ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

タグ:瀬奈じゅん ( 31 ) タグの人気記事


癒されます・OTOKOUTA・・・11/04/01

f0019968_8595270.jpg
カヴァーアルバム「OTOKOUTA」

1: 太陽と埃の中で(未涼亜希・北翔海莉) 原曲:CHAGE&ASKA
2: Missing(望海風斗) 原曲:久保田利伸
3: 歌うたいのバラッド(煌雅あさひ) 原曲:斉藤和義
4: チェリー(明日海りお) 原曲:Spitz
5: 僕は君に恋をする(沢希理寿) 原曲:平井 堅
6: 想い出がいっぱい(紅ゆずる・煌雅あさひ・香綾しずる・礼 真琴) 原曲:H2O
7: I LOVE YOU(未涼亜希) 原曲:尾崎 豊
8: 壊れかけのRadio(香綾しずる) 原曲:徳永英明
9: 奇跡~大きな愛のように~(紅ゆずる) 原曲:さだ まさし
10: STAY(望海風斗・明日海りお・沢希理寿・凪七瑠海) 原曲:コブクロ
11: どんなときも。(礼 真琴) 原曲:槇原敬之
12: Believe(凪七瑠海) 原曲:杉本竜一
13: 悲しみにさよなら(北翔海莉) 原曲:安全地帯
14: truth(全員)

「OTOKOUTA」というタイトルはワタクシ的にはちょっとビミョー(@_@;)
男性シンガーの歌を男役さんが普通の女の子のキーで歌うという考えて見れば
「カラオケ大会」ギリギリなコンセプトですがこれがなかなか(^^♪

私はDVD付きを買ったので収録シーンや本人のコメントなど楽しめましが、
ジャケットを見ないで聞いたら誰が誰やら???という方もいらっしゃるかと・・・
でも選曲も良いし素直な歌声に日頃ストレスを抱えている身としては
本当に癒された気がしました



[PR]

by zuzunoheya | 2011-04-01 12:17 | タカラヅカ

時の過ぎ行くままに 09/11/11

なんなんでしょう。この気取ったタイトルは(笑)

一昨日瀬奈じゅんさんが宝塚大劇場を卒業されました。
CSのニュースで見るあさこちゃんは真摯で孤高でゾクゾクするほど素敵でした。
「悟る」というと何となくニュアンス違うかな・・・という気がしないでもありませんが、
一点の曇りも迷いもない「潔さ」を感じました。

さよならショーで歌っていたのはディナーショーで歌った「奇跡」でしょうか・・・
紅ゆずるさんがお茶会であさこちゃんへのリスペクトと共に聞かせてくれた曲です。
現役の男役さんの中にもファンの多いあさこちゃん。まさに『巨星』ですね
組子に担がれての賑やかなあさこちゃんの楽屋入り。
全員アフロヘアっていうのがいかにも「月組」(^^♪

きょうは1が4つ並んだ11月11日。で昨日は11月10日(当たり前だ・・・)
11月10日は「川口の日」(埼玉県川口市)なんだそうです。
1110 → 川口 語呂合わせじゃなくて完全に駄じゃれ(笑)
何でこんな事覚えているかといえば3年前のこの日は川口で花組の全国ツアーが
ありました。「うたかたの恋」「エンター・ザ・レビュー」

ショーの中で本公演では樹里咲穂さんが演じたピエロが客席おりしてご当地ネタ。
この日のピエロは雪組に組替えが決まっていた彩吹真央さん
彼女のご当地紹介ネタでした。
その当時のブログを見るとまぁ「寿美礼LOVE」一色(*^_^*)
春野寿美礼さんはそのほぼ1年後に退団されるわけですが、
三年後のマイブログがこんなにに染まってしまうとは・・・(ーー;)
072.gif紅ゆずるさん053.gifを見初めたのは「愛するには短すぎる」の入りでしたのでちょうど
この頃だったのかも知れません。正直こんなんなっちゃうなんて(@_@;)

そういえばこの時一緒に行った湖月わたるさんのファンの知人。
この時すでに古希くらいのお歳だったと思いますが、もうすぐ宝塚を卒業する
わたるさんに会いたくて公演前に日比谷で入り待ち。
もちろんファンクラブに入っているわけではないので後ろの方からそ~っと(*^_^*)
日比谷から川口に戻って2公演観てとつくづく宝塚ファンは元気がいい!!
と実感しました。

この知人「愛短」では観るたびに涙を流し、ご一緒に出待ちをすればため息と涙。
宝塚に出会ってすぐ、劇的に「わたるさん堕ち」した方なのでわたるさん卒業後は
どうなってしまうのかしら・・・と心配でした。でもそれは杞憂だったようで(^^♪
今ではわたるさんの応援もする傍らしっかり柚希礼音さんにシフトして会うたびに
「ちえちゃん、ちえちゃん」(*^_^*)
私の「紅落ち」と同じような感じでしょうか・・・・

大劇場千秋楽で瀬奈じゅんさんにお花を渡した同期生は宙組の大空祐飛さんでした。
78期の最後のお二人・・・ トップを極めて卒業してゆく瀬奈さんと紆余曲折は
あったもののはれて宙組のトップに立とうとしている祐飛くん。
二人の胸にどんな想いが交差したのでしょうか・・・

満を持しての宙組トップお披露目公演「カサブランカ」の幕がまもなくあがります。
[PR]

by zuzunoheya | 2009-11-11 23:37 | タカラヅカ

「エリザベート」楽前その3 09/08/13

明日はいよいよ星組初日。
しばらく紅ゆずるさん一色になりそう・・・(笑) 
その前に行けるとこまで・・・って自信ありませんがとにかく月エリザです。

瀬奈じゅんさん スカイステージで瀬奈さんの千秋楽の挨拶を見ていて、
退団者への優しく暖かい配慮が心にしみました。「次はあさこさんなんだ」という目で
見てしまうからかもしれませんが、トート閣下、青い血の流れている黄泉の帝王という
よりやはりあさこトートの血は赤く暖かいのでは・・・・そんな感じのするトート閣下でした。

フランツヨーゼフの霧矢大夢さん フィナーレの下手迫から登場するきりやんが
一番好きです(^^♪ プロポーズの場面も鏡の間も夜のボートも素晴しいですが
「愛と死の輪舞」を歌いながら銀橋を渡るきりやん、芝居の中では終始「苦悩の人」
でしたので、そんな苦悩から解き放たれて晴れ晴れと歌う姿はとても素敵でした。

トリプルキャストになったルドルフ。私は明日海りおさん青樹泉さん
遼河はるひさんのルドルフは見れませんでした。

みりルドはマイ初日の時に書きましたが、もりルドさん、思ったよりミリルドさんとの
学年差感じませんでした。若々しく繊細な感じが出ていました(^^♪
私の周りの「エリザベートリピーター」にはアヒルドの評判がけっこう良いのです。
学年的にシンドイかな・・・なんて言われていますが、ちょっと大人っぽい・・・
旧態依然の君主制にこだわる父と対立する若き皇太子というだけでなく、
もしかしたらマリーヴェッツェラー男爵令嬢の気配が見え隠れするような
ちょっと大人っぽいルドルフがみられたのかしら・・・なんて(*^_^*)

あひちゃんは二回ともエルマーでしたが、カッコイイですね。
シュテファンのみりおちゃん。前半の若き革命家のうちは良かったのですが
後半のお髭はちょっと辛い感じだったでしょうか・・・・

上手いのだけれど(-_-;)・・・ というお二人
マダムヴォルフの沢希理寿さん 上手いのです。ホントにお上手。
でも期待しすぎでしょうか?女役はやり難い??
もう一人は音姫すなおさん この方は歌の上手い方という認識もあったし「SAUDADE」ではけっこう歌ってましたよね。
そんな方でもエトワールはまた別なのでしょうか・・・・
星組でころちゃんが堂々とした歌声を披露していたのを思うにつけても
実力のあるお二人の次回の舞台に期待する意味でちょっとばかり憎まれ口
を叩いてしまいました。お許しください。

あと数分で8月14日。星組「太王四神記」の幕が上がります。
行ってきま~す!!!016.gif
[PR]

by zuzunoheya | 2009-08-13 23:57 | 月組

「エリザベート」楽前公演 09/08/10

8月9日(日)11時公演 月組『エリザベート』 です
楽日の楽前公演といってもトップの退団公演という訳ではないので、緊迫感とか
そんなものはあまり見えず。考えてみたらトップの退団公演楽日に日比谷周辺に
いたことなんかありません(-_-;) でもトップさんが辞められる時って、たくさんの
ファンクラブの会服が一斉に白くなったりとか、寂寥感がひしひしと・・・・

とは言うものの劇場前で目に付いたのは背中に108の白の会服。
「109?じゃなくて108??はて・・」どうやら榎登也さんのよう・・・
登也さん(とうや)だから108(笑)
この日は下級生のファンクラブの代表さん??もとーやんの会服を着てチケット
をファンクラブの方に渡していらしたようです。

前からこういう語呂合わせってあるのでしょうか・・・
安蘭けいさん(とうこさん)105。望海風斗さん(ふうとさん)210。榎登也さん
今まで知ってる会服語呂合わせってこの三人位でしょうか。
私けっこうこういうの見ていて楽しいので好きです(^^♪
考えてみたら紅ゆずる053.gifさんだってくれない(9071あるいは9075)って
語呂合わせも可能かも(*^_^*)

この日は客席に力士の方をお見かけしました。宝塚と角界って真逆な感じがしますが
けっこう客席に力士のお姿、見たことがあります。
でもこのお相撲さん、私のようにモンゴル出身の横綱くらいしか分からない人間に
とってははてな??でした。そして、楽屋口でご一緒したのでよけい
記憶にあるようで・・・

ご贔屓に差し入れをする友人にくっついて入った楽屋口で鬢付け油の匂いも鮮やかな
力士さんとご一緒しました。月組娘役さんへの差し入れを楽屋口にあずけて堂々と
楽屋口を後にされました。

私の場合、公演の話というよりは周辺状況ばかり・・・
公演内容は次回ということで・・・・
[PR]

by zuzunoheya | 2009-08-10 23:50 | 月組

エリザベート

東宝月組公演「エリザベート」 マイ初日です。
7月11日(土)11時公演。
マイ初日とは言うものの、リピートできるかわからずもしかして
マイ楽かもしれない(ーー;)と思いつつ二階席へ登山開始。息がきれるわぁ・・・

プログラムの表紙はトート閣下の顔のアップ。
今回のプログラムあちらこちらでトートのそれもアップの写真が。
たしかに美しいです(笑) 
私の中では歴代1位のビジュアル。
まったく個人的な感想ですが、春野トートはやんちゃで人間くさい感じ。
たしか夏美組長が「オサのトートは野郎っぽかった」って言ってたのを覚えています。
水トートはと言えば水というより氷のようなトートでした。でもこの氷うっかりさわったらたちまち凍傷になりそうなドライアイスのような氷でした。

今回の瀬奈トート まず「静」という文字が浮かびます。
でもその次は「冷」ではなくどちらかといえば「暖」
なかなか「堕ちない」?エリザベートにいらだちながらもいずれは・・・という
確信をもちながら静かに静かにエリザベートを追い詰めていく・・・
そんな感じでしょうか。

「情熱大陸」で垣間見た『孤高』なあさこさんに重ね合わせるせいかもしれませんが
黄泉の帝王を淡々と演じる瀬奈トートはゾクゾクするほど魅力的でした。
宝塚大劇場での評判は頭に入っていましたが、皆さん大劇場公演を終えてしっかりと
役を消化したようで大劇場でいわれた全体的に「若い」という感じはありませんでした。


f0019968_19432810.jpg 娘と一緒に観劇したのでその感想や、思ったよりずっとずっと良かった凪七瑠海さん、出ずっぱりでアドリブが楽しみな龍真咲さんなどまだまだ話題はあるのですが、その辺はとりあえず次回です(^^♪
                 
星組全国ツアーのチラシ(*^_^*)
ちえちゃん、ねねちゃん可愛い・・・
一瞬だれ??
って目がテンでした(笑)
スカイステージの「こだわりアラカルト」のたしか「コメディー」だったかな???
名うてのプレイボーイ(轟さん)が
実は美しいめがねのお堅い秘書を
くどく場面がとっても可笑しかったです。

このあたりはブランク中でよく分からないのが残念ですが
ちえちゃん&ねねちゃんの2ショットを見てとっても楽しみになりました。
[PR]

by zuzunoheya | 2009-07-12 22:12 | 月組

ちょっとうれしい話(笑)  09/07/07

個人的にですが今日はちょっとうれしいニュースが・・・
10日に幕が開く月組公演「エリザベート」
11日の午前公演、娘と一緒に見られることになりました(^^♪
といってもB席ですが(笑)

いつも団体で観劇していた仲間にキャンセルが出て、娘が瀬奈さんのファン
ということからチケットをまわしていただける事になりました。
実はこの日知人にいわゆる「会チケット」で娘のチケット、お願いしていたのですが
みりルド東宝初日のプラチナチケット。ファンクラブの会員でもお断りされてしまう程の
チケ難公演。友達のぶんは取れたそうですが、一緒に申し込んだいわゆる「友人分」は
お断りという連絡が来たそうです。

当日は〇ネッセの模試があって受験生がこんな事していいのか!!とは思います。
我が家が熱心なのはどうやら学校教育ではなく情操教育だったのかも(-_-;)
けっして宝塚ファンとはいえない娘。でもヅカ狂い(笑)の母のお相伴をさせられるうちに
娘なりの「宝塚ワールド」が出来ているような気がします。
そして娘の「宝塚ワールド」の中心はいつも瀬奈じゅんさんでした。

さよなら公演は受験直前でたぶん見れないでしょう。
なのでよけい娘とあさこちゃんの代表作の一つとなるであろう舞台が
見られるのは幸せだと思います。
[PR]

by zuzunoheya | 2009-07-07 23:59 | 月組

情熱大陸 -麻子さんの孤独ー 09/06/17

まずは、春野寿美礼さんがトークショーで結婚を報告されたとか・・・
おめでとうございますm(__)m
お相手は?? という疑問にはいろいろと不確定情報ですが教えてくれる友達もいまして・・・でもはっきり分からないので寿美礼さんの幸せに思いを馳せつつ
今日のタイトルの話題に入りたいと思います。

情熱大陸 日曜午後11時からの30分番組(関東ではTBS)
番組名は聞いたことがありましたがどんな番組かはまったく(-_-;)
実は番組直前に麻子さんファンのお友達が「これからで~す」って
メールをくれて・・・お陰で見逃さずにすみました(笑) ありがとうございます(^^♪

番組は「SAUDADE」公演中、ドラマシティの楽屋入りする瀬奈じゅんさんから
始ります。楽屋口でファンクラブの方から手紙を受け取る瀬奈さん。
手紙の受け取り方法は私が東宝で見るのとは違って、瀬奈さん固定でファンの方が
動いて行く方式。ニコリともせず黙々とファンからの手紙を受け取る瀬奈さん。

「ぶっきら棒ですね」という見たまま正直な発言に「愛想悪いといわれるけど
(こういうファンとのやり取り)慣れないんですよね」とこちらも正直な返答。
「SAUDADE」終演後の瀬奈さんの化粧前。
鏡の前で口紅をぬぐい付け睫毛を外し、洗面所へ向かう瀬奈さん。
よくもまぁ歌劇団が許可したものだと思いましたが、そこから「エリザベート」初日
開演までの瀬奈さんを追っています。

(トップになれたのは)『周りの方たちのお陰だけでもないし、自分だけでもない』
『歌は苦手』言い切っちゃいました。だから個人レッスンもしたし、最後まで稽古場に
残り自分の稽古が無くても稽古を見てました。
『プレッシャー?みんな簡単に聞いてくるけど、プレッシャーが無いわけ
ないじゃない』

『真面目。そう馬鹿が付くほど。クソ真面目。悪い?(笑)』

トップスターとは? という質問には『孤独、超孤独』
トップスターは瀬奈さんに限らず同じようにプレッシャーを感じ、努力をし
それをけっして表に出さず・・・・ではありますが、瀬奈さんのような常に自分の感情に
正直な(ように見える)方の発言は重みがありました。

休演日に無邪気に愛犬と戯れる瀬奈さんの姿にも『孤高』あるいは『孤独』という文字が
浮かび上がって・・・
ここまでの取材を許した歌劇団に感謝。
自分の言葉で思いを正直に語った瀬奈さんに拍手です。
[PR]

by zuzunoheya | 2009-06-17 23:58 | 月組

「SAUDADE」覚え書き  09/03/31

月組特別公演「SAUDADE」

日にちは経ってるし、星組は始まっちゃってるしで細かいところがどうの
という事はもはや不可能になりました(ーー;)
星組のマイ初日も開いてもはや「紅ゆずる」しかござらぬ状態(笑)
晴れ晴れとした気持ちで切腹いえ観劇を・・・

でも備忘録も兼ねている訳で少しばかり・・・
3月27日のブログで二階席後方で舞台から遠くて・・・とぼやきました。
多分席の問題が大きかったと思うし一階の良席なら違った感想に
なっていたのかもしれません。

一幕が開いてすぐは「SAUDADE」(郷愁。愛惜、追慕 etc・・・)というタイトルに
とらわれすぎて「稲葉先生何を表現したいのだろう?」なんてよけいな事考えてました。
なんか違う?それはなんだろう?

瀬奈じゅんさんや越リュウ組長以外はみんなカンパニーのコマに
なっちゃってるみたい・・・舞台って本来そういうものなんだろうけど、
宝塚って他の舞台以上に+生徒の個性に負っている部分が大きくて
ファンもそれを楽しみにしています。

退団する生徒への様々な「はなむけの趣向」がその最たるもの(笑)
普通下級生でも小さな趣向がちりばめられていてそれが分かれば
一人前の宝塚ファン(笑)・・・みたいな。

二幕の港町の酒場の場面、そのかちゃんともりえちゃんが入れ替わっても
なんら問題ない気がするし、極端なはなし私にはなじみの無い下級生が
そのかさんやもりえちゃんの役をやってもって技術的に無理とは思うけど
かまわない・・・みたいな。今日は「・・・みたいな」がやたら出てすいません。

この場面「正塚先生みたい!」と思った方多いと思いますが、
一幕はオギー?、二幕はハリー?、でもやはりあさこちゃんは素敵でした。
グレーのスーツに赤いシャツ惚れ惚れいたしました(*^_^*)
よけいな事を考えるのをやめてからは「あさこダンスカンパニー」
なんと心地良かったことか・・・・
[PR]

by zuzunoheya | 2009-03-31 23:42 | 月組

「SAUDADE」千秋楽 09/03/27

わずか三日間、5公演で千秋楽というのもなんですが一応・・・
月組特別公演 千秋楽
「SAUDADE」
 ~Jにまつわる幾つかの所以~


まず言い訳のようですが席が(ーー;)
友会で取れた席はセンターブロックながら2階 I 列(9列目)
赤坂ACTシアターでも感じたことですが二階の傾斜はかなりキツイです。
傾斜のキツさではひけをとらない東宝劇場の二階16列の常連のワタクシですが
その普段の定席より今日の9列目のほうがはるかに舞台から遠い感じがしました。
音楽にはいいかもしれないけどこの席で演劇はきついかも・・・

ダンスの場面はまだ良いのですが、芝居の場面は誰が台詞を言っているかが
わからずちょっと残念でした。
けっこう客席降りや客席からの登場が多かったのにほとんど蚊帳の外でしたが
かといって楽しくなかったわけではありません(笑)

何回かあった客席降りの客席いじり、センターブロック下手角席に外国人の男性が。
その方頭の毛がない方で、瀬奈じゅんさん通り過ぎざまそのつるつる頭を
ナデナデ(笑)こんな席に座っているのは海外の演劇関係者?
エリザ関係のどなたか??あさこちゃん、そんな事やっていいの(^^♪・・・でした。
でも大受けしてました。

何度目かのアンコールの後、紗幕の前に13人が並んで、最後だから一言。
下級生からなのですが、男役さんも素の女の子に戻ってかわいかったです。
憧花ゆりのさん、花瀬みずかさんは涙ぐんで言葉が出なくなり越乃リュウさん
あさこちゃんが言葉に詰まるたび心配そうに手を差し伸べているのが印象的でした。

どうでも良い様な事ですが、終演後のご挨拶で口を切るのが
組長の越リュウさんではなく上級生のあさこちゃんだというのが、
「生徒」と呼ばれる宝塚ならではで笑ってしまいました。

あさこちゃん、公演のサブタイトル「Jにまつわる幾つかの所以」
この所以という字が読めずに始まったお稽古でしたと笑いをとっていました。

13人という小さなカンパニー。ホントに結束したチームだったようですね。
「休演禁止令がでました。」「体力勝負の公演で~」とはあさこちゃんの弁。
ご挨拶は慣れているはずの越リュウ組長でさえ言葉に詰まったり・・・
ハードなダンスシーンの連続でしたので、体調の維持や慣れない会場での公演。
うっかりあさこちゃん「来難い場所なのに」とポロリ(笑)すぐ「良いホールですね」
とフォローしてました(^^♪

みんなこのチームが解散するのが辛そうでした。
公演の中身の話がぜんぜん出てきませんね(ーー;)そのへんはいずれまた(^.^)/~~~
[PR]

by zuzunoheya | 2009-03-27 23:57 | 月組

月組2回目・その3 09/02/05

1月31日15時30分開演の部。貸切公演でした。
ショー 「Apasionado!!」
瀬奈じゅんさんのワンマンショーというもっぱらの評判
幕開き、客電が落ちる前に城咲あいさん率いる娘役さんのダンスが始まります。
その後に開演アナウンス。些細な事と言えばそれまでですが指揮の先生の紹介は
あるもののスポットは無し。大好きな御崎恵先生なのに残念!!

幕開きがいきなり大階段で、その中央に
「小林幸子チックなあさこちゃん」
かなりインパクト大です。

ワタクシ的に印象に残ったのは大雑把にいうと、幕開きの小林幸子、第8場以降の
ヴァレンチノ、中詰めの男役美女軍団 VS 瀬奈じゅんさん、
16場からの龍真咲さんと明日海りおさんの場面、そしてフィナーレでしょうか・・・

幕開き大階段にスタンバッたあさこちゃん。
大階段いっぱいに広がったマントを引き抜くと鮮やかな赤いスパニッシュのお衣装。
ここでちょっと文句なんだけどこの時のお衣装後ろにヒラヒラがついていて
豪華と言えば豪華なのですが、なんだか宝塚OG公演(体形の崩れかけた元ジェンヌの体形カバー)を見ているようでその後ヒラヒラははずされますが、
「小林幸子」のマントを取ったあとはヒラヒラ無しのマタドール姿の方がスッキリして
よかったのではと思いました。小さな突込み大きなこだわり申し訳ありません(笑)

ヴァレンチノ
宝塚の男役ならば一度はやってみたいお役なのでしょうね。
センター分けのオールバック。どの役も素敵・・城咲あいさんの黒衣も美しかったです。

宝塚大劇場公演中から話題を集めた中詰め。
遼河はるひさんに始まって、スター男役さんの女装??が銀橋を渡り客席にアピール。
最後は越乃リュウ組長の強烈アピールで締めくくります。
この場面、個人的には星条海斗さんのマドンナ?ぶりが大好きです。
でも男役さんの「女装(笑)」ってけっこう楽しいですよね。

その後の場面。龍真咲さんと娘役になった明日海りおさんの場面
これが「二人の貴公子」ね~みたいに眺めていましたが、龍真咲さん体調不良で
懸命に舞台を務めていらしたのですね。
まさおちゃん&みりおちゃんの場面の後に登場する瀬奈さん。
瀬奈さんの役名は半獣レイ。そのレイ率いる「レオン」のお衣装、どこかで見たよ・・・
すぐ思い出せそうなのに出来なくて暫し思考停止。分かる方教えてくだされ!!!

あくまでワタクシ的な感想ですが、城咲あいさんは他の娘役さんと衣装も違い
何処にいても良く分かりました。でも羽桜しずくさんはフィナーレ以外確認できず(ーー;)
プログラムを見ると場面によっては娘役の芯で出ているのに、演出上の問題なのか
いわゆる「オーラ」の有る無しなのか・・・

一場面ながら龍真咲さんの相手役をした明日海りおさんの「私を見てオーラ」は強烈でたしかに男役の演ずる女役(娘役)は魅力的ですが、娘役No2なのですから
頑張って欲しいです。
もうお一人、ヴァレンチノのあさこちゃんとあいあいの場面のカゲソロされた
沢希理寿(さわきりず)さん今年研7になるのですね。心が洗われる歌声でした。

フィナーレの大階段。
扇を配したセットはとても美しく、シャンシャンの代わりの電飾扇もきれいでした。
研ルイスさんのエトワール?というサプライズも嬉しくて現在の歌劇団のショー作家
では一番安心して見ていられる藤井先生。
いよいよ明日幕を開ける宝塚大劇場・星組公演「ア・ビヤント」も期待できるかな(笑)
瀬奈じゅんワンマンショー それも良いではありませんか
次回は友会でとれた月組千秋楽へ行ってきます。
[PR]

by zuzunoheya | 2009-02-05 23:09 | 月組