ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

「Anna Karenina」 (アンナ・カレーニナ)  08/04/07

ハハハ・・・・なんでしょう?このタイトルは  そうです
清水の舞台から飛び降りてしまいましたよ。幸い命だけは取りとめましたが、満身創痍。
だって紅ゆずるさんが手を広げておいでおいでしているんだもん。(最初から開き直り)

家族のOKはとってあったものの、自分でもバウ・日帰り遠征 なんていうおばさんの暴走
ブログで晒してもいいものやら・・・・こっそり行って帰ってこよう・・・そうしよう(笑)
なのでブログのお友達にも連絡とらずに出かけました。
でも観たらダメ!!書かずにはいられません(笑)
以下、紅ゆずるさん思い入れたっぷり、しかもネタばれ必至の顚末記。



今回は往復飛行機。早割りを利用すると空港へのアクセス料金を考えても安い。
バウチケットの半分位はでます(笑)
7時半の羽田発で出発。次の便でもOKなのですが、10100円也ですので(笑)

飛行機が少し遅れたため、宝塚到着は9時半。入りには遅いし・・・となんとも中途半端。
花の道の桜はまさに満開でしたが、あまり眺める余裕もなく、プチミュージアムへ。
寿美礼さんの手形と対面して「なでなで」してきました(笑)

そのうちにバウホール開場です。最後列でしたが、ドセンター。
寿美礼さんは、存在を知った時点でもうすでに堂々とセンターポジション。
安心して、歌に芝居に酔えたのですが、紅ゆずるさんの場合はちょっと違う。
初めのうちはたくさんのセリフや歌、大丈夫・・・と母親気分(笑)でなにやら落ち着かない。

で、芝居の話なんですが・・・
ヴィロンスキーの夢乃聖夏さん
今まで、柚希礼音さんに感じの似た子・・・というイメージしか無かったのですが、ちゃんと
歌もダンスもキチンとできている生徒なんですね。
ちょっと地味な雰囲気もしないでもありませんが・・・ 激情に流されて破滅の道をひた走る
ヴィロンスキー、けっこう素敵でした。コムちゃんのイメージ(観てませんが)とはまた違って
押し出しの良い青年貴族でした。

アンナ役の蒼乃夕妃さん
蒼乃さんは日生公演「キーン」でキーキー騒いでいた娘役さんね(失礼!)
ワタクシ的には「エル・アルコン」の稀鳥まりあさんみたいな役どころの印象しか無くて
しっとりとした人妻役、大丈夫? でも杞憂だったようです。歌える強みもあります。

アンナの夫・カレーニン役の紅ゆずるさん
貴城さんのカレーニンも素敵だったそうですが、こちらもまた・・・
士官による競馬レースに出場するヴィロンスキーを応援するアンナを見て、
8年も連れ添ったにもかかわらず、今まで見たこともない妻の姿をまのあたりにして
「驚き」「落胆」「嫉妬」「怒り」諸々の感情を歌で吐露するところがたまりません!!

このカレーニン氏。重病の床で許しを請うアンナを許し、さらにアンナからの離婚の申し入れ
には、愛情でなく法律という手段であってもアンナとのつながりを持っていたい。
いつかアンナが戻ってくるところを残してあげたい・・ですよ(笑)
挙句の果て、轢死したアンナと危険な戦地に志願するヴィロンスキーとの間にうまれた
子供は、「私が責任をもって育てます」!!!!!

始めは体面や世間体ばかりをきにするエリート官僚が、だんだんちょっとばかり女性の気持ち
には鈍感で不器用だけどホントは優しい男に見えてきます。身贔屓もありますが・・・
息子への愛情もちゃんと出ていたように・・・

ファンとしては「カレーニン」が演じられて良かったね!「カレーニン」が観れて良かった!
これに尽きます。最後に登場人物が順番に登場しますが、ラスト3は 紅→蒼乃→夢乃
紅さんが一人で舞台中央へ進み出る姿を見てジーンとしてしまいました。
成績というのは本人の責任なのでしょうけれど、本公演ではロケットばかり・・・
黒燕尾ダンスにも入っていない。ため息をつきながらの応援でしたが、こうして場を
与えられれば、ちゃんと出来るんですね。

この次、紅さんを男役燕尾に入れなかったらこのオバちゃんが承知しません。
まだまだありますが、今日はこのくらいに。「赤と黒」の話もいずれまた・・・
[PR]

by zuzunoheya | 2008-04-07 22:55 | 星組
<< 「赤と黒」その2 08/04/09 星組「赤と黒」  08/04/04 >>