ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

白夜の誓い@東宝   15/02/14

宙組東宝公演も明日は千秋楽。
凰稀かなめさんの男役も見納めですね。
日比谷の劇場前のファンの方たちは真っ白でしょうか・・・

私が麗しきグスタフⅢ世陛下とお目通り出来たのは初日からほぼ1ヶ月
お目通りっていってももちろん客席からですが(笑)
それからバタバタと3回ほど観て私のマイ楽は終わりました。
かなめさん、スタイルと言いビジュアルといいもう最強ですね。
紅さんは私にとって「別格」なので置いといての話。

レット・バトラーを演りオスカル、「うたかたの恋」のルドルフ、トートは演っていないものの
代表的な宝塚のお役をきっちり演じたかなめさんですが私が一番印象に残っているのは
ロバート・キャパ。
そのキャパを一緒に作り上げた原田先生に「戦友」と言わしめたかなめさん。
原田先生が「戦友」かなめさんのためにどんなお芝居を用意したのかな・・・

3回観て3回とも印象が違ってて。
1回目はストーリーを抑えるのに精一杯。ってそんなに複雑なお話では無いのですが^^;
グスタフⅢ世ってベルばら絡みでしか知らないので緒月遠麻さんにピストルで撃たれる
シーンにびっくり(-_-;) 
あらま~こんなお話だったのか・・・帰りの電車の中でグスタフⅢ世を検索して次回の
観劇に備えようって言うのだからホント泥縄(笑)
政略結婚でもともと不仲だったらしい?妃ソフィア@実咲凛音さんですが、フランスから
呼び寄せたイザベル@伶美うららさんを恩人でもっとも愛した人だとみりおんさんに
紹介する件でもう一度あらま~~ かなめさんとみりおんさんって「トップコンビ」と
言われるものの最後まで「コンビ」じゃなかったのかな・・・と複雑な想いで帰宅。

2回目 初見の印象のせいか王妃のみりおんさんに感情移入してしまいました(笑)
実際の夫婦の関係はわかりませんがこの物語のなかで「かつての属国」に嫁いだ
旧宗主国の姫だと最初は自虐的な言葉を吐いていた彼女も、デンマーク王女ではなく
スウェーデン王妃になり切ることでかろうじてプライドというか心のバランスを
取っていたのかも・・・ 

3回目 マイ楽
物語も主要登場人物もようやく頭に入りましてしかも二階席だったのでこれが
ホントの高みの見物(笑)
かなめさんとキタロウさんの友情と確執の物語。当時のヨーロッパ先進国からしたら
辺境の「後進国」だったスウェーデンをいかに先進国に近づけるか。
軍事優先派と文化面から底上げしようという一派。これって何時の世でも同じ。
普通こういう時ってたいがい軍事優先派が勝っちゃうものですが、文化事業を通した
グスタフⅢ世の手腕はお見事。結果反対派の貴族から暗殺されることに・・・

多分原因はひとつではないと思うしグスタフⅢ世暗殺の実行犯のきたろうさんと
かなめさんが幼なじみだったというのは原田先生の創作???かなぁなんて思いながら
見ていましたが高みの見物(二階席)のよい所は照明の効果がはっきりと分かること。
かなめさんときたろうさんの対立が決定的になった場面下手銀橋のかなめさんには
青いライト、舞台上手のきたろうさんには赤いライトが当たっていて対称が際立って
ました。

つくづくこのお話はかなめさんと彼女のもう一人の「戦友」きたろうさんとのお話で
「かなめさんの相手役はきたろうさん」と冗談めかして言われていることもあながち
間違ってないかも・・・と思いました。
男役スターの中には相手役(娘役)が必要ないタイプ?の方がいらっしゃるように
思うのですがかなめさんもそのタイプでしょうか。ラブシーンやデュエットダンスが
なくても十分に夢がみられるのですもの(#^.^#)

凰稀かなめさん、緒月遠麻さんお疲れ様でした。
ショーの話も書きたいと思うもののきっと無理でしょうね(笑)

  


[PR]

by zuzunoheya | 2015-02-14 19:11 | 宙組
<< 邦楽ジョッキー@紅ゆずるさん ... Ernest in Love@... >>