人気ブログランキング |

ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧


アフロだらけ!!! 06/7/30

S席につられて行った月組公演。 行ったらネ、Sじゃなくて A席だったの。
でも1階ほぼセンター。言う事なし。貸切公演のお余りを調達してもらって・・・

いやはや 大変なものを観てしまった。タイトル、何のこっちゃ?と思うでしょう?
今日は貸切と2階席(?)がいろいろな会の総見日だったらしくて、瀬奈CLUBとか
轟さんの会とかいろいろきてた(らしい)・・・

ショーが始まって、何かいつもよりアドリブ多いな・・・とは思ってた。
「夜の宝石」も 瀬奈さん ちょこちょことアドリブの小芝居。
夜の宝石が終わって、嘉月副組長が一人残り、前場ラストに運び込まれた大きな箱を
開けると、大空さんのエメラルドの男が飛び出してきて、エメラルド、
ピンクダイヤ、ブラックダイヤ、と宝石をイメージした場面が続き、ハッピー・トゥゲザー
で大団円?の中詰。

箱の中から勢いよく飛び出した 大空さん、あ~たねえ アフロヘアー
アフロヘアー それも半端じゃなく大きいの。ラテン系のちょいワルをきどった
おしゃれなものじゃなくて、パパイヤ鈴木。初見のお客は???状態だったけど
リピーターがど~んと沸いた。そんな観客を尻目に、ニコリともせずにきざりまくって
踊ってた大空さんはご立派・・・

それからがもう大変。出てくる生徒みんなアフロなんだもん。
轟さんと瀬奈さんの泥棒の場面も、でっかいブラックのアフロ。銀橋を渡り終わった所で
かつらを取ったと思ったら、その下には金色のアフロが。

くっさ~い男役ぶりが大好きなブラックダイヤも青いアフロヘアーで決めてて、
くさいというより、可笑しい方が先でどうしようもない・・・
シーンの主要メンバーばかりではなく、バックで踊っている「~の男」「~の女」
の生徒さんまでが、すべてアフロ
とどめは「ハッピー・~」で上手せりから上がって来た轟さん。
かなり大きな黒のアフロヘアー・金粉つき。ここまでやるかぁ~~!!!

同行の知人は今日が始めて。私が大うけして喜んでいるのを観て、アドリブと
わかったから 一人で来なくて良かったと妙な感謝をされた・・・ 
その後の場面は従来どうり。
あそこまで、大掛かりなアドリブ(もはやアドリブとは言えないけど) 見た事ない。
今も 思い出しては 笑ってしまう。 あんなのあり~??って思いながらも
なんか、得した気分。

by zuzunoheya | 2006-07-30 23:44 | 月組

月組あれこれ 06/7/29

昨夜は 久々に・・・ アップ寸前の投稿文があっ!!!
何書いたんだっけ? そんな脳みそだもんで 思い出しながら・・・

ショーの終盤 瀬奈さんのヘアスタイル、あれは何だろう?
センター分けのオールバック(?)。なにかのこだわり??? 
頭のカッコウが良いのでそれなりに見れたけど、もうちょっと別な方が良いのでは。

ヘアスタイルと言えば、暁のローマでの霧矢さんドラゴン・ボールの悟空みたいだった。
そういえば、顔の雰囲気も似てなくもないかな?

ショーの中詰、ルパンⅢ世ばりの怪盗紳士、轟さんと瀬奈さん。
帽子を取るとまだいいんだけど、派手なストライプのスーツ 私にはどう見ても
ルパンⅢ世 というより やす・きよ。宝塚に派手なスーツは付物だし
それ程 ド派手じゃないのにネ。私だけ?かも・・・そんな事感じたのは。

重箱の隅をほじくるような話をもう一つ。
ショーの中詰、轟さんの歌う ハッピー・トゥゲザー(プログラムのまんま)
轟さんの歌にイチャモンつけるなんて畏れ多いのですが
ハッ・ピー・トゥ・ゲ・ザーと一々切る歌い方が気になって仕方ない。
原曲のイメージに縛られすぎているのかも知れないけど・・・

明日は3回目 観てきます。マイ・楽でしょう。ホントは3回も観るつもりなかったんだけど
S席が取れたからというもので。S席なんてパレルモ以来・・・当分座れそうもない席だし。
友の会の抽選にハズレまくってるし・・・ 
この話始めると 遠い目になって、チクショーモードになっちゃうんで止めときます。

by zuzunoheya | 2006-07-29 22:34 | 月組

轟 悠というお方 06/7/27

轟 悠さんは 私がブランクの間に登場したビッグ・スターなんで、トップだった
雪組時代を知らない。ビデオかDVDだか忘れたが 映像ソフトで「凱旋門」を観たのみ。
これは、香寿さんや、朝海さんやらいろいろ見れて それなりに美味しい映像だったけど。

初めて みたのは「長崎しぐれ坂」。専科のスターを 上置きにしての公演。
開演アナウンスも轟さん。ショーのエトワールも轟さん。パレードの最後は
組のトップスターが出迎えるかたちで最後に登場。  へぇ~!と思ったもの・・・
今後、轟さんの特出公演はこのスタイルでいくらしいけど。

「長崎しぐれ坂」の時は 凄~いお人 とは思ったけど、
湖月さんの個性も霞むことなく、両雄拮抗、互角のいい勝負だったと思う・・・

でも 今回の月組では 残念ながらちょっと違ってた。 
私、瀬奈さん大好きだけど 正直言って 勝負あり(ワタクシ的にはね)
脚本(ほん)なのか、スターの資質なのか 私にはわからない。でも お芝居にしろ
ショーにしろ もう少し瀬奈さんの良い所 引き出してよ・・・・ って不満が。
ファンってその辺のかぎ分けは 瞬時にできるので 評判が今ひとつだったのでは・・・

轟さんとの相性かな? あさこちゃん ちょっと萎縮してた?
トップお披露目公演はあんなにもカッコ良かったのに・・・
それにしても 轟さんというお方はタダモノではありませんナ。
8月の5日(たしか・・・)NHK・BSで「青い鳥をさがして」が放送されるはず。
私 この公演は観られなかったので、星組 月組 に続いて 
轟 VS 朝海・雪組のコラボを観たら 轟 悠さんの正体がわかるかもしれない
正体ってまるで妖怪かなんかみたいだな(笑)・・・・
轟さん すいません。

by zuzunoheya | 2006-07-27 23:17 | タカラヅカ

レ・ビジュー・ブリアン(月組ショー)06/7/26

暁のローマの話をしたので、ショーの話も・・・と言うわけで「レ・ビジュー・ブリアン」です。
オープニング、瀬奈さんのアナウンスにあ~やっぱし月組なんだと ほっ・・・・

三日月のゴンドラに乗って宙に浮かぶ瀬奈さんはとても素敵でした。
「夜の宝石」の彩乃さんとのシーンはあさこちゃんらしくて好きだし、ジャケット無しの
シャツ姿。下手をすると後姿にが出てしまいがちのジャケ無し、シャツ・イン
スタイルでも 決まってたのはさすが!かな・・・
でも考えて見れば、もともとは若い女性なんだから、が出ないっていうのも
変な表現かも。

一番すきなのは、中詰め~ブラック・ダイヤ~
短い場面ではあったけど、しっかり心に焼きついた。瀬奈さん、思いっきりくさい男役。 
そのくささに ニマ~と笑いながらもコレコレっと ツボを刺激された快感がジワ~・・・

ハッピー・トゥギャザーとタンゴは、轟さんの圧倒的な存在感!! ちょっと複雑でした。
その圧倒的存在感について、次回はじっくり考えてみたいと思います。

by zuzunoheya | 2006-07-26 23:05 | 月組

暁のローマ その2 06/7/24

前回のつづき・・・です。
私が知りうるかぎりでの 木村作品はセットも衣装も超シンプル。特に色彩。
スサノオや、不滅の棘なんかがそう。 王家に捧ぐ歌(だっけ?)や炎にくちずけをも
同じような感じだったように思う。

暁のローマも、主演クラスの衣装はトーガを巻いたのと、古代ローマの軍服のみ。
セットはコロセウムのアレンジとカーテン前の場面。 やっぱりあっさりしてましたね。
でも、今回はわずか2種類の衣装だけど、瀬奈さんのヘアスタイルとあいまって
とってもカッコ良かったので、不満はありません。 スーツ姿やコートと同じように素敵!

内容はというと、正直言って今ひとつ・・・ かな? やっぱ・・・
瀬奈さんの役柄は 忍・苦・悩  そんな連続。まるで忠臣蔵の大石のような役どころ。腹に野望を抱いて、世を忍ぶ大石と違って、ストレートなブルータスは痛々しさを感じて
しまう。大石は耐えに耐えた末、討ち入りというかたちでカタルシスに至るのだけど、暁のローマでは史実を淡々と追った感じでカタルシスが無い。・・・と思う。

霧矢さんのアントニウスが半端で卑屈なワル(?)に描かれたのがちょいと気になる。
ここは、いっそ きりやんに 極悪ヒール(カエサル=皇帝の立役者)になってもらって、共和制を支持する瀬名ブルータスとの対立構造をはっきりさせれば、ブルータスの
悩みもはっきするのでは・・・。

演劇についての専門知識はないけど、カタルシスのあるなしは 演劇(商業演劇)では
必須条件ではないか?・・・と思う。 

by zuzunoheya | 2006-07-24 23:40 | 月組

暁のローマ 06/7/22

暁のローマ 2回目観てきました。
有名な史実なので、今さらネタバレもあるものか・・とは思いますが 一応ご承知おきを。

冒頭の 霧矢&北翔マンザイ。1回目よりはすべった感じがなかったかも。
見るほうが 慣れてきたからかな? ラストは、物語のシメの説明なんであってもいいか。
ロマンスのほとんど無い、硬い感じの政治劇なんで 木村先生流の気分転換法?・・・

シェークスピア学者・小田島さんの プログラム記事が面白かった。
イコールではないけど、カエサルが織田信長、ブルータスが明智光秀、アントニウスは
豊臣秀吉に置き換えると考えやすい。とすると オクタビアヌスは徳川家康ってとこか・・・

シェークスピアは「ジュリアス・シーザー」のいわば種本 プルタークの「英雄伝」を
観客は知っているものという前提で書いてある。(そうです)
そこいらの知識のない私としては、何も知らずに観た1回目と 小田島解説を読んでから
の2回目では印象が違いました。

瀬奈さんはメチャメチャカッコイイ。スーツとコートの似合う瀬奈さんなのに、今回は
残念・・・と思ってたら、ヘアスタイルもトーガも決まってました。

本日の収穫(笑) 星条 海斗クンです。 龍 真咲もいいけど・・・
芝居の中身については 次回に。

by zuzunoheya | 2006-07-22 23:23 | 月組

なんとなく・・06/7/21

昨日、ぶらっと入った書店で宝塚グラフの新刊発見。ふとその上の棚に
ファントムのル・サンクが・・・ もう反射的に手が出て2冊購入。

うちに帰ってよく見たら、ル・サンク(花組・ファントム)は写真集だったよ!!
著作権の関係なのかよくわかんないけど、簡単なストーリー解説以外は舞台写真。
海外ミュージカルは難しいみたい・・・

もう、笑うしかないけど ル・サンク 脚本(歌詞)掲載が魅力で買ったのに、どうして
くれるんだ~ です。 まあ、花組版はとりあえず購入なので、しかたありませんが・・・
また じっくりそのへんは・・・
おやすみなさい!!

by zuzunoheya | 2006-07-21 23:46 | タカラヅカ

プログラム考 06/7/20 

以前から、ちょいと物申したかった(笑) 公演プログラム。
ほぼ20年ぶりの全国ツアー(雪組)を経験して、一応、東宝劇場・青年館・全国ツアー
各プログラムを見た。

昔はさ~の思いっきりおばさんとしては、公演プロに脚本が載っていた時代がとっても懐かしいわけ・・・たしか 大劇場と東京とは版型が違ってて 東京のほうが大きかった。
ただ表紙は舞台写真なので、宝塚バリアを出たとたん持ってて恥ずかしいモード
だったかも。

ブランクを経て帰ってきた宝塚はすっかりおしゃれなプログラムに変身。
これだけカラー写真を載せて ストーリー、シーンガイダンス、ミュージカルナンバー、演出家の解説、舞台観劇上必要な解説記事で1000円也は妥当・・・のような気もするが 
やっぱり脚本が載ってたほうがうれしい。コストの関係か著作権から来るものなのか 
わからないけど・・・・

で全国ツアーのプログラム。
先日の雪組公演、1000円!(本公演と同じ料金とるのか~!!)と思ったけど中身を
見たら、まあ納得。表紙は水・オスカル。 なんか昔懐かしい感じ・・・

ワタクシ的に問題は青年館プロ。600円という廉価。
私に言わせば、ただ安いだけ・・・キャストとスタッフ、ストーリー紹介と場面紹介のみで
ミュージカルナンバーの紹介も無し。
アパルトマン・シネマのDVD 買って初めて、ミュージカルナンバーがわかった次第。
これは、要改善点でしょうネ。

by zuzunoheya | 2006-07-20 01:20 | タカラヅカ

癒しの歌声 06/7/17

月組 暁のローマの話を・・と思ったけど なんだか自分の中で考えがまとまらない。
今度の土曜日にもう一度観る機会があるので それを観てからということで・・・

今日は、友の会特典5%引き(笑)で買った「アパルトマン・シネマ」DVDの話。
青年館で見たとき、どんな風に映像化されるのかな?ってちょっと心配で・・・
上手と下手に二階建てのセット(1階はホテルのフロントとバーカウンター2階はホテルの部屋)それに センター部分も1階はロビー。2階も芝居のスペース。
6つの芝居スペースの全部で一斉にということは無いんだけど 例えば、1Fロビーと2F
客室 みたいに小芝居があるので、どんなふうに編集するのかな?って思った。 

だから 初めてDVD観たとき、実際の観劇とちょっと違う感じはしたかな・・・
でも 観ててとっても心地良いんだよネェ。何でだろう???
結局音楽かな?って気がついた。 高橋 城先生。
高橋先生って ラ・エスペランサ(2004年花組)の音楽担当だったんだ。
あれはストーリーはイマイチだったけど、音楽(主題歌)は大好き!!

その 高橋先生のメロディーを寿美礼さんが歌う。
なんか とっても癒される感じ。
何時においても 寿美礼さんは癒しなんだけど 今回は特にその想いを
強くしました。ファントムはきっとそれ以上なんでしょうね。
ホントは宝塚まで飛んで行きたいところ。 早く観たい・・・・

by zuzunoheya | 2006-07-18 00:01 | 花組

あれこれと・・・ 06/7/15

昨日 7月14日はフランス革命記念日。
オスカルが、革命に散った日。 しばし感慨ですぅ・・・・・
「オスカル忌」という季語 一時話題になったけど定着したのかな?

始まる前は、またベルバラかぁ~ とちょっとうんざりしたものの
一度みたら、あっさり前言はひるがえし どっぷりとはまりました。 もう完敗。
まあ チケットが異常に取れにくい状況には困ったけど・・・
雪組の全国ツアーでは 次にこの舞台を観られるのは何時なんだろう?って考えながら
観てました。 

実際 次の再演は100周年記念のイベントかな? それまでは まだちょっとあるから
なんとか 理由をつけて上演して欲しいもんです。

チケットが少しは取れやすいかな・・っと思って20年ぶりに入った友の会
世の中 甘くない事を思い知らされた。花組 ファントムの友の会 先行予約。
4件まで申し込めるところ 3件のエントリーだったけど 全滅
宝塚大劇場ではそこまで過熱してないみたいだけど、東宝は、もう異常!
あとは23日の一般前売りに 勝負かけるしかない。

人気はうれしいけど、発売後すぐに 金券ショップや ネット・オークションに
出たりするのは なんだかな~と思ってしまう。

by zuzunoheya | 2006-07-15 23:27 | タカラヅカ