人気ブログランキング |

ZUZUの宝塚夜話


宝塚歌劇についてのあれこれ・独断と偏見あり。沖縄大好きです。一個人のブログですので歌劇団や特定のファンクラブとは当然ながら関係ありません。
by zuzunoheya
ZUZUです
宝塚との出会いは昭和51年のベルバラⅢ。平成3年「春の風を君に」からブランクに。タカラヅカに戻ってきたのは平成15年雪組「春麗の淡き光に」ですが、毎公演観るようになったのは平成17年月組「エリザベート」からの浦島太郎。
目下の№1のお気に入りは星組の紅ゆずるさんですが、けっしてオンリーワンではなく各組にお気に入りの生徒さんがたくさんいます(笑) 
気軽にコメント頂ければうれしいです。【お願い】不適切と判断されるコメント、トラックバック等は削除させていただきます。ご承知置きください。

♪紅ゆずるさん応援サイト♪
リニューアルです(^^♪
紅の風
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
真野すがた お茶会
from こんな時代です
星組
from みかのささやき
凪七瑠海
from やべの日記
赤と黒 宝塚歌劇星組
from P l e a s a n ..
歌姫
from 歌姫 ドラマ最新情報
はばたけ/はばたけ
from なるほどキーワード
宝塚雪組みの今話題の内容..
from 宝塚歌劇 雪組の話のネタどこ..
YouTube動画あの檀..
from YouTube動画芸能の000
檀れい
from http://10tyoug..
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


花組・気になった人の事 07/04/28

「うたかたの恋」 のDVDを買いました。
全国ツアーがたしか昨年11月~12月。
DVDが出てからもだいぶ経つので、やっとやっと・・・

最近の家事のお供はだいたい「うたかたの恋」(笑) もう寿美礼・ルドルフたまりません!
でも、「うたかた~」の話はまた別の機会に・・・・

東宝で公演中の花組と「うたかたの恋」のDVD 両方を見て思った事を少しばかり・・・
桜一花ちゃん
 明智小五郎の事件簿では大活躍。小林少年はまさに適役。木村先生は主役の次に
 桜一花 = 小林少年 というキャストを思いついたのでは・・と思ったくらい!!
 でもたぶん、娘役 桜一花としては複雑なのでは・・・ 
 もっともっと娘役として使って 欲しいな~  もったいない。
 そのぶん、ショーでは寿美礼さんとのからみのダンスもあって、存在感MAXでしたが・・
 「うたかた~」で見せてくれたジャン・サルバドルの恋人ミリーが平民という設定ながら 
 とても品良く、彩吹さんとの雰囲気も最高!と思ったので、よけいそう思いました。

絵莉千晶さん
 恥ずかしながら、ワタシこの方がこんなに歌えるタレントだとは知りませんでした。
 花組は一番見てるはずなのに・・・
 お芝居では上野公園の場面の勝代さん。短い出番ながらしっかり印象づけて
 くれました。

 いったいいままで何処に隠れていたのでしょうか??
 けっこうキャリアはあるはずなのに・・・・ 遠野あすかさん、華城季帆さん、
 花咲りりかさん・・・・ たくさんの花々のなかで見逃していたのでしょうか?
 ショーではさらに、大階段でのトップコンビのデュエットダンスの歌手で
 心地良い歌声を聞かせてくれました。
 
 「うたかた~」 ロシアの歌姫など、芝居の歌場面はすべて引き受けま~す!
 状態でしたよね、ショーではエトワールしてましたっけ???
 出雲綾さんという稀有な個性と比較するのもなんですが、この方のカルロッタが
 見てみたかったと思います。

花組だけでなく、他の組でもまだまだ私の知らない才能が沢山隠れているのでしょうね。
これだから 宝塚は奥が深~い・・・

ますます目が離せません!

by zuzunoheya | 2007-04-28 23:13 | 花組

トップの重み 07/04/26

新しい 宝塚おとめ が発売されました。表紙は 瀬奈じゅんさん
とうとう表紙にねぇ・・・と思いつつレジへ。
その時 観劇友だちの「いやぁ~一瞬かしちゃんかと思ったよ!」という一言が・・
実は私も同じこと考えてました。瀬奈さんが貴城けいさんに見えるなんて
ありえな~い どうして・・・

頬がこけたぶん面長な写真うつりになって、貴城さん??って感じになったので
しょうか・・・。少年倶楽部 オン・エアの時も ちょっとそんな気がしました。
娘からも表紙のあさこちゃんを見て「この間やめた人(かしちゃん)かと思った!!」
という発言が飛び出して、あららら・・・トップってやっぱり大変なんだと感じました。

時々おじゃまするブログにトップの背負う羽根飾りの記事がありました。
宝塚を見続けて50年ミーハーオールドファンの日常(トップの証し★ずしり20キロ 4/22)詳しくはこちらを見ていただきたいのですが、20キロですって・・・あの羽根飾り!
5キロ入り米袋4個分か・・・といかにもおばさんらしい発想ですが、
これが一番実感ありです。 重いんだろうなぁ~

寿美礼さんも「オサ・コン」のあたり 激ヤセで心配しましたが、
あさこちゃんも大丈夫でしょうか?

寿美礼さんや瀬奈さんに限らず、番手が上がると顔つきが変わってきますね。
やはりみなさん シャープになられるような・・・

最近一番それを感じるのは、真飛 聖さんです。
キャトルのポストカードコーナーで「あれっ??これ誰?」っていうくらい頬のふっくらした
彼女の笑顔を見ると、まるで別人?。 星組時代のものはホントに可愛らしくて・・・

仕事の量、責任、プレッシャー みんな大きくなるのでしょう
そんなにまでして、登りつめたいという思いを考えると、おばさん切なくなってしまう。
ウェットな終わり方になっちゃったかな(笑)・・

by zuzunoheya | 2007-04-26 23:51 | タカラヅカ

ザ・少年倶楽部 07/04/23

瀬奈じゅんさんが出演されるというので、22日(日)NHKBSのザ・少年倶楽部
録画して見ました。
私にとっては なにそれ??って感じですが、娘が「ショークラ」と短縮名称で
知っているところをみると、ジャニーズ系のファンにはおなじみの番組のようですね。

ライブ中心なのか?と思いきやトーク番組のようで・・・・
私 もしかして レッツゴーヤング(うわぁ 古~い!!) みたいなもの・・・と思ってたのですが違いました(笑)

その中の、レディース・トークというコーナーのゲストがあさこちゃんでした。
司会は現在のジャニーズ系随一の 和み&癒しキャラ(だと思います)の国分太一さん。
お二人 ソファーに座った状態でトークが始まったのですが、
国分さん カッコイイですね~立って下さい、と立ち姿のツーショット。
結果は明らかで、国分さんってサービス精神旺盛なのね!!って感激(大げさかな?)
しました。

視聴者からの質問メールに答える形で進むのですが、私にとっての新しい発見が・・・
瀬奈さんって、主演男役というポジションですから、当然それなりの努力なり責任感なり
あってのことだとは思うのですが、それを上手に表現できる人とそうでない人が・・・

なんとなく あさこちゃんって後者かなぁって思ってました。
それが 自分の言葉で、しかもユーモアのセンスも交えて、宝塚のことをあまり知らない
人へもしっかり伝わるトークでしたね。

現在の自分(オフは別にして)は 男でも女でもなく 「宝塚の男役」という生き物だと
思ってます。という話には凄まじいプロ意識を感じました。

なんかふわ~んとしたイメージのあさこちゃんでしたが、少年倶楽部を見てますます
好きになりました。

by zuzunoheya | 2007-04-23 23:50 | タカラヅカ

心のエネルギーチャージ 07/04/21

宝塚歌劇を観ることは 心の健康法です・・・
みたいなことを仰っていたのは、NHKの杉浦圭子アナ。NHKのベルバラ特番での事。
あぁこの人はホントに宝塚が好きなのだ・・・というのがビンビン伝わってきました。

私も ちょっとばかり 心の栄養不足(大阪侍が取れなかったというだけですが・・・)
解消の為2日続きで観劇です。次の観劇まで10日余りあるし 昼食持参で行けば・・
等々自身に言い訳しつつ有楽町へ。
ラスト2で2階てっぺん席がとれました。うれしい事に上手寄りの寿美礼ポイント

そこでちょっとした収穫が・・・・
幕間に隣席のほぼ同年配の女性とおしゃべり。宝塚にお住まいの方で大劇場まで
散歩がてら徒歩20分!という 私などからすれば ヨダレが出そうな話。
昨日は一回公演でしたが 夜に 「演劇人協会」(でしたっけ?)のトークイベントがあり
寿美礼さん、真飛さん、彩音さん、(荘さんもだったかな?) 荒俣宏さんなんかが
出演されます。それと併せて 上京されたとか・・・

寿美礼ファンで、大劇場での 入り待ち、出待ちの話や、その時撮った寿美礼さんの
写真を見せていただきました。お調子者の私 プチミュージアムで撮ったシャンシャン
を手にした写真を見てもらったり けっこう盛り上がりました。

だったら 初めからお話すれば・・・と思うのですが これがけっこう難しくて。
何故この方なら大丈夫と思ったかと言えば、拍手のタイミングやオペラグラスの使い方
が 自分と同じ感じだったので・・・ ただそれだけなんですが・・・・

オペラを片時も離さない人や、自分の好きなスター以外に拍手しない という人は
基本的にパスします。特定の生徒さんの熱烈なファンなのでしょうけれど、舞台全体を
楽しむという余裕が無いような気がして・・・・

手拍子や拍手は、舞台に立つ生徒さんと観客との唯一のコミュニュケーション手段です。
特に フィナーレのパレードでは、スターだけでなく 研1 研2の舞台の端っこでも
いつか 自分もセンターに立つ事を夢見て頑張っている子たちに 精一杯の拍手を
おくってあげたい!! そんな気持ちになります。

だいぶ 元気になりました。
心のエネルギー・チャージ 大成功です。


大阪侍 友の会優先公演B席は残っているようなので 一般売りにチャレンジです!!

by zuzunoheya | 2007-04-21 15:33 | 花組

花組2回目観てきました 07/04/19

今日は友の会優先公演でした。
一時のベルバラ騒動に続いての退団公演ラッシュの「チケット争奪戦」騒ぎは一段落
したものの、東宝劇場に関しては 相変わらずチケットが取れにくい状態が
続いています。

友の会に申し込んだり、それでもダメな時はプレイガイドの一般売り パソコンの前で
それはそれは 息のつまるような数十分を過ごしてダメだった時の疲労感といったら
ありません。

そんな思いをして取ったチケットが金券ショップの店頭に大量に出回っているという現実。
退団公演などは特にですがネットオークションの高騰。
宝塚のチケットで商売をやっている人のなんと多いことか・・
なんだかいや~になってきます。

花組 観てきたよ~話 をと思ってたのになんか違うほうに行ってしまいましたね(笑)
軌道修正です。
最近私、友の会チケットも枚数は少ないものの、商売価値(?)の低いB席でエントリー
しているため、前売りソールドアウトの花組公演でもけっこう取れました。
でも今日のは2階15列と最後列。センターブロックのやや上手よりなので、場所は
良かったけど 欲を言えばもう少し前で観たかったな・・・

今回の公演のワタクシ的な寿美礼ポイントは絶対上手寄り。
カーチェイス(ハハハ!!!)とラスト、小林少年から事件の以来を受けた明智が
ソフトをかぶって花道に消えるところがメチャメチャカッコイイ!!

・・・と言ってはみたものの 今日は月組青年館公演「大阪侍」のチケットが
友の会優先公演にもかかわらず 外れてしまいました(悲)・・・
テンション下がりっぱなし。次回は体勢を立て直します!!

by zuzunoheya | 2007-04-19 23:22 | 花組

舞台衣装のこと 07/04/17

学校へ行こう MAXがオンエアされたばかりですが、その話ではありません。
前回の続きで舞台衣装のことを少しばかり・・・

プチミュージアムは3月が初めてですが、日比谷シャンテで衣装の展示はありますので
時々は、宝塚の舞台衣装 目にしています。
その時思うことは細~い! という事と 意外にしょぼいなぁ! ってとこでしょうか。

「しょぼい」というのは あまりいい表現ではありませんが、スターが身にまとい 
ステージのライトを浴びると こんなにも違うものか・・・と思ってしまいます。

今回 シャンテでの展示はゆっくり見る事ができなくて、断定的なこと いえませんが
ジャワの踊り子のインドネシアの民族衣装、織りがきれいだな・・・と思ったくらいで・・・

軍服は、スターが着るとカッコイイのですが トップ限定のオーバーニータイプの
ブーツにいかにきれいに収まるかって事を追求すると、裾が短くて 
スキーパンツみたいになっているんですね。ブーツの展示はなかったので
間の抜けた印象になってしまいました。

プチミュージアムでこれはすごいな!って思ったのはファントムの劇中劇「タイターニア」
の場面で 未涼さんがきたオーベロンの衣装。洋風能装束(?)みたいで豪華でしたね。

大劇場公演中の星組は ポスターは一竹辻が花だそうですし、舞台衣装もレプリカに
しても期待できるかな?
まだまだ 寿美礼さんの舞台は見たいのですが、次の星組も楽しみになります。

by zuzunoheya | 2007-04-17 23:17 | タカラヅカ

プチ・ミュージアムの事 07/04/14

日比谷シャンテの2Fで開催中の花組・舞台衣装展。
舞台衣装の展示は、宝塚大劇場のプチミュージアムに足を運べないファンにとっては
とても 嬉しい企画。あの公演の あの場面で・・・と思うとなんかドキドキしてきます。 
でも 有るときと無いときがあって・・・

ワタルさん、コムちゃんのさよなら公演の時は たしかあったと思う。
でもその後 月組 宙組の時は無かった。なんででしょうか・・・

3月の宝塚大劇場公演の時に初めて「プチ・ミュージアム」を見学。
それまで私が知っていたものといえば、ファミリーランドの片隅にひっそりと佇む
古色蒼然とした2階建て。たしか 記念館 みたいな言い方をしてましたっけ?
古い資料がぎっしりでしたね。

そのプチ・ミュージアムの入り口にはなんと カルロッタが殺された椅子が・・・
係員の女性が写真を撮ってくれたのですが、そのとき「これお持ち下さい」って
さしだしたのが バラの花束!!!!

そうです、怖~い仮面をつけた寿美礼・ファントムが カルロッタにオペラ座を去るように
迫ったあの場面での 真っ赤なバラ。 こうなったら 私止まりません。
なんと言われようと気分はカルロッタ  寿美礼さんが使った小道具の花束(レプリカかも知りませんが?)をしっかりと抱いて撮影。

ふと一瞬我に返って、プチ・ミュージアムの係員さん達って、年甲斐もなくはしゃぐ
(私のような)おばさん いっぱい見てるんだろうな(恥)・・・ でも せっかく来たからには
楽しまなくちゃ!! で 撮影続行です。

顔の片面だけでなくフルフェースの仮面を見つけそれを着けてパチリ!
エリックとフィリップが闘った剣が展示してあり持ってみたのですが、まぁ重いこと・・・
最後に、フィナーレの羽の付いた衣装の前で シャンシャンを持ってパチリ! 

ホントは その時の写真 アップさせたいところですが、私の心の奥にすんでいる
ファントムが 「誰の目にもふれてはならない」と戒めるので止めておきます(笑)

シャンテの衣装展がプチ・ミュージアムの話に変わっちゃいました。
こんなに ハイになっているのは 花組公演中だからでしょうか????
困ったもんです・・・・・

by zuzunoheya | 2007-04-14 18:53 | タカラヅカ

東宝・花組 マイ初日 07/04/13

昨日が東宝・花組のマイ初日。OMCカードの貸切公演でした。
朝、三井住友・VISAの寿美礼さんコーナー(今月のメッセージ)が更新されたというので
チェックしたら、松公(寿美礼さんの変装)の事 ちゃんと載ってて、けっこう人気だとか・・・
私だけ?って思ってたので、すっかり嬉しくなってしまいました。(笑)

貸切公演のお楽しみは抽選会や終演後のご挨拶、インタヴューと様々ですが
OMCは SS席招待、サイン色紙やポスタープレゼントだけで残念ながらご挨拶は
ありませんでした。

貸切公演のアドリブは、お芝居で真飛さん扮する酔っ払いが 岩瀬邸で大暴れする
ところ 刑事の高翔さんか、華形さんかどちらか汚されたスーツを嘆く台詞で
「OMCカードで買ったばかりなのに・・・」とぼやいていました。

貸切のスポンサーがらみではありませんが、上野公園の親父(寿美礼さんの変装)が
黒トカゲと銀橋をわたり、車に乗り込んだのを見届けた後、変装を解いて、初めての
デートがこんな形でかなうとは・・・・というところ。前出の台詞に続けて、
「~でかなうとは やだー」とまるで子供がだだをこねる台詞がもう可愛くて・・・
もちろん 会場大爆笑・・・
とっても可愛らしい寿美礼さんでした!!
新しい発見 まだまだあるのですが 次回です・・・

by zuzunoheya | 2007-04-13 23:21 | 花組

教えてください 07/04/11

自分が大昔(笑)テレビで見た・・・
初めて宝塚と出会った作品はいったい何だったんだろうか・・・
教えてください

前回にもその事は触れていますので、なんのこっちゃ?とお思いの方はそちらを
ご覧ください。
生の舞台を初めてみたのは「ベルサイユのばらⅢ」ですが、それ以前に二度ほどテレビの
舞台中継で観た記憶が・・・

新しい方は(といっても昭和44~5年頃なんですが・・・)多分、上月昇さんの退団公演(?)の「ザ・ビッグ・ワン」ではないかと・・・
上月さんの顔は知ってましたし、なんて歌の上手い人なんだろう!!皮ジャン姿がとても
カッコ良かった気がしたのですが・・・

で、問題の古~い記憶です。
   テレビ放映時期 たぶん 昭和40~41年頃(舞台上演は当然それ以前かと)
   出演者 不明
   フィナーレが強烈な印象だった為、前物の芝居ではなく一本立て?
   物語の舞台 ヒマラヤ(?)近辺?あるいはアルプス? 
     山岳王国のような設定???
   内容
     道ならぬ恋に落ちた(不倫?、身分違い?)二人が最終的に逃避行を
     企てるのですが、山岳地帯の案内人(のような人?)が何故か意図的に危険な
     方の道を教えてしまう・・・
     このあたり、「心中・恋の大和路」と混同しているかもしれません。

何故宝塚歌劇だと思ったかと言えば、逃避行を企てた二人の悲劇的最後(を連想させる
結末)の後にフィナーレ(たぶん)で死んだであろう二人がにこやかに現れて歌ったり踊ったり・・・

なにしろ子供でしたので(笑)あ~良かった!!綺麗~!!
当時 白黒テレビでしたがそう思いました。
たぶんあれかしら?と見当はつけているのですが、あえてここでは書きません。

こころ当たりがある方、教えていただければうれしいです。自信のない時は非公開コメント
でもかまいませんので宜しくお願いします。のんびり構えて待ってますので・・・

明日は、いよいよ 東宝マイ初日です!カード会社?の貸切公演らしい・・・
友だちに手配してもらって・・・ 寿美礼さんのご挨拶があるといいな。
寿美礼・小五郎を堪能してきます!!!!

by zuzunoheya | 2007-04-11 22:40

原稿が消えた・・・07/04/10

久々にやってしまいました。昨晩のこと・・・
八割がた完成していたブログの原稿が、私が何をしたのよ(怒)!!!と叫ぶまもなく
PCの向こうのブラックホールに吸い込まれて・・・それっきり(悲)帰ってこない

そんな時、記憶を頼りに しゃぁないわ!もう一回やろうかという時と、
もう 立ち直れないよ!って時とありまして、昨夜は完全に後者。
つらい事このうえ無しです

何を書いていたかと言えば・・・ですね
私が始めて生の宝塚歌劇の舞台を観たのは、プロフィールにあるように 昭和51年の
ベルサイユのバラⅢなのですが、それ以前 テレビ(おそらくNHK)の舞台中継で
宝塚を観た記憶があります。

それが何なのか ず~っと気になってました。
ネットでいろいろ調べてみたのですが、生徒の初舞台年度、作品名等は 本来なら
歌劇団の公式HPでライブラリー化してもらいたいのにという労作がファン個人のHPに
アップされています。
でもタイトルは分かっても、ストーリーまで記載されているHPは探せないでいます。

私にとっては宝塚「原体験」とも言うべき作品なので、何が何でも!・・です  
で、カテゴリーに 教えてください という新たな項目まで作ったっていうのに(笑)

積年の疑問は次回に ぶちまけるとしましょう。

by zuzunoheya | 2007-04-10 22:40 | タカラヅカ