ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

タグ:宝塚歌劇 ( 431 ) タグの人気記事


「エリザベート」マイ初日 その2 09/07/16

ちょっと忙しくてマイエリザ初日の続きがなかなか(-_-;)
どんどん記憶が薄れていくので自信がないのですが・・・・

瀬奈じゅんさんの話は前回しましたので今日はそれ以外の方たちのお話を。
タイトルロールのエリザベート 凪七瑠海さん
はっきり言っちゃいます(笑) 私、この子は紅くんより前から友達との関係で見てまして
正直、好みのタイプとはいえないのですが、成長の過程を見ていますので
エコヒイキ発言もあるかと・・・ そのつもりで読んでくださいませm(__)m

月組の大作のタイトルロールに宙組のそれも新公学年のしかも『男役』の
凪七さんがと聞いて、驚き、疑問、違和感、不快感、歌劇団への不信感、
はては怒りという大雑把にくくってしまうと『否定的』な感想を持った人の方が、期待、とか喜びとかいう『肯定的』な方よりずっと多いと思います。
実際、凪七ファンの友人なんか劇団発表を聞いてパニック寸前だったもん・・・

一番大変な思いをしたのは凪七さんだったと思います。選ばれた理由についての
様々な憶測や中傷・・・ 贔屓目と笑われそうですが、そんななか、
よく頑張ったと思うのです。綱渡りの場面で手を振る様子が男役っぽくって
笑っちゃいましたが、それ以外は思ったよりずっと・・・・ 特に大劇場で指摘されていた
二幕目以降の中年から晩年にかけてのエリザベートの『若さ』はずいぶん影を
潜めたように思います。

ユウヒさんの大劇場トップお披露目公演にはきっと宙組の男役・凪七瑠海で
舞台に戻ってくるのでしょうね。エリザベートの経験がどんな風に反映されるのか
楽しみです(^^♪

フランツ・ヨーゼフの霧矢大夢さん
月エリザと聞いた時点でフランツはきりやんであろうとすぐ想像がつきました。
それは、前回の雪・エリザの彩吹さんも同様でした。
どちらも歌の上手な方なのですぐに「夜のボート」が楽しみ(*^_^*)なんて。

でもワタクシ的にきりやんとゆみこさんではちょっと違うのです。
歌の実力は誰もが認めるところのゆみこさんですが、本公演では
今ひとつだったかな(-_-;)という感じで歯がゆさを感じていたファンにとって、
フランツは待ちに待った役だったような気がします。

きりやんの場合、実力が周知のとおりというのは同じですが、すでに博多座で
「ミー・マイ」の主演を果たした後のフランツ役。
見るほうの点数が辛くなってしまうのも仕方ないかもしれません。
フランツをめぐるシシィの宿敵ゾフィが若い城咲さんだったのも、母と妻の狭間で苦悩する若き皇太子(前半)はきりやんちょっと気の毒だったかな・・・

といいつつも、さすがきりやんです。歌の要所要所はきちんとしめて
例の『夜のボート』は涙腺の堅い私でさえ(T_T)でした。

今までの「番手」を考えると大抜擢のルキーニ、龍真咲さん
一番美味しい役と言われながらも、演ずるほうはけっこうシンドイ(笑)???
狂言回しで様々な場面に登場しますが、状況説明のみで自分の感情を述べる
台詞がないので難しい・・・・・とは以前ルキーニを演じたどなたかの弁

そして、客席から見たルキーニの一番の楽しみは二幕はじめ。
カメラを抱えて銀橋に現れるルキーニのアドリブ。
私が見た日のアドリブは、二幕が開いて早々なので、銀橋近くのお客様が遅れて
着席するのを見つけて、「遅い!!」 と一言(笑)
客席がど~んと湧いたためその後の真咲さんの発言ちょっと聞き逃しましたが、
自分が「いじった」お客様。いじったことで暗い客席慌てて転んじゃったら大変!!と
小さな声で注意して着席してください・・というような意味の事を優しく話して
いらっしゃいました。その後は例の世界中の美人の写真。「美人ばっかりだな~」
と「はとがでますよ!」と客席に向けフラッシュをたいてました。

ルキーニは臨機応変、アドリブ自在を求められる役。
特に、二幕の冒頭はみんな手ぐすね引いてる(笑)・・・
宝塚では「アドリブ」がいっぱいいっぱいだったようにも伝えられた真咲さんですが、
「ギラギラ・コテコテ」(悪い意味ではありません)のルキーニの存在感は圧倒的でした。

今日はルキーニまでですね。それ以外の方のお話は次回です(^^♪
[PR]

by zuzunoheya | 2009-07-16 01:40 | 月組

エリザベート

東宝月組公演「エリザベート」 マイ初日です。
7月11日(土)11時公演。
マイ初日とは言うものの、リピートできるかわからずもしかして
マイ楽かもしれない(ーー;)と思いつつ二階席へ登山開始。息がきれるわぁ・・・

プログラムの表紙はトート閣下の顔のアップ。
今回のプログラムあちらこちらでトートのそれもアップの写真が。
たしかに美しいです(笑) 
私の中では歴代1位のビジュアル。
まったく個人的な感想ですが、春野トートはやんちゃで人間くさい感じ。
たしか夏美組長が「オサのトートは野郎っぽかった」って言ってたのを覚えています。
水トートはと言えば水というより氷のようなトートでした。でもこの氷うっかりさわったらたちまち凍傷になりそうなドライアイスのような氷でした。

今回の瀬奈トート まず「静」という文字が浮かびます。
でもその次は「冷」ではなくどちらかといえば「暖」
なかなか「堕ちない」?エリザベートにいらだちながらもいずれは・・・という
確信をもちながら静かに静かにエリザベートを追い詰めていく・・・
そんな感じでしょうか。

「情熱大陸」で垣間見た『孤高』なあさこさんに重ね合わせるせいかもしれませんが
黄泉の帝王を淡々と演じる瀬奈トートはゾクゾクするほど魅力的でした。
宝塚大劇場での評判は頭に入っていましたが、皆さん大劇場公演を終えてしっかりと
役を消化したようで大劇場でいわれた全体的に「若い」という感じはありませんでした。


f0019968_19432810.jpg 娘と一緒に観劇したのでその感想や、思ったよりずっとずっと良かった凪七瑠海さん、出ずっぱりでアドリブが楽しみな龍真咲さんなどまだまだ話題はあるのですが、その辺はとりあえず次回です(^^♪
                 
星組全国ツアーのチラシ(*^_^*)
ちえちゃん、ねねちゃん可愛い・・・
一瞬だれ??
って目がテンでした(笑)
スカイステージの「こだわりアラカルト」のたしか「コメディー」だったかな???
名うてのプレイボーイ(轟さん)が
実は美しいめがねのお堅い秘書を
くどく場面がとっても可笑しかったです。

このあたりはブランク中でよく分からないのが残念ですが
ちえちゃん&ねねちゃんの2ショットを見てとっても楽しみになりました。
[PR]

by zuzunoheya | 2009-07-12 22:12 | 月組

ちょっとうれしい話(笑)  09/07/07

個人的にですが今日はちょっとうれしいニュースが・・・
10日に幕が開く月組公演「エリザベート」
11日の午前公演、娘と一緒に見られることになりました(^^♪
といってもB席ですが(笑)

いつも団体で観劇していた仲間にキャンセルが出て、娘が瀬奈さんのファン
ということからチケットをまわしていただける事になりました。
実はこの日知人にいわゆる「会チケット」で娘のチケット、お願いしていたのですが
みりルド東宝初日のプラチナチケット。ファンクラブの会員でもお断りされてしまう程の
チケ難公演。友達のぶんは取れたそうですが、一緒に申し込んだいわゆる「友人分」は
お断りという連絡が来たそうです。

当日は〇ネッセの模試があって受験生がこんな事していいのか!!とは思います。
我が家が熱心なのはどうやら学校教育ではなく情操教育だったのかも(-_-;)
けっして宝塚ファンとはいえない娘。でもヅカ狂い(笑)の母のお相伴をさせられるうちに
娘なりの「宝塚ワールド」が出来ているような気がします。
そして娘の「宝塚ワールド」の中心はいつも瀬奈じゅんさんでした。

さよなら公演は受験直前でたぶん見れないでしょう。
なのでよけい娘とあさこちゃんの代表作の一つとなるであろう舞台が
見られるのは幸せだと思います。
[PR]

by zuzunoheya | 2009-07-07 23:59 | 月組

東宝チケット状況 09/07/04

明日はいよいよ東宝宙組千秋楽。
大和悠河さん、陽月華さんはじめ七帆ひかるさん、美羽あさひさん
10名の生徒さんが卒業なさいます。

私の東宝宙組マイ楽は6月19日。
退団される方のファンクラブの会服も白くなる前で、なんだか退団の実感は
今ひとつでしたが、宙組は友人の関係でけっこう見てましたので、今回の
大量退団、残念でたまりません。

余談ですが、蘭寿とむさんの代表作の一つになりそうな「逆転裁判」
好評の第二弾の物語は、蘭とむさん扮するフェニックス・ライトくん。
離れて暮らす恋人(美羽あさひさん)を思いつつ事件に向かうという設定らしいですね。
なんだか、月組の娘1不在状況のよう(-_-;)

ここんとこ、ほとんど初日か千秋楽が取れていた友会チケットです。
喉から手が出るほど欲しい東宝星組公演ですが全滅でした。
やっぱりね(ーー;) ホントに欲しいチケットは取れないみたいです。

いつもの当日券並びの友人が友会で初日を当ててくれて東宝星組初日を
見ることが出来そうです。代わりに・・・・といってはナンですが、ご贔屓が月組に
出向中の友人。楽チケは自力でとったものの初日が取れなくて・・・とこぼしていた
友人に私が友会でとった月組初日のチケットを譲ることにしました。

スカピンの東宝初日チケットを譲ってもらったり、昨年暮れの「ラ・フェスタ」のチケットを
当ててくれた友人です。これで少~し恩返しが出来たかも(^^♪

というわけで東宝月組「エリザベート」のマイ初日は7月11日(土)の
11時公演になります。
B席観劇ですが、みりおちゃんのルドルフですのでオペラグラスでガン見して
こようと思います。

そして8月14日は星組初日\(^o^)/
考えるだけでどきどきしちゃいま~す!!!
[PR]

by zuzunoheya | 2009-07-04 23:38 | タカラヅカ

ペドロとイネス -コインブラ物語ー09/07/01

秋の星組全国ツアーと轟悠さんを迎えての特別公演の振り分けが発表に。
紅ゆずるさん053.gif(ふと我に戻って、この赤いの文字とハート053.gif
嬉々として使っている私って・・・・と思うのですがこうしているのが一番楽しいので
このままのモードで続行しちゃいます) 「コインブラ物語」出演

今回は全ツ組かなぁ~なんて思っていたのでワタクシ的には意外でした(笑)
全ツ独特の少人数ゆえの一人数役、ベルバラ外伝でも、小公子やってた人が
衛兵隊士になり最後はジャコバン党員になってたりする・・・
ショーもしかりなのでいろんな紅くんを見るのも楽しいかも(^^♪と思ってました。

小林公平さん原案、演出が酒井澄夫先生という「コインブラ物語」
14世紀ポルトガル。政略結婚に反発したペドロ王子は妻の侍女イネスと恋に堕ちます。
当然許される訳がない(T_T) まわりもいろいろ引き離そうとするのですが
二人の気持ちは変わりません。そのうちに妃の生んだ王子が生後間もなく死んだり
世継ぎの王子を産んだものの出産で王妃自身が亡くなります。

ペドロとイネスのスキャンダルは当時の宗教的な意味からいっても相当なもの。
世間は王子が早世したのも、王妃がなくなったのも当時流行した黒死病も
イネスのせいだと糾弾しますが、王妃がいなくなり邪魔者がいなくなった二人は
世間の風当たりもなんのその。子供もできて幸せ一杯。

そのうちに正統な世継ぎよりイネスの生んだ子供を世継ぎにとたくらんでいるのではと
イネスの実家(兄弟)の脅威を感じた父王の側近たちが、王をたきつけ?
ついに王はペドロの留守にイネスと子供たちを殺してしまいます。逆上したペドロは
イネスの兄弟らと王に反逆の兵を挙げますが母のとりなしで和解。

でもここで気がおさまるようなペドロではないんですね。2~3年して父王が亡くなり
自らが王に即位してから残虐な復讐劇が始る。イネスを殺した貴族を捕らえて
生きたまま心臓をえぐり、イネスの亡骸を王妃の玉座に座らせ家臣に忠誠を誓わせる
証しにしかばねの手にキスをさせたとか・・・・

情熱的というより激情型のもの凄い粘着気質。嵐が丘のヒースクリフ・タイプ?
そうして何より残虐! もちろん残虐はイヤなのですが「古い時代のお話としての
残虐性」にはちょっとばかり惹かれるものがあります。上手く表現できないのですが
「隼別王子の叛乱」なんかもそう・・・
宝塚の舞台にはそんな場面がない事をいのりますが(ーー;)

ペドロは轟悠さん、イネスは蒼乃夕妃さんなんだろうなぁ~と思います。
まさか水瀬千秋さんってことは・・・ネ。 で肝心のくんの役は??といえば
当然ながら見当がつきません(-_-;)
イネスの兄弟かな? ペドロの部下? ひょっとするとイネスを手にかける貴族????

時代も16世紀以降の大航海時代に移すというし、宝塚の場合は「原作」といっても
役名、舞台、設定だけを借りてまったく違うものにしちゃったりすることも多いので
詳しい事が発表される前にあれこれ詮索するのも意味がないかなぁ・・・ 
とは思うのですよ。たぶん役名が発表されても主演コンビ以外はチンプンカンプン
のはず。
でもねぇ、紅ゆずるさんが出演すると聞けば
こんな時間の無駄のような詮索をしたくなっちゃうんですよね(笑)
[PR]

by zuzunoheya | 2009-07-01 23:59 | 星組

星組・大劇場プログラム 09/06/28

東宝劇場観劇組の私にしても宝塚大劇場で星組の幕が開けば
とりあえずテンションが上がってきます(笑)
今日用事のついでにキャトルを覗いて星組公演の大劇場プログラム
紅ゆずるさんのスチールを買ってきました。

はじめは買う気はなくてぱらぱらと立ち読み・・・
でもプログラムを見てびっくり!!
だって場面解説の前にある主な配役のところにチュムチの写真と名前が\(^o^)/
もちろん順番的には最後(笑)
柚希さん(タムドク)、夢咲さん(キハ)、凰稀さん(ヨン・ホゲ)、涼さん(大長老)、
専科の一樹さん、磯野さん、組長、副組長、彩海さん、夢乃さんの次が紅くん

これだけでもワタクシ的には衝撃的だったのですが、そこから先に
予期せぬサプライズが!!!!!!!!!!
ってちょっと大げさ(笑) でも正直なところです(*^_^*)

出演者の写真が載ってますよね。
柚希さん、夢咲さん。タムドクとキハの主演コンビ見開きページのお二人は当然。
タムドクのちえちゃん、主演になって前作までのワイルド系?から
すっきりとした二枚目になりましたね。
ねねちゃん、今までのねねちゃんのイメージとは違ったメイクですが
神がかりの巫女キハの雰囲気は出ています。

次のページはヨン・ホゲの凰稀さんと大長老・涼さんの見開き。
そういえば立樹遥さんはもういらっしゃらないのだ・・・と実感。で次のページをパラリ。
上段中央に彩海早矢さん。下段は夢乃さんとくん\(^o^)/
1ページ三人スペースに登場。その後は組長、副組長と学年順です(^^♪

前公演でたくさんのスターさんが退団されたための繰り上がりということも
あるのでしょうけれどスカーレット・ピンパーネルのプログラム写真は
舞台扮装写真ぎりぎりのポジション。なんだか夢みたいです。
これを見たら遠征を待たずして買わずにはいられませんでした(^^♪
f0019968_23504586.jpg

でスチールですが、モザイクでなんだか・・・・・
ヘアスタイル微妙ですが、たしかにチュムチ!!
スカイステージの初日映像の紅チュムチとはちょっと
違う感じですが、とりあえず楽しみには
なりました(^_-)-☆
[PR]

by zuzunoheya | 2009-06-28 23:59 | 星組

大劇場星組がはじまりました 09/06/27

いよいよ始りましたね。
宝塚大劇場・星組公演072.gif「太王四神記」

目下のところ私は遠くから指をくわえて眺めていますが、
初日をご覧になった方のブログを拝見したり、舞台の様子を 055.gif やコメントで教えて
いただいたり・・・・(ありがとうございます)
早くも自分が見たかのような気分になってきました(笑)
すっかりスイッチ『ON』!!!!
チュムチ053.gifが見たくてたまりません\(^o^)/

さすが地元(笑)スカイステージのニュースで初日の模様が放送されました。
柚希礼音さんと夢咲ねねさんのお披露目と、こちらも組替えのお披露目なのに
怪我で初日の舞台が危ぶまれていた凰稀かなめさんが無事舞台にという
2つの大きなトピックスがあったので、映像はこの三人中心でしたね(^^♪

大きな背負い羽根を付けたちえちゃん、なんだか私まで感無量になってしまいました。
キハは初日の感じを見た限りではやはり主演経験の長い彩音ちゃんに軍配かな?
でもどんどん良くなるでしょう。テルさんは美しいです。ホントにきれい。

とは言うもののわたしゃ053.gifウォッチャー
なかなか紅くんが特定できず(T_T) 録画画面をスローにしてやっと見つけました。
最後の英真組長さんのご挨拶。専科の一樹千尋さんが紹介されカメラが一樹さんにパン
するのですが、そこにチュムチが・・・ ふぅ~ やれやれ(笑)

お稽古場では下手でしたが、実際は上手がポジションのようですね。

早く合いたいです(*^_^*)
[PR]

by zuzunoheya | 2009-06-27 23:57 | 星組

星組稽古場風景 09/06/25

月組が千秋楽を向かえいよいよ星組公演が・・・
昨日からニュースで星組072.gif稽古場の様子が放送されました。
一生懸命に探しましたよ。ハイモヒカンのくん

でも一回目は朝忙しい時間で斜め見?チラ見だったので見逃し(-_-;)
その後録画画面をチェックしたら出てきました。いつもの黒髪のさゆみちゃんが(笑)
先日のスカイレポートでのスカジャンにモヒカンの紅くんがあまりにもインパクト大
だったもので、てっきりあれで稽古しているものとばかり(^^♪

細めの青龍刀みたいな刀で柚希礼音さんと殺陣があって、前作のジャーナリストとは
180度違った感じ。元気があって楽しそう・・・
「俺達都会?でブイブイいわして」なんて台詞も。
花組版なんかもうすっかり忘れているのでみょーに新鮮でした(笑)

突然の代役、夢乃聖夏さん 頑張ってました。ちえちゃんとのダンスシーンは
さすがの迫力。二刀流のパソン姉さん(琴まりえさん)カッコイイ!! 
カクダンの蒼乃夕妃さん ちらりとその上後ろ姿でしたが、望月さんバージョンとはまた違った「娘役カクダン」を見せてくれるものと思います。
ホゲ・ママは華美ゆうかさん おっとりしたしゃべり方の可愛らしいお顔。
花組の花野じゅりあさんのホゲ・ママがけっこう好きでした。この生徒さんの小芝居が
好きということもあるのですが、今まであまり注目したことの無い娘役さんでしたので
今度はしっかりと・・・

スジニの美弥るりかさんお稽古場でも可愛い(*^_^*)
凰稀かなめさん早く復帰して欲しいと思いますが、ともみんのホゲも見たくなります。

フィナーレの銀橋ラインナップの紅くんですが、センターのちえちゃんから下手より男役ではちえちゃん、ともみん、紅くんの順でした。
凰稀さんが入ってきますがなんだか夢のようです(*^_^*)

トップお披露目公演で二番手さんの休演。ちえちゃんも大変かしら・・・
いよいよ明日初日の幕があきます。

 【追記】
    凰稀かなめさん、治りが早く初日から舞台へ復帰だそうですね。
    フィナーレのみ休演だそうですが良かった良かった\(^o^)/ 
[PR]

by zuzunoheya | 2009-06-25 12:02 | 星組

宙組3回目 09/06/19

久し振りに当日券並びをして宙組見てきました。
ご贔屓が他組に出張中でちょっと気合の入らない友人と9時に劇場前で
待ち合わせ。余裕でした(笑)やれやれ・・・
でも侮れません。なんてったってトップコンビの退団公演ですもの。
開演時には立ち見も完売(ほぼ完売?)でした。

この友人とご一緒するときの「定番席」(笑)を無事ゲットしてそのまま入り待ちです。
昨夜は新人公演。二回公演ですが上級生は新公が終わるとさっさと帰れるので
普段の二回公演の時より早く終わります。お呼ばれとかあるのかしら・・・
で下級生は新公の疲れが出るのかな???
何でこんな事グダグダ書くかといえば 入りが遅い022.gif
でもこれは生徒さんの事情もありますから私が吼えても仕方ないのですが
大和悠河さんが楽屋入りされたのは12時少し前でした。

当日券に並んで程なく入ってきたのが昨夜の新公の主役を務めた七海ひろきさん
エンジ色のパーカーを着たファンクラブの方たちからお手紙を受け取り楽屋口へ
ただこの方が七海さんかは私は断定できませんでした。友達がそういうもので・・・・
もしかして違っていたらすいませんm(__)m

さてここからの待ちが長くてね(-_-;)・・・・
11時を過ぎた頃からスタークラスがポツポツと入ってきました。
退団される美羽あさひさん 会服はサーモンとベージュ。二本のマフラー。
二色のグラデーションが奇麗でした。美羽さんエレガントできれいで素敵(^^♪
ファンクラブの方の中には男性の姿も。スーツにビジネスバッグをお持ちでしたので
お仕事の途中でしょうか・・・

七帆ひかるさん 左肩に名前の縫い取りのついたオリーブ色のパーカーを着た
たくさんのファンクラブの方たち。いつもはプチトークコーナーのあるえりこさんなのですが
今日は遅めの入りだったのですぐ楽屋入りされました。
陽月華さん 会服は分からなかったのですが、いかにもうめちゃんらしいスタイルでの
楽屋入り。7分丈のパンツにハンティング。もう颯爽としてます男前!!
でもハンティングの下はシニヨンに髪をまとめ紫のリボンを着けるあたりはやっぱり
タカラジェンヌ(笑)

退団者が続いたついでに大和悠河さん会服はターコイズブルーのパーカー、
左胸に薔薇の花が・・・
大和さんの会の「名物おばあちゃん」今日はお見えになりませんでした。
いつも前列最右翼が彼女の指定席??もしかしたら後ろにいらしたのかも
しれませんが、お元気なのか気になります。

白(薄いブルー?)いカッターが会服の蘭寿とむさん
黒っぽい服で颯爽と車を降りていらっしゃいましたが、その車は緑ナンバーのハイヤー
ハイヤーで楽屋入りのジェンヌさんって初めてみました(^^♪ 
ファンクラブの方の車の都合がつかなかったのかも知れませんが
こういうのってけっこう新鮮(笑)蘭とむさんも爽やかですてきでした。

北翔海莉さん みっちゃんの会は合理的。会服は公演毎、しかも宝塚大劇場と
東宝では会服が違うというのが一般的ですがみっちゃん会は
オレンジの襟付き?ベストを着まわし。こういう会があっても良いと思います。
で肝心のみっちゃんですが、オフホワイト地に薄いオリーブのストライプのスーツ。
オリーブ?モスグリーンのシャツ。爽やかでかっこよく風のように楽屋口へ・・・

悠未ひろさん ともちんの楽屋入り、超遅かったです(-_-;) タニさんの入る少し前。
会服はグリーンのチェックのバンダナサイズのスカーフ。
これがけっこうファンクラブの方の個性が出ていて楽しかったです(^^♪
アスコットタイ風の方、Tシャツの襟元にあしらう方、バッグに結んでバッグチャームに
する方。ともちんは相変わらず好感度抜群の入りでした(笑)

濃いピンク(たぶん)のマフラーは十輝いりすさんの会
男前の舞台姿とは対照的におっとりのんびりのまさこさん。
今日もファンクラブの方からの手紙を丁寧に受け取っていらっしゃいました。

88期トリオ。鳳翔大さん ローズピンクにグレーの千鳥格子(チェック??)の正方形のストール。長身で超小顔。紅くん053.gifサイズですね(*^_^*)

蓮水ゆうやさん ブルーのフードつきベスト(だったかな(@_@;)?)
遠くからでもはっきり分かる長身。鮮やかなブルーのジャケットが素敵でした(^^♪
春風弥里さんは白いカッターシャツに黒のパンツ。白と黒、二本の細いネクタイを結んでグラディエーションを楽しんでいるようでした。サングラスが良くお似合い。

2年前位までは一公演二回は当日券並びをしていた友人ですが、お互い忙しくなって
一緒に当日券で見る回数は減りました。今日はホントに久し振りの当日券並び。
お喋りしながら当日券の発売を待ち、チケットを買ってからは入り待ち。
お昼を食べて観劇。二階てっぺん席の観劇でしたが楽しいお喋りにあっという間に
時間は過ぎ、次回エリザベートの観劇を約束してわかれました。
楽しい一日でした\(^o^)/
[PR]

by zuzunoheya | 2009-06-19 23:59 | 宙組

情熱大陸 -麻子さんの孤独ー 09/06/17

まずは、春野寿美礼さんがトークショーで結婚を報告されたとか・・・
おめでとうございますm(__)m
お相手は?? という疑問にはいろいろと不確定情報ですが教えてくれる友達もいまして・・・でもはっきり分からないので寿美礼さんの幸せに思いを馳せつつ
今日のタイトルの話題に入りたいと思います。

情熱大陸 日曜午後11時からの30分番組(関東ではTBS)
番組名は聞いたことがありましたがどんな番組かはまったく(-_-;)
実は番組直前に麻子さんファンのお友達が「これからで~す」って
メールをくれて・・・お陰で見逃さずにすみました(笑) ありがとうございます(^^♪

番組は「SAUDADE」公演中、ドラマシティの楽屋入りする瀬奈じゅんさんから
始ります。楽屋口でファンクラブの方から手紙を受け取る瀬奈さん。
手紙の受け取り方法は私が東宝で見るのとは違って、瀬奈さん固定でファンの方が
動いて行く方式。ニコリともせず黙々とファンからの手紙を受け取る瀬奈さん。

「ぶっきら棒ですね」という見たまま正直な発言に「愛想悪いといわれるけど
(こういうファンとのやり取り)慣れないんですよね」とこちらも正直な返答。
「SAUDADE」終演後の瀬奈さんの化粧前。
鏡の前で口紅をぬぐい付け睫毛を外し、洗面所へ向かう瀬奈さん。
よくもまぁ歌劇団が許可したものだと思いましたが、そこから「エリザベート」初日
開演までの瀬奈さんを追っています。

(トップになれたのは)『周りの方たちのお陰だけでもないし、自分だけでもない』
『歌は苦手』言い切っちゃいました。だから個人レッスンもしたし、最後まで稽古場に
残り自分の稽古が無くても稽古を見てました。
『プレッシャー?みんな簡単に聞いてくるけど、プレッシャーが無いわけ
ないじゃない』

『真面目。そう馬鹿が付くほど。クソ真面目。悪い?(笑)』

トップスターとは? という質問には『孤独、超孤独』
トップスターは瀬奈さんに限らず同じようにプレッシャーを感じ、努力をし
それをけっして表に出さず・・・・ではありますが、瀬奈さんのような常に自分の感情に
正直な(ように見える)方の発言は重みがありました。

休演日に無邪気に愛犬と戯れる瀬奈さんの姿にも『孤高』あるいは『孤独』という文字が
浮かび上がって・・・
ここまでの取材を許した歌劇団に感謝。
自分の言葉で思いを正直に語った瀬奈さんに拍手です。
[PR]

by zuzunoheya | 2009-06-17 23:58 | 月組