ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

タグ:真飛聖 ( 15 ) タグの人気記事


花組初日・・・11/03/26

雪組の話も書きます。
雪組楽前公演の話は別ウィンドウで書いてますんで・・・
私の傾向としては「この話は次回に」なんて書いても結局書けないことの方が
多いです(-_-;)すっかり「オオカミおばさん」になっているのでちょっと自分に
喝を入れてみました。まぁ期待されているとも思いませんが・・・

どんな風に話が進むか見当がつきませんが蓋はしませんので
よろしくお願いしますm(_ _)m

友会でとれた初日チケット。
真飛聖さんの退団公演。本来ならば寂しいながらもお祭りモードの公演になっていたはず。震災の被害が伝わる中、電力消費の多い公演を上演するにあたっての生徒さんの葛藤は最後の組長さんの挨拶にしっかり現れていました。

とりあえず思いつくまま書いてみたいと思います。
「愛のプレリュード」
いきなりなんですが桜一花さんのお婆さんってひどいと思いません??私特に大ファンというわけでもないけど・・・はい、
聞いてはおりましたよ(-_-;)でもなんで???でした。
案外ご本人的には楽しんだ役作りだったりするかもしれませんが、ワタクシ的には
オペラを向けるのが辛かったです。
もしかしたら、次回作の「ファントム」ではカルロッタをやってもらうから今回は
我慢してね・・・なんて話があったんじゃないか。そんな願望とモーソーが頭の中を
ぐるぐる(笑)

主人公が何年ぶりで故郷に帰って来て昔の友人と再会する。
花組だけに「アデューマルセイユ」を思い出しました。壮一帆さんがまとぶんの事を
フレディーではなくジョジョなんて言い出しそう(笑)

(一応)ヒロインの蘭乃はなさんとのラブロマンスというよりは物語の根幹はフレディー@まとぶんとジョセフ@えりたんの男の友情話。なにげにマイルドな正塚作品風かも・・・
ショーで女役のえりたんとまとぶんのダンスがありましたが、若い娘1よりはいつも
ガッツリ組んでいる男1&男2コンビの解体への惜別の思いが強いのかしら・・・なんて。

組長のご挨拶。夏美ようさんはけっして話が上手い方ではありません。
いつもハッチさんのご挨拶にはハラハラドキドキ。でもそんなハッチさんのとつとつとした
時に言いよどみ噛みながらのご挨拶は心にしみました。
大劇場公演と東宝公演の間に起きた震災。被災地に帰省中でなかなか連絡が取れない
組子の心配、被災地から集合日に宝塚までたどり着いた組子にほっとしたこと。
こんな時に公演して良いのだろうかという苦悩。
組子たちとお稽古の傍ら連日話し合ったそうです。

その話はまとぶんのご挨拶にも引き継がれ、気取らないまとぶんらしい自分の言葉で
涙、鼻をすすりながら悩み、葛藤を話してくれました。
当日の舞台稽古までいろいろと逡巡していたけれど、初日の幕が上がった瞬間
迷いはなくなったとか。お客様が背中を押してくれました・・みたいな事を言ってましたが
舞台と客席が同じ想いでひとつになった気がしました。

公演をしながら災害支援をする方法を花組みんなで考え終演後当番制で
衣装のまま劇場エントランスホールで義援金活動をしようという事になったそうです。
小劇団か大衆演劇のお見送りみたいでいままであまり例のないこと、でも
これって商業演劇の基本かもしれない・・・なんて思ったり(^^♪

初日終演後の劇場エントランスには、真飛聖さん壮一帆さん愛音羽麗さん
蘭乃はなさん夏美ようさん高翔みず希さん眉月凰さん悠真倫さん
という豪華メンバー。まとぶんはフィナーレの白いお衣装から黒燕尾に着替えて
救援募金。私はハッチ組長の募金箱へ。
諭吉さんや一葉女史はちょっと無理なので野口英世さんお一人様(^^♪
ご挨拶、とっても感動しました、頑張ってくださいねって言ったらちゃんと私の目を見て
「ありがとうございます」って言ってくれました。

明かりを抑えた終演後のエントランスは生徒さんとファンの暖かい想いで
溢れていて、日本は、宝塚は大丈夫!!そんな希望の光がみえたような
きがしました。
[PR]

by zuzunoheya | 2011-03-26 07:03 | 花組

花組初日 10/09/18

「麗しのサブリナ」「EXCITER!!」
東宝初日をみてきました。

「麗しのサブリナ」の話しから。
真飛聖さんがトップになってから、「ミー&マイガール」「メランコリックジゴロ」以外は
全ツを含めて見ていますが「太王四神記」は別にしてこれが一番好きです(*^_^*)
堅物?のライナスの向こうに「相棒」の杉下右京っぽいとぼけたおかしさが
垣間見えて・・・ まぁ私の見たいまとぶんだったということかもしれませんが(笑)

壮一帆さんの「次男坊キャラ」って好きだし安心してみていられます。
今回のディビットはKYのようでいて兄の気持ちもちゃんと察している・・・
けっこう良いやつじゃん!みたいな(笑)

でも私今、壮さんのあくの強~い役が見たいと思ってます(^^)
「オグリ」は残念ながら見ていないのでなんですが、劉邦も、大長老&プルキルも
あくの強いお役ではありましたが、二枚目でぞくっとするような悪役が見てみたい!
そう思います。私の知ってる壮さんの「二枚目系悪役」っていったら「アデュー
マルセイユ」と「堕天使の涙」くらいなのですがあれだけのビジュアルとスタイル、
今しか出来ない黒~いお役、熱望しております(笑)

私がこの作品好き!!と思った一番の理由は蘭乃はなさん(^^)
春野寿美礼と同じくらいのベタな芸名で、以前はちょっと引き気味でした(^^;)
今までは双子ちゃんのすみれ乃麗さんの方を注目していましたので、
センターに立ったこの子がこんなにやれるとは正直思っていませんでした。

今回のサブリナというお役が合っていたということもありますが
可愛いなぁ~と手放しで思えちゃう雰囲気。
ワタクシ的にいえば花組「ほっとけないNo1」です(笑)
もちろん「華」もオーラもありますが・・・・

ただまったく問題が無いわけではないわけで・・・
トップ3まではしっかりと描かれていますがそれ以下の方たちはやはり(^^;)
3番手の愛音羽麗さん はストーリーテラーというお役。さまざまな場面にいろいろな
お役で登場しての物語の進行役。苦肉の策でしょうがもったいない。
むしろ未涼亜紀さんの秘書のほうがアピールできるお役だったかも・・・
この辺は組替えの「お餞別」かな??と思ってみていましたけど(笑)

中堅どころの路線さんはディビッド(壮さん)の友人役、新公学年の若手男役さんは
サブリナの学友とお屋敷の使用人。もったいないのオンパレードです。
娘役さんもライナス兄弟の母絵莉千晶さん、ライナスの秘書桜一花さん、ディビットの婚約者天咲千華さんが目に付くくらいで・・・

スカイステージを見るようになってから3年とちょっと。
「麗しのサブリナ」のような(著作権?の)規制は記憶にありません。
本公演や新公映像はもとより稽古場風景まで映像はNG。新公なんか挨拶のみ
ですもの(^^;)

観客のだれもがある程度先を読める展開なのに登場人物の心情を吐露する
台詞や歌があるのもまどろっこしい気はしました。

公演の内容は映画のストーリーそのままのよう。
あれだけ著作権がうるさいので物語の「宝塚ナイズ」が難しかったのかな?
花組前作「虞美人」がまったく虞妃の物語ではなかったに反して
今回は著作権の制約があったための「怪我の功名」かもしれませんが
まぎれもなく「麗しのサブリナでした。

最後のご挨拶、いつも噛みがちのハッチ組長、この日もちょっと噛み噛み(笑)
つられてまとぶんもすこし噛みましたけれどまとぶんらしい気取らない
ご挨拶でした。アンコールの拍手が止まらないことにびっくりして「1!2!3!」
みたいな掛け声で拍手をストップ。退団される絵莉さんにも心配りして・・・・
まとぶん、以前はご挨拶で「素のゆうさん」が出てきて????ということも
ありましたが最近はトップの貫禄ですね。

ショーの話しはまた別の機会に(^^)/
[PR]

by zuzunoheya | 2010-09-18 22:10 | 花組

「虞美人」初日 10/05/01

劇場エントランスにはひときわ長身の小林公一理事長と甲にしき東宝支配人。
そして演出家の木村先生がプログラムへのサインに気楽に応じていらして(笑)
たぶん、勇気?のある方が先生をみつけてサインをお願いしてOKして
下さった先生の前に行列ができちゃった・・・てとこでしょうか (#^.^#) 

幕間の2階のラウンジで芸者さん?数名発見。私のイメージにある粋なお姐さん
というより京都の舞妓さんのように若くてきれいでまるでお人形さんのような
芸者さん。もちろんだらりの帯ではありませんが・・・
髪をきれいに結い上げていらして、後ろのお席の方はどうなのかしら??とも
思いましたが、初日に華を添えた感じで私まで華やかな気分になれました。

初めて見るのに赤~いはなび~ら~ というメロディーは知っています。
考えてみると最初のベルバラブームの時は今では考えられないくらいのものすごい
宝塚ブームで過去の作品や宝塚の歴史がいろいろ取り上げられていましたね。
だから、「虞美人」のテーマもツレちゃんの「僕は君」とか「星の牧場」。
「望郷の琵琶歌」のメロディーもすんなり出てきます(笑)

というわけで私なりの花組初日の感想。
昨日は体調も精神状態もいまいちでして(@_@;)
そんな個人的な状況に影響された感想になるかも知れませんので
蓋をしましたよろしければお読みくださいm(__)m

蓋(ポチっ・・・・)
[PR]

by zuzunoheya | 2010-05-01 23:53 | 花組

「相棒」千秋楽その2 10/01/24

忘れないうちに第二弾です(笑)
ストーリーは私などにはまったく先が読めない展開でした。
ヒロインの夫の不倫相手と思われる調律師が実はスコットランドヤードの
潜入捜査官だったり、細かく砕いたドライアイスを密閉空間で急速に
気化させると一酸化炭素中毒を起こすとか(@_@;)・・・
実は生協の宅配のシッパーに入ってくるドライアイスを気化させて
「宝塚!!」と遊んでいる私。もちろん換気してはいますが
無知を反省(笑)

花組別働隊のバウ組ヒロインは白華れみさん 
こっちは観ていないのでなんですが、彩音ちゃん卒業後の056.gifの娘1さんは
天咲千華さんかも・・・とふと思いました。好みから言えばれみちゃんですが、
あまちゃきさんのコケティッシュな小悪魔から清純派まで守備範囲が
広そうな感じは楽しみです。あまちゃきさん、ご実家が有名なのでいろいろ
憶測は飛ぶでしょうがそうなったら頑張って欲しいです。
もちろんれみちゃんでも「無問題」ですが(笑)

千秋楽のお楽しみはご挨拶とアンコール(#^.^#)
特別公演、ちょっとでもフィナーレが付くと嬉しい私。
今回もプチフィナーレがつきました。
出演者が勢揃いして待ちかまえるなか最後に登場した真飛聖さん
主題歌を歌い始めるのがペンライトを振り始めるタイミング。
客席ゴソゴソとペンライトを取り出して点灯。舞台上もわぁ~!!という反応。

まとぶんの楽のご挨拶って4~5回は見ていますが、いい意味で「素のゆうさん」
が出てくるのが楽しいのρ(^o^)♪ けして優等生的な挨拶ではないし
「マインド・トラベラー」の青年館楽なんか、アンコールのたびに
「いやぁ~どうしよう」ってしどろもどろ。でもそこが気取らないまとぶん(笑)

今回もアンコール、通り一遍のと言ったら失礼かな・・・・一応のご挨拶の
あと、まとぶんワールド全開でした。ペンライトがキラめく客席を眺めて
「キレーずっと見ていたいですね」何度かこのフレーズは出ました。
客席がものすごく元気で「最高!!」とかさかんに掛け声がかかります。
それをまとぶんが受けて反応。舞台と客席のキャッチボールがビシビシ決まって
とっても心地良いの(#^.^#)

舞台と客席のキャッチボール、予期せぬ潤滑油になったのは専科の
星原美紗緒さん。彼女って笑い上戸???
組長から専科より出演のリスペクトコメントを受けて満面の笑みのホシさん。
まとぶんのユーモア溢れるご挨拶に過剰反応(笑)笑いが止まらなくなって
涙がでるしこのままいくと呼吸困難(笑)になっちゃいそうな感じ。そのたびに
ハッチ組長がホシさんのところへ飛んでって笑いのスイッチ(@_@;)?を
オフにしたり、もうそれだけで大笑い。

楽の前日にテレビ朝日のスタッフとキャストが観劇されたそうです。
まとぶんが凄くチカラが入りましたと話していらっしゃいました。
「キャー!!」みたいな普段の宝塚の客席にはない反応があって楽しかった
とのこと。その時の観劇の様子やその後のテレビキャストと花組生との交流話は
テレビ朝日「相棒」公式HP、「ヒラ・P伊藤仁の事件簿」に載っています。
興味のある方は検索してみてください(直リンして良いかわからなかったので・・・)

アンコールは2度目からスタンディグ。
(アンコールの)幕が上がって「わぁ~」って反応が嬉しいのよね
、というまとぶんの言葉に次のアンコールの幕開きには皆声を揃えてわぁ~

客席の男性から「万歳三唱!」と声がかかり受けたまとぶん。
「それではお手を拝借」(笑) それってちがうでしょう。すんでのところで
気づいたまとぶん。万歳三唱を無事終了し、その後のアンコールで三本締めも

とりあえず楽しい公演ではありました。
でも石田アレルギーに関してはまた次回に。
[PR]

by zuzunoheya | 2010-01-24 23:58 | 花組

花組全ツ「哀しみのコルドバ」「Red Hot SeaⅡ」09/05/08

昨夜は花組全国ツアーと紅ゆずるさん出演のスカイステージトーク番組の
第一回目の放送が重なりました。スカイステージのトーク番組は予想通り
大爆笑の連続で(^^♪  こっちは録画してありますので近々ということで・・・

今日は忘れないうちに花組全国ツアーの話です。
蓋はしませんのでそのつもりで
お読みくださいm(__)m


赤い紅ゆずるの文字と053.gif072.gifを散りばめたミーハーブログを綴るのが
何より楽しい私。それが、正直あまり期待をせずに見た全ツの話をしようかと
思ったのは、なんだかしごくまっとうな公演を見たような気がしたから

まったく個人的な感想です、去年の全ツは全部「ベルバラ外伝」
あのどうしようもないトホホ三部作を律儀に全部見てしまいました(T_T)
「腐ってもベルバラ」につられたスケベ心は見事に粉砕されまして・・・

一昨年はといえば、宙組の全ツ「バレンシア~」は最寄会場の公演がなくてパス。
雪全ツ「星影の人」は仕事と重なったのと休んでまで・・・という興味が湧かなくて
見てません。その前は月組の「ダルレークの恋」と花組「うたかた~」でした。
花組の前作は一本立てでしたので少し感じが違うし、「愛と死のアラビア」は
個人的に好きな話では無かったので、再演の賛否や主人公エリオとエバの
悲劇の原因となった事柄が「またかい!」と突っ込まれようが
柴田先生だわぁ~と改めて感慨(笑)に浸りながら見てました。

柴田先生絶頂期の AA(ダブルA)作品という位のランク付けでしょうか・・・
舞台は情熱の国スペイン。主人公は闘牛士。若い頃引き裂かれた恋人との再会。
自分と同じような立場に追い込まれたけれど結局は幸せを掴む友人を伏線にして
主人公カップルの不幸がより鮮明になっていく。ジプシーの占い女の不吉な呟き

ベタといえばベタ。まんまと言われればまんまかも(-_-;)
でも古臭い感じはありませんでした。みねちゃんもヤンさんも見ていないのですが
プログラムに初演と再演のメインキャストと舞台写真が載ってました。
今考えると凄~く豪華(笑)

真飛聖さん マタドール素敵でしたがこれもまったく個人的意見を言わせてもらえればオールバックの髪型より、ヤンさんのようなソフトリーゼント??のほうが良かった??
桜乃彩音さんこういう大人っぽい役の方があやねちゃんには似合います。
若い若いと思っていましたが何時の間にやら経験値マックスになってましたね(笑)
大空祐飛さんとにかく素敵でした。
私、ムッシュカレーニンに堕ちて以来「髭の男役フェチ」になってしまったようで
髭のユウヒさんにドキッとしてしまいました(*^_^*)
真飛さんの婚約者桜一花さん婚約者がありながら他の女性に引かれるというストーリーにありがちな「美しいけれど控えめな女性」という設定ではないのが楽しい。
その一花ちゃんを慕う真野すがたさんいい役ですね。「太王四神記」のチョロ以来、
私の中でめおちゃん株急上昇です。

やっぱり柴田先生、これがなくっちゃ・・・という場面もありましたね。
真飛さんをはさんで彩音ちゃん、一花ちゃんのそれぞれの心情を歌う三重唱が
次は彩音ちゃんをめぐる男達、真飛さん、ユウヒさんの歌に変わり最後に
真飛さんと彩音ちゃん二人の歌で締めくくられる。

どの先生にもある場面ではあります。でも柴田先生はここが上手い!
「あかねさす~」の中大兄、大海人、額田王、鏡女王の4重唱なんか鳥肌もの。
最後のオチはなんだかなぁ~ですが、去年の全ツのトラウマが完全に治ったような
気がします(笑) でも花の次の公演はまた「ベルバラ外伝」(-_-;)
「トラウマ再び」にならないと良いのですが・・・・・・

ショーの話は次回です(笑)
[PR]

by zuzunoheya | 2009-05-08 23:59 | 花組

花組初日・その2 09/02/16

花組 「太王四神記」 初日その2

月組の千秋楽にはなかったお雛様がロビーに飾られ、すっかり
「春来る仕様」の東宝劇場
花組公演のプログラムと一緒に宝塚大劇場・星組のプログラムを買いました。
お目当てはもちろん 紅ゆずるさん053.gif
「スカーレット・ピンパーネル」の時より順番がアップしてました(*^_^*)
嬉しいというよりびっくり・・・

というわけで花組初日の感想など・・・その2です。
未見の方もおいでだと思い蓋をします。

More ポチッ・・・
[PR]

by zuzunoheya | 2009-02-16 23:58 | 花組

花組・全国ツアー 08/10/12

花組・全国ツアー

「外伝・ベルサイユのばら」~アラン編~
      &
「エンター・ザ・レビュー」
  市川市文化会館

今日はつくづく観劇は 自分の体調や座席、その他様々な要因で印象が違うものだと・・・・
なんだか難しい事を書き始めちゃって・・・治まりが付かなくなりそう(ーー;)
私のブログですので大した事は書いてません(笑)

未見の方のために 蓋 をしました


ぽちっとすると「蓋」が開きます
[PR]

by zuzunoheya | 2008-10-12 23:29 | 花組

花組千秋楽 08/08/17

チケットぴあの特電にエンドレス・リダイヤルでゲットした当日券の整理番号。
でも私の番号は確実に見られる49番より少し大きい数字でした。
観劇できない可能性も承知の上での整理番号。

その時にオペレーターから楽前公演の観劇の有無を尋ねられ『はてなマーク』が
飛びました。 2時にチケットカウンターに並ぶきまり、楽前を見る人は2時ピタに列には
並べない・・・・ だからそういうお尋ねがあったようです。
なにせ初めての事だらけ(^_^;)

劇場についたら、エントランスで白い会服を着た方達がなにやらお仕事中。
退団される 貴怜良さん舞城のどかさんのファンクラブの方達が
チケット出しの準備をされていました。
花が飾られたお二人のネームカード。普通ならトップクラスのチケット出しの場所を
使ってのチケット渡し。これを見ただけでジーンとしました。

当日券の整理番号は立ち見の49までは観劇確約で、実際には60番台半ばまで
発行されたようです。私も50番以降でしたが、実際の立ち見位置番号は私の
整理券番号より10若い数字でした。

キャン待ちにまわる人や来ない人等のロス分を考慮しての整理番号発行のようで、
ほとんどドンピシャ、整理番号をもらった人はチケット買えたようです。

千秋楽のお楽しみ はなんと言っても アドリブ
お芝居でアドリブ可能なところと言えば、ベドゥイン の場面位しかない?
真飛聖さん、壮一帆さんらと共に歌うベドゥイン。その歌の最中に真飛さん
思いっきり大きな声で「もう少しだ!頑張れ!」
檄を飛ばしてましたが、たぶんアドリブ(笑)

商人のキャラバンを襲った盗賊を迎え撃つ場面。
真飛・トマスの薫陶の甲斐なく、さっぱり射撃の腕の上がらない壮・トゥスン。
「三ヶ月もやってるのに(ーー;)」 もう大笑い。

ショーでは幽霊船の場面のラストで、「幽霊??」とビビル真飛さんと愛音さん。
「今日は千秋楽。無事に幕を降ろせるかは、♪ インシャアッラー060.gif(ニュアンス)」と
歌いながら、みわっちと抱き合ってました。

遊び呆けたペドロが客席から出てきて、上手花道のお船のお家に戻る場面。
客席でペドロ(野々すみ花さん) やり取りが聞き取りづらかったのですが、
「どっちやねん!」可愛く京都弁?でつぶやいてました。

アドリブではありませんが、「引き潮」の舞城さんや、
「海風」(魂になったマリオとの群舞)の真飛さん&貴さん&舞城さんのダンスに
もの凄い拍手が来ました。客席の暖かさとても感じました。

ショーが終わって、退団者の用意が済むまでは、緞帳の前で組長の挨拶。
「ご挨拶」は他の組長と比べて上手い方では無いと思います(笑)ハッチさん。
組替で新加入のユウヒさんと白華さんを呼んで、ご挨拶が。

ユウヒくん、緞帳とマイクの前が狭くてその上羽根を背負っているので「蟹歩き」(笑)
けっこううけていました。「銀ちゃんの恋」の宣伝もバッチリでした。

今回退団する、貴怜良さん、舞城のどかさん
ご自分の言葉でしっかり別れの言葉を話されて、とても心に響きました。
共に、未涼亜紀さんの同期生。組からの花束は貴さん(組長)舞城さん(真飛さん)
でしたが同期生からは当然どちらもまっつさん。辛かったと思います。

最後の真飛さんのご挨拶。
実はちょっと心配でした(笑)「真飛聖」ではなく、「素のゆうちゃん」が出てくると
可愛いのだけど「ちゃんとやれる?」って気になって・・・

花組トップスター「真飛聖」とゆうちゃんが絶妙に入り混じって、ほのぼのとした
ご挨拶でした。アンコール数回、最後はスタンディング。
立ち見と最後列の客席tの高さは同じ(>_<) 
私のようなチビはスタンディンになったらほとんど舞台は見えませんでしたが、
千秋楽というイベントに参加できた確かな手応えだけは実感できました(笑)

いよいよ次は星組公演。紅まつり053.gifの始まりです\(^o^)/
[PR]

by zuzunoheya | 2008-08-17 23:55 | 花組

繋がっちゃった・・・ 08/08/16

明日は花組東宝公演の千秋楽

千秋楽の当日売りチケット(ほとんど立ち見ですが)は前日の10時から
ぴあの特電のみで受付。今日はダメ元でチャレンジしたら
電話が繋がっちゃった!

って書くと、ふと思いついてダイヤルを回したら通じちゃって・・・・
というわけではありません。
10時に電話台(子機は電池切れで使えず)の前でスタンバイ。
リダイヤルを繰り返しました(笑)

ぴあ特電はオペレーターさん対応なので、1件あたりの時間がかかるらしい・・・
という話は聞いてました。なので、NTTの「混んでいるので後からかけてね」アナウンス
と通話中のプープーという繰り返しもへこたれず リダイヤルしました。

結局 電話が通じたのは11時少し前でした。なんという暇人(笑)
でも電話が通じた時点で、受付番号は、とりあえず立ち見の枚数(49枚)は
超えていて、観劇できないことも承知の上での受付になりました。

でも、見れても立ち見だとは思いますが、何とかなるのでは・・・と明日は楽を見るつもりで行ってまいります。

真飛聖さんのトップお披露目公演の総決算。
大空祐飛さん、壮一帆さんの楽の様子や退団される貴怜良さん、舞城のどかさん(お二人とも未涼亜紀さんの同期ですね)の最後の舞台見届けられたら・・・と
思います。
でもキャンセルゼロという可能性もありますのでその時はm(__)m
[PR]

by zuzunoheya | 2008-08-16 21:22 | 花組

花組・マイ楽  08/08/11

10日11時公演が 花組マイ楽 でした。
開演前、何気にチケットカウンターをチェック。
星組「スカーレット・ピンパーネル」 月組・日生「グレート・ギャツビー」
売り切れましたの張り紙。
花組全ツは市川の2日目が少し残ってました。やはり良い作品、期待度の高い作品は
違うのかしら・・・去年の日生なんか(@_@;)

宝塚は1回目よりは2回目、3回目とだんだんいろんなところか見えてきて・・・・ 
芝居中心の話です。
真飛聖さん
この方あんまり「噛む」のを見たことないのですが、昨日はちょっと「噛み噛み」
しかもこの「噛み噛み病」は伝染る(笑) 一花ちゃん、ベテラン絵莉さんも
ほんのちょっと噛んでました。

そういえば「噛み噛み女王」朝海ひかるさん主演(涼風真世さんとW)の
「エリザベート」が名古屋で幕を開けましたが、コムちゃん噛じゃいないか~

大空祐飛さん
カッコイイ\(^o^)/ イブラヒムもショーも。
今の花組で寿美礼さん退団後の喪失感を埋めてくれる唯一の存在です。
芝居の出番がちょっとばかし少ない気はしますが、出てきたら「空気」が変わる。
凄い存在感、まるで専科のお歴々並。もちろん良い意味でね(笑)
ちゃんの 何んとしてもチケットとらねば

壮一帆さん
声の調子崩していらっしゃる?? 前回は感じませんでしたが一度目と今回は
台詞の声がきになりました。
トゥスンのような役を演じると生き生きしてますね。「明智~」の浪越くん、アンドレ、
「スサノオ」の月読も良かったかな。でも「アデュー~」の市会議員や
「堕天使の涙」の作曲家みたいな屈折した役をやるとね・・・・守備範囲の問題??

壮さん率いるベドィン部隊の面々
三度目でかつA席だったので今までよりは識別できました(笑)
最初の銀橋スタンバイであらら・・・立ち位置がけっこう変わってる??
学年飛び越えたり、いろいろあるのね・・・

私が今回の公演の消化不良感の一番の原因はここです(笑)
私のようなミーハーにとってベドィン隊は一番美味しいのです。
若手の男役さんがずらり! 「スか・ピン」でいえば「スカピン団」

そんな「旬な若手男役さん」が被り物し~の、髭面あり~のでもったいない。
それはお芝居の都合上仕方ありません。そのくらいわかりまっせ~ 
でもなぁ~・・・・

その上、登場場面は少ないし、トマスがカイロに移ってしまうのでいたし方ないけど
次は決闘まで出てこない。
メインキャストががっつり組んで芝居しているしわ寄せでしょうか。

夫、お盆休みの9連休帰宅中、私は通常シフトで仕事(トホホ・・)そんなもんで続きは次回に。
[PR]

by zuzunoheya | 2008-08-11 13:38 | 花組