフィーヌ「眠らない男」   14/03/01

「眠らない男 ナポレオン」
遅まきながらナポレオン関係を調べ始めました。
ナポレオン@柚希礼音さんとジョセフィーヌ@夢咲ねねさんの気持ちのすれ違い。
ナポレオンが熱いうちは愛人をつくったり疎ましく思ったジョセフィーヌがナポレオンの
気持ちが離れていくに従って愛するようになっていく・・・

ナポレオン2世@天寿光希さんってなんて幸薄い青年だったのかしら・・・
父を否定する人たちの間で育ちそれでも父に憧れ、父のようになろうと自分を追い込み
身体を壊していくなんて。その上母にもあまり愛されてなかったみたいだし(-_-;)

そのナポレオン2世の母親、ハプスブルグ家のお姫様はナポレオンが存命中に愛人との
子供を二人も生んでいただなんて。まぁ我々庶民と違って様々な政治的な理由も
あったのでしょうけれどミッキーが可哀想すぎる!!

ジョセフィーヌの連れ子ウジェーヌが結局生き延びて子孫を残しているというのも
皮肉な話。とまぁ今回の公演がきっかけで分かった話(笑)すっかり無知を晒して
おります^^;

前回もナポレオンとジョセフィーヌを取り巻く魅力的な人達のお話をしましたが、
でもやっぱりこれはあたりまえだけどナポレオンとジョセフィーヌの物語なんだと
つくづく思いました。2番手3番手にもそれなりの比重を持たせたお役を与え・・・という
宝塚「座付き」芝居ではないので紅ファン的にはなんだかなぁ~という感じが
ないでもありませんが、物語がしっかりしているので紅ファン的な不満はそれほど
感じず(笑)

即断実行のナポレオンを演じるちえちゃんがこの方独特の可愛らしさ?愛嬌と
いうのかな、人間臭いけど憎めない・・・そんなナポレオンでとても魅力的(#^.^#)
皇帝へと登りつめだんだんまわりが見えなくなってついには失意のうちに流刑地で
亡くなる。最後は哀れですがやっぱりナポレオンって決断力や統率力に秀でた英雄
だったんだ・・・と十分に思わせる説得力がありました(^^♪

それとやっぱりねねちゃん(^^♪
高音域のお歌が多いのでちょっぴりお耳にしんどいところもありますが、ナポレオン
より6歳上の子持ちの未亡人というお役がすんなりと出来てしまう。もちろん
褒めてます(笑)真ん中でこんなお役ができる娘役さんって今の宝塚ではねねちゃん
くらいでしょうか。

ワタクシ的にはもう少しナポレオンとジョセフィーヌの愛憎の場面が欲しかったような・・・
一幕のクーデターから第一執政に就任するあたりが怒涛のような展開で疲れて
しまう感じもあるのでここを何とかスッキリさせてくれないでしょうか?小池先生(拝)

幕開き、士官学校で希望に溢れたナポレオンが登場する同じ机が退位に同意する
書類のサインに使われるというのもなんとも皮肉なもので良く計算されていると
思います。老マルモンとナポレオン2世との最後のやりとりの後まさに全盛期の
ナポレオンが後ろ姿で登場するのをを観て「あ~!!これが宝塚!!」
ミーハーで良かったと思う瞬間でした(笑)
[PR]

by zuzunoheya | 2014-03-01 00:15 | 星組