ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

シルバーローズ・クロニクル その3 07/10/27

メイクが今ひとつを通り越してトホホ状態という噂の 大月さゆさん
スカイステージの「シルバーローズ~」レポート番組で見た大月さんは
とっても可愛らしい女性でした。「洋」よりは「和」の似合うお顔立ちと感じましたが
けしてトホホな顔立ちではありません。当たり前ですね(笑)

で私が観た青年館での大月さん、なんであんなに叩かれてるの?  っていうくらい
メイクはマトモでした。考えてみると「堕天使の涙」で彼女が抜擢された時、えっ?
なんで?と思いました。情報のない下級生の場合は見た目が勝負(笑) 
実力はあるのにメイク下手が災いしたのでしょうね。

でも公演のチラシやポスター、プログラムの大月さんのビジュアルは残念ながら最悪。
白~いお顔に目の周りをアイラインで強調したメイク。まるでホラー。この顔どこかで見たことあるぞ! と思い当たったのは映画「呪怨」の少年でした。  キツイ発言すいません
ここでふと思うのは、チケットの売り上げを左右するようなポスターのメイクをメイク下手の
本人に任せたとしたら、会社の責任もあるような気がします。
大月さんたぶんブーイングをうけて一生懸命メイク頑張ったのでしょう。ちょっと可愛そうな
気がしました。
ビジュアル系を一手に引き受けた 凰稀かなめさん
凰稀さんの存在に気づいたのは「堕天使の涙」で露出は多いものの台詞は殆んどなく、
「エリザベート」のルドルフは歌ばかり。凰稀さんのお芝居をしっかり見たのは
初めてでした。ワタクシ的には合格点かな?
歌をもう少し頑張れば将来が楽しみで、この人のトートも見て見たいと思いました。

ダークな役柄ではありましたが 緒月遠麻さん 長身を生かした押し出しの良さ、
専科の磯野千尋さんとのがっちり組んだ芝居も自然でした。

お名前はよく聞くもののお顔が浮かばなかった 蓮城まことさん
今回の公演で顔と名前が完全一致です。

タイトルに振り回された感がありましたが、終わってみれば楽しい時間を過ごせました。
彩吹さんの歌はさすが・・・でした。フィナーレのゆみちゃんの登場が自転車だったり
タンゴの場面で「愛と死のタンゴ」(聞き間違い??)、美穂さんの「なりきり友近」?
随所に遊び心を散りばめてありました。

客席の月組生を迎えての彩吹さんのご挨拶
「マジシャンの憂鬱」を上演中の月組さんが来てくださいました。
私も(追われて)ダンボールに隠れる場面で(マジシャン~のように)ふたを開けたら
いなかった・・・みたいにしたかったのですができずに 「エリオットの憂鬱」 でした。
みたいなお話されていました。

若い小柳先生の今後に期待したいと思います。
[PR]

by zuzunoheya | 2007-10-27 23:05 | 雪組
<< 楽です・07/10/29 シルバーローズクロニクル その... >>