ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンその2   15/06/27

赤坂アクトシアター公演
紅ゆずるさん主演の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」終わってしまいました。
間もなく梅田のドラマシティの公演は始まるものの遠征予定はないので
私の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」は終了。

観ながらいろいろな事を考えましたが、実在のフランク・アバグネイルjrさんって
1948年の生まれ。昭和で言えば23年 いわゆる「団塊の世代」
昭和23年生まれといってまず思い浮かぶのは沢田研二さん(^^♪ 若いころの
ジュリーは壮絶に美しかった(#^.^#) そのほか井上陽水さんや森山良子さん
糸井重里さん、舛添東京都知事も同年。けっこういろんな方がいらしてまだ若い。
歳は取りたくない・・と思っているけれど団塊の世代ではないものの「キャッチ・ミー・
イフ・ユー・キャン」でフランクが生きた(ってまだ存命ですが)1960年代半ばの
空気が分かるっていうのは年をとるのも悪くないかもと思いました(笑)

ベン・ケーシーとかミッチ・ミラー。ベン・ケーシーは細かいところまでは覚えて
いませんが子供の頃の名医の代名詞だったし、舞台に出てくる「ミッチと歌おう」と
いうテレビ番組の記憶はありませんがミッチ・ミラー合唱団という単語は頭に
インプットされてました。

一番懐かしかったのは今はないパンアメリカン航空。CA達が持っていたショルダーバッグ
のロゴ、涙が出るほど懐かしかったです(笑)そう言えば大相撲の優勝力士に送られる
パンナムのカップを贈呈するアメリカ人のおじさんのユーモアに富んだ「表彰状~」で
始まるスピーチは毎回楽しみでした。ヒロイン、ブレンダ@綺咲愛里さんの髪型は
まるでパティー・デューク(^^♪ 
若い人にはなんのことやらの話ですが、懐かしかった・・・・

幕開きとラスト、紅さんの着ている真っ赤なベストが目を引きますが、カラーテレビが
普及し始めた時代の象徴? 反対にまだモノクロームの世界に生きている旧態依然の
FBIは黒やグレーのモノトーンのお衣装。
実はまだ高校生のフランクに翻弄されるFBIの姿が皮肉っぽく描かれますがこれって今
でも同じ。ネット絡みの犯罪になかなか捜査する方がついていけない。

好きなシーンはたくさんありますが私は一幕ラストが好き
クリスマスの夜、スタジャンを羽織った紅さんがFBIのカール・ハンラティ@
七海ひろきさんに電話をする場面。スタジャンの紅さん、ちゃんと子供に見えました。
クリスマスの夜に孤独な二人。誰かと話したくてハンラティに電話をかけたフランクの
孤独を見破るハンラティ。でもそのハンラティも孤独。突然降りだした雪に歓声をあげる
フランクの声を聞きながら、もしかしたら犯人は子供じゃないかと気付き始めます。
追われる方と追いかける方、孤独な二人の間に不思議な連帯感と友情?の芽生えた
瞬間でしょうか・・・
「彼は子供だ!まだほんの子供なんだ」と犯人の正体を掴んで興奮するハンラティと
対照的に降る雪を見ながら無邪気にはしゃぐフランク。家庭が壊れていなければ
こんな事していなかったのに・・・ 無邪気なフランクが切なかったです。


[PR]

by zuzunoheya | 2015-06-27 23:08 | 星組

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン@赤坂アクトシアター   15/06/18

紅ゆずるさん主演「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」
初日を観ました。
私は紅さんのファンですのでまぁ、「独断と偏見」というよりは
「ハート053.gifのフィルター」が全体にかかっております^^;

わずか1週間しかもチケ難。何度も見れるわけではありませんが、「幸せな1週間」
の一日目が終わってしまいました(T-T) って最初からイタイ(笑)

ネタバレって言えばネタバレ。蓋はしませんのでm(_ _)m040.gif
★紅さんにピッタリのフランク
★七海ひろきさん、すっかり「星組生」
★紅さん&七海さんとの不思議な関係が絶妙
★専科の夏美ようさんさすが!!ナイス親子
★FBIチーム最高!
★綺咲愛里さん 大ナンバー?熱唱
★いつもながらの紅さんのご挨拶
ざっくり言えばこんな感じでしょうか・・・

☆紅さんにピッタリのフランク
高校生役と聞いてあらら・・・と思いました。去年SOPHIAの松岡充さんが演られたお役。
松岡さん43歳とか。そう思うと紅さんはぜんぜんOKなんですが松岡さんはどちらかと
言うと小柄。長身の紅さん大丈夫??なんて心配したのですが、ワタクシ的には大丈夫。
母親の不倫場面を見てしまった夜の自分の部屋のベッドで不安な想いを歌う場面や、
フランクを追うFBIのハンラティ@七海さんに思わず電話してしまうところなど身体は
大きくとも子供(に見えました)

☆七海ひろきさん、すっかり「星組生」
宙組公演「トップハット」を終えて「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のお稽古に。
元宙組生の北翔海莉さん、十輝いりすさん、同期の壱城あずささんは全ツチームで正直
不安だったのかな???と思います。
でもFBIチームのチームワークも抜群ですっかり馴染んでいるように見えたのはとても
嬉しい(^^♪

☆紅さん&七海さんとの不思議な関係が絶妙
天才詐欺師@紅さんを追うFBIの七海さん。
小切手詐欺のフランクをはじめは今まで様々な詐欺に手を染めてきた初老の男だと
思い込んでいた七海さん。フランクからの電話でもしかしたらこれは子供かもしれないと
思い始めます。
両親の離婚で心を痛めるフランクにとってハンラティはある意味第二のパパのような
存在だったかも。
そんな二人の連帯感?親近感?みたいなものはフランクが逮捕される場面でも色濃く
出ていて、結果「不思議なハッピーエンド」に繋がって行きます(^^♪  

☆専科の夏美ようさんさすが!!ナイス親子
はっちさんのフランクSr。いやぁ~やっぱり天才詐欺師のパパです(#^.^#)
フランクが慕っているのが良くわかります。主演男役さんのパパ役ってやはりダンディな
ほうが嬉しい。お歳はとられましたが相変わらずの渋いダンディ。
息子を守りたい思いと犯罪を繰り返す息子への気遣いや妻を親友に盗られた苦悩。
「月雲の皇子」でも思いましたがはっちさんって男役の色気が半端ない。

☆FBIチーム最高!!
七海さん率いるFBIチーム。七海さんと同世代ながらあまり職務に熱心ではない
如月連さんと瀬季ゆりとさん、瀬央ゆりあさん。それぞれが個性的。
最初は「熱い」七海さんにドン引きだった面々もだんだん七海さんについて
いくようになる。
このチーム、アクシデントなのかアドリブなのか分からないところがあって初日を見た
限りではなんとも・・・ですが面白いです。

☆綺咲愛里さん大ナンバー?熱唱
わざわざ書くのもなんですが(笑)
昨夜放送の「ナウオン」でも長い曲を一人で歌うのが大変!と言っていたあ~ちゃん。
地声とファルセットの切り替えが今ひとつでしたが頑張ってました。小顔で可愛いですね。
紅さんとのバランスも良いかな(^^♪

紅さん恒例のユニークなご挨拶までたどり着けませんでしたが、
とりあえず今日はこのくらいで。



[PR]

by zuzunoheya | 2015-06-18 09:35 | 星組

花組・宝塚幻想曲   15/06/12

お芝居は大好きなんですが、ショーはと言えばお芝居の興奮や感動を
クールダウンするためになんとなく観るか、お芝居がトホホだった時の
「お口直し」・・・
そんなもので今までもあんまりショーの話は書いたことがありません。
星組は別にしてですが(笑)

久しぶりに花組のショーのお話を。
帰り道に「♪ファンタジア~」という主題歌が口をついて出ました。
いかにも「台湾公演」を意識した作品でしたが、星組公演のダイスケ先生とは
また違った切り口の稲葉大地先生。衣装も綺麗だし明日海りおさんの花組仕様
という感じでしょうか(^^♪

一応洋物のショーですが、和太鼓やドレスに振り袖を思わせるわせる和柄の
お袖をつけたり、ブルーのお衣装で迫り上がってくるみりおさんが密教の印?
を結んでいたり、日本人の自分がいうのもなんですが「エキゾチック」
専科の美穂圭子さん、今回はお芝居とショーの両方に出演で得した気分(笑)

久しぶりにショーの話を書こうと思ったのは柚香光さん(#^.^#)
ショー音痴、ダンス音痴でも柚香さんの切れの良いダンスには釘付け。
特にバスケットの場面。芹香斗亜さんが芯になって恋を賭けて柚香さん
演じる先輩チームと戦う場面。いわゆる「宝塚的」なダンスではないと思うの
ですがメチャメチャ素敵。制服のパンツを腰パン風に崩して履いているのも
なかなか。柚香さんってそれこそ音校のすみれ売りあたりから目を引く生徒さん
でしたがやっと今かっこよさが分かった感じ(笑) こんな事かくとファンの方に
叱られますね。
台湾はおろか梅田で見る予定は無し。柚香さんのダンスが観られるのは「新源氏物語」
と併演のショーまでまだまだ・・・ でも花組を観る楽しみがひとつ増えました。
って花組ファンなら今さらのお話を長々失礼いたしました(笑)

もう一つショーの話をと思ったのはフィナーレのトップコンビのデュエットダンスが
「花は咲く」だったこと。NHKの震災支援プロジェクトから生まれた曲でフィギュアの
羽生結弦さんも使っていたような・・・
この曲が台湾で認知度があるとも思えないしこのままのかたちで台湾に持っていく
のかも不明ですが震災の時にいち早く台湾から受けた援助にたいする感謝が台湾公演
を決めた一因(もちろんそれだけではないと思うけど)と聞くと風化されそうになる
震災を改めて思い出しました。
自分がいわゆる「被災地」の出身だというホント、個人的な想いなんですが・・・

明後日が千秋楽。もう一回みます。  






[PR]

by zuzunoheya | 2015-06-12 16:17 | 花組